説明の SQL Server のパフォーマンス分析ユーティリティ Read80Trace および OSTRESS

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 887057
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Microsoft SQL Server サポート チームのいくつかを使用してください。一般的に、お客様の作業を簡単に内部で記述されたユーティリティケースをサポートしてください。これらのユーティリティもデータベースの開発者に役立つことがあり、システム管理者 Microsoft SQL Server 2000 で動作します。

これ2 つの主要なユーティリティ Read80Trace ユーティリティや、OSTRESS 資料について説明します。ユーティリティです。これらのユーティリティは、Microsoft SQL Server の一部として提供されていますエスカレーション サービス ユーティリティ (SQLEEUtils) をサポートしてください。この資料でも用意されています。これらのユーティリティをダウンロードするためのリンク。

メモ Read80Trace ユーティリティおよび OSTRESS ユーティリティが用意されていますいます。Microsoft 製品サポート サービス (PSS) にサポートや更新がないです。これらのユーティリティを。

詳細

Read80Trace ユーティリティ

Read80Trace ユーティリティは、使用できるコマンド ライン ユーティリティのです。SQL Server 2000 によって生成されるトレース ファイルを処理します。Read80Traceユーティリティ マークアップ言語 (RML) ファイルの再生を出力として生成します。Read80Traceユーティリティもデータベースは正規化されたデータを使用して読み込むことができます。システムのパフォーマンスを分析するために役立ちます。

メモ パフォーマンスの分析や集計、Read80Trace ユーティリティは転送先のデータベースは、SQL Server 2000年またはそれ以降のバージョンである必要があります。データベースです。

RML は説明するために使用される XML ファイル形式は、特定の接続に対して発生するイベントです。たとえば、RML ファイルに、XMLノードは、接続を示す要素があります。次の例に示します<connect>ノード:</connect>
<CONNECT>

    <SEQ>1</SEQ>
    <NEXTSEQ>2</NEXTSEQ>

    <CMD><![CDATA[-- network protocol: TCP/IP
        set quoted_identifier on
        set implicit_transactions on
        set cursor_close_on_commit off
        set ansi_warnings on
        set ansi_padding on
        set ansi_nulls on
        set concat_null_yields_null on
        set language us_english
        set dateformat mdy
        set datefirst 7
    ]]></CMD>

    <USER>TestUser</USER>
    <HOST>MyHost</HOST>
    <APPNAME>Microsoft Query Analyzer</APPNAME>
    <NETWORK>TCP/IP</NETWORK>
    <DBID>8</DBID>
    <PACKETSIZE>4096</PACKETSIZE>

</CONNECT>
メモ XML ノードおよび各要素の詳細についてノードは、SQLEEUtils の書籍の「(R) eplay (M) arkup (L) anguage」を参照してくださいオンラインにします。

Read80Trace ユーティリティを使用して RML ファイルを生成する、トレース ファイルのシーケンス内の各接続に対して 1 つの RML ファイルが生成されます。は、RML ディレクティブが OSTRESS ユーティリティによって、アクティビティの再実行に使用します。特定の接続します。

使用する場合、Read80Trace ユーティリティを読み込むにはPerfAnalysis SQL Server データベースのアクティビティでは、傾向分析と解析、Read80Trace ユーティリティ使用して IRowsetFastLoad という名前を一括読み込みインターフェイスを使用してください。SQLOLEDB から迅速、パフォーマンス分析データベースを読み込むことはします。正規化データ形式は、通常、データ サイズを 1/10 から 1/20 の縮小します。元のトレース ファイルのサイズ。特定の 1 つだけの行が保存されます。バッチの両方場合でも、 SQL:BatchStarting イベントとは SQL:BatchCompleted イベントを取得します。さらに、各イベントのテキストには固有のパターンを決定するために正規化して、各イベントへの参照を格納します。各イベントのテキストの代わりにクエリ パターン。たとえばである場合テーブルから選択する 2 つのクエリが、クエリに別のリテラルを使用してください。Read80Trace ユーティリティが同じフォームに値を正規化して、ポイントをバックアップするのには同じ一意のクエリ パターン。この正規化されたフォームもに便利です。累積情報や平均情報を取得するには、データを集計します。クライアントによって送信される特定のクエリのすべてのインスタンスアプリケーションです。

OSTRESS ユーティリティ

OSTRESS ユーティリティは、ODBC ベースのマルチ スレッドのクエリ ユーティリティです。OSTRESS ユーティリティはコマンド ライン パラメーターの入力を読み取ります。コマンド ・ ラインパラメーターは、Read80Trace ユーティリティによって生成される、RML ファイルまたは標準の go で区切られました。SQL スクリプト ファイルです。応力のモードでは、1 つのスレッドが作成されます。各接続は、すべてのスレッドをしなくても可能な限り速く実行のスレッド間の同期します。このモードを使用して、特定の生成サーバー上の負荷の種類です。再生モード、イベントを同期させることができます。遊ぶことを順番にこと最初を確認します。発生しました。OSTRESS ユーティリティも、同じ相対イベントを再生します。イベント間の時間です。OSTRESS によって次の機能が用意されていますユーティリティを再生して、プロファイラーの再生ツールには表示されません。
  • として、リモート プロシージャ コール RPC イベントの再生
  • アテンションを再生します。
  • DTC トランザクションを再生します。
さらに、OSTRESS ユーティリティ コマンドラインですと、OSTRESS ユーティリティを自動処理やテスト スクリプトの一部として実行できます。

Read80Trace ユーティリティおよび OSTRESS ユーティリティをダウンロードするを参照してください。次のマイクロソフト Web サイト:
ドキュメントですか。FamilyId = の 5691AB53 ・ 893A ・ 4AAF ・ B4A6 ・ 9A8BB9669A8B & displaylang = en

関連情報

SQL のプロファイラー トレース ファイルの詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa173918 (SQL.80)

プロパティ

文書番号: 887057 - 最終更新日: 2011年7月30日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbmt KB887057 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:887057
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com