Userenv エラーが発生して、Windows Server 2003、Windows XP、または Windows 2000 を実行しているコンピューターにグループ ポリシーを適用した後にイベントが記録されます。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 887303 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ネットワーク上のコンピューターにグループ ポリシーが適用されている場合、1 つまたは複数のエラーおよびイベントが発生するがあります。問題の原因を特定するのには、ネットワーク上のコンピューターの構成のトラブルシューティングを行う必要があります。問題の原因のトラブルシューティングを行うには、次の手順を実行します。
  1. DNS の設定、サーバーとクライアント コンピューターのネットワークのプロパティを確認します。
  2. サーバー メッセージ ブロック署名設定クライアント コンピューターを調べます。
  3. TCP/IP NetBIOS ヘルパー サービス、Net Logon サービスは、リモート プロシージャ コール (RPC) サービスがすべてのコンピューターで開始されていることを確認してください。
  4. 分散ファイル システム (DFS) のすべてのコンピューターで有効であることを確認してください。
  5. 内容および [Sysvol フォルダーのアクセス許可を確認します。
  6. [走査チェックのバイパス権利が必要なグループに与えるかどうかを確認します。
  7. ドメイン コント ローラーがジャーナル ラップ状態でないことを確認してください。
  8. 実行します。 dfsutil の/purgemupcache command.

現象

1 つまたは複数、次の現象が発生します。Microsoft Windows Server 2003、Microsoft Windows XP を実行しているコンピューターまたはWindows 2000:
  • グループ ポリシー設定は適用されませんするにはコンピューターです。
  • グループ ポリシーのレプリケーションが完了まで、ネットワーク上のドメイン コント ローラー。
  • グループ ポリシー スナップインを開くことができません。たとえば、ドメイン コント ローラー セキュリティ ポリシー スナップインで、またはドメインを開くことができません。セキュリティ ポリシーのスナップインです。
  • グループ ポリシー スナップインを開こうとすると、いずれかが表示されます。次のエラー メッセージの。
    グループを開けませんでした。ポリシー オブジェクト。適切な権限がありません。
    詳細について: はアカウントはこのステーションからのログインを許可されていません。
    この操作を実行する権限がありません。
    詳細: アクセスが拒否されました。
    開けませんでした。グループ ポリシー オブジェクト。適切な権限がありません。
    詳細情報:システムは指定されたパスを見つけることができません。
  • 任意のドメイン コント ローラー上の共有ファイルにアクセスする場合は、エラー メッセージを受信します。現在ログオンしている場合でも、この現象が発生します。サーバー、および、ローカル共有にアクセスしてみます。具体的には、この問題可能性があります。ドメイン コント ローラーの Sysvol 共有へのアクセスに影響します。
  • ファイル共有にアクセスすると、繰り返し行われるパスワードを要求します。
  • ファイル共有にアクセスすると、エラーが表示されます。次のエラー メッセージのいずれかに類似するメッセージ:
    \\サーバー名\共有名アクセス可能ではありません。このネットワーク リソースを使用する権限がありません。アクセスがあるかどうかを確認するのには、このサーバーの管理者に連絡してください。アクセスを許可します。
    このアカウントはこのステーションからログインする権限がありません。
    \\サーバー名\共有名アクセス可能ではありません。
    このアカウントからログインする権限がありません。ステーションです。
    ネットワーク パスが見つかりませんでした。
Windows XP でイベント ビューアーでアプリケーション ログを表示するかどうか、またはWindows Server 2003 は、次のようなイベントを参照してください。イベント:
イベントの種類: エラー
イベント ソース: Userenv
イベント カテゴリ: なし
イベント ID: 1058
作成日: 日付
時刻: 時間
ユーザー: ユーザー名
コンピューター: コンピューター名
説明: Windows にアクセスできません。GPO をファイル gpt.iniCN {31b2f340-016d-11d2-945f-00c04fb984f9}、= CN = Policies で、CN システム, DC = =ドメイン名DC = com.ファイルの場所に存在する必要があります。<>ドメイン名.com\sysvol\ドメイン名.com\Policies\{31B2F340-016D-11D2-945F-00C04FB984F9}\gpt.ini >。(Error_Message).グループ ポリシー処理は中止されました。詳細については、ヘルプとサポート センターを参照してください。http://support.microsoft.com
表示されます、エラー メッセージ、 Error_Message イベント ID 1058 のプレース ホルダーがあります。次のエラー メッセージのいずれか:
  • ネットワーク パスが見つかりませんでした。
  • アクセスが拒否されました。
  • 構成情報ことができませんでした。コンピューターが利用できないため、ドメイン コント ローラーからも読み取ること、または、アクセスが拒否されました。
イベントの種類: エラー
イベント ソース:Userenv
イベント カテゴリ: なし
イベント ID: 1030
作成日: 日付
時刻: 時間
ユーザー: ユーザー名
コンピューター: コンピューター名
説明: Windows に照会することはできません。グループ ポリシー オブジェクトの一覧については。理由を説明するメッセージこれは以前このポリシー エンジンによって記録されています。詳細については、ヘルプを参照してください。http://support.microsoft.com のサポート ・ センター。
通常場合、イベント ID 1058"および"イベント ID 1030 発生、クライアント コンピューターにログインし、メンバーのサーバー、コンピューターの起動時に。ドメイン コント ローラーのイベントをログします。5 分ごと。

