ユーザー設定ボタンの挿入と削除方法

文書番号: 879786 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料は、[ユーザー設定] ボタンをメニューバーやツールバーに挿入して、作成したマクロを登録したり、既にメニューバーやツールバーに挿入されているボタンを削除する方法について、解説したものです。

詳細

解説


Excel では、[ユーザー設定] ボタンを利用して、ユーザー独自のボタンをツールバーに挿入し、そのボタンにマクロを割り付けることができます。この方法を使うと、挿入したボタンをクリックするだけで割り付けたマクロを実行できるようになります。
[ユーザー設定] ボタンをメニューバーやツールバーに挿入したり、マクロをそのボタンに割り付けるには、以下の手順で行います。

[ユーザー設定] ボタンをツールバーに挿入し、マクロを割り付ける方法


この例では、以下のような、[ユーザー設定] ボタンをツールバーに挿入し、既に作成されている Macro1 を割り付けます。
元に戻す画像を拡大する
09a
  1. [ユーザー設定] ダイアログ ボックスを表示します。
    [ツール] - [ユーザー設定] をクリックする (@) か、[表示] - [ツールバー] - [ユーザー設定] をクリックします (A)。[ユーザー設定] がすぐに表示されない場合には、
    元に戻す画像を拡大する
    09b
    をクリックすると表示されますので、ご確認ください。または、メニューバーやツールバーを右クリックして表示されるショートカットメニューの [ユーザー設定] をクリックします (B)。
    元に戻す画像を拡大する
    09c

    元に戻す画像を拡大する
    09d

    元に戻す画像を拡大する
    09e


  2. [ユーザー設定] ボタンをツールバーに挿入します。
    まず、[ユーザー設定] ダイアログ ボックスの [コマンド] タブを選びます。
    元に戻す画像を拡大する
    09f


  3. 次に、[分類] ボックスの [マクロ] をクリックし、[コマンド] ボックスに表示された中から [ユーザー設定] ボタンをツールバー上の追加したい場所にドラッグします (@)。下図のように縦棒が表示されましたら、ドロップしてください (A)。ボタンが縦棒のあった場所に挿入されます。
    元に戻す画像を拡大する
    09g


  4. 追加した [ユーザー設定] ボタンにマクロを登録します。
    まず、ボタンが選択された状態のまま、[選択したボタンの編集] ボタンをクリックします。表示されたメニューから [マクロの登録] を選びます。
    元に戻す画像を拡大する
    09h


  5. 次に [マクロの登録] ダイアログ ボックスが表示されますので、[マクロ名] の一覧からそのボタンに割り付けたいマクロを選び、[OK] をクリックします。
    注意:マクロがない場合は、一覧には何も表示されません。
    元に戻す画像を拡大する
    09i


  6. [ユーザー設定] ダイアログ ボックスを [閉じる] ボタンで閉じます。
    以上で [ユーザー設定] ボタンのツールバーへの挿入と、マクロの登録は完了です。[ユーザー設定] ダイアログ ボックスを閉じると、追加したツールボタンのマクロが実行できるようになります。また、挿入したツールボタンの位置を変更したり、登録するマクロを変更したい場合は、再度 [ユーザー設定] ダイアログ ボックスを表示してから、ボタンの移動やマクロの再登録を行ってください。

ボタンを削除する方法


マクロを削除しても、そのマクロを割り付けたボタンはツールバーから削除されません。ツールバーからボタンを削除するには、以下の手順で行います。
  1. [ユーザー設定] ダイアログ ボックスを表示します。
    [ツール] - [ユーザー設定] をクリックするか、[表示] - [ツールバー] - [ユーザー設定] をクリックします。または、ツールバーやメニューバーを右クリックし、表示されるショートカットメニューから [ユーザー設定] をクリックします。

  2. [ユーザー設定] ダイアログ ボックスが表示されたままの状態で、ボタンを下図のように、マウスカーソルが
    元に戻す画像を拡大する
    09j
    のようになるところまでドラッグし、そこでドロップします。
    元に戻す画像を拡大する
    09k


  3. [ユーザー設定] ダイアログ ボックスを [閉じる] ボタンで閉じます。

プロパティ

文書番号: 879786 - 最終更新日: 2005年5月13日 - リビジョン: 1.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Excel 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbhowto kbbeginner kbstandard KB879786
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com