コンピュータを休止状態に設定するには

文書番号: 880023 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

長時間席を外したりする場合などに、コンピュータを手動および自動で休止状態に設定する方法について説明します。

詳細

コンピュータが休止状態になると、すべてのコンピュータの設定とコンピュータのメモリ内容がハード ディスクに保存され、コンピュータの電源が切れます。コンピュータを再起動すると、すべてのメモリ内容が復元されます。
スタンバイ状態ではコンピュータの電源は切れませんが、休止状態では電源が完全に切れるため、さらに電力消費を抑えることができます。休止状態は、長時間席を外したりする場合などに利用されます。

休止状態に設定する前の注意事項

  • 休止状態を有効にするには、Administrator または管理者権限のあるユーザーとしてログオンする必要があります。コンピュータがネットワークに接続されている場合は、ネットワーク ポリシーの設定によっては、休止状態に設定できない場合があります。

  • ご使用のコンピュータの機種やメーカーによって、設定や画面が異なる場合があります。詳細については、ご使用のコンピュータの説明書をご覧頂くか、コンピュータ メーカーにお問い合わせください。

コンピュータを休止状態にするには

自動でコンピュータを休止状態にするには

  1. [コントロール パネル] を開きます。
    [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントします。次に、[コントロール パネル] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    21a


  2. [電源オプションのプロパティ] ダイアログ ボックスを表示します。
    [電源オプション] をダブルクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    21b


  3. 休止状態を有効にします。
    [休止状態] タブをクリックし、[休止状態] の [休止状態をサポートする] チェック ボックスにチェックが入っていない場合は、クリックしてチェックを入れます。次に、[適用] をクリックします。
    注意
    [休止状態] タブが表示されない場合は、お使いのコンピュータが休止機能をサポートしていません。電源オプションでは、自動的にコンピュータが利用可能なオプションを検出し、使用できるオプションのみを表示します。
    元に戻す画像を拡大する
    21c

    補足
    [APM] タブがある場合は、[APM] タブをクリックし、[アドバンスト パワー マネージメント] の [アドバンスト パワー マネージメントを開始する] チェック ボックスをクリックしてチェックを入れます。次に、[適用] をクリックします。
    ※ [APM] タブが存在しない場合は、自動的にアドバンスト パワー マネージメント機能が有効になっています。
    元に戻す画像を拡大する
    21d


  4. 自動的にコンピュータを休止状態にする時間を指定します。
    [電源設定] タブをクリックし、[電源の設定] の [システム休止状態] ボックスの一覧から任意の時間を指定します。次に、[OK] をクリックします。
    ここでは例として、[30 分後] を選択します。
    元に戻す画像を拡大する
    21e



コンピュータは、[システム休止状態] ボックスで指定した時間が経過するまで待機し、その後休止状態になります。

手動でコンピュータを休止状態にするには

[電源オプションのプロパティ] ダイアログ ボックスから休止状態に設定するには

  1. [コントロール パネル] を開きます。
    [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントします。次に、[コントロール パネル] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    21a


  2. [電源オプションのプロパティ] ダイアログ ボックスを表示します。
    [電源オプション] をダブルクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    21b


  3. 休止状態を有効にします。
    [休止状態] タブをクリックし、[休止状態] の [休止状態をサポートする] チェック ボックスにチェックが入っていない場合は、クリックしてチェックを入れます。次に、[適用] をクリックします。
    注意
    [休止状態] タブが表示されない場合は、お使いのコンピュータが休止状態をサポートしていません。[電源オプションのプロパティ] ダイアログ ボックスでは、自動的にコンピュータが利用可能なオプションを検出し、使用できるオプションのみを表示します。
    元に戻す画像を拡大する
    21c


  4. 休止状態に設定します。
    [詳細] タブをクリックし、[電源ボタン] の [コンピュータの電源ボタンを押したとき] ボックスの一覧から [休止状態] をクリックします。次に、[OK] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    21f

    補足
    ノート パソコンをご使用の場合は、[電源ボタン] の [ポータブル コンピュータを閉じたとき] ボックスの一覧から [休止状態] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    21g


  5. コンピュータの電源ボタンを押します。


"休止中" というメッセージが表示された後に、コンピュータが休止状態になります。

[スタート] ボタンから休止状態に設定するには

  1. [コントロール パネル] を開きます。
    [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントします。次に、[コントロール パネル] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    21a


  2. [電源オプションのプロパティ] ダイアログ ボックスを表示します。
    [電源オプション] をダブルクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    21b


  3. 休止状態を有効にします。
    [休止状態] タブをクリックし、[休止状態] の [休止状態をサポートする] チェック ボックスにチェックが入っていない場合は、クリックしてチェックを入れます。次に、[OK] をクリックします。
    注意
    [休止状態] タブが表示されない場合は、お使いのコンピュータが休止状態をサポートしていません。[電源オプションのプロパティ] ダイアログ ボックスでは、自動的にコンピュータが利用可能なオプションを検出し、使用できるオプションのみを表示します。
    元に戻す画像を拡大する
    21c


  4. [Windows のシャットダウン] ダイアログ ボックスを表示します。
    [スタート] ボタンをクリックし、[シャットダウン] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    21h


  5. 休止状態に設定します。
    [次の中から選んでください] ダイアログ ボックスの一覧から [休止状態] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    21i



"休止中" というメッセージが表示された後に、コンピュータが休止状態になります。

休止状態から復帰するには

  1. 休止状態を解除します。
    コンピュータの電源ボタンを押します。
    ※ コンピュータで復帰するボタンが指定されている場合は、そのボタンを押します。


補足
休止状態になる前に使用していたユーザーのパスワードが求められた場合は、[パスワード] ボックスにパスワードを入力して [OK] をクリックします。
他の Windows システムで、コンピュータをスタンバイ状態に設定する方法については、下記の Q&A をご覧ください。
  • 882795 Windows XP の場合

  • 881895 Windows Millennium Edition の場合

  • 881896 Windows 98 の場合

関連情報

881897 コンピュータをスタンバイ状態に設定するには
881900 スタンバイ状態から復帰する際にパスワードを設定するには
882887 アドバンス パワー マネージメント (APM) をセットアップした後に、シャットダウンできない場合の対処方法
242495Windows 2000 の APM のトラブルシューティング
266169Windows 2000 コンピュータのスタンバイ モード、休止状態モード、シャットダウンで発生する問題のトラブルシューティング

プロパティ

文書番号: 880023 - 最終更新日: 2004年8月24日 - リビジョン: 1.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Professional
キーワード:?
kbhowto KB880023
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com