Outlook Express でメールを受信することができない

文書番号: 882912 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Outlook Express 5 および Microsoft Outlook Express 6 でエラーもなくメールを受信することができないことがあります。

: Outlook Express は、"POP Before SMTP" に対応していません。 POP Before SMTP 設定が必要なメール アカウントで、メールを送信するためには、[すべて受信] を実行してから、[すべて送信] を行う必要があります。 POP Before SMTP とは、使用者を確認するために一部のインターネット サービス プロバイダで採用されている、送信設定のことです。送信をする前に、受信 (POP) サーバーの認証を行う必要があります。 Microsoft Outlook は、POP Before SMTP に対応しています。

回避策

問題を解決するには、次の方法を順に試します。

方法 1 : メール アカウントを再設定する

メール アカウントを再設定することで問題を解決できる可能性があります。アカウントの再設定を行う場合、次の点に注意して設定してください。
  • アルファベットの大文字、小文字が正しく入力されているか。
  • アルファベットの l と数字の 1 や、ピリオド (.) とカンマ (,) などの入力に間違いがないか。
メール アカウントを設定する方法については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
880856 Outlook Express でメールを送受信するために POP アカウントを設定する方法

方法 2 : 別のユーザーでアカウントを設定する

別のユーザー アカウントをお持ちの場合は、そのアカウントを使用してメールの送受信が可能かどうかをご確認ください。メール アカウントを設定する方法については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
880856 Outlook Express でメールを送受信するために POP アカウントを設定する方法
もし、別のユーザー アカウントを使用してもメールの送受信が正しく行われなかった場合、メール プログラムの全般的な設定や、インターネット接続自体に問題が発生している可能性があります。別のユーザー アカウントを使用してメールの送受信が正しく行われた場合、問題の発生しているメール アカウントについて引き続き確認を行います。

方法 3 : 不要なメッセージ ルールを削除する

メッセージの送受信に関する動作ルールの設定によって、正しくメールの送受信が行えない場合があります。不要なメッセージ ルールを削除することで、問題が改善される可能性があります。
  1. メッセージ ルールを表示します。
    [ツール] メニューをクリックし、[メッセージ ルール] をポイントします。次に、[メール] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    29a
  2. 不要なメッセージ ルールを削除します。
    [次のルールがメール メッセージに適用されます] ボックスの一覧から、不要なメール ルールをクリックし、[削除] をクリックします。
    ここでは、例として [新規のメール ルール #2] を選択します。

    元に戻す画像を拡大する
    29b
  3. メッセージを確認します。
    確認のメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    29c
  4. 設定を終了します。
    不要なメール ルールが複数ある場合は、手順 2.〜3. を繰り返して削除します。
    メール ルールの削除が完了したら、[OK] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    29d
メールが正常に受信できるかご確認ください。

方法 4 : サーバーのタイムアウトの時間を延ばす

受信しているメールの容量が大きい場合に、サーバーからの応答時間が長くなり、サーバーとの接続が途切れてしまう場合があります。アカウントの詳細設定で、[サーバーのタイムアウト] の時間を延ばすか、ご利用のプロバイダにご相談ください。
  1. [インターネット アカウント] ダイアログ ボックスを表示します。
    [ツール] メニューをクリックし、[アカウント] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    29e
  2. アカウントのプロパティを表示します。
    [メール] タブをクリックし、[アカウント] 列から、任意のメール アカウントをクリックします。次に、[プロパティ] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    29f
  3. サーバーのタイムアウトを長くします。
    [詳細設定] タブをクリックし、[サーバーのタイムアウト] のつまみを右方向にドラッグします。 次に、[OK] をクリックします。
    ここでは例として、タイムアウトの時間を [4 分 30 秒] に指定します。

    元に戻す画像を拡大する
    29g
メールが正常に受信できるかご確認ください。 上記の手順を実行しても問題が解決できない場合は、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
413681 Outlook Express 5 で受信できない場合のトラブルシューティング
413680 Outlook Express 5 で送信できない場合のトラブルシューティング

関連情報

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
816833 Outlook および Outlook Express でタイムアウト エラーが発生し、POP3 メール メッセージを取得できない
298599 Internet Explorer 6 で [Privacy] ダイアログ ボックスが表示されなくなる
274456 POP3 または SMTP サーバーが見つからないエラー (エラー コード 0x800CCC0D)
256151 Outlook Express を構成して Yahoo! POP3 アカウントを使用する方法

プロパティ

文書番号: 882912 - 最終更新日: 2007年11月19日 - リビジョン: 1.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook Express 6.0
  • Microsoft Outlook Express 5.5
  • Microsoft Outlook Express 5.0
キーワード:?
kbexpertisebeginner kbtshoot mailerr kbbeginner KB882912
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com