FIX トリガーの実行プランが繰り返し再コンパイルすると、トリガーを起動する DML 操作のパフォーマンス低下します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 870972
# をバグ: 470083 (SQL Server 8.0)
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

資料の内容

概要

次のこの修正プログラムについて説明しますリリース:
  • この修正プログラムによって修正される問題パッケージです。
  • この修正プログラムをインストールするための必要条件パッケージです。
  • インストールした後、コンピューターを再起動する必要がありますかこの修正プログラム パッケージ。
  • この修正プログラム パッケージが他の修正プログラムによって置き換えられますかどうかパッケージです。
  • かどうか、レジストリの変更を行う必要があります。
  • この修正プログラムに含まれているファイルパッケージです。

現象

データ操作言語 (DML) ステートメントを実行すると、トリガーを起動する UPDATE、INSERT、または DELETE ステートメントなど、Microsoft SQL Server プログラムを改善するのには、トリガーの実行プランの再コンパイルします。トリガーの実行のパフォーマンス。ただし、繰り返し再コンパイルトリガーの実行プランは、トリガーのパフォーマンスが低下する可能性があります。実行します。

トリガーの実行プランの繰り返し再コンパイル次の条件に該当する場合に発生する可能性があります。
  • DML ステートメントを複数回実行します。
  • DML ステートメントによって影響を受けるローの数DML ステートメントを実行するたびに異なります。
"Microsoft SQL Server の以前の修正プログラムの一覧についてを参照してください。3 2000 post-Service パック 3 または Microsoft SQL Server 2000 post-Service パック a修正プログラム」(Microsoft Knowledge Base) の次の資料に記載:
290211 SQL Server 2000年の最新の service pack を入手する方法

解決方法

サービス パックの情報

この問題を解決するには、最新を取得します。Microsoft SQL Server 2000年の service pack。詳細についてをクリックして、次の Knowledge Base の資料を参照するには。
290211 SQL Server 2000年の最新の service pack を入手する方法

修正プログラムの情報

前提条件

この修正プログラムは Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 3 が必要です。(SP3)。 のSQL Server 2000 Service Pack 3 の入手方法の詳細については、Microsoft では、資料を表示する次の資料番号をクリックします。ナレッジ ベース:
290211SQL Server 2000年の最新の service pack を入手する方法

情報を再起動します。

これを適用した後、コンピューターを再起動する必要はありません。修正プログラムです。

メモ この修正プログラムを適用した後、SQL Server を再起動する必要があります。2000 プログラムをコンピューターで実行されています。

修正プログラムのファイル情報

この修正プログラムには修正するために必要なファイルのみが含まれています。この資料に記載されている問題。この修正プログラムにはすべてのファイルが含まれていません完全、製品を最新のバージョンに更新する必要があります。作成します。

この修正プログラムの英語版にファイルがあります。属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表に記載されています。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻で一覧表示されます。(UTC) です。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。するにはUTC とローカル時刻との時差を確認、使用、 時間ゾーン タブ コントロール パネルの日付と時刻ツールでします。
    Date         Time   Version       Size       File name
   ------------------------------------------------------------------
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0    664,128  Autoplt.dll      
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0     78,400  Console.exe      
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0    315,968  Custtask.dll     
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0     33,340  Dbmslpcn.dll     
   08-Apr-2004  09:12                   786,432  Distmdl.ldf
   08-Apr-2004  09:12                 2,359,296  Distmdl.mdf
   10-Oct-2003  06:18                       180  Drop_repl_hotfix.sql
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0  1,905,216  Dtspkg.dll       
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0    528,960  Dtspump.dll      
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0  1,557,052  Dtsui.dll        
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0    639,552  Dtswiz.dll       
   10-Oct-2003  06:18                   747,927  Instdist.sql
   10-Oct-2003  06:18                     1,581  Inst_repl_hotfix.sql
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0    352,828  Isqlw.exe        
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0     82,492  Itwiz.exe        
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0     90,692  Msgprox.dll      
   19-May-2004  11:13  8.11.40209.0     209,408  Mssdi98.dll      
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0     62,024  Odsole70.dll     
   18-Jun-2004  14:15  2000.80.954.0     25,144  Opends60.dll     
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0     57,904  Osql.exe         
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0    279,104  Pfutil80.dll     
   10-Oct-2003  06:07                   550,780  Procsyst.sql
   08-Apr-2004  09:12                    12,305  Qfe469315.sql
   08-Apr-2004  09:12                    19,195  Qfe469571.sql
   17-Jun-2004  02:42                 1,105,167  Replmerg.sql
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0    221,768  Replprov.dll     
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0    307,784  Replrec.dll      
   16-Jun-2004  14:07  2000.80.954.0    159,813  Replres.rll
   10-Oct-2003  06:18                 1,087,150  Replsys.sql
   10-Oct-2003  06:18                   986,603  Repltran.sql
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0    287,304  Rinitcom.dll     
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0     78,416  Sdiclnt.dll      
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0     66,112  Semmap.dll       
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0     57,916  Semnt.dll        
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0    492,096  Semobj.dll       
   16-Jun-2004  14:44  2000.80.954.0    172,032  Semobj.rll
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0     53,832  Snapshot.exe     
   11-Mar-2004  14:40                   117,834  Sp3_serv_uni.sql
   18-Jun-2004  14:13  2000.80.954.0     28,672  Sqlagent.dll     
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0    311,872  Sqlagent.exe     
   18-Jun-2004  14:13  2000.80.954.0    168,001  Sqlakw32.dll     
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0     33,344  Sqlctr80.dll     
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0  4,215,360  Sqldmo.dll       
   18-Jun-2004  14:14                    25,172  Sqldumper.exe    
   16-Jun-2004  13:54  2000.80.954.0     28,672  Sqlevn70.rll
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0    180,792  Sqlmap70.dll     
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0    188,992  Sqlmmc.dll       
   16-Jun-2004  14:52  2000.80.954.0    479,232  Sqlmmc.rll
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0    401,984  Sqlqry.dll       
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0     57,920  Sqlrepss.dll     
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0  7,581,777  Sqlservr.exe     
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0    590,396  Sqlsort.dll      
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0     45,644  Sqlvdi.dll       
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0    106,588  Sqsrvres.dll     
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0     33,340  Ssmslpcn.dll     
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0     82,492  Ssnetlib.dll     
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0     25,148  Ssnmpn70.dll     
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0    123,456  Stardds.dll      
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0    158,240  Svrnetcn.dll     
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0     76,416  Svrnetcn.exe     
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0     49,228  Ums.dll          
   18-Jun-2004  14:14  2000.80.954.0     98,872  Xpweb70.dll      

