Office 2003 のログ ファイルを使用して、更新プログラムのインストールのトラブルシューティング方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 884290
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Office 2003年の更新プログラムのインストールで、問題を発生する場合は、可能性があります。 または、説明用のエラー メッセージは表示されません。いずれの場合も、ログ ファイルを使用して、正確なエラー決定できます、問題のトラブルシューティングをします。

この資料は、Office 2003 の更新プログラム ファイルの情報を解釈するためのテクニックについて説明します。トピックは、各テクニックを使用する必要があります順序で一覧表示されます。この資料では、発生する可能性がありますすべての状況については説明しませんが、ログ ファイルを解釈することにより更新に関する問題の解決はいくつかの例について説明します。

はじめに

この資料では、Microsoft Office の更新が失敗の原因を特定するために、Microsoft Office 2003年を更新するときに作成されるログ ファイルを使用する方法を説明します。

詳細

更新プログラムのログ ファイルを検索します。

Microsoft Office 2003 のすべてのクライアント更新プログラムが次のフォルダーにログ ファイルを作成します。
%Temp%\OHotfix
%Temp% は、現在ログオンしてユーザーのプロファイルの一時フォルダーを指す環境変数です。たとえば、この一時ファイルでの Settings\username\Local Settings\Temp にあります。

ログ ファイルには次のような名前があります。
OHotfix (#) の .log
OHotfix (#) _Msi.log
"#####"は番号を表します。これらの数値は、00001 でを起動し、増加する各後続の更新をします。したがって、同じ更新プログラムを再度実行する場合、または新しい更新プログラムを実行すると、ログ ファイルの次のペアが番号付きの 00002 になります。

インストールされている更新は、2 つのログ ファイルが作成されます。ブートス トラップ セットアップ ファイル Ohotfix.exe、最初のログ ファイルを作成し、Microsoft Windows インストーラー、Msiexec.exe ファイルで、2 番目のログ ファイルが作成されます。セットアップと Windows インストーラーのログ ファイルのペアでは、ログ ファイル名を次の例のように同じ番号 (#####) をあります。
OHotfix (00001) .log
OHotfix (00001) _Msi.log
したがって、ログ ファイルの同じインストールの一部として簡単に一致することができます。

適切な更新プログラムのログ ファイルを確認します。

1 つ以上の更新プログラムをインストールする場合は、ログ ファイルが最新のインストールに属しているを判断できません。更新プログラムのログ ファイル名が命名されているため、ログ ファイル名の数 (#) によって、最新の更新プログラムのログ ファイルを識別するために最善の方法です。最高の番号のペアは、最新の更新プログラムのインストールに属しています。

Office 2003 のログ ファイルを識別するために、確実な方法は、Ohotfix.exe のログ ファイルを .log の OHotfix (#)、開き、ログ ファイルで、8 番目の行を表示するには、です。既定では、8 番目の行で、次のようなMessageTitle行にはログ ファイルが含まれます。
MessageTitle ="Office 2003 重要なアップデート: KB828041」
MessageTitle行には、製品、バージョン、および更新がインストールされている参照が含まれます。

Microsoft Office 更新の Web サイトから更新プログラムをインストールすると、インストール ログ ファイルは作成されません。

セットアップ スイッチ

Microsoft ダウンロード センターから更新プログラムをインストールする場合は、更新プログラム ファイルのスイッチは、標準的な IExpress パッケージ スイッチです。

ソフトウェアで使用できるコマンド ライン スイッチの詳細については、IExpress テクノロジを使用して、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてパッケージを更新します。
197147IExpress ソフトウェア更新プログラム パッケージのコマンド ライン スイッチ

ログ ファイルのトラブルシューティングを行う方法

詳細ログ ファイルを確認すると、障害が発生した Office の更新のトラブルシューティングに使用する最適な方法です。詳細ログは、OHotfix (#) は、_Msi.log ファイルを自動的に有効になります。

Ohotfix.exe ログ ファイルの読み方

Ohotfix.exe ログ ファイルを .log の OHotfix (#) をトラブルシューティングを開始するをお勧めしますです。このファイルは、次の情報を示します。
  • ビルドおよび更新される Office のバージョン。

    ビルドは、次の行に類似した行に表示されます。
    Product {90110409-6000-11D3-8CFE-0150048383C9} Microsoft Office Professional 
    Edition 2003 Version 11.0.5614.0: Needs patch.
    この例では、更新されている Office のビルドは 5614 です。ビルド 5614 Office 2003 の元の基本バージョンです。小さい、ビルド番号を参照してください場合 5614 よりも、更新プログラムをインストールするのには、ベースが必要であるため、製品を更新できません。(下のビルドは、製品のベータ版と見なされます)。
  • 適用する必要があります、更新プログラムに含まれている Windows インストーラー更新プログラム パッケージ (.msp)。

    Office 2003 更新プログラムを適用すると、Ohotfix.exe ファイルは、インストールした製品を検査し、更新プログラム パッケージ (更新プログラムに複数の更新プログラム パッケージが含まれている場合)、インストールする必要がありますを決定します。Ohotfix.exe ログ ファイルの次のテキストを Microsoft Office 2003年重要な更新の 1 つの更新プログラム パッケージをインストールする必要があることがわかります。 (kb828041)。
    Getting the patches...
    Getting the products to patch...
    Seeing if patch C:\DOCUME~1\<username>\LOCALS~1\Temp\IXP000.TMP\mso-Binary-GLB.msp is needed...
         Product {90110409-6000-11D3-8CFE-0150048383C9} Microsoft Office Professional Edition 
    2003 Version 11.0.5614.0: Needs patch.
    
