Outlook で仕分けルールを作成または有効にしようとすると一部の仕分けルールが無効になり、エラー メッセージが表示される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 886616 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Office Outlook 2003 以降にアップグレードした後、一部の仕分けルールが無効になり、有効にできない場合があります。その他の仕分けルールは正常に機能します。Outlook 2003 で無効になっている仕訳ルールを有効にすると、次のエラー メッセージが表示されます。
いくつかの仕分けルールが Exchange サーバーにアップロードできなかったので、無効になりました。サポートされていないパラメーターがあったか、すべての仕分けルールを保存するために必要な空き容量がなかった可能性があります。

原因

  • Microsoft Exchange Server 2007、Exchange Server 2010、または Exchange Server 2013 のメールボックス

    この現象は、メールボックス内にある仕分けルール (仕訳ルール) のサイズが、メールボックスに設定されている仕分けルールのクォータを超えた場合に発生します。Exchange Server 2007 以降のメールボックスの仕分けルールのサイズは既定で 1 メールボックスあたり 64 KB に制限されます。仕分けルールの合計サイズの制限は、1 メールボックスあたり最大 256 KB までカスタマイズ可能になっています。

  • Exchange Server 2003 のメールボックス

    この現象は、メールボックス内にある仕分けルールのサイズが、32 KB を超えた場合に発生します。Exchange Server 2003 では、メールボックスの仕分けルールの合計サイズ制限は 32 KB です。Exchange 2003 の仕分けルールの制限を変更することはできません。
Outlook 2003 以降では、Unicode 形式をサポートするため、多くの場合仕分けルールのサイズが大きくなっています。

回避策

Exchange Server 2007、Exchange Server 2010、および Exchange Server 2013

Exchange Server 2007 以降でメールボックスを使用している場合、メールボックスの仕分けルールのクォータを増やすように Exchange 管理者に依頼することができます。

次のコマンドの例は、仕分けルールのクォータの最大値を 256 KB に設定します。

Set-Mailbox john@contoso.com -RulesQuota:256kb
次のコマンドの例を使用して、メールボックスの現在の仕分けルールのクォータを表示することができます。

Get-Mailbox john@contoso.com |FL displayname, rulesquota

Exchange 管理者がメールボックスの仕分けルールのクォータを増やすことができない場合は、すべてのバージョンの Exchange に適用できる次のいずれかの回避策を試してください。

すべてのバージョンの Exchange

この現象を回避して、仕分けルールを復元するには、次のいずれかまたは複数の方法を使用して、既存の仕分けルールのサイズを小さくします。

方法 1

: 仕分けルールの名前を短い名前に変更します。Outlook で仕分けルールの名前を変更するには、次の手順を実行します。

Outlook 2013 および Outlook 2010 の場合
  1. [ファイル] タブの [情報] をクリックします。
  2. [仕分けルールと通知の管理] をクリックします。
  3. [電子メールの仕分けルール] タブ (または [電子メールの仕分けルール] タブ) で、名前を変更する仕分けルールをクリックします。
  4. [仕分けルールの変更] をクリックし、[仕分けルールの名前を変更] をクリックします。
  5. 仕分けルールの新しい短い名前を入力して [OK] をクリックします。
  6. [OK] をクリックして [仕分けルールと通知] (または [仕分けルールと通知]) ダイアログ ボックスを閉じます。
Outlook 2007 および Outlook 2003 の場合
  1. [ツール] メニューの [仕訳ルールと通知] (または [仕分けルールと通知]) をクリックします。
  2. [電子メールの仕分けルール] タブ (または [電子メールの仕分けルール] タブ) で、名前を変更する仕分けルールをクリックします。
  3. Outlook 2007 では、[仕分けルールの変更] をクリックし、[仕分けルールの名前を変更] をクリックします。Outlook 2003 では、[仕訳ルールの変更] をクリックし、[仕訳ルールの名前を変更] をクリックします。
  4. 仕分けルールの新しい短い名前を入力して [OK] をクリックします。
  5. [OK] をクリックして [仕分けルールと通知] (または [仕分けルールと通知]) ダイアログ ボックスを閉じます。

