スライドまたは Microsoft Office PowerPoint 2004 for Mac のアニメーションにキーボードまたはマウスを使用することはできません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 870837 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Office PowerPoint 2004 for Mac を使用すると使用できません、マウスまたはキーボードまたはアニメーションの開始に、スライド ショーを進めます。

原因

この問題は、プレゼンテーションの 種類 が設定にどちら場合に発生 個人によってブラウズした (ウィンドウ) または 自動プレゼンテーション (フル スクリーン表示)

解決方法

この問題を解決するには、使えます、次の方法のいずれかのスライドに進むか、スライド ショーの実行中にアニメーションを開始します。

方法 1: スライドに動作設定ボタンを追加します。

このメソッド へのハイパーリンク の設定を使用して特定のスライドに移動できる動作設定ボタンを追加します。 これを行うには、次の手順を実行します。
  1. [ 挿入 ] メニューの [] をポイントし、[ オートシェイプ ] をクリックします。
  2. 前のスライド に [ 動作設定ボタン ] をクリックします。

    前のスライド のオートシェイプは、左を指す矢印グラフィックが付いたボタン。
  3. 配置ボタンがあります先となる場所にスライド上には、オートシェイプを描きます。
  4. オートシェイプの描画が完了したら、 アクションの設定 ] ダイアログ ボックスが表示されます。 をクリックして ] 領域で既定の設定値は 前のスライドへのハイパーリンク になります。 この時点で、他のスライドに進むに へのハイパーリンク 設定を変更することができます。
  5. 手順 1 〜 4 は、 次のスライド </a0>] アクション ボタンを追加します。 手順 2 で 次のスライド オートシェイプ) をクリックします。 次のスライド をボタンに右向き矢印グラフィックにします。
  6. すべてのスライドがある両方動作設定ボタンが追加されるまでは、プレゼンテーションのすべてのスライドに関する手順 1 〜 5 を繰り返します。

方法 2: スライド マスターにタイトル マスターを動作設定ボタンを追加します。

このメソッドは、動作設定ボタンを表示すべてのスライドに自動的にします。 このメソッドには、手順両方スライド マスターとタイトル マスターは、方法 1 にあるを使用します。

スライドを自動的に進むまたはスライドの大きなグラフィックまたはグラフにスライドなど、表示する動作設定ボタンが不要な場合に、マスター スライド オブジェクトをボタンが、スライド上に表示されるよう省略用のマスター スライド オブジェクトを省略する場合にします。 これを行うには、次の手順を実行します。
  1. 書式 メニューの [ スライドの背景 ] をクリックします。
  2. [ マスターから背景グラフィックスを表示しない ] チェック ボックスをクリックします。
  3. 適用 ] をクリックします。

方法 3: スライドのオブジェクトへのアクションの設定を割り当てください。


このメソッド割り当て操作の設定またはテキスト、スライドのオブジェクトにようにスライド ショーのプレゼンテーションを進めることができます。 オブジェクトまたはプレゼンテーション内のテキストを進むには、オブジェクトまたはスライド ショーの実行中に、アクションの設定をする割り当てられているテキストをクリックします。 スライドのオブジェクトにまたはテキストには、アクションの設定を割り当てる、次の手順を実行します。
  1. テキスト ボックスを選択テキストをクリック、スライド上でオブジェクトを選択するか。
  2. [ スライド ショー ] の [ オブジェクトの動作設定 ] をクリックします。
  3. ハイパーリンク ] を選択したオブジェクトに割り当てるハイパーリンクの動作の種類を選択します。
  4. [ OK] をクリックします。

回避策

プレゼンテーションのスライド ショーを進めることはできませんとにこの問題を回避するには、プレゼンテーションの 発表者 (フル スクリーン表示) として使用する オプションを設定できます。 これを行うには、次の手順を実行します。
  1. [ スライド ショー ] して、[ スライド ショーの設定 </a0>] をクリックします。
  2. 種類 を、[ 発表者 (フル スクリーン表示) として使用する をクリックします。

詳細

種類 が、 出席者として参照する (ウィンドウ) に設定されて、いる場合、次のような制限はプレゼンテーションの変更。
  • そのプレゼンテーションが、スライド ショー ウィンドウで表示されます。
  • PageDown キーを使用する場合 ] に設定された次のアニメーションをプレゼンテーションにトリガーします。
  • プレゼンテーションは、PageUp キーを使用する場合 ] に設定されたアニメーションをリセットします。
  • PageDown キーを使用すると、プレゼンテーションは次のスライドに進めます。
  • プレゼンテーションは、PageUp キーを使用すると前のスライドに反転させます。
  • スライド ショー ウィンドウのスクロール バー上のスライダーを移動するときにスライドを変更する、プレゼンテーションされます。
  • スライド ショー ウィンドウ スクロール バーのスライダーを移動すると クリックして時 に設定された次のアニメーションをプレゼンテーションにトリガーします。
種類 自動プレゼンテーション (フル スクリーン表示) に設定されて、いる場合、次のような制限は、プレゼンテーションの変更。
  • Microsoft PowerPoint のすべてのマウス クリックおよびキーの押下無視されます。
  • Esc キーを押すとプレゼンテーションは終了します。
制限を回避する、、キオスクでした (フル スクリーン表示) モードを移動できます、プレゼンテーション、次のスライドに記載されているメソッドのいずれかを「解決方法で使用するとします。 また、スライド切り替えのタイミングを使用して、プレゼンテーションを自動的に進むことができます。

自動プレゼンテーション (フル スクリーン表示) モードで動作設定ボタンまたは、プレゼンテーションを進むか、プレゼンテーションの対話に割り当てられたアクションの設定を持つオブジェクトをクリックすることができます。

必要に応じて、マクロを実行する、マルチメディア ファイルを再生する、別のプレゼンテーション、またはその他の操作へのリンクのプレゼンテーションの対話をします。

アニメーション内のオブジェクトを設定する、、キオスクでした (フル スクリーン表示) モード、 アニメーションの設定] のいずれか、次の 開始 設定を使用する必要があります。
  • 直前の動作と同時に
  • 後に直前の動作と同時

既定では、これらのオプションは、スライド画面に表示するとすぐトリガーすぐに、スライド上のアニメーション。 たい場合コントロール アニメーション、トリガーするとする必要があります 効果のオプション ] を タイミング を設定し、アニメーションを実行するときにオプションを設定します。

プロパティ

文書番号: 870837 - 最終更新日: 2005年4月11日 - リビジョン: 1.7
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft PowerPoint 2004 for Mac
  • Microsoft Encarta Encyclopedia 2000 Concise Edition
  • Microsoft Encarta Encyclopedia 2000 Deluxe Edition
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbslideshow kbmt KB870837 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:870837
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com