ポート Reporter パーサー (PR-パーサー) ツールの説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 884289 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ここでは、ポート Reporter パーサー (PR-パーサー) ツールの使用法について説明します。 この資料は、宣伝 Parser ツールに関連した次のトピック:
  • 背景情報
  • Microsoft Windows GUI のログを確認するには
  • 不審なデータの識別やデータに関心があるが
  • ログを分析しデータを生成します。

概要

ここでは、ポート Reporter パーサー (PR-パーサー) ツールの使用法について説明します。 PR パーサーは、Port Reporter サービスによって生成されるログを解析するツールです。 Port Reporter サービスのログ ファイルを分析するのに役立つ多くの高度な機能は、この PR Parser ツール。 さまざまなシナリオ、およびセキュリティ関連のトラブルシューティングのシナリオを含むで Port Reporter ツールで、PR パーサーを使用することができます。 この資料では、セキュリティ関連のシナリオで PR パーサー ツールを使用する方法について説明します。

PR Parser ツールを入手するには、次の Web マイクロソフトを参照してください。
http://download.microsoft.com/download/2/8/8/28810043-0e21-4004-89a3-2f477a74186f/PRParser.exe

詳細

背景情報

Microsoft Windows ベースのコンピューターがこの脆弱性の影響を受ける、攻撃者は、通常使用、Windows ベースのコンピューターのリソースが複数の破損または他のコンピューターを攻撃にします。 この種の攻撃には通常、1 つ以上のプロセスを開始または TCP および UDP ポート、またはその両方を使用するなどのアクティビティがします。 攻撃者は、このアクティビティの Windows ベースのコンピューター自体から非表示に、しない限り、キャプチャし、この活動を識別できます。 したがってのこの種のアクティビティがないか探して判断できます、システムがこの脆弱性の影響を受けるかどうか。

Port Reporter ツールは Microsoft Windows Server 2003、Microsoft Windows XP または Windows 2000 を実行しているコンピューター上でサービスとして実行できるプログラムです。 Port Reporter サービスは、TCP および UDP ポートの利用状況のログします。 を Windows Server 2003 ベースおよび Windows XP ベースのコンピューターで、Port Reporter サービスは、次の情報を記録できます。
  • 使用されるポート
  • ポートを使用するプロセス
  • プロセスがサービスであるかどうか
  • プロセスをロードするモジュール (.dll、.drv という)
  • ユーザー アカウントに、プロセスを開始
データは、Port Reporter サービスによってキャプチャされるコンピューターがこの脆弱性の影響を受けるかどうか判断できます。 同じデータは、コンピューターのポートの使用率、理解を得るため、およびコンピューターの動作の監査のトラブルシューティングのもです。

PR パーサーは、Port Reporter サービスによって生成されるログを解析するツールです。Port Reporter サービスの追加についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
837243Port Reporter ツールの概要と入手方法
PR Parser ツールは、次の 3 つの基本的な機能を使用します。
  • PR Parser ツールには、Windows グラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI) をログを確認しやすくがあります。 GUI を使用して、並べ替えおよびさまざまな方法でデータをフィルターできます。
  • PR Parser ツールでは、識別し、興味のあるデータをフィルターできます。 このツールは、次の機能を使用します。
    • コンピューター上で実行されていることに関心のあるプロセスを識別します。
    • 正当なプロセスの名前を使用するプロセスがコンピューター上で間違ったフォルダーから実行するときに試行
    • コンピューターに読み込まれているモジュール、.dll や.drv などの識別します。
    • により、時間と、インターネット プロトコル (IP) アドレス、完全修飾ドメイン名 (FQDN) では、またはコンピューター名に関心があるが、コンピューターと通信して
    • コンピューター上で使用するポートを識別します。
    • ユーザー アカウントが、コンピューターでアクティブな場合の決定を支援します。
  • PR Parser ツールもログ分析データの一部を使用します。 このデータは、コンピューターの使用法を理解に役立ちます。 このデータ、次のとおりです。
    • ローカルの伝送制御プロトコル (TCP) ポート使用状況のランク付き一覧
    • ローカル プロセス使用率のランク付き一覧
    • リモート IP アドレスの使用率のランク付き一覧
    • ユーザー コンテキストの使用状況のランク付き一覧
    • Svchost.exe サービスの列挙
    • ポート使用状況を 1 日の時間
    • ユーザーが Microsoft Internet Explorer の使用率