方法 2

: 古い仕分けルールを削除します。Outlook で仕分けルールを削除するには、次の手順を実行します。

Outlook 2013 および Outlook 2010 の場合
  1. [ファイル] タブの [情報] をクリックします。
  2. [仕分けルールと通知の管理] をクリックします。
  3. [電子メールの仕分けルール] タブ (または [電子メールの仕分けルール] タブ) で、名前を変更する仕分けルールをクリックします。
  4. [削除] ボタンをクリックして、削除を確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  5. [OK] をクリックして [仕分けルールと通知] (または [仕分けルールと通知]) ダイアログ ボックスを閉じます。
Outlook 2007 および Outlook 2003 の場合
  1. [ツール] メニューの [仕訳ルールと通知] (または [仕分けルールと通知]) をクリックします。
  2. Outlook 2007 では、[電子メールの仕分けルール] タブで、削除する仕分けルールをクリックします。Outlook 2003 では、[電子メールの仕訳ルール] タブで、削除する仕訳ルールをクリックします。
  3. [削除] をクリックし、削除するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  4. [OK] をクリックして [仕分けルールと通知] (または [仕分けルールと通知]) ダイアログ ボックスを閉じます。

方法 3

: よく似た仕分けルールをまとめて仕分けルールの合計サイズを小さくできる場合は、仕分けルールをまとめます。仕分けルールをまとめてから、不必要になった仕分けルールを削除します。Outlook の既存の仕分けルールを編集するには、次の手順を実行します。

Outlook 2013 および Outlook 2010 の場合
  1. [ファイル] タブの [情報] をクリックします。
  2. [仕分けルールと通知の管理] をクリックします。
  3. [電子メールの仕分けルール] タブ (または [電子メールの仕分けルール] タブ) で、名前を変更する仕分けルールをクリックします。
  4. [仕分けルールの変更] をクリックし、[仕分けルール設定の編集] をクリックします。
  5. 必要に応じて仕分けルールを修正します。
  6. [OK] をクリックして [仕分けルールと通知] (または [仕分けルールと通知]) ダイアログ ボックスを閉じます。
Outlook 2007 および Outlook 2003 の場合

  1. [ツール] メニューの [仕訳ルールと通知] (または [仕分けルールと通知]) をクリックします。
  2. Outlook 2007 では、[電子メールの仕分けルール] タブで、編集する仕分けルールをクリックします。Outlook 2003 では、[電子メールの仕分けルール] タブで、編集する仕分けルールをクリックします。
  3. Outlook 2007 では、[仕分けルールの変更] をクリックし、[仕分けルール設定の編集] をクリックします。Outlook 2003 では、[仕分けルールの変更] をクリックし、[仕分けルール設定の編集] をクリックします。

    必要に応じて仕分けルールを修正します。
  4. 終了したら、[完了] をクリックし、[OK] をクリックして、[仕分けルールと通知] (または [仕訳ルールと通知]) ダイアログ ボックスを閉じます。

    注: クライアントのみの仕分けルールの場合は、[OK] を 2 回クリックして [仕分けルールと通知] (または [仕分けルールと通知]) ダイアログ ボックスを閉じます。

方法 4

: 個人用フォルダー (.pst) ファイルを、パス名が最も短くなる場所に移動します。電子メール メッセージを .pst ファイルに移動する仕分けルールがある場合は、できるだけ短いパス名の場所に個人用フォルダー (.pst) ファイルを移動します。たとえば .pst ファイルを、C:\ファイル名.pst などの場所に移動します。Outlook の .pst ファイルを移動するには、次の手順を実行します。
  1. ナビゲーション ウィンドウで、[個人用フォルダー] か、表示された .pst ファイルのフォルダー名を右クリックし、[folder_name のプロパティ] をクリックします。

    注: このフォルダーは、常にナビゲーション ウィンドウの最上位の [メール] フォルダー内にあります。
  2. [全般] タブの [詳細] をクリックします。
  3. [ファイル名] ボックスに表示されている、.pst ファイルの完全なパスとファイル名をメモします。
  4. [OK] を 2 回クリックして、[folder_name のプロパティ] ダイアログ ボックスを閉じます。
  5. Outlook を終了します。
  6. エクスプローラーを使用して、.pst ファイルを別の場所に移動します。

    注: 既定では、.pst ファイルの場所は、drive:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Application Data\Microsoft\Outlook フォルダーです。既定の場所は、隠しフォルダーになっています。エクスプローラーを使用してこのフォルダーを検索するには、隠しフォルダーの表示を有効にする必要があります。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. エクスプローラーで、[ツール] メニューの [フォルダー オプション] をクリックします。
    2. [表示] タブをクリックします。
    3. [詳細設定] の [ファイルとフォルダーの表示] で、[すべてのファイルとフォルダーを表示する] をクリックし、[OK] をクリックします。
    4. すべてのファイル名の拡張子を表示する場合は、[ファイルおよびフォルダー] で、[登録されている拡張子は表示しない] チェック ボックスをオフにします。

