Small Business Server 2003 を既存の Active Directory ドメインにインストールする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 884453
すべて展開する | すべて折りたたむ

はじめに

この資料では、現在、SBS サーバーされていない既存のドメインには、Microsoft Windows Small Business Server (SBS) 2003年ベースのコンピューターをインストールする方法について説明します。

警告この記事では、既存の Active Directory ディレクトリ サービス インフラストラクチャを維持するために、既存のドメインに新しい SBS 2003 コンピューターをインストールする方法のアウトラインとして記載されている手順を使用する必要があります。

この資料では、SBS 2003 コンピューターをネットワークに追加するのには使用しないでくださいが、既存の SBS 2000 または SBS 2003 ドメイン コント ローラーを移行のためにあります。そのため、移行のホワイト ペーパーを使用します。移行のホワイト ペーパーを参照するには、次の Web サイトを参照してください。
SBS 2000 に SBS 2003:
http://go.microsoft.com/fwlink/? か。LinkId 16414 =
SBS 2003 の SBS 2003:
http://technet2.microsoft.com/WindowsServerSolutions/SBS/en/library/62e2094e-ad4e-4227-b20e-97a716ed7c861033.mspx
この資料では、移行ソリューションを提供する予定もありません。ただし、ここで手順を使用して、SBS 2003 コンピューターまたは SBS 2000 コンピューターを既に含まれている既存のドメインに参加する場合は、手動で、コンピューターをドメインから削除する Dcpromo.exe を実行することにより、既存の SBS サーバーを降格する必要があります。この退職プロセスを新しい SBS 2003 コンピューターをドメインに追加するから 7 日以内に行う必要があります。 または新しい SBS 2003 コンピューターが警告を表示し、定期的にシャット ダウンします。

既存のドメインに新しい SBS 2003 コンピューターをインストール、または新しい SBS 2003 コンピューターが警告を表示し、定期的にシャット ダウンした後に、次の条件が満たす必要があります。
  • 新しい SBS 2003 コンピューターがドメインのルートにインストールされているドメイン コント ローラーでなければなりません。
  • 新しい SBS 2003 コンピューターにすべての柔軟な単一マスター操作 (FSMO) の役割を押してください。
  • 新しい SBS 2003 コンピューターがグローバル カタログ サーバーである必要があり、ライセンス サーバーにする必要があります。
  • 入れないで任意の既存ドメインの信頼または子ドメイン。
  • 1 台の SBS サーバーがドメインに存在できます。SBS 2003 がインストールされている場合は、ない他の SBS 2003 または 2000年のサーバーと同じドメインにインストールできます。
  • 新しいサーバーに SBS の統合セットアップを実行して SBS クライアント アクセス ライセンスの正しい数を必要に応じてインストールしてください。これらの条件を満たすために失敗、SBS 2003 サーバーをシャット ダウンしたり、サポートされていない状態になる場合があります。
詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
842690Windows Small Business Server 2003 に含まれているコンポーネントのリスト

詳細

既存の Active Directory ドメインには、SBS 2003 コンピューターをインストールするには、次の手順を実行します。
  1. Windows 2000 ドメインでは、SBS 2003 コンピューターがドメインにインストールする前に Active Directory を準備しなければなりません。 既存の Windows 2000 フォレストに Windows Server 2003 ドメイン コント ローラーをインストールする方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
    278875Dcpromo.exe および Winnt32.exe は、Windows 2000 のドメインまたはフォレストで Windows Server 2003 ドメイン コント ローラーを作成するとき、または Windows 2000 フォレストに Windows Server 2003 に存在する Windows 2000 ドメイン コント ローラーをアップグレードするときにエラーをログします。
  2. CD 1 を CD または DVD ドライブに挿入して、SBS 2003 のインストールを開始します。
  3. オペレーティング システムをインストールし、コンピューターを再起動し、統合セットアップ プログラムを続行する場合をクリックします。 [キャンセル] 統合されたセットアップ プログラムを停止します。

