Windows XP Service Pack 2 の Outlook Express のテキスト形式モードについて

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 883257 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Windows XP の Microsoft Outlook Express 6 では、ユーザーのプライバシーを保護し、ウイルスによる攻撃を防ぐために、安全でないと見なされる添付ファイルおよび画像などの HTML コンテンツはブロックされます。Microsoft Windows XP Service Pack 2 (SP2) では、悪質なスクリプトが自動的に実行されることを防止するために、Outlook Express でテキスト形式モードが有効になっています。

はじめに

詳細

テキスト形式モードについて

Outlook Express でテキスト形式モードを使用すると、受信した電子メール メッセージが HTML 形式ではなく、テキスト形式で表示されます。Outlook Express をテキスト形式モードで実行すると、MSHTML コントロールではなく、リッチ エディット コントロールが使用されます。リッチ エディット コントロールを使用することで、MSHTML コントロールの使用によって生じる可能性があるセキュリティ上の問題を回避できます。

テキスト形式モードを使用する理由

リッチ エディット コントロールを使用すると、電子メールによって送信される悪質なコードに対する防御がさらに強化されます。以前のバージョンの Windows XP を実行するコンピュータでは、HTML コンテンツ内の HTML ヘッダー スクリプトが Outlook Express によって処理されるため、悪質なコードによる攻撃を受ける可能性があります。MSHTML コントロールでは、このようなスクリプトが自動的に実行されます。リッチ エディット コントロールでは、HTML スクリプトは実行されません。テキスト形式の電子メール メッセージでは HTML ヘッダーを正しく表示する必要がないため、通常、この変更によって表示される内容が異なることはほとんどありません。電子メール メッセージの中で HTML のレンダリングに依存する部分は、正常に表示されていないように見えますが、それは、コンピュータに危害を加えるおそれがある部分です。

テキスト形式モードでは使用できない機能

Windows XP SP2 で、Outlook Express をテキスト形式モードで実行している場合、メッセージ テキストのサイズ調整、および電子メール メッセージ本文の全文検索は行えません。

Outlook Express でテキスト形式モードを使用する方法

テキスト形式モードは、すべての電子メール メッセージの表示について、または、送信する新規電子メール メッセージについて、有効にすることができます。

電子メール メッセージをすべてテキスト形式モードで表示するには、次の手順を実行します。
  1. Outlook Express を起動します。
  2. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。
  3. [読み取り] タブをクリックし、[メッセージはすべてテキスト形式で読み取る] チェック ボックスをオンにします。
  4. [OK] をクリックします。
新しい電子メール メッセージをすべてテキスト形式で送信するには、次の手順を実行します。
  1. Outlook Express を起動します。
  2. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。
  3. [送信] タブをクリックし、[メール送信の形式] の下の [テキスト形式] をクリックします。
  4. [OK] をクリックします。

テキスト形式モードと HTML 形式モードを切り替える方法

電子メール メッセージの送信者を信頼して、HTML で提供されている機能を使用する場合は、HTML 形式に切り替えます。これを行うには、[表示] メニューの [HTML 形式のメッセージ] をクリックします。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 883257 (最終更新日 2004-07-29) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 883257 - 最終更新日: 2005年7月11日 - リビジョン: 3.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Professional Service Pack 2 (SP2)
  • Microsoft Windows XP Home Edition Service Pack 2 (SP2)
キーワード:?
kbhowto KB883257
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com