コンピュータ名を変更、およびネットワークに参加するには

文書番号: 883004 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

コンピュータ名を変更したり、ネットワーク ID ウィザードで簡単にネットワークに参加することができます。

詳細

ユーザー アカウントの新規作成時に "ユーザー名はコンピュータと同じにできません。別の名前を入力してください。" というメッセージが表示されて、ユーザー アカウントが新規作成できない場合は、下記の Q&A をご覧ください。
  • 883005 ユーザー作成時に "ユーザー名はコンピュータと同じにできません" エラーが表示される場合の対処方法

ここでは、コンピュータ名を変更する方法と、ネットワークに参加する方法について説明します。

コンピュータ名を変更、およびネットワークに参加するには

コンピュータ名を変更するには


注意
コンピュータ名の変更を有効にするには、コンピュータを再起動する必要があります。
作業中のアプリケーションをすべて終了してから、次の手順を実行してください。
  1. [システムのプロパティ] ダイアログ ボックスを表示します。
    デスクトップ上の [マイ コンピュータ] アイコンを右クリックし、ショートカット メニューの [プロパティ] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    02a


  2. コンピュータ名を変更します。
    [コンピュータ名] タブをクリックし、[変更] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    02b


  3. コンピュータ名を入力します。
    [コンピュータ名] ボックスに、変更後のコンピュータ名を入力し、[OK] をクリックします。
    ここでは例として、「Microsoft」(「」は除く) と入力します。
    元に戻す画像を拡大する
    02c


  4. 確認のダイアログ ボックスを閉じます。
    "変更を有効にするには、コンピュータを再起動してください。" というメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    02d


  5. [システムのプロパティ] ダイアログ ボックスを閉じます。
    [OK] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    02e


  6. コンピュータを再起動します。
    "新しい設定を有効にするには、コンピュータを再起動する必要があります。今すぐ再起動しますか?" というメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    02f


コンピュータが再起動し、変更後のコンピュータ名が有効になります。

ネットワークに参加するには


コンピュータの環境によって、設定内容は異なります。
設定に必要な項目は、あらかじめサーバーの管理者などにご確認ください。
ネットワーク ID を有効にするには、コンピュータを再起動する必要があります。
作業中のアプリケーションをすべて終了してから、次の手順を実行してください。
  1. [システムのプロパティ] ダイアログ ボックスを表示します。
    デスクトップ上の [マイ コンピュータ] アイコンを右クリックし、ショートカット メニューの [プロパティ] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    02a


  2. ネットワーク ID ウィザードを起動します。
    [コンピュータ名] タブをクリックし、[ネットワーク ID] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    02g


  3. ネットワーク ID ウィザードを開始します。
    [次へ] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    02h


  4. コンピュータの使用目的を指定します。
    コンピュータの適切な使用目的をクリックし、[次へ] をクリックします。
    ここでは例として、[このコンピュータはビジネス ネットワークの一部です。仕事でほかのコンピュータに接続しながら使用します] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    02i

    補足
    [このコンピュータは自宅で使用します。ビジネス ネットワークの一部ではありません] を選択した場合は、ワークグループのメンバとして構成されます。既定のワークグループ名は "WORKGROUP" になります。

  5. ネットワークの種類を指定します。
    使用するネットワークの種類をクリックし、[次へ] をクリックします。
    ここでは例として、[ドメインを使用していない] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    02j


  6. ワークグループ名を設定します。
    [ワークグループ名] ボックスにワークグループ名を入力し、[次へ] をクリックします。
    ここでは例として、「WORKGROUP」(「」は除く) と入力します。
    元に戻す画像を拡大する
    02k


  7. ネットワーク ID ウィザードを完了します。
    [完了] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    02l


  8. 確認のダイアログ ボックスを閉じます。
    "変更を有効にするには、コンピュータを再起動してください。" というメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    02d


  9. [システムのプロパティ] ダイアログ ボックスを閉じます。
    [OK] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    02e


  10. コンピュータを再起動します。
    "新しい設定を有効にするには、コンピュータを再起動する必要があります。今すぐ再起動しますか?" というメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    02f



コンピュータがネットワーク (ワークグループまたはドメイン) に追加されます。

関連情報

310845 エラー メッセージ : ユーザー名はコンピュータと同じにできません…
436082 Windows XP でのコンピュータ名の注意
436077 Windows XP Home Edition でコンピュータ名に Adiministrator を指定した場合

プロパティ

文書番号: 883004 - 最終更新日: 2005年2月24日 - リビジョン: 1.5
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
キーワード:?
kbhowto kbbeginner kbnetwork KB883004
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com