Windows GUI のログを確認するには

ツールの実行時に、Port Reporter ツールに次の 3 つのログ ファイルが作成されます。
  • PR - PORTS - timestamp.log
  • PR - PIDS - timestamp.log
  • PR - 初期 - timestamp.log
各ログ ファイルの使用する名前、日付と時刻が、ファイルの作成時に基づく 24 時間制形式で。 日付と時刻は、年-月-日-時間-分-秒の形式で記録されます。 たとえばに 8:49:30 午前に 2004 年 1 月 24 日上、次の 3 つのファイルが作成。
  • PR-PORTS-04-01-24-8-49-30.log
  • PR-PIDS-04-01-24-8-49-30.log
  • PR-INITIAL-04-01-24-8-49-30.log
PR Parser ツールでログ ファイルを開いたするときに、Windows GUI PR Parser ツールのでは、次の情報をできます。
  • メイン フォームのタイトル バーは表示されているログ ファイルのファイル名前を開くされています。
  • ログ ファイル内の最初と最後のレコードのタイムスタンプが表示されます。
  • 現在表示されているレコードの数が表示されます。
  • ログ エントリは、メイン フォームにグリッドに表示します。
メモ グリッドで、メイン フォームに、可能性があります表示されないことに関連する PR Parser ツールがポートでプロセスのマッピングをサポートしないコンピューターから実行されている場合の詳細を処理する列。 たとえば、 PID モジュール 、および" アカウント に関連する詳細を処理する列。 Windows 2000-インプロセス ポートをマッピングをサポートしません。 そのため、Windows 2000 ベースのコンピューター、これらの列が表示ことはできません。

PR Parser ツールの Windows GUI は、次機能を提供します。
  • グリッドのログ エントリの詳細が表示されます。 メイン フォームのグリッド行をダブルクリックして、行を右クリックしてまたは [ プロパティ ] をクリックしてする場合、ログ エントリの詳細は表示されます。 この機能をオペレーティング システムがポートでプロセスのマッピングをサポートしてコンピューター上のログ ファイルを調べるときにのみ使用できます。 2004 年 9 月、としての Windows Server 2003 および Windows XP のみこの機能します。
  • 昇順または降順で任意の列でメイン フォームの [グリッドにデータを並べ替えることができます。 列見出しをクリックすると場合、ツールはその列で順序を昇順でメイン フォームのグリッド内のデータを並べ替え。 列見出しをもう一度クリックした場合、ツールは降順でデータを並べ替えます。 データがその列で並べ替えたときに矢印が列ヘッダーに表示されます。 矢印は並べ替え順序もを示します。 グリッドをその元の並べ替え順序を復元する場合は、[します 既定の並べ替えグリッドを再設定 ] メニューの 編集 [。
  • 使用して、次のいずれか、メイン フォームにグリッドにデータをフィルターします。
    • [ 編集 ] メニューの [ フィルター ] をポイントし、[ データのフィルター ] をクリックします。 [ グリッドののデータのフィルター ] ダイアログ ボックスが表示されます。 フィルターのデータと列を選択し、フィルター条件を指定できます。 選択条件を適用すると、フィルター処理されたデータがデータ グリッドに表示されます。
    • 値が、メイン フォームにあるグリッドで、フィルターの条件のセルを右クリックして フィルター ] をポイントし、[この値のないすべての行またはこの値を持つすべての行を抽出するかどうかに基づいて、適切なフィルター] をクリックします。
  • セルの内容をコピーしたり、行にあるすべてのセルの内容をコピーできます。 セルの内容をコピーするには、セル] を右クリックし、[ コピー ] をクリックします。 行内のすべてのセルの内容をコピー、行-見出しを右クリックして [ コピー ] をクリックします。
  • リモート IP 対応する名前] 列で表示されるリモートの IP アドレスを解決できます。 PR Parser ツール、操作の完了後グリッドですべての IP アドレスと、関連名の一覧が表示されます。 この一覧には、重複はありません。 リモート IP アドレスを解決するのにには、次の方法のいずれかできます使用します。
    • [ ツール ] の [すべてのリモート IP アドレスを解決する すべてのリモート IP アドレスの解決 を] をクリックします。
    • セルを右クリックし、[ リモートのの IP アドレスの解決 が選択されている IP アドレスを解決する] をクリックします。
    解決した IP アドレスの数、に応じてこの操作は完了するまでに数分がかかることができます。 クエリが既に回答されてネットワークに送信しないをクライアント上で DNS キャッシュを使用します。

