Windows XP の Service Pack 2 でワイヤレス ネットワーク接続のトラブルシューティングを行う方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 870702 - 対象製品
重要この資料にはセキュリティ設定を低くする方法、またはコンピューターのセキュリティ機能を無効にする方法を示す情報が含まれています。特定の問題を回避するために、こうした変更を行うことはできます。これらの変更を行う前に、特定の環境でこの回避策を使用して関連付けられているリスクを評価することをお勧めします。この回避策を使用する場合は、適切な追加の手順をシステムを保護するためにかかります。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Windows XP でワイヤレス ネットワークのトラブルシューティングには、情報の収集、ドライバーの確認、ハードウェアの互換性を確認する、ワイヤレス設定を構成する必要があります。

収集する情報

トラブルシューティングを開始する前に、次の質問を回答することがされていることを確認します。
  • 現象とは何ですか。エラー メッセージは、完全なエラー メッセージに注意してください。
  • ワイヤレス カードの種類を使用しますか。製造元とモデル番号を確認します。
  • カードのドライバーのバージョンは何ですか。デバイス マネージャーを参照またはワイヤレス接続のプロパティ] ダイアログ ボックスの [構成] をクリックします。
  • どのようなアクセス ポイントを使用するには製造元とモデル番号を確認します。
  • ワイヤレス設定が Windows を使用して、またはサード パーティ製プログラムを使用して構成されてでしょうか。サード パーティ製プログラムを使用している場合は、プログラムとそのバージョン番号です。
  • Wireless Zero Configuration サービスが実行されているか。Wireless Zero Configuration サービスが実行されているかどうかに、以下の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。(スクリーン ショットここは下記参照)。

      元に戻す画像を拡大する
      ここのスクリーン ショット


    2. [名前] ボックスに次のように入力します。 cmd、し [ OK] をクリックします。(スクリーン ショットここは下記参照)。

      元に戻す画像を拡大する
      ここのスクリーン ショット


    3. タイプ sc クエリ wzcsvc、し、ENTER キーを押します。(スクリーン ショットここは下記参照)。

      元に戻す画像を拡大する
      ここのスクリーン ショット


    4. かどうかは、Windows ゼロ構成サービスが実行されている、単語「状態。 #実行中です"が表示されます。(スクリーン ショットここは下記参照)。

      元に戻す画像を拡大する
      ここのスクリーン ショット


  • ユーザー インターフェイスに問題がある場合は、問題のスクリーン ショットを収集します。スクリーン ショットを収集して、alt キーを押し + 印刷画面キーを押します。

詳細

基本的なトラブルシューティング

Windows XP におけるワイヤレス ネットワーク接続のトラブルシューティングを行う、以下の手順を実行します。
  1. 時に、Windows カタログを確認します。 http://www.windowsmarketplace.com ワイヤレス アダプターに使用される、Windows XP と互換性のあるドライバーがあるかどうかを確認します。
    • 互換性のあるドライバーがある場合は、追加のトラブルシューティング手順を実行する前に、更新されたドライバーをインストールします。
    • 互換性のあるドライバーがない場合は、ネットワーク アダプターを使用することができますが、その構成と機能を非常に限られていることがあります。
  2. 使用しているドライバーは、Windows XP のワイヤレス ゼロ構成サービスを認識を決定します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. 開始] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。(スクリーン ショットここは下記参照)。

      元に戻す画像を拡大する
      ここのスクリーン ショット


    2. 右側のウィンドウで [ネットワークとインターネット接続をクリックします。(スクリーン ショットここは下記参照)。

      元に戻す画像を拡大する
      ここのスクリーン ショット


    3. 右側のペインでネットワーク接続をクリックします。(スクリーン ショットここは下記参照)。

      元に戻す画像を拡大する
      ここのスクリーン ショット


    4. [ワイヤレス ネットワーク接続を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。(スクリーン ショットここは下記参照)。

