[OL2003] グループ ポリシー設定 "Outlook virus security settings" を使用して、クライアント コンピュータに Outlook 2003 のカスタマイズしたセキュリティ設定を展開する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 885682 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

はじめに


Outlook Administrator Pack (Admpack.exe) に含まれる Readme.doc ファイルの「Deploying the customized Outlook security settings to client computers」には、カスタマイズした Microsoft Outlook セキュリティ設定をユーザーに対して有効にするための 2 つの方法が概説されています。

: Outlook Administrator Pack は Microsoft Office 2003 Resource Kit に含まれています。

1 つ目の方法では、グループ ポリシーを使用して Office 2003 をインストールすることによって変更を展開します。2 つ目の方法では、グループ ポリシーを使用して Office 2003 を展開しなかった場合に、カスタマイズした設定を有効にする方法を説明します。

2 つ目の方法では、構成済みの CheckAdminSettings レジストリ エントリを、各クライアント コンピュータの HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Security レジストリ サブキーに追加する必要があります。CheckAdminSettings レジストリ エントリを構成すると、Microsoft Office Outlook 2003 がセキュリティ設定に関して Microsoft Exchange サーバー上の Outlook Security Settings パブリック フォルダを参照するように指定することができます。CheckAdminSettings レジストリ エントリをクライアント コンピュータに追加するには、構成済みのサブキーを含むレジストリ ファイルをログオン スクリプトに追加するか、ユーザーが実行できる共有サーバーにファイルをコピーするか、または電子メール メッセージにそのファイルへのショートカットを添付します。

Outlook のウイルス セキュリティ機能、およびこの資料で説明している設定の目的と使用方法の詳細については、Microsoft Office 2003 Resource Kit Web サイトの「Customizing Outlook 2003 to help prevent viruses」を参照してください。
http://www.microsoft.com/office/ork/2003/three/ch12/default.htm


この資料では、Office 2003 Resource Kit の Outlook Administrator Pack コンポーネント (Admpack.exe) の Readme.doc ファイルで説明されていない 3 つ目のオプションの使用方法について説明します。この 3 つ目のオプションでは、ポリシー設定 "Outlook virus security settings" を使用することにより、グループ ポリシー オブジェクト (GPO) を使用して CheckAdminSettings レジストリ エントリをクライアントに追加できます。このグループ ポリシー設定は、Outlk11.adm テンプレートに含まれています。現在の環境でグループ ポリシーを使用している場合は、2 つ目の方法ではなく、この 3 つ目の方法を使用して CheckAdminSettings レジストリ エントリをクライアント コンピュータに追加することをお勧めします。

詳細

グループ ポリシー設定 "Outlook virus security settings" を展開するようにグループ ポリシー オブジェクト (GPO) を構成し、Outlook 2003 がセキュリティ設定に関して Exchange サーバーを参照するように指定するには、次の手順を実行します。
  1. Outlk11.adm テンプレート ファイルをインストールしていない場合は、Office 2003 ポリシー テンプレートをダウンロードしてインストールします。

