警告を要する状態または Exchange Server 2003 または Exchange 2000 サーバーで重大な状態に misleadingly 報告ことがあります Exchange SMTP キューの増加率の監視

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 875435 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

構成すると、Microsoft Exchange Server 2003 または Exchange 2000 Server のコンピューターの SMTP キューの増加率を監視するには、Microsoft Exchange システム マネージャー ツールで監視、警告状態通知メッセージまたは重大な状態通知メッセージが表示されるがあります。 ただし、表示すると、SMTP キュー Exchange コンピューターに、そのキューは過剰な SMTP キューの増加率がありません。

たとえばが表示がされます警告状態通知メッセージまたは重大な状態通知メッセージその他すべての電子メールが正常に配信されるときに、配信不能電子メール メッセージが SMTP キューに残っている場合。 このシナリオでは、表示される通知メッセージのアドレスへの管理操作が必要な SMTP キューに問題を示すかどうかを特定できません。

原因

この問題が発生 Exchange は、Windows を使用するための管理の実装 (WMI) プロパティ IncreasingTime SMTP キューの増加率を決定します。 次の説明は、 IncreasingTime プロパティには。
元に戻す全体を表示する
プロパティ 説明
IncreasingTime プロパティuint32 IncreasingTime;
IncreasingTime プロパティが、リンクによって転送待ちのメッセージの数を増やすことをミリ秒単位での時間を指定します。
この説明を restate にこのプロパティには時間を過ぎて、SMTP キューにメッセージの数があるためにについて説明します 減らない 。 このシナリオでは、SMTP メッセージが、SMTP キューに残っている場合そのキューがない減少します。 したがって、キューにメッセージの数から渡されるミリ秒数が増加を減らない。

再試行 のステータスを含むメッセージが配信されるまで、またはタイムアウト時間までに、SMTP キューが残ってください。 したがって、メッセージ の再試行 のステータスを警告状態通知メッセージまたは重大な状態通知メッセージを生成するがあります。 このメッセージの状態 の再試行 の SMTP キューに問題が、可能性がありますしため正しく警告状態通知メッセージまたは重大な状態通知メッセージを生成します。 通常、ただし、この 再試行 状態を示します「緊急」でないをことがありますアドレスへの管理操作を不要問題。

このシナリオでは、 現在キューの増加率 を SMTP キューに 再試行 のステータスがある最も古いメッセージの合計時間を示します。

解決方法

この問題を解決、する SMTP サーバー ローカル キューの長さ パフォーマンス カウンターに構成、SMTP キューにメッセージの数を測定するパフォーマンス オブジェクト。 SMTP メッセージの数が一定のしきい値に達した場合に通知メッセージを送信するには、Windows パフォーマンス ツールを構成することもできます。

SMTP サーバー のパフォーマンス オブジェクトを構成するには、次の手順に従います。
  1. 開始 ] をクリックして 実行 ] をクリックして、 perfmon と入力して [OK] をクリックします。
  2. 右側のウィンドウで、[ 追加 ] をクリックします。 追加 ボタンは、プラス記号 (+) として表示されます。
  3. [ パフォーマンス オブジェクト ボックスの一覧から、 SMTP サーバー
  4. [表示 ] ボックスの一覧からカウンターを選択 </a0>] ボックスの一覧 ローカル キューの長さ
  5. [ 一覧からインスタンスを選択 </a0>] で監視する必要のある SMTP インスタンス。 たとえば、[ SMTP 1 ] をクリックします。
  6. [ 追加 ]、[ 閉じる ] をクリックします。
警告の設定を構成するには、次の手順に従います。
  1. Windows パフォーマンス ツールでは、[ パフォーマンス ログと警告 ] を展開 警告 を右クリックして [ 新しい通知の設定 ] をクリックします。
  2. 新しい警告の設定 ] ダイアログボックスで、警告のわかりやすい名前を入力] の [ OK] をクリックします。 たとえば、 SMTP キューの警告 を入力します。
  3. [ 全般 ] タブの [ 追加 を] をクリックします。
  4. [ パフォーマンス オブジェクト ボックスの一覧から、 SMTP サーバー
  5. [表示 ] ボックスの一覧からカウンターを選択 </a0>] ボックスの一覧 ローカル キューの長さ
  6. [ 一覧からインスタンスを選択 </a0>] で監視する必要のある SMTP インスタンス。 たとえば、[ SMTP 1 ] をクリックします。
  7. [ 追加 ]、[ 閉じる ] をクリックします。
  8. 値が警告 の一覧から ] をクリックして、[ 制限 ] ボックスで、しきい値として構成する電子メール メッセージの数入力します。 たとえば、 20 制限 で入力ボックス。

    メモ この値は、Exchange 組織に固有です。 詳細については、 トラブルシューティングの Microsoft Exchange Server"の 2003年パフォーマンス トラブルシューティング Microsoft Exchange 2000 サーバーのパフォーマンス ドキュメントの「詳細」に記載されているを参照してセクション。
  9. [ 操作 ] タブをクリックして] を ネットワーク メッセージを送る チェック ボックスをオンに送信されるメッセージをアカウントの名前を入力し [OK] をクリックします。
詳細については、クリック、次資料、記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示: して
324752作成し、パフォーマンス モニター警告では、Windows Server 2003 で構成する方法
302558作成し、Windows 2000 でパフォーマンス モニター警告を構成する方法

詳細

詳細については、クリック、次資料、記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示: して
310315監視および状態と Small Business Server Exchange でのトラブルシューティング
329206Exchange 2000 でどの SMTP および X.400 キューが監視対象を調べる方法
パフォーマンス モニターで Exchange を構成する方法の詳細については、2003年、 トラブルシューティングの Microsoft Exchange サーバー"の 2003年パフォーマンス ドキュメントを参照してください。 このドキュメントを入手するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/4b012bda-8711-4617-9239-f3527de884a3.aspx
パフォーマンス モニターで Exchange を構成する方法の詳細については、2000年、 トラブルシューティング Microsoft Exchange 2000 サーバーのパフォーマンス ドキュメントを参照してください。 このドキュメントを入手するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=bd16ee6a-c4ee-4ab0-aaf0-27705465154e&displaylang=en
WMI の IncreasingTime プロパティの追加については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa126772.aspx
Building Management Components for MS Exchange 2000 Server
また Microsoft オペレーション マネージャー (MOM) を使用して Exchange コンピューターを監視することができます。 MOM の Exchange 2003 管理パックと Exchange 2000 管理パックのコンポーネントを管理し、Exchange 2003 および Exchange 2000 コンピューターを監視使えます。

MOM には、Exchange 2003 管理パックと MOM には、Exchange 2000 管理パックの追加については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/technet/prodtechnol/exchange/2000/maintain/momtips.mspx
http://www.microsoft.com/technet/prodtechnol/exchange/2000/maintain/mom.mspx

プロパティ

文書番号: 875435 - 最終更新日: 2007年10月25日 - リビジョン: 1.7
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
  • Microsoft Exchange 2000 Enterprise Server
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbmt KB875435 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:875435
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com