"Delivery Status Notification" というメッセージが返されて、メールが送信できない場合の対処方法

文書番号: 882944 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Hotmail のメールを送信できない場合は、送信先の電子メール アドレスが間違っている、または添付したファイルの容量が大きすぎることが原因の可能性があります。
ここでは、メールを送信することができない場合の確認事項と対処方法について説明します。

詳細

メールを送信することができない場合は、次の原因が考えられます。
  • 送信先に指定したメール アドレスが誤っている。
  • 添付ファイルのサイズが大きすぎるため、受信先のサーバーで容量オーバーとなっている。

メールが正常に送信できなかった場合、"Delivery Status Notification" とのタイトルで下記のようなメッセージが返信されます。
元に戻す画像を拡大する
01a

また、相手の方が返信先メール アドレスの設定を間違えている場合は、受信メールをそのまま返信しても相手の方へ届きません。ここではメールの新規作成時と受信メールの返信時に、送信先メール アドレスを確認する方法について説明します。

メッセージを送信する際に、次の項目を確認してください

新規メールを作成する際に、送信先メール アドレスを確認する

  1. Hotmail にサインインします。
    Hotmail の Web ページを開きます。サインイン画面が表示されたら、[メール アドレス] ボックスおよび [パスワード] ボックスに使用しているメール アドレスとパスワードを入力し、[サインイン] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    01b


  2. 新しいメッセージを作成します。
    MSN Hotmail に正常にサインインできたら、画面右上の [新規作成] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    01c


  3. 送信先メール アドレスを入力します。
    新規メールの作成画面になります。 [宛先] に、半角英数字で正確なメール アドレスを入力します。
    元に戻す画像を拡大する
    01d



送信先に正常に送信できるかご確認ください。
メッセージが返されてしまう場合は、送信先の電子メール アドレスが存在しない可能性があります。再度送信先の電子メール アドレスをご確認ください。

返信メールを作成する際に、送信先メール アドレスを確認する

  1. Hotmail にサインインします。
    Hotmail の Web ページを開きます。サインイン画面が表示されたら、[メール アドレス] ボックスおよび [パスワード] ボックスに使用しているメール アドレスとパスワードを入力し、[サインイン] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    01b


  2. 受信トレイを選択します。
    MSN Hotmail に正常にサインインできたら、画面右上の [受信トレイ] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    01f


  3. 返信するメールを選択します。
    受信トレイにあるメールの一覧が表示されます。返信したいメールの [差出人] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    01g


  4. 返信メールを作成します。
    受信メールが表示されたら、[返信] または、[全員に返信] をクリックして返信画面を表示します。
    元に戻す画像を拡大する
    01h


  5. 送信先のメール アドレスを確認します。
    相手の方が返信先に指定したメール アドレスが [宛先] に表示されます。正しいメール アドレスが表示されていない場合は、半角英数字で正確に入力します。
    元に戻す画像を拡大する
    01i



送信先に正常に送信できるかご確認ください。
メッセージが返されてしまう場合は、送信先の電子メール アドレスが存在しない可能性があります。再度送信先の電子メール アドレスをご確認ください。

送信メッセージの容量サイズを確認する


Hotmail アカウントには、送受信を行う際にメッセージの容量制限があります。 ファイルを添付する際などには、メッセージの容量制限の範囲内でメッセージの送信を行うようにしましょう。
  • 送信を行う場合
    メール送信時の容量制限は、次のとおりです。
    • 無料 MSN Hotmail アカウント利用時 : 1 通あたり 1 MB まで
    • MSN 追加容量サービス利用時 : 1 通あたり 3 MB まで


  • 受信を行う場合
    メール受信時の容量制限は、次のとおりです。
    • 無料 MSN Hotmail アカウント利用時 : 合計 2 MB まで
    • MSN 追加容量サービス利用時 : 合計 10 MB まで

注意
送信されてきたメールを受信しようとすると容量の制限を超えてしまう場合は、そのメールは差出人に戻されます。
また、Hotmail アカウントから添付ファイルのついたメールを送信する場合は、下記の手順でサイズを確認できます。

送信を行う前に、添付ファイルのサイズを確認するには


※ここでは例として、無料 MSN Hotmail アカウントで、添付ファイルのサイズを確認する方法を説明します。
  1. 添付ファイルの追加、編集画面に進みます。
    ファイルを添付したメッセージの作成画面から、[添付ファイルの追加または編集] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    01j


  2. 合計のファイル サイズを確認します。
    添付ファイルの合計サイズが表示されます。容量に問題がなければ [OK] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    01k

    補足
    合計サイズが、1024KB を超えている場合は、削除したいファイルをクリックし、[削除] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    01l



添付ファイルの容量を確認後、送信先に正常に送信できるかご確認ください。
送信されてきたメッセージを受信しようとすると、受信容量の制限を超えてしまう場合は、そのメッセージは差出人に戻されますのでご注意ください。

関連情報

882943 メールの差出人名が文字化けする場合の確認事項

プロパティ

文書番号: 882944 - 最終更新日: 2004年8月17日 - リビジョン: 1.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • MSN Hotmail
キーワード:?
kbtshoot KB882944
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com