SQL Server 2000 Service Pack 4 Readme ファイルの追加情報

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 884525 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、SQL Server の一部またはすべての Readme ファイルに記載されていない、Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 4 (SP4) の最新の変更内容について説明します。SQL Server 2000 SP4 で提供されている Readme ファイルは以下のとおりです。
  • ReadmeSql2k32asp4.htm: "Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 4 - Analysis Services"
  • ReadmeSql2k32sp4.htm: "Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 4 - データベース コンポーネント"
  • ReadmeSql2k32desksp4.htm: "Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 4 - Desktop Engine (MSDE 2000)"
  • ReadmeSql2k64sp4.htm: "Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 4 (64-bit)"

詳細

変更された情報

SP4 の Readme ファイルの公開以降、以下の情報が変更になりました。

SQL Server 2000 SP4 での AWE (Address Windowing Extensions) の実行

重要 : AWE サポートを有効にして SQL Server を実行するユーザーに影響する問題が、SQL Server 2000 SP4 の最終ビルドで見つかりました。この問題は、Itanium ベースのコンピュータや、リレーショナル データベース以外の SQL Server のコンポーネント (SQL Server 2000 Analysis Services、SQL Server 2000 Reporting Services、SQL Server 2000 Notification Services など) には影響しません。この問題の影響がある環境は、AWE が有効になっていて 2 GB を超えるメモリがあり、システム メモリ全体の半分以上が、単一の SQL Server のインスタンスに割り当てられているコンピュータだけです。この構成になっている場合は、SQL Server 2000 SP4 にアップグレードした後、次の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の修正プログラムを適用してください。
899761 [FIX] 32 ビット版の SQL Server 2000 SP4 を実行するコンピュータで AWE を有効にすると使用できないメモリ領域がある

Service Pack 4 に含まれない修正プログラム

修正プログラム 836651 および 826906 は SP4 に含まれません。この修正プログラムに加えて SP4 を適用すると、修正プログラムが上書きされます。上記の問題に対する SP4 の後の修正プログラムは、間もなく利用可能になります。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
836651 [FIX] ANSI 結合と ANSI 以外の結合を両方使用すると、予期しないクエリ結果が返される
826906 [FIX] 相関サブクエリと集計関数を含むビューを使用するクエリの実行速度が遅い

Smssql2ksp4.pdf ファイル

SQL Server 2000 SP4 には、Smssql2ksp4.pdf ファイルが含まれています。このファイルには、Sms2kdef.bat と Sql2kdef.iss への参照が含まれています。ただし、これらのファイルは、既に SQL Server 2000 SP4 のパッケージには存在しません。

: データベース コンポーネントを対話的にインストールするたびに、\System フォルダにある Setup.iss ファイルにセットアップ オプションが書き込まれます。詳細については、SQL Server 2000 SP4 の Readme ファイルの「自動インストール」を参照してください。

SQL クエリ アナライザ

SQL クエリ アナライザで、SQL Server 2005 への接続が許可されるようになります。ただし、一部の機能は使用できない場合があります。使用できない機能には、以下の機能があります。
  • サーバー トレース : サーバー トレースのウィンドウにはデータは表示されません。
  • オブジェクトの検索 : オブジェクトの検索は機能しません。
  • 統計の管理 : 既存の統計情報は、統計の管理のダイアログ ボックスに表示されません。

レジストリの拡張ストアド プロシージャ

レジストリにアクセスする拡張ストアド プロシージャに変更が加えられました。以前の Service Pack と同じ動作でこの拡張ストアド プロシージャを自由に使用できるのは、システム管理者のサーバー ロールのメンバのみです。たとえば、レジストリの拡張ストアド プロシージャを呼び出すクエリを実行すると、"アクセスが拒否されました" というエラー メッセージが表示されることがあります。

警告 : レジストリの拡張ストアド プロシージャについて記載されているドキュメントはありません。これらの拡張ストアド プロシージャは、予告なしに変更される可能性があります。また、アプリケーションでの使用は、正式にはサポートされていません。このため、クライアントのコードでこれらのプロシージャを呼び出すことはお勧めしません。SQL Server の今後のバージョンでもこれらのプロシージャが提供されるかどうかについては保証されていません。

以下のすべての条件に該当する場合は、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の文書番号 887165 の資料を参照してください。
  • レジストリの拡張ストアド プロシージャを使用しています。
  • システム管理者ではありません。
  • SQL Server が、SP4 にアップグレードする前と同じ動作をする必要があります。
887165 [BUG] SQL Server 2000 から SQL Server 2000 Service Pack 4 へのアップグレード後、クエリで拡張ストアド プロシージャを呼び出すとエラー メッセージ "アクセスが拒否されました" が表示されることがある

SQL Server 2000 Desktop Engine (MSDE) から他のバージョンの SQL Server 2000 へのアップグレード

SQL Server 2000 Desktop Engine (MSDE) から、Personal Edition や Developer Edition など、他のバージョンの SQL Server 2000 にアップグレードする場合、MSDE のアップグレード後に SQL Server 2000 SP4 を再インストールする必要があります。

Analysis Services を使用してサードパーティのデータベースに接続するときのエラーの回避

Analysis Services SP4 を AMD 64 対応のシステムで実行している場合、サードパーティのデータベースに接続するには、WoW でのデータベース用接続コンポーネントの使用がサードパーティのベンダで認定されていることを確認してください。コンポーネントが認定されていない場合、エラーが発生することがあります。