    メモ この時点で、統合セットアップ プログラムをキャンセルする必要があります。統合セットアップを続行する場合は、SBS 2003 コンピューターの既存のドメインに参加できません。
  4. SBS 2003 コンピューターで、ネットワーク カードの静的 IP アドレスを構成し、ホストを既存のサーバーに DNS、Active Directory のゾーンを構成することを確認します。

    メモ この手順を完了した後に、完全修飾ドメイン名 (Fqdn) を使用して、ネットワーク上の他のコンピューターの ping を実行できます。
  5. 既存のドメインに参加するのには、SBS 2003 コンピューターに、Dcpromo.exe プログラムを実行します。

    メモ 新しいフォレストを作成しないし、子ドメインを作成しないでください。
    1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ dcpromo、し [OK].
    2. クリックしてください。 次へ 2 つの時刻。
    3. クリックしてください。 既存のドメインの追加ドメイン コント ローラー、し 次へ.
    4. ドメインの管理者アカウントの資格情報を入力しをクリックしてください 次へ.
    5. で、 ドメイン名 領域を結合しをクリックする、Active Directory のドメイン名前空間の FQDN を入力します。 次へ.たとえば、入力します。 contoso.local.FQDN がはっきりしない場合は、. します。 参照 正しいドメインを選択します。
    6. クリックしてください。 次へ データベースとログのフォルダーのデフォルトの場所をそのまま使用します。
    7. クリックしてください。 次へ 共有システム ボリュームの既定の場所をそのまま使用します。

      メモ 共有システム ボリュームの場所を変更する必要がある場合は、NTFS ファイル システム ボリュームを選択してください。
    8. ディレクトリ サービス復元モードの管理者パスワードを入力しをクリックしてください 次へ.

      メモ これは、または、回復コンソールを使用すると、ディレクトリ サービス復元モードで使用するパスワードです。
    9. サマリー画面をクリックします。 次へ Dcpromo.exe プログラムを開始します。この処理は数分をかかる場合があります。
    10. クリックしてください。 終了日 Dcpromo.exe プログラムを実行しをクリックします。 今すぐ再起動します。.
    11. 再起動後、コンピューターにログオンし、コンピューターは、ドメイン コント ローラーに昇格されたことを確認します。これを行うをクリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ cmd、し [OK].
    12. コマンド プロンプトで gettype、し、ENTER キーを押します。出力は次のようになります。

      Host Name: ServerNameName: Windows Server 2003 for Small Business Server
      Version: 5.2 Build 3790
      Role: Domain Controller
      Components: Not Installed
  6. DNS サーバー サービスをインストールします。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 開始、ポイント コントロール パネル、し プログラムの追加と削除.
    2. クリックしてください。 [Windows コンポーネントの追加と削除.
    3. で、 Windows コンポーネント ボックスの一覧でダブルクリック ネットワーク サービス.
    4. オンにし、 ドメイン ネーム システム (DNS) チェック ボックスをオンにしをクリックしてください [OK].
    5. クリックしてください。 次へ、し 終了日.

      DNS サーバーを構成する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
      http://technet2.microsoft.com/windowsserver/en/library/4E1C7B17-16AB-4E7D-A333-15BEFB15C82E1033.mspx
  7. SBS 2003 コンピューターをグローバル カタログ サーバーに昇格します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 開始、ポイント 管理ツール、し Active Directory サイトとサービス.
    2. 展開 サイトを展開 既定最初のサイト名を展開 サーバー、SBS 2003 コンピューターを展開し、右クリック NTDS 設定、し プロパティ.
    3. クリックして、 全般 タブで、クリックしてを選択するのには、 グローバル カタログ をクリックして、このコンピューターには、グローバル カタログの役割を割り当てる] チェック ボックス [OK].
    4. ディレクトリ サービスのイベント ログにイベント ビューアーを開き、イベント 1119年または 1869 このドメイン コント ローラーがグローバル カタログになったことを示す説明まで待ちます。
    5. コンピューターを再起動します。

      メモ コンピューターを再起動または 1119年または 1869年イベントを受信するまで、その他のグローバル カタログ サーバーを削除しないでください。この操作を行う場合は、ないとグローバル カタログ サーバーへの要求の処理に利用可能な悪影響が発生します。
  8. 正常に、新しいコンピューターがグローバル カタログ サーバーに昇格した後、その他のグローバル カタログ サーバー、ドメイン内を削除します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 開始、ポイント 管理ツール、し Active Directory サイトとサービス.
    2. コンソール ペインで、展開します。 サイト、し展開 既定最初のサイト名.
    3. 展開 サーバー、SBS 2003 コンピューター以外のコンピューターの展開、を右クリックして NTDS 設定、し プロパティ.

