Outlook Express 6.0 のメール データをバックアップ、および復元する方法

文書番号: 882809 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Microsoft Outlook Express 6 では、コンピューターが壊れた場合やメール データが消えた場合に備えて、メールのデータをファイルとして別の場所に保存しておくことができます。また、万が一、メールを失った場合は、バックアップしたメール データを使ってメールを復元することができます。

この資料では、メール データをバックアップする方法保存したメール データを復元する方法を説明します。

メール データをバックアップするには、方法 A : メール データを 1 つずつ保存する方法と方法 B : メール データをまとめて保存する方法の 2 つがあります。メール データを選択して保存したい場合は、方法 A を実行してください。すべてのメール データをまとめて保存したい場合は、方法 B を実行してください。

また、新しく購入した PC にインストールされている Microsoft Outlook や Windows Live メールへデータを移行する場合は、次のマイクロソフト サポート情報をご覧ください。


2460680 初心者でもわかる! Outlook 2010 へのメールデータ移行術
2554670 初心者でもわかる! Windows Live メールへのメール移行術


この資料は初級レベルから中級レベルのコンピューター ユーザーを対象にしています。

メール データをバックアップする方法

方法 A : メール データを 1 つずつ保存する

メール データを 1 つずつ保存するには以下の手順を実行してください。ここでは例として、[受信トレイ] フォルダの「テストメール」という件名のメールを [マイ ドキュメント] フォルダに保存します。
  1. Outlook Express を起動します。
    Outlook Express を起動する方法については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    882681 Outlook Express 6.0 を起動、および終了する方法
    元に戻す画像を拡大する
    87a
  2. 保存するメールを選択します。
    保存するメールをクリックします。
    ここでは例として、[受信トレイ] フォルダの「テストメール」という件名のメールを選択します。

    元に戻す画像を拡大する
    87b
  3. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスを表示します。
    [ファイル] をクリックし、表示されたメニューから [名前を付けて保存] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    87c
  4. 保存するメールのファイル名を入力します。
    [ファイル名] ボックスに任意のファイル名を入力します。次に、[ファイルの種類] ボックスが [メール (*.eml)] となっていることを確認します。通常では、[ファイル名] ボックスに選択したメールの件名が自動的に入力されます。
    ここでは例として、「テストメール」と入力されていることを確認します。

    元に戻す画像を拡大する
    87d
  5. メールの保存場所を選択します。
    画面左側にあるアイコンの一覧から、任意の保存場所をクリックします。
    ここでは例として、[マイ ドキュメント] を選択します。

    元に戻す画像を拡大する
    87e


    : 保存する場所がアイコンの一覧にない場合は、[保存する場所] ボックスをクリックし、表示されたメニューから [マイ ドキュメント] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    87f
  6. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスを閉じます。
    [保存] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    87g
  7. メールを保存できた場合は、下図のように [マイ ドキュメント] フォルダに [テストメール] アイコンが表示されます。

    元に戻す画像を拡大する
    87h
  8. 保存したファイルを確認します。
    保存したファイルのアイコンをダブルクリックすると、下図のようにメールの内容が表示されます。
    ここでは例として、[マイ ドキュメント] フォルダの [テストメール] アイコンを選択します。 ダブルクリックの方法については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    882636 ダブルクリックをしてみよう
    元に戻す画像を拡大する
    87i

方法 B : メール データをまとめて保存する

すべてのメールをまとめて保存したい場合は以下の手順を実行してください。ここでは例として、デスクトップに [メールのバックアップ] フォルダを作成して、メール データを保存します。
  1. Outlook Express を起動します。
    Outlook Express を起動する方法については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    882681 Outlook Express 6.0 を起動、および終了する方法
    元に戻す画像を拡大する
    87a
  2. [オプション] ダイアログ ボックスを表示します。
    [ツール] をクリックし、表示されたメニューから [オプション] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    87j
  3. [保存場所] ダイアログ ボックスを表示します。
    [メンテナンス] タブをクリックし、[メッセージのクリーンアップ] の [保存フォルダ] ボタンをクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    87k
  4. メール データが保存されているフォルダの場所をドラッグします。
    [個人メッセージ ストアは下のフォルダに保存されています] ボックスに表示されている文字列をマウスでドラッグします。