SP3 のインスタンスの診断を行うときのエラーの回避

SQL Server 2000 SP3 を実行するコンピュータに SP4 もインストールする場合は、SP4 の BINN フォルダにある Dbghelp.dll ファイルをコピーして SP3 の BINN フォルダに追加します。この作業により、後で必要になったときに、SP3 のインスタンスの診断を正常に実行することができます。

SQL Server 2000 SP4 (64-bit) セットアップの概要ダイアログ ボックス

SQL Server 2000 (64-bit) で SP4 へのアップグレードを行った後、SQL Server のインスタンスが正常であることを示す概要ダイアログ ボックスが表示されることがあります。ただし、依存するコンポーネントや機能は選択されていない場合があります。これは、既知の現象です。詳細については、SQL Server SP4 のセットアップ ログを参照してください。

SQL Server 2000 (64-bit) への新機能の追加

SQL Server 2000 SP4 (64-bit) で、機能が正常に追加されないことや、追加した機能が正常にアップグレードされないことがあります。この問題は、機能が最初に追加されたときに、コマンド ラインまたは Setup.ini ファイルに適切な Windows インストーラのファイル名または ProductCode が含まれていなかった場合に発生することがあります。この問題を解決するには、新しく追加した機能をアンインストールしてから、適切な Windows インストーラのファイル名または ProductCode を使用して再インストールします。

: 機能が適切に追加されていない場合でも、コントロール パネルのプログラムの追加と削除ツールにその機能が表示されることがあります。

SQL Server 2000 SP4 (64-bit) Beta から RTM (Release to Manufacturing) 版へのアップグレード

SQL Server 2000 SP4 (64-bit) Beta は、RTM 版をインストールする前にアンインストールする必要があります。

SQL Server 2000 SP4 (64-bit) クラスタのアンインストール

SQL Server 2000 (64-bit) クラスタをアンインストールするには、無人セットアップ機能と、対応する Template.ini ファイルを使用する必要があります。この Template.ini ファイルには SQL Server 2000 (64-bit) インストールの設定が含まれている必要があります。Template.ini ファイルの詳細については、SQL Server 2000 (64-bit) Books Online を参照してください。

64 ビット版 Analysis Services のインストール

最初のインストール時の構成に 64 ビット版 Analysis Services が含まれていなかった場合、インスタンスの保守では Analysis Services を追加することはできません。セットアップ処理の完了後に Analysis Services を追加するには、新しい追加のインスタンスのコンポーネントとして Analysis Services をインストールする必要があります。

64 ビット版のメンテナンス モード

メンテナンス モードでは、既存の 64 ビット版 SQL Server 機能への 64 ビット版 Analysis Services 機能の追加、および、既存の 64 ビット版 Analysis Services 機能への 64 ビット版 SQL Server 機能の追加はサポートされていません。

データベース コンポーネント SP4 の Readme ファイルの記載の誤り

3.5 レプリケートされているサーバーへのデータベース コンポーネントのインストール

Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 4 データベース コンポーネントの Readme ファイル (ReadmeSql2k32sp4.htm) の「3.5 レプリケートされているサーバーへのデータベース コンポーネントのインストール」には、「MSDE 2000 のインスタンス」と記載されていますが、正しくは「データベース エンジンのインスタンス」です。

また、このデータベース コンポーネント SP4 の Readme ファイルの 3.5 には、次のように記載されています。
SP4 にアップグレードする前に、SQL Server サービスを実行する Windows アカウントが sysadmin 固定サーバー ロールのメンバであることを確認してください。
この記述は誤りです。SP4 にアップグレードする前に SQL Server サービスを実行する Windows アカウントを変更する必要はありません。

3.4 フェールオーバー クラスタへのインストール

64 ビット用 SP4 の Readme ファイル (ReadmeSql2k64sp4.htm) の 3.4 には、現在次のように記載されています。
フェールオーバー クラスタ内のノードを再構築する必要がある場合は、以下の手順を実行します。
  1. フェールオーバー クラスタでノードを再構築します。ノードの再構築の詳細については、SQL Server 2000 Books Online (64-bit) の「フェールオーバー クラスタ障害回復の例 1」を参照してください。
  2. 元の SQL Server 2000 (64-bit) Setup プログラムを実行して、そのノードを再度フェールオーバー クラスタに復元します。
  3. 追加したノードで SP4 Setup を実行します。
手順 3. は、次のように変更する必要があります。
再構築されていない、SQL リソースを所有しているノードから、SP4 Setup を実行します。

関連情報

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
290211 最新の SQL Server 2000 Service Pack の入手方法
888799 SQL Server 2000 Service Pack 4 で修正される問題の一覧
888800 SQL Server 2000 Analysis Services Service Pack 4 で修正される問題の一覧

プロパティ

文書番号: 884525 - 最終更新日: 2006年5月19日 - リビジョン: 6.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 4
  • Microsoft SQL Server 2000 Analysis Services SP4
  • Microsoft SQL Server 2000 Analysis Services
  • Microsoft SQL Server 2000 Desktop Engine (Windows)
  • Microsoft SQL Server 2000 Developer Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Enterprise Edition 64-bit
  • Microsoft SQL Server 2000 Personal Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbinfo kbtshoot KB884525
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com