Windows SharePoint Services Web ファームで実行されているすべての Web サーバーを更新する必要があります。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 875358
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Web サーバー Web ファーム配置のマイクロソフト Windows SharePoint Services Microsoft Windows SharePoint Services のサービス パックのバージョンにアップグレードするときに考慮する事項についての情報を掲載しています。Web ファーム配置の Windows SharePoint Services の場合、Web ファーム内のすべての Web サーバーをアップグレードしてください。Windows SharePoint Services service pack が正常に、Web サーバー上に正しくインストールされていることを確認する方法についても説明します。

メモ Web ファーム「サーバー ファーム」(二重引用符は除く) と呼ばれます。この記事では、私たち「Web ファーム」(二重引用符は除く) という用語を使用します。

詳細

Windows SharePoint Services の Web ファームでの Web サーバーを更新すると、Web ファーム内のすべての Web サーバーが同じバージョンの Windows SharePoint Services を実行するように、Web ファーム内のすべての Web サーバーを更新する必要があります。たとえば、Web ファームを Windows SharePoint Services から Windows SharePoint Services の最新の service pack にアップグレードすると、Windows SharePoint Services のパックには、Web ファーム内のすべての Web サーバー サービスがインストールしなければなりません。Windows SharePoint Services サービス パックによって Web サーバーに適用されますが、他の Web サーバーには適用されません、Web ファームの構成がサポートされていないし、エラーが発生します。

Windows SharePoint Services の最新のサービス パックに Web ファーム内の Web サーバーをアップグレードする場合、考慮事項を次に示します。
  • データベースのロックの問題を回避するには、一度に 1 つの Web サーバーを更新することをお勧めします。データベースのロックの問題が発生する場合は、仮想サーバーが正しく更新できません可能性があります。
  • Windows SharePoint Services の最新の service pack にアップグレードする前に、Windows SharePoint Services を使用して、データベースをバックアップします。

    メモ 特定 Windows SharePoint Services service pack に含まれていない Windows SharePoint Services の修正プログラムをインストールする場合は、マイクロソフト製品サポート サービスにお問い合わせくださいし、それ以降のバージョンが正常に動作するその特定の service pack に修正プログラムを入手する必要があります。その特定の service pack を適用した後を取得され、特定の service pack をインストールする前に、コンピューターにインストールされている、Windows SharePoint Services の修正プログラムは動作しません。

    など、Microsoft Windows SharePoint Services サービス パック 1 (SP1) に含まれていない Windows SharePoint Services の修正プログラムをインストールする場合は、マイクロソフト製品サポート サービスにお問い合わせくださいし、SP1 では Windows SharePoint Services を正しくは、修正プログラムを入手します。

    マイクロソフト製品サポート サービスにお問い合わせくださいするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=fh です。[LN];CNTACTMS
  • 各 Web サーバーの Web ファームを Windows SharePoint Services の最新の service pack にアップグレードすると回転負荷を取得します。これにより、ユーザーが Web ファームには、アップグレード操作中に接続されていません。
  • Web サーバー上で Windows SharePoint Services の最新の service pack をインストールする前に、World Wide Web 発行サービスを各 Web サーバー上で停止することをお勧めします。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ cmd で、 ファイルを開く ボックスとクリック [OK].
    2. コマンド プロンプトで net stop w3svc、し、ENTER キーを押します。
    3. 種類 終了、し、コマンド プロンプトを終了するのには、ENTER キーを押します。
    Web サーバー上の Windows SharePoint Services の最新の service pack をインストールすると、World Wide Web 発行サービスを開始します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ cmd で、 ファイルを開く ボックスとクリック [OK].
    2. コマンド プロンプトで net start w3svc、し、ENTER キーを押します。
    3. 種類 終了、し、コマンド プロンプトを終了するのには、ENTER キーを押します。
メモ Service pack をインストールするにはいずれかにログオンし、サーバー直接またはコンソール セッションを介して接続することによって。ログオン、リモート デスクトップを使用しているときに service pack をインストールする場合は、ログアウトし、再度ログオン再度後、%Temp%\Ohotfix ディレクトリに置かれます、OHotfix ログ ファイルが削除されます。これらのログ ファイルについては、この資料の後半には service pack の更新プログラムが成功したことを確認に使用されます。

