Windows ベースのコンピューターにセキュリティ更新プログラムをインストールした後にコンピューターの再起動を促すメッセージが表示される理由

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 887012
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、セキュリティ更新プログラムのインストール後に Microsoft Windows ベースのコンピューターを再起動するように促すメッセージが表示される理由について説明します。

詳細

コンピューターの再起動を促すメッセージが表示される理由

セキュリティ更新プログラムのインストール後、以下のいずれかの条件が満たされると、コンピューターの再起動を促すメッセージが表示されることがあります。
  • セキュリティ更新プログラムによって更新される DLL が、Windows に必要な 1 つ以上のプロセスに読み込まれている場合。DLL が読み込まれている間は、セキュリティの更新を完了できません。そのため、セキュリティ更新プログラムは DLL を読み込むプロセスを停止する必要があります。プロセスを停止すれば更新の完了に必要な DLL がアンロードされますが、DLL が読み込まれているプロセスは、Windows が実行されている間は停止できません。たとえば、セキュリティ情報 MS04-011 に記載されているセキュリティ更新プログラムでは、Windows をシャットダウンしないと停止できないコア オペレーティング システム プロセスに読み込まれている多くの DLL が更新されます。
  • セキュリティ更新プログラムによって更新される .exe ファイルが、Windows に必要なプロセスとして現在実行されている場合。このプロセスの実行中は更新を完了できませんが、Windows をシャットダウンしない限り、このプロセスを強制的に停止することはできません。たとえば、Csrss.exe は Windows で必須のプロセスです。
  • セキュリティ更新プログラムによって更新されるデバイス ドライバーが Windows によって現在使用されているか、Windows に必要な場合。このデバイス ドライバーの使用中は更新を完了できませんが、このデバイス ドライバーは Windows をシャットダウンしないとアンロードできません。Windows に必要なデバイス ドライバーには、たとえば、Disk.sys があります。
  • セキュリティ更新プログラムによってレジストリが変更される場合。これらの変更を適用するには、コンピューターを再起動する必要があります。
  • このセキュリティ更新プログラムは、コンピューターの起動時にのみ読み込まれるレジストリ エントリを変更します。

コンピューターの再起動を促すメッセージが表示される可能性を減らす方法

セキュリティ更新プログラムのインストール後にコンピューターの再起動を促すメッセージが表示される可能性を減らすには、セキュリティ更新プログラムの更新対象のファイルを使用するプロセスを終了する方法があります。

セキュリティ更新プログラムによって更新されるファイルがコンピューターで使用されているかどうかを調べるために、Sysinternals の Process Explorer を使用して、更新対象のファイルがどのプロセスによってどのように使用されているかを調べることができます。更新対象のファイルを使用しているサービスを停止したり、プロセスを終了したりできる場合があります。Process Explorer の詳細については、次の Sysinternals の Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/default.aspx
他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、将来予告なしに変更されることがあります。マイクロソフトは、掲載されている情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。 Process Explorer の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
242131 [HOWTO] ファイルを開いているプロセス一覧の表示方法
自社の製品を除き、マイクロソフトは同様の分野における他製品よりもこの製品を支持するものでも推奨するものでもありません。この情報はお客様の便宜のためにのみ提供するものあり、自社の製品を除き、マイクロソフトは市場性の黙示的保証および特定目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。

コンピューターを再起動するメッセージを抑止する方法

コンピューターを再起動するメッセージを抑止するには、コマンド ライン スイッチを使用します。使用するコマンド ライン スイッチは、セキュリティ更新プログラムで使用されているインストーラーによって異なります。 Windows ソフトウェア更新プログラム パッケージおよび IExpress ソフトウェア更新プログラム パッケージで使用されるコマンド ライン スイッチの詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
262841 Windows ソフトウェア更新プログラム パッケージのコマンド ライン スイッチ
197147 IExpress ソフトウェア更新プログラム パッケージのコマンド ライン スイッチ
Windows インストーラーを使用するときは、.msi または .msp というファイル名拡張子のセキュリティ更新プログラムがコンピューターにインストールされます。Windows インストーラーによって使用されるコマンド ライン オプションの関連情報については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/aa367988.aspx
重要 セキュリティ更新プログラムを完全に適用するためにコンピューターの再起動が必要な場合があります。セキュリティ更新プログラムが完全に適用されないと、コンピューターの脆弱性が解消されない場合があります。

x64 ベースの Microsoft Windows のテクニカル サポート

x64 ベースの Windows はハードウェアにインストールされて提供されるため、そのテクニカル サポートと支援はハードウェアの製造元から提供されます。ハードウェアの製造元は、ハードウェアの性能を最大限に活用するために、固有のデバイス ドライバーやオプション設定など、独自のコンポーネントを使用してインストール環境をカスタマイズしている場合があります。x64 ベースの Windows に関する技術サポートが必要な場合、マイクロソフトではできる限りの支援を行います。しかし、製造元がハードウェアにインストールして提供するソフトウェアについては製造元によるサポートが最適であるため、ハードウェアの製造元に直接お問い合わせいただくことが必要な場合があります。

Microsoft Windows XP Professional x64 Edition の製品情報については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows/products/windows-xp
x64 ベースの Microsoft Windows Server 2003 の製品情報については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/ja-jp/windowsserver/bb512919
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

適用対象

この資料は、現在サポートされているすべてのマイクロソフト オペレーティング システムに適用されます。

プロパティ

文書番号: 887012 - 最終更新日: 2012年5月2日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbhowto kbsecurityservices kbwinservnetwork KB887012
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com