      元に戻す画像を拡大する
      ここのスクリーン ショット


    5. 使用できるオプションを表示します。
      • 場合は、[ネットワーク接続] フォルダーに [ワイヤレス ネットワーク接続アイコンが表示されないか、ワイヤレス ネットワーク アダプターのドライバーに問題がある場合は、プロパティを表示することはできません。この問題のトラブルシューティングを参照してください、 ドライバーのインストールに関する問題 セクション。
      • ワイヤレス ネットワーク接続] アイコンのプロパティを表示することができますが、[ワイヤレス ネットワーク] タブが表示されない場合を参照してください、 ドライバーが Wireless Zero Configuration サービスをサポートしていません セクションのトラブルシューティングを続行します。
      • プロパティを表示する場合を表示し、[ワイヤレス ネットワーク] タブを使用して、 ワイヤレス ゼロ構成サービスをサポートするドライバー セクションのトラブルシューティングを続行します。
      • [認証] タブがない場合、 [ワイヤレス ネットワーク接続のプロパティで、Wireless Zero Configuration サービスが実行されていることを確認します。

ドライバーのインストールに関する問題

[ネットワーク接続] フォルダーの [ワイヤレス ネットワーク接続アイコンが表示されない場合、またはワイヤレス ネットワーク接続アイコンのプロパティを表示できない場合、ドライバーのインストールに問題がある可能性があります。この問題を解決するには、デバイスの製造元から最新ドライバーがあるし、次の手順を実行して、問題の原因を特定を確認します。
  1. [スタート] ボタン、 [マイ コンピューター] を右クリックし、管理] をクリックします。(スクリーン ショットここは下記参照)。

    元に戻す画像を拡大する
    ここのスクリーン ショット


  2. [デバイス マネージャー] をクリックし、その他のデバイス] をダブルクリックし、ワイヤレス ネットワーク アダプターを探します。その他のデバイス] フォルダーにアダプターを検索する場合は、ドライバーがインストールされていません。この問題を解決するのには取得し、デバイスの製造元からドライバーをインストールします。(スクリーン ショットここは下記参照)。

    元に戻す画像を拡大する
    ここのスクリーン ショット


  3. その他のデバイス] フォルダー内にアダプターを特定できない場合は、[ネットワーク アダプター] フォルダーで確認します。(スクリーン ショットここは下記参照)。

    元に戻す画像を拡大する
    ここのスクリーン ショット


  4. ワイヤレス ネットワーク アダプターが見つかった場合は、製造元の名前と、アダプターのモデルに注意してください。
  5. ワイヤレス ネットワーク アダプターのアイコンを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。(スクリーン ショットここは下記参照)。

    元に戻す画像を拡大する
    ここのスクリーン ショット


  6. [デバイスの状態に「デバイスは正常に動作してください」メッセージが表示されますを確認します。(スクリーン ショットここは下記参照)。

    元に戻す画像を拡大する
    ここのスクリーン ショット


  7. 場合は、ワイヤレス ネットワーク アダプターの [ネットワーク接続] フォルダーには、デバイスの問題が発生またはドライバーがインストールされていない可能性があります。この場合は、[デバイスの状態は、エラーが表示されます。

    この問題のトラブルシューティングで使用するエラー コードについては、マイクロソフト サポート技術情報を検索することができます。ナレッジ ベースを検索するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://support.microsoft.com/gp/gsssearchhelp

ドライバーが Wireless Zero Configuration サービスをサポートしていません

場合は、[ワイヤレス ネットワーク接続アイコンのプロパティを表示することができますが、[ワイヤレス ネットワーク] タブが表示されない、ネットワーク アダプター ドライバーが、Wireless Zero Configuration サービスを完全にサポートしていないまたは、Wireless Zero Configuration サービスが開始されていません。接続を使用する Windows XP を構成することができますが、構成オプションは、ネットワーク アダプターと使用されているドライバーによって異なります。この問題を解決するのには、次の手順で、有効な接続を作成するのにしてみてください。

注: 有効な接続を作成できない場合は、Windows XP 用のアダプターを構成する方法についてのアドバイスをデバイスの製造元に問い合わせてください。
  1. Wireless Zero Configuration サービスが実行されていることを確認します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。(スクリーン ショットここは下記参照)。

