Excel の IF 関数を使用して、条件式を作成する方法

文書番号: 880977 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Microsoft Excel の IF 関数を使用して基本的な条件判断や処理の分岐方法について説明します。

IF 関数の応用編について参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
880978 Excel の IF 関数を使用して、複雑な条件式を作成する方法

詳細

IF 関数を使用して条件を論理式で指定すると、その結果が真 (True) の場合は真の場合の値を返し、偽 (False) の場合は偽の場合の値を返します。
IF(論理式, 真の場合, 偽の場合)

1つの値を基準に判断する方法

ここでは例として、得点に対して合格、または不合格を判定します。80 点以上を "合格" とし、そうでない場合を "不合格" と返します。

=IF(B2>=80,"合格","不合格")
  1. Excel ファイルを開き、IF 関数を挿入する任意のセルをクリックします。
    ここでは例として、C2 のセルを選択します。

    元に戻す画像を拡大する
    43a
  2. [関数の挿入] ダイアログ ボックスを表示します。
    [挿入] をクリックし、[関数] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    43b
  3. IF 関数を選択します。
    [関数の分類] ボックスの一覧から、[すべて表示] または [論理] をクリックします。次に、[関数名] ボックスの一覧から [IF] をクリックし、[OK] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    関数の挿入 IF
  4. 論理式を入力します。
    80 点以上を "合格" (True) とし、それ以外を "不合格" (False) とするため、[論理式] ボックスに、B2>=80 と入力します。

    元に戻す画像を拡大する
    43d
  5. 真 (True) の値を入力します。
    80 点以上の得点を "合格" とするため、[真の場合] ボックスに、"合格" と入力します。

    元に戻す画像を拡大する
    43e


    : 引数に文字列を入力する場合は、二重引用符 (") で文字列を囲みます。
  6. 偽 (False) の値を入力します。
    80 点未満の得点を "不合格" とするため、[偽の場合] ボックスに、"不合格" と入力します。

    元に戻す画像を拡大する
    43f
  7. 式を確認します。
    [論理式] ボックスに、B2>=80」、[真の場合] ボックスに、"合格"」、[偽の場合] ボックスに、"不合格"」と入力されているか確認します。次に、[OK] をクリックします

    元に戻す画像を拡大する
    43g
  8. C2 のセルに、"合格" または "不合格" の正しい値が返されていることを確認します。

    元に戻す画像を拡大する
    43h
  9. C3 から C5 のセルに IF 関数をコピーします。
    他のセルにもこの数式をコピーして、結果を確認します。他のセルに IF 関数を入力するには、オートフィルによるコピーが便利です。
    数式が入力されている C2 のセルをクリックし、セルの端にマウス ポインタを合わせます。次に、ポインタが + マークに変わったら、コピーする範囲までドラッグします。

    元に戻す画像を拡大する
    43i
C2 から C5 のセルに、"合格" または "不合格" の正しい値が返されていることを確認します。

元に戻す画像を拡大する
43j

複数の値を基準に判断する方法

複数の値を基準にして条件判断を行うには、IF 関数を組み合わせます。
ここでは例として、先程の得点表を使用し、3 段階の成績をつけます。90 点以上を "" 、70 点以上 90 点未満を "" 、70 点未満を "" とします。

IF(B2>=90,"優",IF(B2>=70,"良","可"))
  1. IF 関数を挿入する任意のセルをクリックし、 [挿入] をクリックし、[関数] をクリックします。次に、[関数名] ボックスの一覧から [IF] をクリックし、[OK] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    関数の挿入 IF
  2. 論理式を入力します。
    90 点以上を "優" (True) とするため、[論理式] ボックスに、B2>=90 と入力します。

    元に戻す画像を拡大する
    43k
  3. 真 (True) の値を入力します。
    90 点以上の得点を "優" とするため、[真の場合] ボックスに、"優" と入力します。

    元に戻す画像を拡大する
    43l


    : 引数に文字列を入力する場合は、二重引用符 (") で文字列を囲みます。
  4. 偽 (False) の値に、IF 関数の式を入力します。
    [偽の場合] ボックスをクリックし、[関数] ボックスの一覧の右側の [▼] をクリックします。次に [IF] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    43m


    : [関数名] ボックスの一覧に [IF] がない場合は、[関数名] ボックスの一覧から、[その他の関数] をクリックして、[関数の挿入] ダイアログ ボックスから、[IF] を選択してください。
  5. 論理式を入力します。
    70点以上を "良" (True) とし、それ以外を "可" (False) とするため、[論理式] ボックスに、B2>=70 と入力します。

    元に戻す画像を拡大する
    43n
  6. 真 (True) の値を入力します。
    70点以上の得点を "良" とするため、[真の場合] ボックスに、"良" と入力します。

    元に戻す画像を拡大する
    43o
  7. 偽 (False) の値を入力します。
    70 点未満の得点を "可" とするため、[偽の場合] ボックスに、"可" と入力します。

    : IF 関数の中の IF 関数の偽 (False) の値を入力した後、そのまま [OK] をクリックしないでください。式の入力作業が終わってしまいます。

    元に戻す画像を拡大する
    43p
  8. 元の IF 関数に戻ります。
    IF 関数の論理式を入力後、元の IF 関数に戻るには、数式 バーの先頭の IF の部分をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    43q
  9. 式を確認します。
    [論理式] ボックスに、B2>=90、[真の場合] ボックスに、"優"、[偽の場合] ボックスに、IF(B2>=70,"良","可")と入力されているか確認します。次に、[OK] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    43r
  10. C2 のセルに "優"、"良" または"可" の正しい値が返されているか確認します。