    メモ 速度とこの操作の成功は、ネットワーク上の名前解決インフラストラクチャによって異なります。 この操作の成功、速度逆引き参照レコードが各 IP アドレスに対応かどうかでも決まります。
  • 移植することができます Portqry.exe コマンド ライン ユーティリティを使用して、リモート コンピューターをスキャンします。 Portqry.exe はテスト ツールの TCP および UDP ポートに関する有益な情報を生成できますが、強力なコマンド ライン接続です。

    PR Parser ツール Portqry.exe ユーティリティを使用するユーザー インターフェイスを使用します。 この機能の種類、リモート コンピューターおよびリモート コンピューターが提供するサービスを判断できます。 ポートをリモート コンピューターをスキャン、セルを右クリックし、 PortQry リモート IP アドレス をクリックします。Portqry.exe コマンド ライン ユーティリティの追加についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
    310099Portqry.exe コマンド ライン ユーティリティの説明
    メモ PR Parser ツールをインストールすると、Portqry.exe ファイルは、Prparser.exe ファイルが格納同じフォルダーにコピーされます。

不審なデータや興味のあるデータを特定します。

モジュール、IP アドレス、ポート、ユーザー、およびホスト名を含む、いくつかのデータ ポイントを追跡する PR Parser ツールを使えます。 PR パーサー ツールを使用して直ちに判断できます PR Parser ツールに構成されているすべての条件を Port Reporter ログ ファイル内のすべてのログ エントリに一致するかどうかを検索します。 更新を選択した新しい条件の特性を含めるし、PR Parser ツールの GUI でこれらの条件を構成できます。

表示、追加、または抽出条件を削除、[ 編集 ] メニューの [ 抽出条件の設定 ] をクリックします。

次に、6 つの条件を疑わしいデータや興味のあるデータを識別、PR Parser ツールで設定できます。

モジュールの既知の追跡

既知のモジュールを追跡する実行可能ファイルを実行または間違ったフォルダーから読み込まれたを使って正規のバイナリ ファイルの名前を識別できます。 たとえば、悪意のあるソフトウェアの一般的な名前は Svchost.exe です。 正当な Svchost.exe %windir%\System32 フォルダーから実行します。 悪意のあるソフトウェアは、Svchost.exe と呼ばれますし、%windir% フォルダーにコピーがときは、このバイナリ ファイルが正しくないフォルダーから実行されていることが困難にできます。 Svchost.exe を System32 フォルダー以外のフォルダーから実行している場合はコンピューターが攻撃に対して脆弱になります。 PR Parser ツールはこの種の問題を識別します。

