起動と回復] で [カーネル メモリ ダンプ] が表示されますが、Windows 2000 または Windows Server 2003 で完全メモリ ダンプを実行

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 885117 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

1 つまたは複数、次の現象が発生する可能性があります。
  • Microsoft Windows 2000 ベースのコンピューターでメモリ ダンプを表示して、メモリ ダンプ ファイルが壊れている可能性があります、ファイルを開くことができません。
  • デバッグ情報を書き込み リストの設定で、 [起動と回復 ダイアログ ボックスを設定するには [カーネル メモリ ダンプ、しかし、Windows 2000 ベースのコンピューターまたは Microsoft Windows Server 2003 ベースのコンピューターで完全メモリ ダンプを実行します。

原因

この問題は、以下の条件に該当する場合に発生します。
  • コンピューターに 2 gb (ギガバイト) 以上で、メモリの量を増やしています。

    メモ 4 GB 以上のメモリを増やすと、メモリ ダンプ ファイルは、Windows 2000 ベースのコンピューターで破損します。
  • 技術情報の記事 820361 に記載されている修正プログラムがインストールされている、またはセキュリティ修正プログラム MS04 011 に記載されている修正プログラムがインストールされています。

    詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
    プログラム 835732MS04-011: セキュリティ更新プログラムのダウンロード
  • CrashDumpEnabled レジストリ エントリの値を 0x1 に設定されています。
Windows 2000 または Windows Server 2003 を実行しているコンピューターにメモリを追加すると、メモリの増加量を反映するように、CrashDumpEnabled レジストリ エントリの値が変更されません。完全メモリ ダンプで完了する場合、値は 0x1、CrashDumpEnabled レジストリ エントリに割り当てられます。カーネル メモリ ダンプで完了する場合、値が 0x2、CrashDumpEnabled レジストリ エントリに割り当てられます。2 GB を超える Windows を実行しているコンピューターのメモリの量を大きくと、完全メモリ ダンプを設定する設定の両方、CrashDumpEnabled レジストリ エントリで、カーネル メモリ ダンプに変更されることを期待し、 デバッグ情報を書き込み リストの設定で、 [起動と回復 ダイアログ ボックス。

たとえば、インストールすると、Windows のコンピューターに 2 GB のメモリを デバッグ情報を書き込み リストの設定で、 [起動と回復 ダイアログ ボックス [システムのプロパティ です 完全メモリ ダンプ.CrashDumpEnabled レジストリの対応するエントリは、値は 0x1 に設定されます。

メモリの総容量 2 GB 以上になるように Windows を実行しているコンピューターにメモリを追加する場合は、 デバッグ情報を書き込み リストの設定を変更します。 [カーネル メモリ ダンプ.ただし、CrashDumpEnabled レジストリ エントリ 0x1 の値が保持されます。

予期せずコンピューターの停止が発生し、 IopReadDumpRegistry()関数、CrashDumpEnabled エントリの値をレジストリから読み取り、メモリ ダンプが発生します。しかし、 IopReadDumpRegistry()関数は 0x1 レジストリ値を上書きし、関数はサーバーには、2 GB 以上のメモリがあることが検出されると、カーネル メモリ ダンプを実行する、ハードコードの制限があります。したがって、サーバーを停止すると、完全メモリ ダンプではなく、カーネル メモリ ダンプが実行されます。

820361 の修正プログラムやセキュリティ修正プログラム MS04 011 を Windows 2000 ベースのコンピューターにインストールすると、ハード コードされた 2 GB のメモリ制限は、 IopReadDumpRegistry()関数から削除されます。そのため、コンピューターに 2 GB 以上のメモリを増やす場合は、Windows 2000 は、コンピューターが突然停止した場合、カーネル メモリ ダンプではなく完全メモリ ダンプを作成を試みます。

Windows 2000 ベースのコンピューターに 4 GB 以上のメモリを増やすと、完全メモリ ダンプでは、Windows 2000 を実行することはできませんし、メモリ ダンプ ファイルが破損しています。