      メモ 場合は、SBS 2003 コンピューター以外の 1 つ以上のコンピューターが表示されます 2 回以上この手順を繰り返す必要があります。
    4. で、 全般 タブで、クリックしてをオフにするのには、 グローバル カタログ をクリックして、このコンピューターには、グローバル カタログの役割を割り当てる] チェック ボックス [OK].

      メモ 場合は、 グローバル カタログ チェック ボックスがオフで、手順 8 に進みます。
    5. グローバル カタログ サーバーの役割を削除するコンピューターを再起動します。

      メモ アカウントおよびスキーマ情報が新しいグローバル カタログ サーバーにレプリケートするまで待ちます。
  9. SBS 2003 コンピューターには、FSMO の役割を転送します。これを行うには、各 FSMO 役割は次の手順を実行します。
    1. 転送の相対 ID (RID) マスター ロールします。これを行うには。
      1. クリックしてください。 開始、ポイント 管理ツール、し Active Directory ユーザーとコンピューター.
      2. 組織名を右クリックしをクリックしてください すべてのタスク]、し 操作マスター.
      3. で、 操作マスター ダイアログ ボックスをクリックして、 削除 タブします。
      4. で、 操作マスター ダイアログ ボックス、クリックして 変更.
      5. クリックしてください。 [はい] 役割を転送しをクリックすることを確認するのには [OK].
    2. PDC エミュレーターの役割を転送します。これを行うには。
      1. クリックしてください。 開始、ポイント 管理ツール、し Active Directory ユーザーとコンピューター.
      2. 組織名を右クリックしをクリックしてください すべてのタスク]、し 操作マスター.
      3. で、 操作マスター ダイアログ ボックスをクリックして、 PDC タブします。
      4. で、 操作マスター ダイアログ ボックス、クリックして 変更.
      5. クリックしてください。 [はい] 役割を転送しをクリックすることを確認するのには [OK].
    3. インフラストラクチャ マスターの役割を転送します。これを行うには。
      1. クリックしてください。 開始、ポイント 管理ツール、し Active Directory ユーザーとコンピューター.
      2. 組織名を右クリックしをクリックしてください すべてのタスク]、し 操作マスター.
      3. で、 操作マスター ダイアログ ボックスをクリックして、 インフラストラクチャ タブします。
      4. で、 操作マスター ダイアログ ボックス、クリックして 変更.
      5. クリックしてください。 [はい] 役割を転送しをクリックすることを確認するのには [OK].
    4. ドメイン名前付けマスターの役割を転送します。これを行うには。
      1. クリックしてください。 開始、ポイント 管理ツール、し Active Directory ドメインと信頼関係.
      2. 右クリックします。 Active Directory ドメインと信頼関係、し 操作マスター.
      3. で、 操作マスターの変更 ダイアログ ボックス、クリックして 変更 .
      4. クリックしてください。 [はい] 役割を転送しをクリックすることを確認するのには [OK].
      5. クリックしてください。 閉じる ダイアログ ボックスを閉じますをします。
    5. スキーマ マスターの役割を転送します。これを行うには。
      1. 役割を転送するのには、スキーマ マスター ツールを使用できます。ただし、スキーマ マスター ツールを MMC スナップインとして使用して、Schmmgmt.dll ファイルを登録してください。Schmmgmt.dll の登録. します。 開始をクリックして 実行、タイプ regsvr32 schmmgmt.dll、し [OK].

