新しいイベント ログ メッセージ クラスター サービス アカウントにはが Windows Server 2003 Service Pack 1 および Windows 2000 Service Pack 4 用の更新プログラム ロールアップ 1 に含まれています。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 871236
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

クラスターのサービスに関連するイベント ログ メッセージには、Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) および Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 (SP4) の更新プログラム ロールアップ 1 に加えられた変更をいくつか説明します。

詳細

クラスター サービスは、ドメイン ユーザー アカウントを必要とするサービスです。

サーバー クラスターのセットアップ プログラムは、一連のアカウントにユーザー権利を付与することによりこのアカウントのローカル セキュリティ ポリシーを変更します。さらに、このアカウントは、ローカルの Administrators グループのメンバーになります。

これらのユーザー権利のいずれかが表示されない場合は、開始時にすぐにまたは後で、クラスター サービスに特定のユーザー権利を必要と場合によってはクラスター サービスを停止ことがあります。

Windows Server 2003 および Windows 2000 Server では、ユーザー権利が、クラスター サービス アカウントに許可されていないクラスターの操作に必要なされたことの通知が表示されます。ただし、この通知はユーザー権利がありませんが必要はありません。

Windows Server 2003 SP1 および Windows 2000 sp4 対応の更新プログラム ロールアップ 1 は、この問題を解決するための変更が含まれます。これらの変更は、サービス コントロール マネージャー (SCM) のプログラムとは、クラスター サービスです。

変更するには、サービス コントロール マネージャー

クラスター サービス アカウント、ローカルの Administrators グループのメンバーではない場合は、クラスター サービスを検出します。このシナリオでは、次のエラーが記録されます。

イベント ソース: サービス コントロール マネージャー
イベント カテゴリ: なし
イベント ID: 7023
種類: エラー
ユーザー: 該当なし
コンピューター: コンピューター名
説明: Service_Name サービスには、次のエラーで終了しました。指定したユーザー アカウントが、指定されたグループ アカウントのメンバーではありません。

このシナリオでは、コマンド プロンプトで、クラスター サービスを開始しようとした場合、次のエラーが表示されます。
C:\WINDOWS\Cluster>net 開始 clussvc
クラスター サービスを開始しています。
クラスター サービスを開始できませんでした。

システム エラーが発生しました。

システム エラー 1321年しました。

指定したユーザー アカウントが、指定されたグループ アカウントのメンバーではありません。
また、割り当てられている「として、サービス ログオン」ユーザー権利を持たないクラスター サービス アカウントを検出するために、SCM を変更されています。このシナリオでは、システム イベント ログに新しいイベント、イベント ID 7041 が表示されます。イベント ID 7041 は次のとおりです。

イベント ソース: サービス コントロール マネージャー
イベント カテゴリ: なし
イベント ID: 7041
種類: エラー
ユーザー: 該当なし
コンピューター: コンピューター名
説明: Service_Name サービスとしてログオンすることができませんでした。 ドメイン\アカウント 現在構成されているため、パスワードに、次のエラー。

ログオン失敗: このコンピューターで要求されたログオンの種類は、ユーザーが許可されていません。

このアカウントに「サービスとしてログオンする」ユーザー権利が必要です。この権利は、サービス アカウントにこのサービスを実行するにを与える必要があります。このコンピューター上のアカウント権限を付与するのには、[ローカル セキュリティ ポリシー エディター (secpol.msc) を使用できます。このノードは、クラスターのメンバーの場合は、すべてのノードでクラスター サービス アカウントにこのユーザー権利が与えされることを確認してください。

サービス アカウントを無効にするこのユーザーの権利を解決しない場合は、特権を削除するグループ ポリシー オブジェクトの結果があります。これは、失効の原因かどうかを確認する、ドメイン管理者に確認してください。

クラスター サービスの変更

クラスター サービスを起動すると、今すぐに、クラスター サービス アカウントのグループ メンバーシップとクラスター サービス アカウントに与えられているユーザー権利を確認します。

構成が正しくない場合が検出された、クラスター サービスを停止、し、適切なメッセージをコンピューターに表示するかがシステム イベント ログに記録します。このシナリオでは、クラスター サービスの開始またはクラスター サービス アカウントにのみ、適切な修正を行った後に実行され続けます。したがって、サーバー クラスター アドミニストレーターすばやく問題、クラスター サービス アカウントの構成である警告を受けます。

このシナリオでは、クラスター サービスは、システム イベント ログにイベント ID 1234 を記録します。イベント ID 1234 は次のとおりです。

クラスター サービス アカウント (CSA) 次の必要があるユーザーの権限 (権限) が正しく動作するために。

リストの権限の表示名がありません。

これらの特権は、CSA をクラスターのセットアップ中に与えられているか、する必要があります。クラスター サービスを実行する前に存在します。によってこれらの特権を与えることができます。[ローカル セキュリティ ポリシー エディター (secpol.msc) またはグループ ポリシー オブジェクトDS 内の CSA のユーザー オブジェクトに関連付けられています。

特権を続行、CSA から削除する場合は、ドメインを確認します。管理者は、グループ ポリシー オブジェクトは削除されますが、特権、CSA から。その場合は、この GPO は、CSA を適用しなければなりません。

このシナリオでは、コマンド プロンプトで、クラスター サービスを開始しようとすると、次のシステム エラーが表示されます。
C:\WINDOWS\cluster>net 開始 clussvc
クラスター サービスを開始しています。
クラスター サービスを開始できませんでした。

システム エラーが発生しました。

1314 のシステム エラーが発生しました。

必要な権限はクライアントによって所有されていません。
Windows Server 2008 では、フェールオーバー クラスターのドメイン ユーザー アカウント、クラスター サービスを実行するのには使用しません。代わりに、Windows Server 2008 のフェールオーバー クラスターは、ローカル システム アカウントを使用してログオンします。したがって、この資料の情報は適用されません。

ただし、この設定を変更する場合は、クラスター サービスが開始する失敗します。さらに、サービスの管理コンソールで、次のエラー メッセージが表示されます。
サービス: Windows はローカル コンピューター上のクラスター サービスを開始できませんでした。
エラー 1297年: サービスが正しく機能するために必要な特権サービス アカウントの構成に存在しません。
さらに、次のようなイベントがシステム ログに記録されます。

ログ名: システム
イベント ソース: サービス コントロール マネージャー
イベント カテゴリ: なし
イベント ID: 7000
タスクのカテゴリ: なし
種類: エラー
キーワード: クラシック
ユーザー: 該当なし
コンピューター: コンピューター名
説明: クラスター サービス、次のエラーのため開始に失敗しました: サービスが正しく機能するために必要な特権は、サービス アカウントの構成に存在しません。サービスの構成] および [アカウントの設定を表示するのには、サービス Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップイン (services.msc) およびローカル セキュリティ設定 MMC スナップイン (secpol.msc) を使用できます。

Windows 2000 および Windows Server 2003 のサーバー クラスターに必要な権限の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
269229クラスター サービス アカウントを手動で再作成する方法
構成およびサーバー クラスターをセキュリティで保護する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet2.microsoft.com/windowsserver/en/library/f64e46ba-2d09-4f1a-ba9c-f2b1f71821eb1033.mspx

プロパティ

文書番号: 871236 - 最終更新日: 2011年7月30日 - リビジョン: 7.0
キーワード:?
kbinfo kbclustering kbmt KB871236 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:871236
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com