メモ ファイルの依存関係、最新の修正プログラムのためにこれらが含まれているファイルもその他のファイルを含む場合があります。

状況

マイクロソフトは、これは、Microsoft のバグであること確認しています「対象製品」に記載されている製品セクションです。

Microsoft SQL Server でこの問題は修正されました2000 Service Pack 4

詳細

この修正プログラムの更新プログラムのしきい値を向上、トリガーの実行プランが再コンパイルされます。しきい値改善のために効果、SQL Server トレース フラグこのをインストールした後、9055 を有効にする必要があります。修正プログラムです。SQL Server のインスタンスをトレース フラグ 9055 を有効にするには、いずれかを使用して、次のメソッド。
  • SQL クエリに以下の Transact SQL ステートメントを実行します。SQL Server のインスタンスを分析。
    DBCC TRACEON (9055, -1)
  • 追加 -T9055 SQL Server のスタートアップ パラメーター。

現象の再現手順

トリガーの実行プランとは、シナリオを再現するのには再コンパイルは、次の手順を実行します。
  1. SQL クエリ アナライザーを起動し、インスタンスへの接続SQL Server 2000年は。
  2. テーブルと更新トリガーをテーブルを作成します。名前、テーブルとして cache_test 更新トリガーの名前 cache_test_update.これを行うには、以下の Transact SQL ステートメントを実行します。
    use pubs
    go
    set nocount on
    go
    if exists (select 1 from sysobjects where id = object_id('dbo.cache_test'))
    drop table dbo.cache_test
    go
    create table dbo.cache_test
    (
    id int not null,
    descr varchar(30) not null,
    rowcreateddt datetime not null default getdate(),
    rowcreatedby varchar(30) not null default right(system_user,30),
    testcolumn varchar(30) null,
    primary key (id)
    )
    go
    
    create trigger dbo.cache_test_update
    on dbo.cache_test
    for update
    as
    if exists ( select 1 from inserted where id = 98654 )
    print 'test'
    return
    go
  3. いくつかのレコードを挿入、 cache_test テーブル、プロシージャ キャッシュからすべての要素を削除します。するにはこれを行う、Transact SQL の次のステートメントを実行します。
    insert into cache_test (id, descr, testcolumn) select 1,'Descr 1','Test 1'
    insert into cache_test (id, descr, testcolumn) select 2,'Descr 2','Test 2'
    insert into cache_test (id, descr, testcolumn) select 3,'Descr 3','Test 3'
    insert into cache_test (id, descr, testcolumn) select 4,'Descr 4','Test 4'
    insert into cache_test (id, descr, testcolumn) select 5,'Descr 5','Test 5'
    insert into cache_test (id, descr, testcolumn) select 6,'Descr 6','Test 6'
    insert into cache_test (id, descr, testcolumn) select 7,'Descr 7','Test 7'
    insert into cache_test (id, descr, testcolumn) select 8,'Descr 8','Test 8'
    insert into cache_test (id, descr, testcolumn) select 9,'Descr 9','Test 9'
    insert into cache_test (id, descr, testcolumn) select 10,'Descr 10','Test 10'
    go
    
    dbcc freeproccache
  4. テーブル内の 1 つの行を更新します。 cache_test、計画でこの 1 つの行の更新を参照してください、キャッシュします。これを行うには、以下の Transact SQL ステートメントを実行します。
    update cache_test
    set testcolumn = 'testing '+cast(id as varchar)
    where id between 1 and 1
    go
    