        メモ 登録が成功したことを確認するメッセージが表示されます。
      2. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ mmc、し [OK].
      3. クリックしてください。 ファイル、し 追加またはスナップインの削除.
      4. で、 説明 をクリックして 追加.
      5. クリックしてください。 Active Directory スキーマをクリックして 追加、し 閉じる.
      6. クリックしてください。 [OK].
      7. 右クリックします。 Active Directory スキーマ、し ドメイン コント ローラーの変更.
      8. で、 DC を選択します。 をクリックして 名前を指定します。は、SBS 2003 コンピューターの名前を入力し、をクリックして [OK].
      9. 右クリックします。 Active Directory スキーマ、し 操作マスター.
      10. で、 スキーマ マスターの変更 ダイアログ ボックス、クリックして 変更.
      11. クリックしてください。 [はい]をクリックして [OK]、し 閉じる.
      詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
      324801Windows Server 2003 で FSMO 役割を表示し転送する方法
  10. サイト ライセンス サーバーは、SBS 2003 コンピューターに移動します。これを行うには。
    1. SBS 2003 コンピューターをクリックします。 開始、ポイント 管理ツール、し Active Directory サイトとサービス.
    2. 展開 サイト、し 既定最初のサイト名.
    3. 右クリックします。 ライセンス サイトの設定、し プロパティ.
    4. クリックしてください。 変更、新しい SBS 2003 コンピューターの名前を入力、 選択するオブジェクト名を入力します。 をクリックし [OK].
    5. クリックしてください。 [OK] 閉じるには、 ライセンス サイトの設定のプロパティ ダイアログ ボックスです。

      詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
      273475Windows 2000 と違い Windows NT 4.0 ライセンス
  11. 新しい Active Directory オブジェクト、SBS 2003 コンピューターにレプリケートするまで待ちます。これにかかる時間は、Active Directory のサイズとネットワークのパフォーマンスによって異なります。レプリケーションが正常に完了したことを確認するのには、ディレクトリ サービス イベント ログを表示できます。SBS 2003 のレプリケーションが完了していない場合、またはレプリケーションが失敗した場合は、プログラムを続行できません可能性がありますセットアップを統合します。

    レプリケーションをテストするには、ドメイン コント ローラーと、SBS 2003 コンピューターにレプリケートされたオブジェクトの処理には数分を確認した後は、新しくテスト ユーザーを作成できます。ドメイン コント ローラーからのレプリケーションを強制的することもできます。これを行うには。
    1. SBS 2003 コンピューターをクリックします。 開始、ポイント 管理ツール、し Active Directory サイトとサービス.
    2. 左側のペインでを展開します。 既定最初のサイト名を展開 サーバー、し、ドメイン コント ローラーからレプリケートするを展開します。
    3. クリックしてください。 NTDS 設定.1 つまたは複数のオブジェクトが、右側のウィンドウで一覧表示されます。これらのオブジェクトのレプリケート元とするドメイン コント ローラーへのリンクです。オブジェクトの「フレンドリ」名を参照するには、オブジェクトを右クリックし、[名前を表示します。ドメイン コント ローラー オブジェクトを右クリックしをクリックしてください 今すぐレプリケートします。.レプリケーションは、すぐに実行されます。
  12. 新しい SBS 2003 コンピューターのプライマリ DNS サーバーとしてポイントするすべてのドメイン コント ローラー上で DNS 設定を変更します。これを行うには、次の手順を実行します。

    メモ 次の手順をに従って、SBS 2003 コンピューターを含め、Active Directory 内のすべてのドメイン コント ローラーにします。
    1. クリックしてください。 開始、ポイント コントロール パネル、ポイント ネットワーク接続は、内部のネットワーク接続を右クリックし、をクリックして プロパティ.
    2. 選択する] をクリックします。 [インターネット プロトコル (TCP/IP)、し プロパティ.
    3. 優先 DNS サーバーを変更します。優先 DNS サーバーとして SBS 2003 コンピューターの IP アドレスを入力します。また、SBS 2003 コンピューターに変更します。

      メモ Active Directory ゾーンをホストするサーバーの場合は代替 DNS サーバーには、以前の優先 DNS サーバーをポイントできます。
  13. SBS 2003 コンピューターで、SBS 2003 CD 1 を CD または DVD ドライブに挿入し、統合 SBS 2003 のセットアップと構成を続行します。
  14. Microsoft Exchange Server を組織にインストールが既にある場合は、統合セットアップは、既存の組織に Exchange Server をインストールします。以前の Exchange Server の使用を中止する前に既に Exchange 2003 サーバーまたは Exchange 2000 サーバーが、組織内であるし、Exchange Server の使用を中止する場合は、パブリック フォルダーとメールボックスを新しい Exchange 2003 サーバーに移動できます。 詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
    822931最初の Exchange 2003 サーバーのコンピューターを管理グループから削除する方法