    元に戻す画像を拡大する
    43s
  11. C3 から C5 のセルに IF 関数をコピーします。
    他のセルにもこの数式をコピーして、結果を確認します。他のセルに IF 関数を入力するには、オートフィルによるコピーが便利です。
    数式が入力されている C2 のセルをクリックし、セルの端にマウス ポインタを合わせます。次に、ポインタが + マークに変わったら、コピーしたい範囲までドラッグします。

    元に戻す画像を拡大する
    43t
C2 から C5 のセルに、"優" 、"良" または "可" の正しい値が返されていることを確認します。

元に戻す画像を拡大する
43u

空白のセルを判断基準に含める方法

ここでは例として、得点のセルが空白の場合は "再試験" とし、80 点以上を "合格" 、そうでない場合を "不合格" と判定する方法について説明します。

=IF(B2="","再試験",IF(B2>=80,"合格","不合格"))
  1. Excel ファイルを開き、IF 関数を挿入する任意のセルをクリックします。
    ここでは例として、C2 のセルを選択します。

    元に戻す画像を拡大する
    43v
  2. [挿入] をクリックし、[関数] をクリックします。次に、[関数名] ボックスの一覧から [IF] をクリックし、[OK] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    関数の挿入 IF
  3. 論理式を入力します。
    得点のセルが空白になっている場合、"再試験" (True) とし、それ以外 (False) に IF 関数をもう 1 つ入れる場合の論理式を入力します。
    [論理式] ボックスに、B2="" と入力します。

    元に戻す画像を拡大する
    43w


    : 引数に空白を入力する場合は、"" と、二重引用符 (") の間に何も入力してない状態で囲みます。
  4. 真 (True) の値を入力します。
    得点が空白の場合を "再試験" とするため、[真の場合] ボックスに、"再試験" と入力します。

    元に戻す画像を拡大する
    43x


    : 引数に文字列を入力する場合は、二重引用符 (") で文字列を囲みます。
  5. 偽 (False) の値に、IF 関数の式を入力します。
    [偽の場合] ボックスをクリックし、[関数] ボックスの一覧の右側の [▼] をクリックします。次に [IF] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    43y


    : [関数名] ボックスの一覧に [IF] がない場合は、[関数名] ボックスの一覧から、[その他の関数] をクリックして、[関数の挿入] ダイアログ ボックスから、[IF] を選択してください。
  6. 論理式を入力します。
    80 点以上を "合格" (True) とするため、[論理式] ボックスに、B2>=80 と入力します。

    元に戻す画像を拡大する
    43z
  7. 真 (True) の値を入力します。
    80 点以上の得点を "合格" とするため、[真の場合] ボックスに、"合格" と入力します。

    元に戻す画像を拡大する
    43aa
  8. 偽 (False) の値を入力します
    80 点未満の得点を "不合格" とするため、[偽の場合] ボックスに、"不合格" と入力します。

    : IF 関数を入力した後、そのまま [OK] をクリックしないでください。式の入力作業が終わってしまいます。

    元に戻す画像を拡大する
    43ab
  9. 元の IF 関数に戻ります。
    IF 関数の論理式を入力後、元の IF 関数に戻るには、数式 バーの先頭の IF の部分をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    43ac
  10. 式を確認します。
    [論理式] ボックスに、B2=""、[真の場合] ボックスに、"再試験"、[偽の場合] ボックスに、IF(B2>=80,"合格","不合格") と入力されているか確認します。次に、[OK] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    43ad
  11. C2 のセルに、"再試験" 、"合格" または "不合格" の正しい値が返されていることを確認します。

    元に戻す画像を拡大する
    43ae
  12. C3 から C5 のセルに IF 関数をコピーします。
    他のセルにもこの数式をコピーして、結果を確認します。他のセルに IF 関数を入力するには、オートフィルによるコピーが便利です。
    数式が入力されている C2 のセルをクリックし、セルの端にマウス ポインタを合わせます。次に、ポインタが + マークに変わったら、コピーしたい範囲までドラッグします。

    元に戻す画像を拡大する
    43af
C2 から C5 のセルに、"再試験" 、"合格" または "不合格" の正しい値が返されていることを確認します。

元に戻す画像を拡大する
43ag


: セルが空白の場合、次の数式のように ISBLANK 関数を使用することもできます。どちらの数式を使用しても同じ結果となります。

=IF(ISBLANK(B2),"再試験",IF(B2>=80,"合格","不合格"))

また、次の IF 関数式のように、"不合格" のかわりに空白を返すこともできます。

=IF(B2>=80,"合格","")

関連情報

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
416660 Excel 2002 で条件判断と処理の分岐に IF 関数を使用する方法)
402248 [Excel 2002 で条件に一致するセルの値を合計する、または個数を数える方法
267982 Excel の SUM+IF ステートメントで論理 AND または OR を使用する方法

プロパティ

文書番号: 880977 - 最終更新日: 2005年2月24日 - リビジョン: 1.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Excel 2003
  • Microsoft Excel 2002 Standard Edition
  • Microsoft Excel 2000 Standard Edition
  • Microsoft Excel 97 Standard Edition
キーワード:?
kbexpertisebeginner kbhowto kbbeginner function func KB880977
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com