Virtual Server 2005 または Virtual PC 2004 を実行しているホスト コンピューターでバーチャル マシンをデバッグする方法 (1/2)

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 871171 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、バーチャル マシンをデバッグする方法については、Microsoft Virtual Server 2005 または Microsoft が実行されているホスト ・ コンピューター仮想 PC 2004 年。この資料をデバッグする方法に関する完全な説明はありません。コンピューターです。代わりに、ここでの基本的な手順や情報のみについて説明します。仮想マシン環境でデバッグ出力を取得することする必要があります。これ資料 2 の記事のパート 1 です。 詳細については第 2 部で他のについての資料は、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
871170どのように仮想を実行しているコンピューター上の仮想サーバー サービスをデバッグするのには仮想 PC 2004 は、2 の第 2 部、

詳細

仮想マシン環境でデバッグを設定するのには次の手順を実行します。

手順 1: バーチャル マシンの Boot.ini ファイルを構成します。

仮想マシンがホスト コンピューターからデバッグする場合実行中の仮想 PC 2004 または Virtual Server 2005 は、ホスト コンピューターを構成します。デバッグ ツールとして、一般的なデバッグのシナリオと。ただし、バーチャル マシンをデバッグする場合、高いボー レートを使用できます。コンピューターは、デバッグする対象となるコンピューターとも呼ばれます。速度を構成するのにはデバッグ対象のコンピューターでは、次の手順を実行します。
  1. などのテキスト エディターを使用して Boot.ini ファイルを開きますメモ帳。
  2. [オペレーティング システム] セクションの下の最初の行のコピーここでの最後の行項目を貼り付けます。通常は、あります[オペレーティング システム] の下の 1 つだけの行アイテムです。
  3. その行に以下の情報を追加、[オペレーティング システム] を貼り付けます。
    /デバッグ/DEBUGPORT = COMデバッグに使用する COM ポートの数 ボーレート 115200 を =
    です最大の 115,200 ボーを使用することができ、この設定ほとんどの時間を動作します。接続の問題が発生した場合は、ただし、縮小します。この値には、次のいずれかの。
    57600
    19200
    9600
    Boot.ini ファイルは次のようになります。
    [boot loader]
    timeout=30
    default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS
    [operating systems]
    multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS="Windows Server 2003, Enterprise" /fastdetect
    multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS="Windows Server 2003, Enterprise" /fastdetect/DEBUG /DEBUGPORT=COM2/BAUDRATE=115200
  4. Boot.ini ファイルには、変更内容を保存して終了、テキスト エディターのプログラムです。
詳細についてはデバッグを構成して、メモリ ダンプ ファイルを生成する次をクリックして文書番号を使用して、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには:
303021サーバーを停止する (ハング) する場合、メモリ ダンプ ファイルを生成する方法

手順 2: 取得し、カーネル デバッガーをインストールします。

マイクロソフトでは、カーネル デバッガーをダウンロードしてください。これを行うには、いずれかの参照をしてください。次のマイクロソフト Web サイトを。
http://www.microsoft.com/whdc/devtools/debugging/installx86.mspx

http://www.microsoft.com/whdc/devtools/debugging/default.mspx
最新版のカーネルを使用することをお勧めします。利用できるデバッガーです。

手順 3: 仮想マシン上のシリアル ポートを構成します。

ホストを接続するのには、仮想マシン上のシリアル ポートを構成します。ださい。シリアル ポートとも呼ばれる com ポートがあることに注意してください。このシリアルポートは、名前付きパイプになります。このシリアル ポートを構成するのには、次の手順を実行します。

仮想 PC 2004 年

  1. Virtual PC 2004 を起動します。
  2. バーチャル マシンを構成する] をクリックし、をクリックします。 設定.
  3. で、 設定 ボックスの一覧で、[シリアル ポート] をクリックしてください必要なことを構成するをクリックします 物理的なシリアル ポート、とオフにします。 ポートを開くモデム コマンドを待つオンになっている場合は、チェック ボックスをオンにします。
  4. クリックしてください。 名前付きパイプ、し、入力\\.\pipe\名前付きに割り当てたい名前パイプ 続いて 名前付きパイプ ボックスです。を型の例 \\.\pipe\com2.
  5. クリックしてください。 ].

仮想サーバー 2005

  1. 仮想サーバーの管理 web サイトのプログラムを起動します。するにはこれを行うをクリックしてください スタートをポイントするのには すべてのプログラム,ポイントします。 マイクロソフトの仮想サーバープロパティ仮想サーバーの管理 web サイト.
  2. 仮想マシンをポイントするのには構成します。、し、使用するバーチャル マシンをクリックして変更します。
  3. クリックして、 COM ポート リンクします。
  4. 設定するのには、[シリアル ポート]デバッグ、] をクリックします 物理コンピューターのシリアル ポートプロパティオフにするのには ポートを開くモデム コマンドを待つ チェック ボックスします。
  5. クリックしてください。 名前付きパイプ、し、入力\\.\pipe\名前付きに割り当てたい名前パイプ 続いて 名前付きパイプ ボックスです。を型の例 \\.\pipe\com2.
  6. クリックしてください。 ].

手順 4: 仮想マシンの com ポートに、カーネル デバッガーを添付します。

バーチャル マシンの com ポートに、カーネル デバッガーを接続します。デバッグするとします。

ローカル コンピューター

ローカルのコンピューターには、次のコマンドのいずれかを使用します。
  • kd の k com:port=\\.\pipe\パイプ名前、パイプ、リセット = 0 を接続し直します
  • Windbg y シンボル パス ・ k com:pipe、ポート = \\VMHost\pipe\pipeName、リセット = 0 を接続し直します

リモート コンピューター

リモート コンピューターのいずれか、次のコマンドを使用します。
  • kd kcom:port = \\physicalHostComputerName\pipe\pipeName、パイプ、リセット = 0 を接続し直します
  • Windbg kcom:port = \\physicalHostComputerName\pipe\pipeName、パイプ、リセット = 0 を接続し直します
仮想デバッグすると、次の点に注意します。マシン:
  • ボー レート オプションは、名前付きパイプには使用されません。
  • 使用して、 リセット = 0 リセット パケットの数をすることを指定するオプション対象のコンピューターに送信すると、ホスト コンピューターとターゲット コンピューター同期しています。を リセット = 0 Virtual PC のバーチャル マシンやその他のオプションを使用します。仮想マシンは、名前付きパイプが余分なバイトをドロップする場所。
  • 再接続 オプションが自動的に切断するのには、デバッガーを使用します。パイプとパイプの読み取り障害が発生した場合の再接続または障害が発生したかを記述します。さらに、デバッガーを起動すると、名前付きパイプが検出されない場合を 再接続 オプション、パイプこの名前を持つ待機するデバッガーがされます。表示されます。使用して、 再接続 Virtual PC 2004 のバーチャル マシンやその他の仮想のオプション削除してから、パイプは再起動時に再作成するマシン操作です。

プロパティ

文書番号: 871171 - 最終更新日: 2013年4月29日 - リビジョン: 8.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Virtual Server 2005 Standard Edition
  • Microsoft Virtual PC 2004
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbmt KB871171 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:871171
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com