NTFS ファイル システムから FAT32 にフォーマットを変更するには

文書番号: 882841 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

NTFS ファイル システムから FAT システムに変換する機能はありません。フォーマットを変更するには、ハード ディスクの再フォーマットを行う必要があります。

詳細

Windows XP では、FAT16 または NTFS のパーティションを FAT32 に変換する機能はありません。そのため、NTFS ファイル システムから FAT システムに変換するには、ハード ディスクの再フォーマットを行う必要があります。
Windows XP がサポートしているパーティションの変換機能は、FAT16 または FAT32 から NTFS への変換です。FAT から NTFS フォーマットへ変換する方法については、下記のサポート技術情報をご覧ください。
307881 [HOW TO] FAT16 または FAT32 ボリュームを NTFS に変換する方法
注意 : Windows XP が初めからインストールされているコンピュータをご使用の場合は、コンピュータに付属のマニュアルをご覧いただくか、製造元メーカーにお問い合わせください。

NTFS ファイル システムから FAT32 にフォーマットを変更するには


重要 : データが格納されているハード ディスクでフォーマットを実行した場合、そのハード ディスクの全てのデータは消去されるため、重要なデータのバックアップを必ず行ってから手順を実行してください。 ハード ディスクでのパーティションとフォーマットに関する情報については、下記のサポート技術情報をご覧ください。
313348 [HOW TO] Windows XP でのハード ディスクのパーティションとフォーマット
  1. Windows XP CD-ROM、または Windows XP 起動ディスクをドライブに挿入します。
    Windows XP 起動ディスク (セットアップ ブート ディスク) から起動する方法については、下記の Q&A をご覧ください。
    880413 CD-ROM から起動できないコンピュータに Windows XP をセットアップするには
  2. コンピュータを起動します。既にコンピュータを起動している場合は再起動します。

    注意 : Windows XP CD-ROM からコンピュータを起動するには、コンピュータが CD-ROM ドライブから起動するように構成されている必要があります。そのため、コンピュータの初期設定によっては、そのコンピュータの BIOS 設定を変更することが必要な場合があります。CD-ROM から起動するようにコンピュータを構成する方法については、コンピュータに付属のマニュアルをご覧いただくか、製造元メーカーにお問い合わせください。
  3. Windows XP CD-ROM からコンピュータを起動します。
    Windows XP CD-ROM からコンピュータを起動する場合、指示に従って、CD-ROM ドライブからコンピュータを起動するために必要なオプションを選択してください。

    " Press any key to boot from CD " というメッセージが表示された場合は、キーボードのキーを押します。(キーの指定は特にありません。)

    Windows XP 起動ディスク から起動する場合は、指示に従って追加の各ディスクを挿入し、Enter キーを押して先に進みます。

    元に戻す画像を拡大する
    01g
  4. セットアップを開始します。
    [セットアップの開始] 画面で、Enter キーを押してセットアップを開始します。

    元に戻す画像を拡大する
    01a
  5. 使用許諾契約書を確認します。
    使用許諾契約書の内容を確認し、同意できる場合は F8 キーを押します。

    元に戻す画像を拡大する
    01h
  6. Windows XP の修復を確認されたら、修復を行わないで続行します。
    既存の Windows XP が検出された場合、修復するかどうかを確認するメッセージが表示されます。ここでは、修復を行わないため Esc キーを押します。

    元に戻す画像を拡大する
    01i
  7. キーボードの種類を特定します。
    画面の指示に従って、日本語キーボードをお使いの場合は、漢字キーを押します。
    ※ 英語キーボードをご使用の場合は、Space キーを押します。その他のキーボードをお使いの場合は、S キーを押します。

    元に戻す画像を拡大する
    01b
  8. 選択されたキーボードを確認します。
    "以下のキーボードが選択されました。" というメッセージが表示されたら、Y キーを押します。

    元に戻す画像を拡大する
    01j
  9. Windows XP をセットアップするパーティションを削除します。
    ハード ディスクに存在する既存のパーティションと未使用の領域が一覧で表示されます。方向キーを使用して、Windows XP の NTFS ファイル システムがセットアップされているパーティションをクリックし、D キーを押します。
    ここでは、パーティション 2 を削除します。

    元に戻す画像を拡大する
    01c
  10. 削除するパーティションを確認します。
    削除するパーティションを確認し、L キーを押します。
    システム パーティションの場合は、Enter キーを押してから L キー を押します。

    元に戻す画像を拡大する
    01k
  11. 削除するパーティションに対して同様の手順を繰り返します。

    注意 : 既存のパーティションが存在する領域にパーティションを新しく作成する場合は、既存のパーティションを削除してから、新しいパーティションを作成する必要があります。
  12. 未使用の領域に新しいパーティションを作成します。
    結果としてできた未使用の領域を選択し、C キーを押して新しいパーティションを作成します。

    元に戻す画像を拡大する
    01l
  13. 新しいパーティションのサイズを指定します。
    新しいパーティションに使用するサイズ (メガバイト、MB) を入力し、Enter キーを押します。

    元に戻す画像を拡大する
    01m
  14. 新しくパーティションが作成されます。

  15. Windows XP をインストールする領域を選択します。
    Windows XP をインストールする場合は、方向キーを使用して、Windows XP をインストールするパーティションを選択します。次に、Enter キーを押します。

    元に戻す画像を拡大する
    01d
  16. パーティションに使用するフォーマット オプションを選択します。
    [FAT ファイル システムを使用してパーティションをフォーマット] を選択し、Enter キーを押します。

    補足 : 選択したパーティションが 32 ギガバイト (GB) 以上の場合、FAT ファイル システムのオプションは表示されません。パーティションが 2 GB 以上である場合、セットアップでは FAT32 ファイル システムが使用されます。 (Enter キーを押して確認する必要があります)。パーティションが 2 GB より小さい場合、セットアップでは FAT16 ファイル システムが使用されます 。

    注意 : システム パーティションを削除して、新しいシステム パーティションを作成した後で、Windows XP を別のパーティションにインストールする場合は、システム パーティションともう一方のパーティションの両方のファイル システムを選択するように求められます。

    元に戻す画像を拡大する
    01e
  17. パーティションのフォーマットが開始されます。
    フォーマットが終了したら、画面の指示に従いセットアップを続行します。

    元に戻す画像を拡大する
    01f
  18. セットアップが完了すると、Windows XP が起動します。

関連情報

305595 [HOW TO] Windows XP を使用して、NTFS パーティションまたは FAT パーティションにブート ディスクを作成する方法
310525 Windows XP での FAT32 ファイル システムについて
197627 FAT16 パーティションを FAT32 ファイル システムに変換できない
306559 [HOW TO] Windows XP とのマルチブート システムを作成する方法

プロパティ

文書番号: 882841 - 最終更新日: 2005年9月12日 - リビジョン: 1.5
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
キーワード:?
kbhowto kbmaintenance KB882841
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com