場合は、表示アプリケーション ログオン イベント ビューアーでWindows 2000 ベースのコンピューターでは、次のようなイベントを表示します。イベント:
イベントの種類: エラー
イベント ソース: Userenv
イベント カテゴリ: なし
イベント ID: 1000
作成日: 日付
時刻: 時間
大部分のユーザー:
コンピューター: コンピューター名
説明: Windows にアクセスできません。レジストリ情報\\ドメイン名.com\sysvol\ドメイン名.com\Policies\{31B2F340-016D-11D2-945F-00C04FB984F9}\Machine\registry.pol (でエラー コード).
表示されるエラー コードは エラー コード プレース ホルダーには、イベント ID 1000 されることがあります。次のエラー コードの。
  • 5
  • 51
  • 53
  • 1231
  • 1240
  • 1722

原因

コンピューターはネットワーク上にある場合は、これらの問題が発生します。特定のグループ ポリシー オブジェクトに接続できません。具体的には、これらのオブジェクトはネットワークのドメイン コント ローラー上の Sysvol フォルダーに。

解決方法

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


この問題を解決するのには、トラブルシューティングを行う必要があります、この問題の原因を絞り込むにネットワークを構成し、構成を修正します。この問題の考えられる原因のトラブルシューティングを行うには、次の手順を実行します。

ステップ 1: DNS の設定を確認し、ネットワークのサーバーおよびクライアント コンピューターのプロパティ

ローカル エリア接続のプロパティで、Microsoft のクライアントネットワークは、すべてのサーバーおよびクライアント コンピューターで有効にする必要があります。ファイルし、プリンターの共有 Microsoft ネットワーク コンポーネントのすべてのドメインで有効にしなければなりませんコント ローラー。

さらに、ネットワーク上のすべてのコンピューターが DNS を使用する必要があります。SRV レコードを解決でき、ホスト名、Active Directory のサーバーコンピューターがメンバーであるフォレスト。通常、一般的な構成エラーが発生クライアント コンピューターをインターネットに属している DNS サーバーを使用するのです。サービス ・ プロバイダー (ISP)。

ログオンしているすべてのコンピューターで、Userenv エラーが、DNS の設定と [ネットワークのプロパティを確認します。さらに、これらの設定をすべてのドメイン コント ローラーは、Userenv ログに記録するかどうかを確認します。エラーです。