通常、注は、1 つ以上の場所からいくつかのモジュールの実行します。 警告は、誤認でかどうかを指定または不規則なものが検索されたかどうかを判断するには、PR パーサー警告かを確認する必要があります。 別のコンピューターから Port Reporter ログ ファイルを調査するとき、コンピューターが別のフォルダー構造を持つため、ローカル コンピューターのフォルダー設定をオーバーライドするあります。 たとえば、% システムルートの % と %windir% は別のコンピューター上の別の場所をポイントします。 ここで PR Parser ツール PR Parser ツールを実行している PR Parser ツール、フォルダー構造をローカル コンピューターでこれらの変数を解決するために、不適切なフォルダーで実行多くファイルを特定可能性があります。 この種のコンピューター間の差を補正するには、この動作をオーバーライドし、これらの環境変数を解決するのには、宣伝パーサー ツールを設定することができます。 これを行うには、次の手順を実行します。
  1. [ 編集 ] の [ 抽出条件の設定 ] をクリックします。
  2. [ モジュールの既知の タブの [ 構成 ] をクリックします。
  3. ローカルのシステムのディレクトリの設定を上書きする をクリックします。
PR Parser ツールが、環境変数が解決される方法をオーバーライドできます。

モジュール

PR Parser ツールすばやく Port Reporter ログ ファイル内で興味のあるモジュールが見つかったかどうか判断できます。 興味のあるモジュールの一覧にモジュールを追加するには、次の手順に従います。
  1. [ 編集 ] の [ 抽出条件の設定 ] をクリックします。
  2. [ モジュール ] タブをクリックします。
  3. [ 追加 ] をクリックします。
  4. モジュール、興味のあるおよびモジュールを 検索するモジュール の一覧に追加する [OK] をクリックすることの名前を入力します。
同様に、 モジュール ファイルの場所を一覧に追加されるモジュールを削除することができます。

PR Parser ツールは興味のあるログ ファイルにモジュールを見つけると、もじれつに表示されます、メイン フォームのグリッド内で赤。 たとえば、Netcat.exe ツールは、ツールの管理者がしたり、ユーザーに、ネットワーク上の使用をしない場合があります。 元名を使用して、Netcat.exe ツールが実行される場合 Port Reporter ログで識別できます。

詳細を表示する選択した行をダブルクリックします。 ポート Reporter パーサー - ログ エントリの詳細 ] ダイアログ ボックスが開きでは、使用するポートについて、および読み込まれているモジュールに関するプロセスに関する詳細について説明。 PR-パーサーは、警告も提供します。 プロセス名を右クリックする場合、 ポート Reporter パーサー - ログ エントリの詳細 ] ダイアログ ボックスの PR パーサー ツールは「興味深い」または疑わしいプロセスを調査するためのオプションを使用します。

メモ Windows 2000 ベースのコンピューターのログ エントリの詳細表示されません。

IP アドレス

PR Parser ツール Port Reporter ログ ファイルに興味のある IP アドレス指定できます。 IP アドレスを指定するには、次の手順に従います。
  1. [ 編集 ] の [ 抽出条件の設定 ] をクリックします。
  2. [ IP アドレス ] タブをクリックします。
  3. [ 追加 ] をクリックします。
  4. IP アドレスに関心があるとした [IP アドレスを ファイルの場所を IP アドレス の一覧に追加する [OK] を入力します。
同様に、 ファイルの場所を IP アドレス 一覧に追加される IP アドレスを削除することもできます。

IP アドレスの条件の IP アドレスを追加し、条件を適用すると、指定した IP アドレスが、グリッド、メイン フォーム上に表示されます。

ポート

ネットワーク管理者はファイアウォールのログを使用してどのプログラムが、ネットワーク上で実行されていると、プログラムの通信時にどのエンドポイントが使用されますを決定します。 PR Parser ツール判断できますポートは、プログラムによって使用されているされ、興味のあるポートをすばやく識別できます。 多くのウイルス、ワーム、悪意のあるプログラム、および悪意のあるユーザーによって使用されるツールを実行するたびに同じポートを使用します。 PR Parser ツール ポート条件一覧に記載されているすべてのポート識別できます。