      隠しフォルダーは、通常のフォルダーとは異なることを示すため淡色表示されます。
    5. [OK] をクリックします。
  7. 次のいずれかの方法を使用して、コントロール パネルの [メール] を開きます。
    • Windows XP ベースまたは Windows Server 2003 ベースのコンピューターでこれを実行するには、[スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。次に、[ユーザー アカウント] をクリックし、[メール] をクリックします。

      注: クラシック表示を使用している場合は、[スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。次に、[メール] をダブルクリックします。
    • Microsoft Windows 2000 ベースのコンピューターでこの操作を実行するには、[スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。次に、[メール] をダブルクリックします。
  8. [プロファイルの表示] (Outlook 2003 では [プロファイル]) をクリックし、.pst ファイルを含むプロファイルをクリックします。
  9. [プロパティ] をクリックし、[データ ファイル] をクリックします。
  10. 移動した .pst データ ファイルをクリックし、[設定] をクリックします。
  11. データ ファイルが以前の場所で見つからないというメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。
  12. .pst ファイルを新しいフォルダーの場所から見つけてクリックし、[開く] をクリックします。
  13. [OK] をクリックし、[閉じる] を 2 回クリックします。
  14. [OK] をクリックします。
  15. コントロール パネルを閉じます。
  16. Outlook を再起動します。

方法 5

: 仕分けルールの [このコンピューターで送受信を行った場合のみ] チェック ボックスをオフにします。仕分けルールを使用して電子メール メッセージを .pst ファイルに移動する場合、他のクライアント コンピューターから Exchange Server 電子メールにアクセスしていない限り、[このコンピューターで送受信を行った場合のみ] チェック ボックスをオフにします。Outlook でこの操作を行うには、次の手順を実行します。

Outlook 2013 および Outlook 2010 の場合
  1. [ファイル] タブの [情報] をクリックします。
  2. [仕分けルールと通知の管理] をクリックします。
  3. [電子メールの仕分けルール] タブ (または [電子メールの仕分けルール] タブ) で、名前を変更する仕分けルールをクリックします。
  4. [仕分けルールの変更] をクリックし、[仕分けルール設定の編集] をクリックします。
  5. [このコンピューターで送受信を行った場合のみ] チェック ボックスがオンの場合は、オフにします。
  6. 自動仕分けウィザードを完了します。[OK] をクリックし、[仕分けルールと通知] ダイアログ ボックスを閉じます。
Outlook 2007 および Outlook 2003 の場合
  1. [ツール] メニューの [仕訳ルールと通知] (または [仕分けルールと通知]) をクリックします。
  2. Outlook 2007 では、[電子メールの仕分けルール] タブで、編集する仕分けルールをクリックします。Outlook 2003 では、[電子メールの仕分けルール] タブで、編集する仕分けルールをクリックします。
  3. Outlook 2007 では、[仕分けルールの変更] をクリックし、[仕分けルール設定の編集] をクリックします。Outlook 2003 では、[仕分けルールの変更] をクリックし、[仕分けルール設定の編集] をクリックします。
  4. [このコンピューターで送受信を行った場合のみ] チェック ボックスがオンになっている場合は、オフにします。
  5. 自動仕分けウィザード (または自動仕訳ウィザード) を完了します。
  6. [OK] をクリックして [仕分けルールと通知] (または [仕分けルールと通知]) ダイアログ ボックスを閉じます。

    注: たとえば、.pst ファイル内のフォルダーにアイテムを移動する場合など、ローカル リソース ファイルが指定されている、クライアントのみに適用される仕分けルールを使用していて、かつ複数のコンピューターを使用して Microsoft Outlook にアクセスする場合は、仕分けルールの競合が発生する可能性があります。このため、一部のクライアントのみに適用される仕分けルールは、無効になることがあります。

詳細

仕分けルールに関する 32 KB のサイズ制限の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
147298 1 つのフォルダーに設定できる仕分けルールの最大数
241325 ルールを作成またはインポートしたときに空き容量不足のエラー メッセージが表示される

プロパティ

文書番号: 886616 - 最終更新日: 2014年1月31日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 2013
  • Microsoft Outlook 2010
  • Microsoft Office Outlook 2007
  • Microsoft Office Outlook 2003
キーワード:?
kbtshoot kbprb KB886616
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com