オートスクロールを使用してみよう

文書番号: 882814 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

オートスクロールとは、マウス ボタンから手をはなしても、自動的にスクロールを続ける機能です。この機能を使うことで長い文章を読むときなど、スクロール操作に気を取られることなく文章を読むことができます。

詳細

ここでは、マウスのオートスクロール機能を試してみましょう。

オートスクロールの操作方法

ここでは例として、Internet Explorer 6.0 でのオートスクロールの操作について説明します。
  1. アプリケーション ソフト を起動します。
    Internet Explorer を起動します。
    元に戻す画像を拡大する
    92a


  2. マウス ポインタをウィンドウ内に移動します。
    ページが表示されたらウィンドウ内にマウス ポインタをポイントします。
    元に戻す画像を拡大する
    92b


  3. ホイールをクリックします
    マウスのホイールを一度クリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    92c


  4. ポインタの形が変わります。
    オート スクロール中はスクロールの方向に合わせて、マウス ポインタの形が変わります。
    元に戻す画像を拡大する
    92d


  5. マウスを動かして画面をスクロールさせます。
    ここではマウスを手前に動かし、画面の下の部分が見えるようにスクロールさせます。
    元に戻す画像を拡大する
    92e


  6. 画面がスクロールしたことを確認します。
    表示されているページがスクロールし、画面の下の部分を見ることができるかどうか確認しましょう。
    元に戻す画像を拡大する
    92f


  7. オート スクロールを解除します。
    目的の位置までスクロールしたたら、マウスのホイールをもう一度クリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    92c


オート スクロールを行うことが出来ましたか?オート スクロールを行う場合は、マウスをより大きく移動することで、より早くスクロールを行うことが出来ます。また、左右にスクロールしたい場合は、同じようにマウスを左右に操作することで、オート スクロールを行うことが出来ます。
ここではオート スクロールを利用する方法について説明しました。
注意
※ ホイールの動作については、各アプリケーション ソフトウェアによって異なります。詳しくは、それぞれのソフトウェアの取扱説明書をご覧ください。

関連情報

882634 マウスの基本操作を覚えよう
882635 クリック、右クリックをしてみよう
882636 ダブルクリックをしてみよう
882637 ドラッグ アンド ドロップをしてみよう

プロパティ

文書番号: 882814 - 最終更新日: 2004年12月28日 - リビジョン: 1.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Mouse 1.0
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows 2000
  • Microsoft Windows Millennium Edition
  • Microsoft Windows 98 Standard Edition
キーワード:?
kbhowto KB882814
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com