      元に戻す画像を拡大する
      ここのスクリーン ショット


    2. [名前] ボックスに次のように入力します。 cmd、し [ OK] をクリックします。(スクリーン ショットここは下記参照)。

      元に戻す画像を拡大する
      ここのスクリーン ショット


    3. タイプ sc クエリ wzcsvc、し、ENTER キーを押します。(スクリーン ショットここは下記参照)。

      元に戻す画像を拡大する
      ここのスクリーン ショット


    4. かどうかは、Windows ゼロ構成サービスが実行されている、単語「状態。 #実行中です"が表示されます。(スクリーン ショットここは下記参照)。

      元に戻す画像を拡大する
      ここのスクリーン ショット


  2. [スタート] ボタン、[コントロール パネル] をクリックし、[ネットワーク接続] をクリックします。(スクリーン ショットここは下記参照)。

    元に戻す画像を拡大する
    ここのスクリーン ショット


  3. [ワイヤレス ネットワーク接続を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。(スクリーン ショットここは下記参照)。

    元に戻す画像を拡大する
    ここのスクリーン ショット


  4. [全般] タブで、[構成を] をクリックします。(スクリーン ショットここは下記参照)。

    元に戻す画像を拡大する
    ここのスクリーン ショット


  5. [詳細設定] タブをクリックし、使用可能な構成オプションを使用してワイヤレス ネットワークを構成.利用できるオプションとオプション名は、ドライバーの製造元によって異なります。[プロパティ] の下の基本構成オプションを次に示します。
    • サービス セット識別子 (SSID): この設定は、ワイヤレス アクセス ポイントまたはルーターの構成と一致する必要があります。アクセス ポイントがあるない場合は、この値はワイヤレス ネットワーク内にあるすべてのコンピューターで同じになります。(スクリーン ショットここは下記参照)。

      元に戻す画像を拡大する
      ここのスクリーン ショット


    • ワイヤレス (Wep) または暗号化

      警告次の手順では、コンピューターまたはネットワーク攻撃に対して脆弱な悪意のあるユーザーまたはウイルスなど悪質なソフトウェアによる攻撃をすることがあります。このオプションは、お勧めしませんが、独自の裁量で、このオプションを実装することができますようにこの情報を提供する私たちは。あなた自身の責任では、この手順を使用します。

      テストのためにはのアクセス ポイントとこれらのプロパティで WEP をオフにします。

      メモ WEP は、悪意のあるユーザーまたはする一方的な着信ネットワーク トラフィックを使用してコンピューターを攻撃するウイルスなどの悪意のあるソフトウェアの攻撃からコンピューターを保護するために設計されています。この手順を実装する場合は、適切な追加の手順をシステムを保護するためにかかります。WEP をオンと、ネットワーク接続のトラブルシューティングを完了したらすぐに。
    • モードまたはネットワークの種類: アクセス ポイントの場合に、インフラストラクチャにこのオプションを設定します。アクセス ポイントがあるない場合、およびコンピューターを別のコンピューターに接続している場合は、アドホックにこのオプションを設定します。(スクリーン ショットここは下記参照)。

      元に戻す画像を拡大する
      ここのスクリーン ショット


    • データレート:自動にまたは11 Mbpsは、このオプションを設定します。
    • 省電力: トラブルシューティングは、省電力設定を無効にまたは無効にします。接続が正常に動作した後は、この設定を変更することができます。(スクリーン ショットここは下記参照)。

      元に戻す画像を拡大する
      ここのスクリーン ショット


  6. これらのオプションを構成した後に行った変更を保存する[ok]をクリックします。
  7. 接続が機能しているかどうかをテストします。[ネットワーク接続] フォルダーの接続アイコンに赤い X が表示された場合、または接続できない場合は、トラブルシューティングを続行します。
  8. [スタート] ボタン、 [マイ コンピューター] を右クリックし、管理] をクリックします。(スクリーン ショットここは下記参照)。

