Windows XP Service Pack 2 または Windows XP Tablet PC Edition 2005 で "データ実行防止" というエラー メッセージが表示される

文書翻訳 文書翻訳

この資料の内容

Show all imageすべて表示Hide all imageすべて非表示

現象

Microsoft Windows XP Service Pack 2 (SP2) または Windows XP Tablet PC Edition 2005 でプログラムを実行するときに、次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。

データ実行防止 - Microsoft Windows
コンピュータ保護のため、このプログラムは Windows により終了されました。
名前: program name
発行元: program publisher

データ実行防止は、ウイルスやその他の脅威による損害の防止に役立ちます。データ実行防止を有効にすると、プログラムによっては正しく実行されない場合もあります。プログラムの更新されたバージョンについては、発行元に問い合わせてください。その他の詳細を表示します。


[メッセージを閉じる] をクリックすると、プログラムが終了し、エラー報告を送信するオプションが Windows エラー報告によって表示されます。

原因

Microsoft Windows XP SP2 では、ウイルスやその他のセキュリティの脅威による損害を防止するためにデータ実行防止 (DEP) 機能が使用されています。この現象は、これが原因で発生します。

DEP は、単独で、またはこの機能に対応したマイクロプロセッサと連動して、一部のメモリ領域を "非実行" としてマークします。保護された領域からプログラムがコードを実行しようとすると、コードが悪質なものかどうかにかかわらず、DEP によってプログラムが閉じられ、ユーザーに通知されます。

解決方法

この動作を回避するには、プログラムの製造元に連絡して、DEP が有効な状態でプログラムを正常に動作させるための更新プログラムまたは DEP 機能に対応した最新版のプログラムを入手します。

回避策

DEP がすべてのプログラムとサービスに適用されるようにコンピュータが設定されている場合、DEP のエラー メッセージには [設定の変更] ボタンが表示されます。該当プログラムの更新プログラムが入手できない場合は、次の手順を実行して、DEP のエラー メッセージからそのプログラムに関する例外を追加します。
  1. 「現象」に記載されているエラー メッセージが表示されたら、[設定の変更] をクリックします。
  2. プログラムの隣にあるチェック ボックスをオンにし、[適用] をクリックします。
  3. コンピュータの再起動を求めるメッセージが表示されたら、[OK] を 2 回クリックした後、システムを再起動します。

また、コントロール パネルの [システムのプロパティ] を使用して、DEP の例外として扱うプログラムを追加することもできます。この操作を行うには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、sysdm.cpl と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [詳細設定] タブをクリックし、[パフォーマンス] の [設定] をクリックします。
  3. [パフォーマンス オプション] ダイアログ ボックスで [データ実行防止] タブをクリックし、[追加] をクリックします。
  4. [ファイルを開く] ダイアログ ボックスで、プログラムを見つけてクリックします。
  5. [開く] をクリックし、[適用] をクリックし、[OK] をクリックします。コンピュータの再起動を求めるメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。

状況

この動作は仕様です。

関連情報

Windows XP Service Pack 2 の DEP 機能の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
875352 Windows XP Service Pack 2 のデータ実行防止 (DEP) 機能の詳細

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 875351 (最終更新日 2004-11-10) を基に作成したものです。

詳細

重要な Windows のプログラムとサービスについてのみ DEP を有効にするようにコンピュータが構成されていると、DEP のエラー メッセージから [設定の変更] ボタンを使用できません。

コンピュータの DEP の構成は、コントロール パネルの [システム] で表示することができます。この操作を行うには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、sysdm.cpl と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [詳細設定] タブをクリックし、[パフォーマンス] の [設定] をクリックします。
  3. [パフォーマンス オプション] ダイアログ ボックスで、[データ実行防止] タブをクリックします。
  4. [重要な Windows のプログラムおよびサービスについてのみ有効にする] と [次に選択するのものを除くすべてのプログラムおよびサービスについて DEP を有効にする] のどちらが選択されているかを確認します。
重要な Windows のプログラムとサービスについてのみ DEP を有効にするようにコンピュータが構成されている場合、プログラムに関する例外を追加することはできません。この動作は Windows XP SP2 の仕様です。

重要な Windows のプログラムとサービスについてのみ DEP を有効にするようにコンピュータが構成されていて、DEP のエラー メッセージが引き続き表示される場合は、Windows の機能を拡張するプログラムがインストールされている可能性があります。そのプログラムがインストールされているために、重要な Windows のプログラムまたはサービスで DEP の問題が発生している可能性があります。

この現象が以前は発生せず、最近発生するようになった場合、最近インストールしたプログラムを削除することによって、DEP のエラー メッセージが表示されないようになることがあります。

この資料について

文書番号: 875351
最終更新日: 2005年7月11日
この資料は以下の製品について記述したものです。: Microsoft Windows XP Professional Service Pack 2 (SP2), Microsoft Windows XP Home Edition Service Pack 2 (SP2), Microsoft Windows XP Media Center Edition Service Pack 2 (SP2), Microsoft Windows XP Tablet PC Edition 2005
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"
この資料に関するフィードバックを提供しますか?
 

Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.