    select SetOpts,UseCounts,* from master..SyscacheObjects where ObjId=Object_ID('cache_test_update') order by SetOpts, CacheObjType
    go
    次のように出力をされます。
    SetOpts UseCounts bucketid cacheobjtype     objtype  objid      dbid dbidexec uid refcounts usecounts pagesused lasttime maxexectime avgexectime lastreads lastwrites setopts langid dateformat status sqlbytes sql
    5371	1	  10394	   Compiled Plan    Trigger  1029578706	5    5	      1	  2	    1	      1	        0	 0	     0	         0	   0	      5371    0	     1	        0	34	cache_test_update
    5371	1	  10394	   Executable Plan  Trigger  1029578706	5    5	      1	  1	    1	      1	        0	 0	     0	         0	   0	      5371    0	     1	        0	34	cache_test_update
    
  5. 4 つの行を更新、 cache_test テーブル、および、つまり更新計画を複数の行を参照してください。キャッシュにします。これを行うには、以下の Transact SQL ステートメントを実行します。
    update cache_test
    set testcolumn = 'testing '+cast(id as varchar)
    where id between 1 and 4
    go
    
    select SetOpts,UseCounts,* from master..SyscacheObjects where ObjId=Object_ID('cache_test_update') order by SetOpts, CacheObjType
    go
    次のような出力が表示されます。
    SetOpts UseCounts bucketid cacheobjtype     objtype  objid      dbid dbidexec uid refcounts usecounts pagesused lasttime maxexectime avgexectime lastreads lastwrites setopts langid dateformat status sqlbytes sql
    4347	1	  10394	   Compiled Plan    Trigger  1029578706	5    5	      1	  2	    1	      1	        0	 0	     0	         0	   0	      4347    0	     1	        0	34	cache_test_update
    4347	1	  10394	   Executable Plan  Trigger  1029578706	5    5	      1	  1	    1	      1	        0	 0	     0	         0	   0	      4347    0	     1	        0	34	cache_test_update
    5371	1	  10394	   Compiled Plan    Trigger  1029578706	5    5	      1	  2	    1	      1	        0	 0	     0	         0	   0	      5371    0	     1	        0	34	cache_test_update
    5371	1	  10394	   Executable Plan  Trigger  1029578706	5    5	      1	  1	    1	      1 	0	 0	     0	         0	   0	      5371    0	     1	        0	34	cache_test_update
    
  6. 5 つの行を更新) で、 cache_test テーブル、および、つまり更新計画を複数の行を参照してください。キャッシュにします。これを行うには、以下の Transact SQL ステートメントを実行します。
    update cache_test
    set testcolumn = 'testing '+cast(id as varchar)
    where id between 1 and 5
    go
    
    select SetOpts,UseCounts,* from master..SyscacheObjects where ObjId=Object_ID('cache_test_update') order by SetOpts, CacheObjType
    go
    
    次のように出力をされます。
    SetOpts UseCounts bucketid cacheobjtype     objtype  objid      dbid dbidexec uid refcounts usecounts pagesused lasttime maxexectime avgexectime lastreads lastwrites setopts langid dateformat status sqlbytes sql
    4347	1	  10394	   Compiled Plan    Trigger  1029578706	5    5	      1	  2	    1	      1	        0	 0	     0	         0	   0	      4347    0	     1	        0	34	cache_test_update
    4347	2	  10394	   Executable Plan  Trigger  1029578706	5    5	      1	  1	    2	      1	        0	 0	     0	         0	   0	      4347    0	     1	        0	34	cache_test_update
    

    この出力には、手順 5 で出力を比較する場合は、パフォーマンスの低下につながる可能性があります、次の条件に注意してください。トリガーの実行をします。
    • 複数の行に対応する実行プラン手順 5 の出力の更新が削除されます。この現象が発生するため、複数の行の更新に対応する実行プランが再コンパイルされます。新しい実行プランを作成します。
    • 実行プランになったように見える場合でも再コンパイルは、 usecounts 列、実行可能ファイル プランに使用される 2 つあったことを示します回。不正解です。
    • 対応する実行プランにさらに、1 つの行の更新、キャッシュから削除されています。

関連情報

詳細については、以下を参照してください。開発者向けネットワーク (MSDN) Web サイト。
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa175244 (SQL.80)
詳細についてはMicrosoft SQL Server 更新命名方式については、次をクリックします。文書番号を使用して「サポート技術情報」資料を参照するには:
822499Microsoft SQL Server のソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい命名方式は
詳細については、マイクロソフトをリリース後のソフトウェアを修正するときに使用する用語Microsoft では、資料を表示する次の資料番号をクリックします。ナレッジ ベース:
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明
詳細についてをクリックします。マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには、次の資料番号ベース:
263889SQL ブロック [コンパイル] のためにロック

プロパティ

文書番号: 870972 - 最終更新日: 2011年7月18日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbbug kbfix kbtrigger kbqfe kbsqlserv2000presp4fix kbhotfixserver kbmt KB870972 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:870972
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com