    Ohotfix.exe ログ ファイルの次のテキストを Office 2003 重要な更新をインストールする必要があります、更新プログラム パッケージが表示されます。 (kb828041)。
    Getting the patches...
    Getting the products to patch...
    		
    Seeing if patch C:\Temp\IXP000.TMP\mso-Binary-GLB.msp is needed...
         Product {90110409-6000-11D3-8CFE-0150048383C9} Microsoft Office Professional Edition 
    2003 Version 11.0.5614.0: Needs patch.
         Product {90170409-6000-11D3-8CFE-0150048383C9} Microsoft Office FrontPage 2003 Version 
    11.0.5614.0: Needs patch.
         Product {90110409-6000-11D3-8CFE-0150048383C9} Microsoft Office Professional Edition 
    2003 Version 11.0.5614.0: Needs patch.
    

Ohotfix.exe ログ ファイルのログ

Ohotfixe.exe ログ ファイルの読み取りの最も重要な部分のいずれかの次の行です。
The patch was applied successfully.
この行によって、次のテキストが続きます。
The update was applied successfully.

Ohotfix.exe ログ ファイルのエラーのログ

インストールの失敗ではこれと同様に、ログ ファイルの検索を知ることが重要です。任意の段階での更新が失敗した場合は、ログ ファイルに次のエラー メッセージが表示されます。
The update failed.
次の例では、エラー番号を含む行が続きます。
Encountered error 1603 while updating.
この例では、エラー番号 1603年は、次の情報に相当します。
ERROR_INSTALL_FAILURE 1603 Fatal error during installation.
この行に記載されているエラー番号 1603 の更新処理が失敗した場合を通常です。1603 エラーは、一般的なエラーであるため、対応する Windows インストーラー ログ ファイル、正確なエラーを取得し、そのエラー番号に基づいてトラブルシューティングを行うには OHotfix (#) の _Msi.log ファイルを開く必要があります。Windows インストーラーのログ ファイルを読み取る方法の詳細については、「Windows インストーラーのログ」を参照してください。

Ohotfix.exe ログ ファイル内の行は、1603年以外のエラー番号を表示できます。Windows インストーラーのログ ファイルで関連情報を確認する必要があります。

Windows インストーラーのログ

更新プロセス中に、エラー メッセージが表示される場合は、Windows インストーラーのログ ファイル、たとえば、OHotfix (0001) _Msi.log ファイルを表示する必要があります。診断し、アクションや、エラーの原因となったエラーを検索する多くの問題を解決することができます。

Windows インストーラーのログ ファイルを表示すると、として、以下のマイクロソフト サポート技術情報資料に記載されていると同じ方法を使用する必要があります。

826511 Office 2003 のセットアップに関する問題のトラブルシューティングを行うには、セットアップ ログ ファイルを使用する方法

Office 2003 の管理者用インストールを更新すると、ログ ファイルを作成する方法

クライアント更新プログラムとは異なり、Office 2003 の管理者用インストールを更新します。 既定では、ログ ファイルは作成されません。ダウンロード管理ファイルを抽出するには、IExpress パッケージを実行すると、ログ ファイルを作成するには、次のようなコマンドラインを更新プログラムを実行します。
msiexec.exe/p [アップデート MSP ファイルのパス \ 名前]/a [MSI ファイルのパス \ 名前]/qb/lv * [ログ ファイルのパス \ 名前]
Office 2003 の管理者用インストールを更新する方法の詳細については、 Office 2003 製品アップデートの配布のトピックには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://office.microsoft.com/en-us/office-2003-resource-kit/distributing-office-2003-product-updates-HA001140238.aspx

トラブルシューティング

Ohotfix.exe ファイルまたは Windows インストーラー ログ ファイルの問題を理解することはできませんがインストールされている更新の問題が発生する場合は、Office のインストールを修復ましょう。以下が手順例となります:
  1. クリック ボタンをクリックし、プロパティ コントロール パネル.
  2. クリック 追加またはプログラムを削除します。.
  3. Office 2003 プログラムを修復してをクリックするをクリックします。 変更.
  4. で、 [メンテナンス モード オプション ダイアログ ボックス、クリックして 再インストールまたは修復プロパティ 次へ.
  5. で、 Office の修復または再インストール ダイアログ ボックス、クリックして 検出し、私 Office のインストールで発生したエラーを修復します。プロパティ インストール.
  6. 修復処理が完了すると、公開の更新プログラムを再度実行します。

プロパティ

文書番号: 884290 - 最終更新日: 2012年5月8日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbtshoot kbsetup kbupdate kbmt KB884290 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:884290
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com