Outlook Express で AOL 電子メール アカウントを構成する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 883081 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、America Online (AOL) 電子メール アカウントに接続する Microsoft Outlook Express を構成する方法について説明します。

最近まで、AOL の電子メール テクノロジは Outlook Express との互換性でした。AOL が今すぐできるように以降のバージョンの Microsoft Outlook、Outlook Express、および Microsoft Entourage AOL 電子メール アカウントを使用して構成します。

メモ AOL 電子メールの機能は、Microsoft Outlook、Outlook Express または Microsoft Entourage を使用して、AOL のアカウントに接続するときに使用できません。詳細については、「AOL メールは IMAP で利用できない機能」セクションを参照してください。

詳細

AOL は送信メールの受信メールと簡易メール転送プロトコル (SMTP)、インターネット メッセージ アクセス プロトコル (IMAP) プロトコルを使用します。Outlook Express で AOL 電子メール アカウントへの接続を行うには、次の手順を実行します。

手順 1: AOL 電子メール アカウントを追加します。

Outlook Express で AOL 電子メール アカウントを追加して、以下の手順を実行します。
  1. AOL にサインオンします。
  2. Outlook Express を起動します。Outlook Express がデフォルトの電子メール クライアントでない場合は、デフォルトの電子メール クライアントとして Outlook Express を使用するを指定するように求められます。既定の電子メール クライアントとして Outlook Express を選択、[ OK] をクリックします。
  3. 表示名] ボックスに名前を入力するプロンプトが表示されたら、 [キャンセル] をクリックし、次のメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
    新しいインターネット アカウントがまだ作成されていません。ウィザードを終了してもよろしいですか。
  4. Outlook Express で [ツール] メニューの [アカウント] をクリックします。
  5. 追加] をクリックし、[メール] をクリックします。
  6. 表示名] ボックスで、送信電子メール メッセージに表示し、[次へ] をクリックすると、自分の名前を入力します。
  7. 電子メール アドレス] ボックスに、AOL の電子メールのエイリアスを入力します。たとえば、入力します。 user@aol.com.
  8. [次へ] をクリックします。
  9. [受信メール サーバーは、リストで、[ IMAP] をクリックします。
  10. 受信メール (POP3、IMAP、または HTTP) サーバー ] ボックスで、次のように入力します。 imap.aol.com.
  11. 送信メール (SMTP) サーバー ] ボックスで、次のように入力します。 smtp.aol.com、、[次へ] をクリックするとします。
  12. アカウント名] ボックスに AOL アカウント名を入力します。
  13. [パスワード] ボックスに AOL アカウントのパスワードを入力します。
  14. Outlook Express でパスワードを保存をする場合は、パスワードを保存チェック ボックスをオンのままにします。
  15. [次へ] をクリックし、[完了] をクリックします。

手順 2: AOL 電子メール アカウントを構成します。

AOL 電子メール アカウントを追加した後は、Outlook Express でこのアカウントを構成する必要があります。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. 戻ったら、[インターネット アカウント] ダイアログ ボックスから、手順の完了後、「手順 1: AOL 電子メール アカウントの追加」セクションで、メールタブをクリックします。

    注:[インターネット アカウント] ダイアログ ボックスが開いていない場合は、[ツール] メニューの [アカウント] をクリックします。
  2. [メール] タブで、追加した AOL アカウントをクリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. サーバー ] タブをクリックしをクリックし、[このサーバーは認証が必要] チェック ボックスをオンをします。
  4. [適用] をクリックし、[詳細設定] タブをクリックして.
  5. 送信メール (SMTP) ] ボックスで、次のように入力します。 587.

    注: 既定では、SMTP ポート番号は 25 です。
  6. [適用] をクリックし、[ IMAP ] タブをクリックし、します。
  7. ストアの特別なフォルダーを IMAP サーバーにする] チェック ボックスをオンをオフにして、 [適用] をクリックし、[ OK] をクリックするをクリックします。
  8. [適用] をクリックし、[ OK] をクリックします。
  9. [閉じる] をクリックします。場合は、次のメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
    追加したメール サーバーからフォルダーをダウンロードしてもよろしいですか。

IMAP では使用できません、AOL 電子メールの機能

Outlook Express で AOL の IMAP サーバーへの接続を構成するときに、次の AOL の機能は利用できません。
  • 最近削除されたメール フォルダーで電子メール メッセージはマークを受信トレイ フォルダーや送信済みアイテム フォルダーには、削除する準備ができて、毎晩、AOL の IMAP サーバーによって」を削除Outlook などのプログラムをいくつか削除された電子メール メッセージのフラグの設定された元のフォルダーで表示するメッセージを削除します。他のプログラムでは、これらの電子メール メッセージは表示されません。
  • 状態や、AOL メンバーから取得された未開封の電子メール メッセージの送信済みの電子メール メッセージを表示できません。
  • 迷惑メールの報告] ボタンでは、IMAP を使用できません。電子メール メッセージをスパムとして報告するには、電子メール メッセージを迷惑メール フォルダーに移動します。
  • AOL の IMAP サーバーではフォルダーをルート フォルダーに作成するか、ルート フォルダーから削除するが許可されません。受信トレイ フォルダーや送信済みアイテム フォルダー、保存フォルダー、迷惑メール フォルダーでは、ボイス メール フォルダーが表示されます。AOL のボイスメール製品を購読していない場合、ボイス メールのフォルダーにアクセスできません。AOL のボイスメールの詳細については、AOL のキーワードを参照してください: ボイスメール。
  • 受信トレイ フォルダーや送信済みアイテム フォルダーに電子メール メッセージを手動で追加することはできません。電子メール メッセージは電子メール メッセージの受信、または AOL の IMAP サーバーによって送信されたときにこれらのフォルダーにのみ表示されます。

関連情報

AOL の電子メールを構成する方法の詳細については、次の AOL ヘルプ オンライン Web サイトを参照してください。
http://help.aol.com/help/supportcentral/supportcentral.do
Microsoft では、お客様がテクニカル サポート情報を見つけるお手伝いをするためにサード パーティーの連絡先情報を掲載しています。この連絡先情報は予告なく変更される可能性があります。マイクロソフトは、このサード パーティ連絡先情報の正確性を保証しません。

この資料に記載されているサード パーティ製品は、マイクロソフトに関係しない会社によって製造されています。マイクロソフトは、明示的または黙示的に関わらず、これらの製品に関するパフォーマンスや信頼性について保証しません。

プロパティ

文書番号: 883081 - 最終更新日: 2013年11月16日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook Express 6.0
キーワード:?
kbdeployment kbhowto kbmt KB883081 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:883081
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com