この一覧を変更するには、次の手順に従います。
  1. [ 編集 ] の [ 抽出条件の設定 ] をクリックします。
  2. [ ポート ] タブをクリックします。
  3. [ 追加 ] をクリックします。
  4. ポートとプロトコルを興味のある名前を入力し、ポート情報を 検索するポート の一覧に追加する [OK] をクリックします。
同様に、ポートは ポート [ファイルの場所を一覧に追加を削除できます。

メモ正当なプログラムが悪意のあるプログラムを使用する同じポートを使用すること。 各定期的でない操作のため、警告が生成されるかどうかを指定、PR Parser ツールによって生成される警告を調査する必要があります。

ユーザー アカウント

PR Parser ツールでは、Port Reporter ログ ファイルに興味のあるユーザー アカウントを識別できます。 ユーザー アカウントを指定するには、次の手順に従います。
  1. [ 編集 ] の [ 抽出条件の設定 ] をクリックします。
  2. [ ユーザー アカウント ] タブをクリックします。
  3. [ 追加 ] をクリックします。
  4. ユーザー アカウントに関心があるとした [ユーザー アカウントを ファイルの場所をユーザー アカウント の一覧に追加する [OK] を入力します。
同様に、 ファイルの場所をユーザーのアカウント 一覧に追加されるユーザー アカウントを削除することができます。

ユーザー アカウントの条件にユーザーを追加すると、指定したユーザー アカウントが、メイン フォームにグリッドに表示されます。

ホスト名

PR パーサー ツールは、ログをホスト名に掲載されているリモートの IP アドレスを解決しようとしました。 解像度の成功は正しく構成された TCP/IP の設定、DNS の設定、操作の名前解決インフラストラクチャ、や名マッピングの IP アドレスなどの要因によって異なります。 縮小する、ネットワークに送信されるクエリの数には、PR Parser ツール名のキャッシュがしても、クライアントの名前キャッシュを使用します。 これらの名前を指定するには、次の手順に従います。
  1. [ 編集 ] の [ 抽出条件の設定 ] をクリックします。
  2. [ ホスト名 ] タブをクリックします。
  3. [ 追加 ] をクリックします。
  4. ホスト名に関心があるとした [ホスト名を ファイルの場所をホスト名 の一覧に追加する [OK] を入力します。
PR Parser ツールでは、正常に IP アドレスのホスト名に解決と、ツール ホスト名条件一覧にある名前に一致するホスト名を識別し、ホスト名を表示します。

抽出条件を適用します。

開かれているログ ファイルの条件を指定する場合は、[ ツール ] メニューの 抽出条件の適用 オプションは使用できます。 PR Parser ツールは条件に一致するエントリを検索するログ ファイルを解析します。 一致が見つかった場合は一致するフィールドが表示 PR パーサーされます。 読み込まれたモジュールなどの詳細は、メイン フォームにグリッドに表示されません。 これらの詳細は、[レコード詳細を表示する場合にだけ利用可能です。

PR Parser ツールが興味のある標準モジュールが読み込みになっていることまたは正規名を使用する標準モジュールが正しくないフォルダーから読み込まれたことを検出、ツールは、メイン フォームのグリッドこの情報を表示されません。 これは PR Parser ツールは、フィールドを表示しないためです。 項目の詳細にも、条件に一致するデータを含むすべての行を識別するには、データをフィルターする必要があります。 これを行うには、[ 編集 ] メニューの [ フィルター をポイントし、[「興味深い」のデータを持つ行のみを表示する ] をクリックします。 この機能では、ログ エントリをすべて一致条件を設定するかどうかを判断できます。 空の可能性のある結果の一覧では、モジュールなどの詳細を含む、抽出条件のデータの一致行はすべて、含まれています。 「興味深い」のデータを持つ行のみを表示する オプションは、条件がデータに適用されるまで利用できません。 ]、[ ツール ] メニューの [ 抽出条件の適用 をクリックした後は 「興味深い」のデータを持つ行のみを表示する オプションは利用できます。