    元に戻す画像を拡大する
    ここのスクリーン ショット


  9. [コンピューターの管理]サービスとアプリケーション] をダブルクリックし、[サービス] をクリックします。(スクリーン ショットここは下記参照)。

    元に戻す画像を拡大する
    ここのスクリーン ショット


  10. ワイヤレス ゼロ構成を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。(スクリーン ショットここは下記参照)。

    元に戻す画像を拡大する
    ここのスクリーン ショット


  11. [スタートアップの種類] ボックスで、[無効にする] をクリックします。. [ OK] をクリックしてください(スクリーン ショットここは下記参照)。

    元に戻す画像を拡大する
    ここのスクリーン ショット


  12. コンピューターの管理] を閉じて、コンピューターを再起動します。(スクリーン ショットここは下記参照)。

    元に戻す画像を拡大する
    ここのスクリーン ショット
この設定では、他のネットワーク構成が正しい場合は、ワイヤレス ネットワークに接続できます。有効な接続として、通知領域のワイヤレス ネットワーク接続アイコンが表示されたら、ワイヤレス接続は機能します。その他の問題を解決するのに標準的な TCP/IP ネットワークのトラブルシューティング方法を使用します。

TCP/IP のトラブルシューティングに関する詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
314067 Windows XP で TCP/IP 接続のトラブルシューティングを行う方法

ワイヤレス ゼロ構成サービスをサポートするドライバー

[ワイヤレス ネットワーク接続のプロパティの [ワイヤレス ネットワーク] タブを使用できる場合、ドライバーはワイヤレス ネットワークのサポート Windows XP ゼロ構成を認識します。Windows XP のワイヤレス ネットワークを構成するのに次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、[コントロール パネル] をクリックし、[ネットワーク接続] をクリックします。(スクリーン ショットここは下記参照)。

    元に戻す画像を拡大する
    ここのスクリーン ショット


  2. ワイヤレス ネットワーク接続を右クリックし、[利用できるワイヤレス ネットワークの表示] をクリックします。(スクリーン ショットここは下記参照)。

    元に戻す画像を拡大する
    ここのスクリーン ショット


  3. 、に接続するネットワークをクリックし、[接続] をクリックします。ネットワークを構成するのには、ウィザードの手順を実行します。ネットワークが表示されない場合、アクセス ポイントの電源が入っていることを確認および構成、コンピューターとアクセス ポイント近く一緒と移動し、もう一度テストします。(スクリーン ショットここは下記参照)。

    元に戻す画像を拡大する
    ここのスクリーン ショット


  4. ネットワークが表示されない場合は、利用可能なネットワークとしてを開くには、ワイヤレス ネットワーク接続のプロパティの詳細設定の変更] をクリックします。(スクリーン ショットここは下記参照)。

    元に戻す画像を拡大する
    ここのスクリーン ショット


  5. [ワイヤレス ネットワーク] タブで、ネットワークの設定を手動で構成する追加をクリックします。(スクリーン ショットここは下記参照)。

    元に戻す画像を拡大する
    ここのスクリーン ショット


    これらの設定を保存するときにすることができます自動的に使用、ネットワークが利用可能なときに。使用可能な設定は次のとおりです。
    • ネットワーク名 (SSID): ネットワーク名 (SSID)] の設定は通常、ワイヤレス アクセス ポイントまたはルーターの構成と一致します。アクセス ポイントがあるない場合は、この値はワイヤレス ネットワーク内のすべてのコンピューターで同じでなければなりません。
    • ネットワークの認証データ暗号化:開く共有WPAおよびWPA-PSKオプションが含まれます。WPAを使用している場合は、追加の構成は必要ありません。WPA PSKを使用している場合は、8 〜 63 文字のパスワードが必要です。
      使用している場合は、オープン または共有 、認証、キーを入力するか、キーが自動的に提供されることを示します。WEP を使用するホーム ネットワーク構成で、キーは手動で入力通常。こともできますありませんセキュリティによってデータの暗号化無効に設定します。ただし、このトラブルシューティングの手順として実行はお勧めしません。