    Office 2003 テンプレートの入手方法とインストール方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    826170 [OFF2003] Office 2003 ポリシー テンプレート使用の手引き
  2. Outlk11.adm テンプレート ファイルを、ドメイン コントローラ上の %windir%\Inf フォルダにコピーします。
  3. ドメイン コントローラで、[スタート] ボタンをクリックし、[プログラム] または [すべてのプログラム] (オペレーティング システムによって異なります)、[管理ツール] を順にポイントして、[Active Directory ユーザーとコンピュータ] をクリックします。
  4. GPO を割り当てるドメイン名または組織単位 (OU) を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  5. [グループ ポリシー] タブをクリックします。
  6. 既存の GPO を編集するには、編集する GPO をクリックし、[編集] をクリックします。
  7. 新規の GPO を追加するには、[新規] をクリックし、GPO の名前を入力して、[編集] をクリックします。
  8. [ユーザーの構成] の下の [管理用テンプレート] を右クリックし、[テンプレートの追加と削除] をクリックします。
  9. [テンプレートの追加と削除] ダイアログ ボックスで、[追加] をクリックし、[OUTLK11.ADM] をクリックし、[開く] をクリックします。次に、[閉じる] をクリックします。
  10. [管理用テンプレート]、[Microsoft Office Outlook 2003]、[Tools | Options] の順に展開し、[Security] をクリックします。
  11. 右側のウィンドウで [Outlook virus security settings] をダブルクリックします。
  12. ポリシー設定を有効にするには、[有効] をクリックします。
  13. [Apply individual settings for Outlook virus security] ボックスの一覧で、Exchange サーバー上に作成したパブリック フォルダに対応する項目をクリックします。たとえば、[Look in the Outlook Security Settings folder] をクリックします。
  14. [適用] をクリックし、[OK] をクリックします。
  15. [グループ ポリシー オブジェクト エディタ] ウィンドウを閉じます。

    : クライアント コンピュータでグループ ポリシー設定を受信できるようにするには、"読み取り" および "グループ ポリシーの適用" のアクセス許可を割り当てる必要があります。アクセス許可を確認するには、[グループ ポリシー] タブでグループ ポリシーをクリックして [プロパティ] をクリックし、[セキュリティ] タブをクリックします。デフォルトで、Authenticated Users グループには、GPO に対する "読み取り" および "グループ ポリシーの適用" のアクセス許可があります。セキュリティ設定を確認したら、[OK] をクリックします。
  16. [OK] をクリックして、[Domain_name のプロパティ] ダイアログ ボックスまたは [OU_name のプロパティ] ダイアログ ボックスを閉じます。
  17. Active Directory ユーザーとコンピュータを終了します。
  18. デフォルトの更新間隔を待たずにグループ ポリシー設定を更新するには、次の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに cmd と入力し、[OK] をクリックします。
    2. Microsoft Windows 2000 Server ベースのドメイン コントローラでは、secedit /refreshpolicy user_policy /enforce と入力し、Enter キーを押します。

      Microsoft Windows Server 2003 ベースのドメイン コントローラでは、gpupdate /target:user /force と入力し、Enter キーを押します。
グループ ポリシー設定が割り当てられるユーザーがログオフしてから再度ログオンするか、コンピュータを再起動すると、次のレジストリ サブキーが作成されます。

: サブキーが既に存在する場合は更新されます。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Security
CheckAdminSettings レジストリ エントリの値は、[Apply individual settings for Outlook virus security] ボックスの一覧で選択したオプションに対応します。次の一覧は、[Apply individual settings for Outlook virus security] ボックスの一覧で選択したオプションに応じて、CheckAdminSettings レジストリ エントリに使用できる値を示しています。
  • [Use default administrative settings] オプション -- このオプションに対応する値は 0 です。
  • [Look in the Outlook Security Settings folder] オプション -- このオプションに対応する値は 1 です。
  • [Look in the Outlook 10 Security Settings folder] オプション -- このオプションに対応する値は 2 です。

関連情報

グループ ポリシーを使用して Office 2003 の構成を管理する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/office/ork/2003/five/ch18/MntA04.htm
Outlook Administrator Pack の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://office.microsoft.com/en-us/ork2003/HA011402511033.aspx
デフォルトの更新間隔を待たずにグループ ポリシーの設定を更新する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
227448 Secedit.exe を用いてグループ ポリシーを再適用する
298444 グループ ポリシー更新ユーティリティの説明
ユーザーに GPO へのアクセス許可を与える方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
273857 グループ ポリシー オブジェクトのアクセス許可を与える方法

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 885682 (最終更新日 2005-06-27) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 885682 - 最終更新日: 2007年9月21日 - リビジョン: 6.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Outlook 2003
キーワード:?
kbhowto KB885682
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com