ログを分析し、データを生成します。

PR Parser ツールはコンピューターの管理者やネットワーク管理者向けに役立つログ分析データ生成できます。 データの 7 つのセットは、Windows Server 2003 ベースまたは Windows XP ベースのコンピューターには、Port Reporter ログから生成されます。 Port Reporter ツールは Windows 2000 ベースのコンピューターで - インプロセス ポートへのマッピングを実行しない、ためこれらの統計情報の一部をそれらのコンピューターからログから生成できません。 ログの分析を出力を生成するには、[ ツール ] メニューの [ ログ分析のデータ ] をクリックします。

7 PR Parser ツールによって生成されるデータ セットを次に示します。

ローカルの TCP ポート使用状況

このデータ セットには各 TCP ポートが、Port Reporter ツールによって記録された回数が含まれます。 この種のデータもできますサブネット間でどのポートが開かれますを決定する場合や、インターネットにします。 このデータは各コンピューターで、ポートは使用頻度のアイデアを示します。 各エントリに対する 合計のパーセント 値をデータに格納します。 この値は、すべてのポートには時間の合計数によって各ポートは使用回数を除算して計算されます。

プロセスの使用状況

このデータはコンピューター上のプロセスの使用状況を分析を使用することができます。 たとえば、コンピューターで使用されるプログラム頻度がによって記録、Port Reporter ツール、および最も一般的に使用されるプログラム。 データには各エントリの 合計のパーセント 値が含まれています。 この値は時間のすべてのプロセスが記録されますの合計数によって各プロセスがログインした回数を除算して計算されます。 このデータは、Windows 2000 ベースのコンピューターで使用できません。

Svchost.exe の列挙

PR Parser ツールには、Svchost.exe プロセスによってホストされているすべてのサービス識別できます。 この情報がコンピューター上で実行されている、プログラムを確認する必要です。

リモート IP アドレスの使用

このデータ セットでは、IP アドレスを示しが、ホスト名の表示、コンピューターと通信しています。 コンピューター通信頻繁に参照できるように、リストがランク付けします。

グリッドを右クリックし、対応するホスト名への IP アドレスを解決するオプションを選択できます。 PR Parser ツールは、ネットワークと DNS 設定コンピューターを使用して、PR Parser ツールが実行されている名前を解決しようとしました。

ユーザー コンテキストの使用状況

このデータ セットは、Port Reporter ログ ファイルに使用されたユーザー アカウントのランク付き一覧を表示します。 このを使用するをユーザー アカウントは、コンピューター上で使用されたを判断することができます。 このデータは、Windows 2000 ベースのコンピューターで使用できません。

時間によるポートの使用状況

このデータ セットは 1 時間あたりのポートの使用法の詳細、Port Reporter ログ ファイル データを収集された時間の経過提供します。 このデータを使用できますをコンピューターのピークを理解し、予期しない時間でポートが使用するかどうかを理解します。

メモ 既定では、Port Reporter が 24 時間のデータを収集します。

Iexplore.exe の使用法

このデータ セットには、Internet Explorer の訪問をエンドポイント列挙されます。 このデータは、分類-ユーザーごとに各ユーザーの Internet Explorer を使用できますプロファイルはようにされます。 このデータはまたはインターネットへのアクセスに使用するコンピューターをファイアウォールがサイトのユーザーが訪問する決定を使用することができます。

関連情報を表示するフォームを右クリックできます。 指定されている各 IP アドレスは、ホスト名に解決できます。 したがって、各サイトまたはファイアウォールの対応する名前は識別されます。

この一覧に記載されているコンピューターのポートを照会するのに Portqry.exe ユーティリティを使用することができるも。 データ保存するには、ログの分析をテキスト ファイルに、] をクリックして ログ用のログ分析のデータ ] ダイアログ ボックスで ファイル をします。

プロパティ

文書番号: 884289 - 最終更新日: 2006年11月1日 - リビジョン: 1.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbipsec kbmisctools kbreadme kbsectools kbmt KB884289 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:884289
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com