DNS 設定を確認し、ネットワークのプロパティ] ウィンドウをするには.XP ベースのコンピューターをネットワークでは、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタートプロパティコントロール パネル.
  2. コントロール パネルがカテゴリの表示に設定されている場合は、クリックします。クラシック表示に切り替える.
  3. ダブルクリックします。 ネットワーク接続,右クリックします。 [ローカル エリア接続プロパティプロパティ.
  4. で、 一般的な タブの [をオンにし、Microsoft ネットワーク用クライアント チェック ボックスします。
  5. クリックしてください。 [インターネット プロトコル (TCP/IP)、とをクリックします。 プロパティ.
  6. 場合 次の DNS サーバーのアドレスを使用します。ある選択は IP の優先および代替の解決していることを確認してくださいDNS サーバーの SRV レコードを解決できる DNS サーバーの IP アドレスです。Active Directory 内のホスト名。具体的には、コンピューターを使用する必要があります、ISP に属している DNS サーバー。DNS サーバーのアドレスではない場合修正は、正しい DNS サーバーの IP アドレスを入力します。優先 DNS サーバー代替の DNS サーバーボックスです。
  7. クリックしてください。 高度な、し、をクリックして、DNS タブします。
  8. オンにし、 この接続を登録します。DNS でのアドレス チェック ボックスをオンにしをクリックしてください ] 3 つ時間。
  9. コマンド プロンプトを起動します。これを行うをクリックしてください。スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない]cmdプロパティ ].
  10. 種類 ipconfig/flushdns、し、ENTER キーを押します。種類 ipconfig/registerdnsを押して入力してください。
  11. 変更をするのに、コンピューターを再起動します。効果です。
DNS 設定を確認し、ネットワークのプロパティ] ウィンドウをするには.2000 ベースのコンピューターをネットワークでは、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタートをポイントするのには設定プロパティ コントロールパネル.
  2. ダブルクリックします。 [ネットワークとダイアル アップ接続.
  3. Usbehci.sys [ローカル エリア接続、とをクリックします。 プロパティ.
  4. で、 一般的な タブの [をオンにし、Microsoft ネットワーク用クライアント チェック ボックスします。
  5. コンピューターがドメイン コント ローラーの場合をクリックして、ファイルとプリンターの共有 Microsoft ネットワーク用 チェック ボックスします。

    メモ マルチホームのリモート アクセス サーバーとインターネットにセキュリティとアクセラレータ (ISA) Server ベースのサーバーで、ファイルを無効にすることができます。プリンターの共有 Microsoft ネットワーク コンポーネントには、ネットワーク アダプターのインターネットに接続されています。ただし、クライアントの Microsoft ネットワークします。コンポーネントは、サーバーのすべてのネットワーク アダプターを有効にする必要があります。
  6. クリックしてください。 [インターネット プロトコル (TCP/IP)、し、クリックしてください。 プロパティ.
  7. 場合 次の DNS サーバーのアドレスを使用します。ある選択は IP の優先および代替の解決していることを確認してくださいDNS サーバーの SRV レコードを解決できる DNS サーバーの IP アドレスです。Active Directory 内のホスト名。具体的には、コンピューターを使用する必要があります、ISP に属している DNS サーバー。DNS サーバーのアドレスではない場合修正は、正しい DNS サーバーの IP アドレスを入力します。優先 DNS サーバー代替の DNS サーバーボックスです。
  8. クリックしてください。 高度な、し、をクリックして、DNS タブします。
  9. オンにし、 この接続を登録します。DNS でのアドレス チェック ボックスをオンにしをクリックしてください ] 3 つ時間。
  10. コマンド プロンプトを起動します。これを行うをクリックしてください。スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない]cmd 続いて と入力して [].
  11. 種類 ipconfig/flushdns、し、ENTER キーを押します。種類 ipconfig/registerdnsを押して入力してください。
  12. コンピューターを再起動します。
DNS 設定を確認し、ネットワークのプロパティでは、Windows Server を実行するには2003 ベースのコンピューターをネットワークでは、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタートをポイントするのには コントロールパネル、をダブルクリック ネットワーク接続.
  2. ローカル エリア接続を右クリックしをクリックしてくださいプロパティ.
  3. で、 一般的な タブの [をオンにし、Microsoft ネットワーク用クライアント チェック ボックスします。
  4. コンピューターがドメイン コント ローラーの場合をクリックして、ファイルとプリンターの共有 Microsoft ネットワーク用 チェック ボックスします。