      警告この手順はコンピューターまたはネットワーク攻撃に対して脆弱な悪意のあるユーザーまたはウイルスなど悪質なソフトウェアによる攻撃をすることがあります。このオプションは、お勧めしませんが、独自の裁量で、このオプションを実装することができますようにこの情報を提供する私たちは。あなた自身の責任では、このオプションを使用します。

      セキュリティのトラブルシューティングを無効にするなら、コンピューターとアクセス ポイントの両方で WEP をオフにします。アクセス ポイントの両方で、テストのためにこれらのプロパティは、WEP をオフにします。

      メモ WEP は、悪意のあるユーザーまたはする一方的な着信ネットワーク トラフィックを使用してコンピューターを攻撃するウイルスなどの悪意のあるソフトウェアの攻撃からコンピューターを保護するために設計されています。この手順を実装する場合は、システムを保護する場合は、適切な追加手順を実行します。WEP をオンと、ネットワーク接続のトラブルシューティングを完了したらすぐに。(スクリーン ショットここは下記参照)。

      元に戻す画像を拡大する
      ここのスクリーン ショット



      元に戻す画像を拡大する
      ここのスクリーン ショット


    • キーのインデックス (詳細): これは、キーは 4 つの位置を指定するオプションの設定: 0、1、2、または 3 です。
    • キーは自動的に提供される: このチェック ボックスのオプションは、キーがネットワークから提供されているか、ネットワーク アダプターに保存されていることを示します。このキーは、ネットワーク管理者またはネットワーク アダプターのマニュアルは、有効にすることを指定する場合にのみ有効にする必要があります。
    • これはコンピューター相互 (ad hoc) ネットワークで、ワイヤレス アクセス ポイントを使用しない: このチェック ボックス オプションを使用のアクセス ポイントを含まないコンピューター ・ ネットワークを指定します。このオプションが使用できない場合は、[ワイヤレス ネットワーク] タブの[詳細設定] をクリックします。[詳細設定] ダイアログ ボックスで、アクセス ポイント (インフラストラクチャ) のネットワークのみを ad hoc ネットワークを有効にするを選択をクリックできます。
  6. この構成を保存した後は、ネットワーク上の他のコンピューターに対してこの手順を繰り返します。
  7. その他のコンピューターの設定を構成した後、[優先するネットワーク] ボックスの一覧でネットワーク名 SSID が表示されます。青い丸が表示される場合、ネットワークが見つかりました。赤い X 印が表示された場合、ネットワーク上のステーション間の無線信号に問題がある可能性があります。 または構成が正しくない可能性があります。ネットワークの設定が正しいこと、近くのコンピューターをアクセス ポイントまたはルーター、または他のコンピューターにワイヤレス ネットワークに移動を確認します。

    構成手順を完了すると、ワイヤレス接続は正しく構成されます。

    ネットワークに接続しようとすると問題が発生する場合は、接続の状態] ウィンドウを表示するには、[ネットワーク接続] フォルダーに [ワイヤレス ネットワーク接続のアイコンをダブルクリックします。接続の状態] ウィンドウで、コンピューター間の信号の強度を確認するのに使用できるシグナル強度メーターがあります。

強い信号

依然として接続に問題があるが、信号強度は、さまざまなネットワーク構成の問題できない可能性があります通信。この問題を解決するのには標準の TCP/IP トラブルシューティング方法を使用します。

弱い信号

接続に問題があると、信号強度がない場合、または信号を受信していないのセクションの手順で、ドライバーが Wireless Zero Configuration サービスをサポートしていませんしてください。方法を記載されている問題が解決しない、する場合、ワイヤレス ネットワーク アダプターとアクセス ポイントが正常に機能しているかどうかを確認するのには、製造元に問い合わせてください。

プロパティ

文書番号: 870702 - 最終更新日: 2013年9月30日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Service Pack 2
キーワード:?
kbnomt kbgraphxlink kbscreenshot kbwizard kbwireless kbsettings kbperformance kbconfig kbconnectivity kbbroadband kbfirewall kberrmsg kbenv kbinfo kbnetwork kbtshoot kbmt KB870702 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:870702
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com