Windows Server 2003 および Windows 2000 で識別名 (DN) パスに拡張文字が含まれると Ntdsutil の Authoritative Restore 操作が失敗する

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 886689 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Ntdsutil.exe コマンド ライン ユーティリティを使用して、識別名 (DN とも呼ばれます) パスで権限のある復元を実行する場合、操作は成功はありません。 この問題は識別名パスが 1 つまたは複数の拡張文字含まれている場合に発生します。 Ntdsutil、Active Directory ディレクトリ サービスのデータベースにそのパスが見つかりません。 したがって、バージョン番号は Ntdsutil によって、適切なオブジェクトにインクリメントされませんは。 この問題は、Microsoft Windows Server 2003 または Windows 2000 で Ntdsutil を使用する場合に発生します。

さらに、構文が正しい権限のある拡張文字が含まれている識別名のパスを復元する使用がかどうかにかかわらず、Ntdsutil 出力メッセージが返されますが、識別名パス内の異なる文字をエコーします。 たとえばにウムラウトで文字"u"を含む、識別名パスに対して権限のある復元を実行しようとした場合 Ntdsutil 可能性があります返すメッセージ場所、ウムラウトで"u"は、アキュート アクセントと"e"として表示されます。 Ntdsutil から、次のサンプル出力は、問題を示します。

メモ 斜体、拡張文字を次に記載されて拡張文字は、このサンプルの出力の代わりに、出力に表示されるを表示します。
C:\>ntdsutil.exe
ntdsutil.exe: 権限のある復元
権限のある復元: OU のオブジェクトを復元 testContu、DC = contoso、DC = com の = ("Contu"で"u"含むウムラウト)

DIT データベースを開く. 行われます。

現在月-日-年 HH:MM.SS です。
月-日-年 HH:MM.SS でデータベースの最新の更新が発生しました
属性のバージョン番号 100000 によって増加します。

レコードを更新する必要をカウントしています.
レコードが見つかりました: 0000000000
与えられた DN を持つオブジェクトが見つかりませんでした: コンポーネントに失敗しました
"OU = testConte ("testConte"での末尾、e 含むアキュート アクセント)

権限のある復元できませんでした。
ntdsutil.exe: 終了
このサンプルの出力、管理者は、要求 Ntdsutil 識別名のパスで権限のある復元を実行する"OU testContu、DC = contoso、DC = com、="、ウムラウト"Contu"で"u"を格納します。 Ntdsutil が権限のある、異なる識別名のパスを復元しようとしたが、"OU testConte、DC = contoso、DC = com、=""testConte"で後続の電子メールが、アキュート アクセント格納されます。

原因

Ntdsutil の権限のある復元コマンド正しく変換しません識別名のパスの拡張文字を等価の Unicode 文字に場合に発生します。 このような場合は、Ntdsutil は識別名のパスが入力したものと異なりますを正式に復元しようとします。 通常、この代替パスがありません。 そのため、権限のある復元操作が失敗します。

Ntdsutil で拡張文字の不適切な変換に、ギリシャ語、韓国語、Cyrillian、およびアジア言語の書き込みシステムではアクセント記号 (アクセント記号) だけでなく全体の文字セットにもが適用されます。

回避策

この問題を回避するするには、識別名パス拡張文字および円記号倍精度浮動小数点数型 (Double) の値を二重引用符のエスケープ シーケンスとスペースをラップします。 たとえば、次の出力、Ntdsutil 権限のある復元コマンドと、操作が返すメッセージは示しています。
C:\>ntdsutil"aut res""res obj \"OU=testContextended character、DC Contoso, DC =""q"q"com\ =

権限のある復元: res obj"CN testCont extended character DC = nttest、DC = Contoso, DC = com ="開く DIT データベース. 行われます。

現在月-日-年 HH:MM.SS です。
月-日-年 HH:MM.SS でデータベースの最新の更新が発生しました
属性のバージョン番号 100000 によって増加します。

レコードを更新する必要をカウントしています.
レコードが見つかりました: 0000000001
行われます。

1 レコードの更新が見つかりました。
レコードを更新しています.
残りレコード: 0000000000
行われます。

正常に 1 レコードを更新します。

権限のある復元が正常に完了しました。

権限のある復元: q

Ntdsutil: q
メモ
  • Ntdsutil は権限のある復元をするでも場合は、権限のある復元コマンド含むエスケープ シーケンスしようとして識別名パスの拡張文字を正しくエコーされません。 ただし、権限のある復元操作は成功します。
  • この資料ではのみ説明している問題は、Ntdsutil コマンド プロンプトで各コマンドを手動で入力する場合に発生します。 Ntdsutil コマンドライン引数を 1 つのコマンド文字列としてまとめてバッチする場合、Ntdsutil を異なる、Unicode 対応のパーサーを使用しているため、エスケープ シーケンスには、権限のある復元操作は動作します。
  • Ntdsutil では Windows 2000 では、 オブジェクトの復元 ] がありません。 コンテナーとリーフ オブジェクトの両方を復元するには、 サブツリーの復元 のコマンド使用します。

解決方法

この問題を解決するには、Windows Server 2003 の最新の Service Pack を入手します。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
889100Windows Server 2003 の最新の Service Pack を入手する方法

状況

マイクロソフトでは、この不具合をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の不具合として認識しています。

関連情報

アクセント記号の追加についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
98999アクセント記号の説明し、説明

プロパティ

文書番号: 886689 - 最終更新日: 2007年2月28日 - リビジョン: 2.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
キーワード:?
kbtshoot kbbug kbnofix kbprb kbmt KB886689 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:886689
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com