    元に戻す画像を拡大する
    87l
  5. メール データが保存されているフォルダの場所をコピーします。
    [名前] ボックスの中で右クリックし、表示されたショートカット メニューから [コピー] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    87m
  6. [保存] ダイアログ ボックスを閉じます。
    [OK] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    87n
  7. [オプション] ダイアログ ボックスを閉じます。
    [OK] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    87o


  8. [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスを表示します。
    [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    87p
  9. コピーしたメール データが保存されているフォルダの場所を貼り付けます。
    [名前] ボックスの中で右クリックし、表示されたショートカット メニューから [貼り付け] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    87q
  10. [Outlook Express] フォルダを表示します。
    [OK] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    87r
  11. 保存するメール データを選択します。
    [編集] をクリックし、表示されたメニューから [すべて選択] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    87s
  12. メール データをコピーします。
    [編集] をクリックし、[コピー] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    87t
  13. [Outlook Express] フォルダを閉じます。
    [ファイル] をクリックし、表示されたメニューから [閉じる] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    87u


    : タイトル バーの右端にある X 印の [閉じる] ボタンをクリックして終了する方法もあります。

    元に戻す画像を拡大する
    87v
  14. 新しくフォルダを作成します。
    新しくフォルダを作成する方法については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    882650 Windows XP で新しくフォルダを作成する方法
    ここでは例として、デスクトップに [メールのバックアップ] という名前のフォルダを作成します。

    元に戻す画像を拡大する
    87w
  15. 作成したフォルダを開きます。
    作成したフォルダをダブルクリックして開きます。
    ダブルクリックする方法については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    882636 ダブルクリックしてみよう
  16. メール データを貼り付けます。
    [編集] をクリックし、表示されたメニューから [貼り付け] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    87x
  17. メール データをまとめて保存できた場合は、下図のように [メールのバックアップ] フォルダにコピーしたメール データがすべて貼り付けられます。

    元に戻す画像を拡大する
    87y

保存したメール データを復元する方法

保存したメール データを復元するには、以下の手順を実行してください。 ここでは例として、方法 B でデスクトップの [メールのバックアップ] フォルダに保存したメール データを復元します。
  1. Outlook Express を起動します。
    Outlook Express を起動する方法については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    882681 Outlook Express 6.0 を起動、および終了する方法
    元に戻す画像を拡大する
    87a
  2. [Outlook Express インポート] ウィザードを表示します。
    [ファイル] をクリックし、表示されたメニューから [インポート] をポイントします。次に、表示されたメニューから [メッセージ] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    87z
  3. インポート元の電子メール プログラムを選択します。
    [インポート元の電子メール プログラムを選択してください] ボックスの一覧から、[Microsoft Outlook Express 6] をクリックし、[次へ] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    87aa
  4. [メッセージの場所] 画面を表示します。
    [場所の指定] の [Outlook Express 6 ストア ディレクトリからメールをインポートする] をクリックします。次に、[OK] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    87ab
  5. [フォルダの参照] ダイアログ ボックスを表示します。
    [参照] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    87ac
  6. 復元するメール データの保存場所を指定します。
    [インポートする電子メール メッセージの場所を指定してください。] ボックスの一覧から、任意の場所をクリックし、[次へ] をクリックします。
    ここでは例として、[メールのバックアップ] を選択します。

    元に戻す画像を拡大する
    87ad
  7. [フォルダの選択] 画面を表示します。
    "メッセージが次の場所に見つかりました" というメッセージが表示されたら、[次へ] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    メッセージが次の場所に見つかりました
  8. インポートするフォルダを選択します。
    インポートするフォルダをクリックし、[次へ] をクリックします。
    ここでは例として、[すべてのフォルダ] を選択します。

    元に戻す画像を拡大する
    87af


    : [選択されたフォルダ] を選択した場合は、[選択されたフォルダ] ボックスの一覧から任意のフォルダをクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    87ag
  9. メール データを復元できた場合は、下図のように [インポートの完了] 画面が表示されるので、[完了] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    87ah

関連情報

新しく購入した PC にインストールされている Microsoft Outlook や Windows Live メールへデータを移行する方法については、次のマイクロソフト サポート情報をご覧ください。


2460680 初心者でもわかる! Outlook 2010 へのメールデータ移行術
2554670 初心者でもわかる! Windows Live メールへのメール移行術

プロパティ

文書番号: 882809 - 最終更新日: 2012年1月27日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook Express 6.0
キーワード:?
kbexpertisebeginner kbhowto inboxinfo kbbeginner KB882809
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com