    メールボックスとパブリック フォルダーを移動するには、次の手順を実行します。
    1. 組織に既存の Exchange Server で Exchange システム マネージャーを開きます。これを行うをクリックしてください。 開始、ポイント すべてのプログラム、ポイント Microsoft Exchange、し システム マネージャー.
    2. 左側のペインでツリーの上部を右クリックし、 組織名 (Exchange) アイコンをクリックし プロパティ.
    3. オンにし、 管理グループを表示します。 チェック ボックス、オンにし、 ルーティング グループを表示します。 チェック ボックスをオンにしをクリックしてください [OK].
    4. 展開、 受信者 コンテナーをクリックし 受信者更新サービス.
    5. 各エントリをダブルクリックして、SBS 2003 コンピューター上で実行されている、新しい Exchange サーバーの名前を入力、 Exchange server 領域です。
    6. 展開 管理グループを展開 管理グループ名を展開 ルーティング グループ、し展開 最初のルーティング グループ.
    7. クリックしてください。 コネクタ、それが存在する場合、SMTP コネクタを右クリックし、に記載されている、サーバーの変更、 [ローカル ブリッジヘッド サーバー 新しい SBS 2003 コンピューターとクリックする領域 [OK].
    8. 左側のウィンドウで] 最初のルーティング グループをクリックして メンバー.
    9. 右側のウィンドウで、新しい SBS 2003 コンピューターを右クリックしをクリックしてください マスターとして設定します。.
    10. 左側のペインでを展開します。 管理グループを展開 管理グループ名を展開 サーバーをクリックして、SBS 2003 コンピューターには、新しい Exchange Server を追加する前に存在していた Exchange サーバーを展開します。
    11. 展開 最初のストレージ グループを展開 メールボックス ストア、し メールボックス.
    12. すべてのメールボックスを選択する、メールボックスを右クリックし、クリックしてください Exchange タスク.
    13. Exchange タスク ウィザードをクリックします。 メールボックスを移動します。、し 次へ.
    14. 新しい SBS 2003 コンピューターをオンにし、 サーバー リストとクリック 次へ.
    15. 破損したメッセージを処理し、メールボックスの移動プロシージャ方法を指定します。 次へ 新しい SBS 2003 コンピューターにすべてのメールボックスのホームに 2 つの時刻。

      メモ この手順は、パブリック フォルダーを新しい SBS 2003 コンピューターにも re-homes します。
    16. クリックしてください。 終了日.
    17. レプリケーションが成功したと、Exchange Server 廃止するのには、コンピューターから削除します。取り外しが可能なコンピューターがドメイン コント ローラーの場合、物理的に退職する前に、このコンピューターをドメインから削除する Dcpromo.exe プログラムを実行します。

      メモ すべての Exchange Server ユーザーは、新しい Exchange Server をポイントするように指示する必要があります。

      ドメイン コント ローラーを物理的に削除し、ドメイン コント ローラーをメンバー サーバーに降格させるのには、Active Directory のインストール ウィザード (Dcpromo.exe) まず実行されませんの場合は、コンピューター オブジェクトが Active Directory のドメイン コント ローラーとして存在しています。前のコンピューター オブジェクトは、Active Directory から削除する必要があります。 手動でドメイン コント ローラーの構成データを Active Directory から削除する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
      216498Active Directory 内に失敗したドメイン コント ローラーの降格後データを削除する方法
      メモ 任意のドメイン コント ローラーがネットワーク上で物理的に退職する前に、Dcpromo.exe プログラムを使用して、ドメイン コント ローラーを降格させるかどうかを確認します。

プロパティ

文書番号: 884453 - 最終更新日: 2011年7月30日 - リビジョン: 8.0
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbmt KB884453 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:884453
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com