"仮想メモリが足りません" と表示される場合の対処方法

文書番号: 882347 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

仮想メモリのサイズを増やすことによって問題を解決できる可能性があります。

詳細

"仮想メモリが足りません" と表示される場合の対処方法

仮想メモリとは


仮想メモリとは、メイン メモリの容量が足りなくなったときに使われる一時的な記憶領域です。
コンピュータが行っている作業は、通常メイン メモリと呼ばれる装置に記憶されています。
メイン メモリが足りなくなると、コンピュータはハード ディスク ドライブの一部をメモリに見立てて使用します。この部分を仮想メモリといいます。

仮想メモリのサイズを増やすには

  1. [コントロール パネル] を表示します。
    [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントします。次に、[コントロール パネル] をクリックします。

  2. [システムのプロパティ] を表示します。
    [システム] をダブルクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    69a


  3. [パフォーマンス オプション] ダイアログ ボックスを表示します。
    [詳細] タブをクリックし、[パフォーマンス オプション] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    69b


  4. [仮想メモリ] ダイアログ ボックスを表示します。
    [仮想メモリ] の [変更] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    69c


  5. 仮想メモリのサイズを増やします。
    [初期サイズ] ボックスおよび [最大サイズ] ボックスに仮想メモリに割り当てる容量を入力し、[設定] をクリックします。
    ここでは例として、[初期サイズ] ボックスに「500」(「」は除く) と入力し、[最大サイズ] ボックスに「1000」(「」は除く) と入力します。
    元に戻す画像を拡大する
    69d


  6. 仮想メモリのサイズを確認します。
    [ページング ファイルのサイズ] ボックスに値が反映されたことを確認し、[OK] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    69e


  7. [パフォーマンス オプション] ダイアログ ボックスを閉じます。
    [OK] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    69f


  8. [システムのプロパティ] ダイアログ ボックスを閉じます。
    [OK] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    69g


問題が解決するかご確認ください。

不要なアプリケーションをアンインストールするには


ハード ディスク ドライブの空き容量が極端に少ない場合、仮想メモリが足りなくなる可能性があります。
不要なファイルを削除したり、不要なアプリケーションをアンインストールするなど、ハード ディスク ドライブの空き容量を増やして、問題が解決するかご確認ください。
アプリケーションをアンインストールする方法については、製品に付属のマニュアルをご確認いただくか、製造元メーカーへお問い合わせください。

関連情報

812448 ハード ディスクのインストールまたは削除後コンピュータを起動すると、"仮想メモリが限界です" エラー メッセージが表示される

プロパティ

文書番号: 882347 - 最終更新日: 2004年8月16日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Professional
キーワード:?
kbtshoot KB882347
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com