クリックしてログオンしているコンピューターのコンソール セッションを作成できます。 開始をクリックすると 実行、し、テキストを入力 mstsc-v:<servername></servername> /F-コンソール で、 ファイルを開く ボックスで、場所 <servername></servername> 接続するサーバーです。 コンソール セッションを使用する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
278845接続して、Windows Server 2003 ターミナル サービスのコンソール セッションをシャドウする方法

Windows SharePoint Services の最新の service pack がインストールされていることを確認してください。

Web サーバー上の Windows SharePoint Services の最新の service pack をインストールした後、service pack が正常にインストールし、仮想サーバーが正常に更新されていることを確認を確認します。これを行うには、次の手順を実行します。

手順 1: ログ ファイルを表示します。

Ohotfix (service pack が正常にインストールされていることを確認するには、表示します。番号)、ハード ディスク上の %Temp%\Ohotfix フォルダーにある .log ファイル。Service pack が正常にインストールされている場合は、次のエントリがログ ファイルに記録されます。
The update was applied successfully

手順 2: SharePoint サーバーの全体管理の仮想サーバーのバージョン番号を確認してください。

仮想サーバーが正常に更新されていることを確認するには、SharePoint のサーバー管理の仮想サーバーのバージョン番号を確認してください。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. サーバーの管理] を起動します。
  2. 下にあります。 仮想サーバーの構成 Windows SharePoint Services のサーバーの全体管理] ページをクリックします。 仮想サーバーの設定を構成します。.
  3. 下にあります。 バージョン [仮想サーバーのリスト] ページで、仮想サーバーには、記載されているバージョン番号をメモし、状況に応じて以下の方法のいずれかを使用してください。
    • インストール、Windows SharePoint Services サービスのバージョン番号をパックすると、バージョン番号と一致する場合は、仮想サーバーが正しく更新されます。このセクションの残りの手順を実行するはありません。

      メモバージョン番号は次のとおりです。
      • 6.0.2.5530 仮想サーバー Windows SharePoint Services の元のリリース バージョンのバージョン番号です。
      • 6.0.2.6361 は、Windows SharePoint Services Service Pack 1 (SP1) の仮想サーバーのバージョン番号です。
      • 6.0.2.6411 は、仮想サーバーに Windows SharePoint セキュリティ更新プログラムをインストールした、次の資料、マイクロソフト サポート技術に記載されているサービスのバージョン番号です。
        887981 Ms05-006: Windows SharePoint Services および SharePoint Team Services の脆弱性によりクロスサイト スクリプティング攻撃やスプーフィング攻撃.
      • 6.0.2.6568 は、Windows SharePoint Services Service Pack 2 (SP2) の仮想サーバーのバージョン番号です。
      • 6.0.2.8165 は、Windows SharePoint Services Service Pack 3 (SP3) の仮想サーバーのバージョン番号です。
    • バージョン番号が 6.0.2.8165 未満である場合は、仮想サーバーが正しく更新されません。手順 4 に進みます。
  4. 仮想サーバのバージョン番号が正しく更新されていないと、Windows SharePoint Services の最新の service pack をインストールした後、6.0.2.6568 より前のバージョンのままの場合は、Stsadm.exe コマンド ライン ツールを使用して、コンテンツ データベースと構成データベースのアップグレードを強制的にします。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ cmd で、 ファイルを開く ボックスとクリック [OK].
    2. コマンド プロンプトで、次の行を入力し、各行の最後後で ENTER キーを押します。
      cd/d %commonprogramfiles%\Microsoft Shared\Web Server Extensions\60\Bin stsadm-o-強制アップグレードのアップグレードの url http://companyweb
    3. 種類 終了、し、コマンド プロンプトを終了するのには、ENTER キーを押します。
    Stsadm.exe コマンド ライン ツールを使用して、Windows SharePoint Services を管理する方法の詳細については、「コマンドライン操作」トピックの「参照」セクションを参照してください、 Microsoft Windows SharePoint Services ユーザーズ ガイド.取得するのには Microsoft Windows SharePoint Services ユーザーズ ガイド、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    ドキュメントですか。FamilyID a637eff6-8224-4b19 ・ a6a4 ・ 3e33fa13d230 &amp; displaylang = en =

関連情報

Windows SharePoint Services の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/windowsserver/sharepoint/default.aspx

プロパティ

文書番号: 875358 - 最終更新日: 2011年7月30日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbinfo kbtshoot kbservicepack kbdeployment kbupdate kbmt KB875358 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:875358
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com