メモ Windows Server 2003 がインストールされているメモリ量に関係なく完全メモリ ダンプを実行できます。たとえば、仮定、 [起動と回復 それぞれのカーネル メモリ ダンプと完全メモリ ダンプを実行するには、設定、CrashDumpEnabled レジストリ エントリが設定されます。4 GB のメモリがある場合は、大規模している場合は、完全なメモリ ダンプが発生した十分なページング ファイルをシステム パーティションにします。ページング ファイルのサイズ 1 メガバイト (MB) の物理メモリをする必要があります。

CrashDumpEnabled レジストリ エントリは、次のレジストリ サブキーにあります。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\CrashControl

回避策

修正プログラムを修正するには デバッグ情報を書き込み Windows 2000 でのリスト表示

不正の回避するには デバッグ情報を書き込み 表示上の問題は、Windows 2000 ベースのコンピューター上の一覧で、技術資料 837297 に記載されている修正プログラムを適用します。この修正プログラムの適用後、レジストリ値の設定と同期の デバッグ情報を書き込み リスト。コンピューターは、2 GB 以上のメモリを持ち、値 0x1、CrashDumpEnabled レジストリ エントリが割り当てられている場合、 完全メモリ ダンプ オプションを選択したは デバッグ情報を書き込み リスト。値 0x1、CrashDumpEnabled レジストリ エントリが割り当てられていない場合、 完全メモリ ダンプ オプションが表示されない、 デバッグ情報を書き込み リスト。

この修正プログラムの詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の資料番号をクリックします。
837297クラッシュ メモリ ダンプ ファイルを作成した Windows 2000 起動と回復の設定で選択された種類と異なります

修正プログラムを修正するには デバッグ情報を書き込み Windows Server 2003 でのリスト表示

技術資料 837297 に記載されている修正プログラムを Windows Server 2003 バージョンは、Windows Server 2003 Service Pack 1 に含まれる予定です。

Windows 2000 では、カーネル メモリ ダンプを作成する場合は、4 GB のメモリを強制的には、Microsoft Visual Basic スクリプト

Windows 2000 ベースのコンピューターが 4 GB 以上のメモリは、カーネルのメモリ ダンプを作成するには、次の Visual Basic スクリプトを使用できます。

Microsoft プログラミング例としては黙示の保証もないだけを提供します。これには、市場性または特定目的への適合性その他に対する暗黙的な保証についても含まれます。この資料は、例示されているプログラミング言語を作成したり、プロシージャをデバッグするために使用されるツールに精通しているユーザーを想定して作成されています。マイクロソフト サポート エンジニアは、特定のプロシージャの機能について説明することができますが、機能を追加したり、特定の要件を満たすようにプロシージャを作成するには、これらの例は変更されません。
########## Start of VBS script ########## 
 
On Error Resume Next
 
Const ForAppending=8
 
Set objFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objLogFile = objFSO.OpenTextFile("c:\memoryCheck.txt", ForAppending, True)
 
strComputer = "."
Set objWMIService = GetObject("winmgmts:" _
    & "{impersonationLevel=impersonate}!\\" & strComputer & "\root\cimv2")
    
Set colOperatingSystems = objWMIService.ExecQuery _
    ("Select * from Win32_OperatingSystem")
    
For Each objOperatingSystem in colOperatingSystems
    OSNum="5.0.2195"
     csName=objOperatingSystem.CSName
 
    objLogFile.Write csName
    objLogFile.Writeline
                 
    objLogFile.Write objOperatingSystem.Caption & " " & objOperatingSystem.Version
    objLogFile.Writeline
    
    objMemory = objOperatingSystem.TotalVisibleMemorySize
    objLogFile.Write "Memory Size:" & objMemory& "KB"
    objLogFile.Writeline
 
    Set wshell = CreateObject("WScript.Shell")
    crashControl = Wshell.RegRead("HKLM\System\CurrentControlSet\Control\CrashControl\CrashDumpEnabled")
    objLogFile.Write "CrashDumpEnabled:" & crashControl 
    objLogFile.Writeline
 
