突然 CD-ROM ドライブが認識されなくなった場合の対処方法

文書番号: 882348 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

CD-ROM ドライバの入れ直しやレジストリの初期化などによって、問題を解決できる可能性があります。

詳細

今まで正常に使用できていた CD-ROM ドライブが、マイ コンピュータに表示されない場合の対処方法について説明します。

突然 CD-ROM ドライブが認識されなくなった場合の対処方法

BIOS で認識しているか確認するには


警告
BIOS の変更を誤ると、深刻な問題が発生する場合があります。設定の変更は、自己の責任において行ってください。
BIOS で CD-ROM ドライブが認識しているか確認し、認識していない場合は、BIOS の設定に問題があるか、CD-ROM ドライブに問題がある可能性があります。
BIOS で正常に認識していない場合は、コンピュータに付属のマニュアルをご確認いただくか、製造元メーカーへ問い合わせ、正常に認識させてから問題が解決するかご確認ください。
BIOS で正常に認識している場合は、次に案内する "CD-ROM ドライバを入れ直すには" の手順を実行してください。

CD-ROM ドライバを入れ直すには


BIOS で正常に認識している場合は、CD-ROM ドライバに問題がある可能性があります。
CD-ROM ドライバを削除して入れ直すことによって問題が解決できる可能性があります。
注意
CD-ROM ドライバのインストール方法は、メーカーによって異なる場合があります。
詳細については、コンピュータに付属のマニュアルをご確認いただくか、製造元メーカーへお問い合わせください。
  1. コンピュータをセーフ モードで起動します。
    コンピュータをセーフ モードで起動する方法については、下記の Q&A をご覧ください。
    • 879994 セーフ モードで起動するには


  2. [コントロール パネル] を表示します。
    [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントします。次に、[コントロール パネル] をクリックします。

  3. [システムのプロパティ] を表示します。
    [システム] をダブルクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    70a


  4. デバイス マネージャを表示します。
    [ハードウェア] タブをクリックし、[デバイス マネージャ] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    70b


  5. CD-ROM ドライブを展開します。
    [DVD/CD-ROM ドライブ] をダブルクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    70c


  6. CD-ROM ドライブを削除します。
    CD-ROM ドライブを右クリックし、ショートカット メニューの一覧から、[削除] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    70d


  7. 削除の確認メッセージを閉じます。
    "警告: システムからこのデバイスを削除しようとしています。" というメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    70e


  8. CD-ROM ドライブをすべて削除します。
    CD-ROM ドライブが複数ある場合は、手順 5.〜7. を繰り返し、すべて削除します。

  9. デバイス マネージャを閉じます。
    閉じるボタンをクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    70f


  10. [システムのプロパティ] ダイアログ ボックスを閉じます。
    [OK] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    70g


  11. コンピュータを再起動します。

CD-ROM ドライバをインストール後、問題が解決するかご確認ください。
補足
コンピュータを再起動後、"新しいハードウェアが検出されました" というメッセージが表示された場合、削除したドライバが自動的にインストールされる可能性があります。
自動的にインストールされない場合、ドライバの製造元から必要なドライバを入手し、インストールします。
上記の手順を実行しても問題を解決できない場合は、次に案内する "レジストリを初期化するには" の手順を実行してください。

レジストリを初期化するには


警告
レジストリの編集を誤ると、Windows が起動しなくなるなど、Windows 自体を再セットアップしなければならない場合があります。マイクロソフトではレジストリ エディタでの編集の結果によるいかなる問題に対しても保証いたしかねます。レジストリはお客様の責任の範囲内でご使用ください。
レジストリの編集方法については、Regedit.exe のオンライン ヘルプの [キーと値を変える]、または Regedt32.exe のオンライン ヘルプの [レジストリの情報の追加と削除] をご覧ください。また、レジストリを編集する場合は、あらかじめレジストリ ファイル (System.dat) および (User.dat) のバックアップを作成することをお勧めします。
  1. 回復コンソールを起動します。
    回復コンソールを起動する方法については、下記のサポート技術情報をご覧ください。
    • 229716 Windows 回復コンソールについて


  2. 回復コンソールで、Windows システム ファイルの場所を選択します。
    "どの Windows インストールにログオンしますか?" というメッセージが表示されたら、[C:\WINNT] の番号を入力し、Enter キーを押します。
    ※ ここでは「1」(「」は除く) と入力し、Enter キーを押します。
    注意
    Windows システムがインストールされている場所は、既定では [C:\WINNT] ですが、任意で場所を変更している場合は別のドライブ名が表示されます。入力する番号は、Windows システム ファイルがインストールされている場所の番号である必要があります。
    また、データベースが存在しなかったり破損している場合、正しく認証されないため、回復コンソールを使用できません。
    元に戻す画像を拡大する
    70h


  3. Administrator のパスワードを入力します。
    "Administrator のパスワードを入力してください" というメッセージが表示されたら、Administrator ユーザーのパスワードを入力し、Enter キーを押します。パスワードを設定していない場合は、そのまま Enter キーを押します。

  4. ディレクトリを移動します。
    次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    cd system32\config
    元に戻す画像を拡大する
    70i


  5. system ファイルを確認します。
    次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    dir system
    "一致するファイルがありません" というメッセージが表示される場合は、ファイルが存在しないため 手順 7. に進みます。
    元に戻す画像を拡大する
    70j


  6. system ファイルの名前を「system.bak」に変更します。
    次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    ren system system.bak
    元に戻す画像を拡大する
    70k


  7. repair フォルダの system ファイルをコピーします。
    次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    copy c:\winnt\repair\system
    ( "copy c:\" の "c" 部分には、Windows システムをインストールしているドライブを指定します。)
    元に戻す画像を拡大する
    70l

    重要
    上記のコマンドを実行して問題が発生した場合、コマンドを実行する前に、1 つずつのフォルダに対して、ディレクトリ変更コマンド "cd" を実行する必要がある可能性があります。
    たとえば、「cd system32」(「」を除く) と入力し、Enter キーを押します。次に、「cd config」(「」を除く) と入力し、Enter キーを押します。

  8. "1個のファイルをコピーしました。" というメッセージが表示され、コピーが完了します。

  9. 回復コンソールを終了します。
    フロッピーディスク ドライブおよび CD-ROM ドライブにディスクが挿入されている場合は、ディスクを取り出します。次に、下記のコマンドを入力し、回復コンソールを終了します。
    exit

  10. コンピュータを再起動します。

コンピュータを再起動後、問題が解決するかご確認ください。

プロパティ

文書番号: 882348 - 最終更新日: 2004年8月16日 - リビジョン: 1.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Professional
キーワード:?
kbtshoot KB882348
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com