    'verify whether os is 2000 server
    If (InStr(1,objOperatingSystem.Version,OSNUm)>1) and (objOperatingSystem.ProductType >1) Then 
                 objMemory = objOperatingSystem.TotalVisibleMemorySize
                     'verify whether menory is >4G
                      If objMemory >= 4194304 Then
                          'modify registry "CrashDumpEnabled" value to 2 and get the CSName if value is 1
                          If crashControl=1 Then
                               Const HKEY_LOCAL_MACHINE = &H80000002
                               Set oReg=GetObject("winmgmts:{impersonationLevel=impersonate}!\\" &_ 
                               strComputer & "\root\default:StdRegProv")
                               strKeyPath = "System\CurrentControlSet\Control\CrashControl"
                               strValueName = "CrashDumpEnabled"
                               dwValue = 2
                               oReg.SetDWORDValue HKEY_LOCAL_MACHINE,strKeyPath,strValueName,dwValue
                               objLogFile.Write "CrashDumpEnabled has been modified from 1 to 2"
                               objLogFile.Writeline
          Wscript.Echo "CrashDumpEnabled has been modified from 1 to 2"
                         End  If 
                       End If                                      
    End If  
Next
objLogFile.Close
 
########## End of VBS script ##########

詳細

発生するクラッシュ ダンプの種類を次の表の表示、 デバッグ情報を書き込み 設定を表示するのには [起動と回復 ダイアログ ボックス。これらの項目は、CrashDumpEnabled レジストリ エントリと、コンピューターにインストールされているメモリの容量が割り当てられている値によって異なります。

Windows 2000 修正プログラム 820361 をする前にインストールされている、MS04 011 が更新する前にインストールされている、または更新の前に 891861 がインストールされています。

レジストリ値が 0x1

元に戻す全体を表示する
メモリの量2 GB 以下2 GB から 4 GB4 GB 以上
ダンプの種類の実行完了カーネルカーネル
ユーザー インターフェイスの表示完了カーネルカーネル

レジストリ値 0x2

元に戻す全体を表示する
メモリの量2 GB 以下2 GB から 4 GB4 GB 以上
ダンプの種類の実行カーネルカーネルカーネル
ユーザー インターフェイスの表示カーネルカーネルカーネル

MS04 011 の更新プログラムをインストールした後、修正プログラム 820361 をインストール後または更新プログラム 891861 後 Windows 2000 のインストールします。

レジストリ値が 0x1

元に戻す全体を表示する
メモリの量2 GB 以下2 GB から 4 GB4 GB 以上
ダンプの種類の実行完了完了完全に壊れた
ユーザー インターフェイスの表示完了カーネルカーネル

レジストリ値 0x2

元に戻す全体を表示する
メモリの量2 GB 以下2 GB から 4 GB4 GB 以上
ダンプの種類の実行カーネルカーネルカーネル
ユーザー インターフェイスの表示カーネルカーネルカーネル

Windows Server の修正プログラム 820361 MS04 011 の更新プログラムをインストールする前に、または Service Pack 1 をインストールする前にインストールされる前に 2003

レジストリ値が 0x1

元に戻す全体を表示する
メモリの量2 GB 以下2 GB から 4 GB4 GB 以上
ダンプの種類の実行完了完了完了
ユーザー インターフェイスの表示完了カーネルカーネル

レジストリ値 0x2

元に戻す全体を表示する
メモリの量2 GB 以下2 GB から 4 GB4 GB 以上
ダンプの種類の実行カーネルカーネルカーネル
ユーザー インターフェイスの表示カーネルカーネルカーネル

Windows Server MS04 011 の更新プログラムをインストールした後、または Service Pack 1 をインストールした後修正プログラム 820361 をインストールした後 2003

レジストリ値が 0x1

元に戻す全体を表示する
メモリの量2 GB 以下2 GB から 4 GB4 GB 以上
ダンプの種類の実行完了完了完了
ユーザー インターフェイスの表示完了カーネルカーネル

レジストリ値 0x2

元に戻す全体を表示する
メモリの量2 GB 以下2 GB から 4 GB4 GB 以上
ダンプの種類の実行カーネルカーネルカーネル
ユーザー インターフェイスの表示 カーネルカーネルカーネル

プロパティ

文書番号: 885117 - 最終更新日: 2012年12月30日 - リビジョン: 8.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbmt KB885117 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:885117
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com