    メモ マルチホームのリモート アクセス サーバーで、ISA Server ベースサーバーは、ファイルとプリンターの共有 Microsoft ネットワークを無効にすることができますインターネットに接続されているネットワーク アダプターのコンポーネント。ただし、コンポーネントの Microsoft ネットワーク用クライアントを有効にする必要がサーバーのネットワーク アダプター。
  5. クリックしてください。 [インターネット プロトコル (TCP/IP)、し、クリックしてください。 プロパティ.
  6. 場合 次の DNS サーバーのアドレスを使用します。ある選択は IP の優先および代替の解決していることを確認してくださいDNS サーバーの SRV レコードを解決できる DNS サーバーの IP アドレスです。Active Directory 内のホスト名。具体的には、コンピューターを使用する必要があります、ISP に属している DNS サーバー。DNS サーバーのアドレスではない場合修正は、正しい DNS サーバーの IP アドレスを入力します。優先 DNS サーバー代替の DNS サーバーボックスです。
  7. クリックしてください。 高度な、し、をクリックして、DNS タブします。
  8. オンにし、 この接続を登録します。DNS でのアドレス チェック ボックスをオンにしをクリックしてください ] 3 つ時間。
  9. コマンド プロンプトを起動します。これを行うをクリックしてください。スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない]cmdプロパティ ].
  10. 種類 ipconfig/flushdns、し、ENTER キーを押します。種類 ipconfig/registerdnsを押して入力してください。
  11. 変更をするのに、コンピューターを再起動します。効果です。
取得するのには、ネットワーク内のクライアント コンピューターが構成されている場合その IP アドレスが自動的にことを確認実行しているコンピューターDHCP サービスの SRV を解決できる DNS サーバーの IP アドレスが割り当てられますレコードは、ホスト名、Active Directory で。

どのような IP を確認するのにはDNS は、コンピューターが使用しているアドレスは、次の手順をに従ってください。
  1. コマンド プロンプトを起動します。これを行うをクリックしてください。スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない]cmd 続いて と入力して [].
  2. 種類 ipconfig/allを押して入力してください。
  3. 上に記載されている DNS エントリを確認します。画面。
場合は IP アドレスを取得する構成されているコンピューター自動的に、適切な DNS サーバーを使用しない参照ドキュメントをDHCP サーバー、DNS サーバー オプションを構成する方法については。また、各コンピューターの IP アドレスを解決できることを確認します。ドメイン。これを行うに入力します。 ping Your_Domain_Name.Your_Domain_Rootコマンド プロンプトと ENTER キーを押します。代わりに、入力します。 nslookup Your_Domain_Name.Your_Domain_Root,ENTER キーを押します。

メモ このホスト名を IP アドレスに解決されると予想されます。ネットワーク上のドメイン コント ローラーの 1 つ。場合は、コンピューターを解決することはできません。この名前をまたは名が間違った IP アドレスに解決される場合は、以下のことを確認します、前方参照ゾーンには、ドメインが有効なが含まれています (同じ親フォルダー) ホスト (A) レコード。

確認するのには、転送参照ドメインのゾーンが有効なが含まれています (同じ親フォルダー) ホスト (A) レコードは、Windows 2000 ベースのコンピューターでを実行します。以下の手順します。
  1. DNS を実行しているドメイン コント ローラーをクリックしてください。スタートをポイントするのには プログラムをポイントするのには管理ツールプロパティ DNS.
  2. 展開Your_Server_Nameを展開[前方参照ゾーンをクリックし、[前方参照ゾーン] をクリックしてドメインの。
  3. 検索対象 (親フォルダーと同じ) ホスト (A)レコードがあります。
  4. 場合は、 (親フォルダーと同じ) ホスト (A)レコードでは存在しない、1 つを作成するのには、次の手順を実行します。
    1. で、 アクション メニューをクリックして 新しいホスト.
    2. で、 IP アドレス ip アドレスを入力ボックスします。ドメイン コント ローラーのローカル ネットワーク アダプターのアドレスです。
    3. オンにし、 関連付けられたポインターを作成します。(PTR) レコード チェック ボックスをオンにしをクリックしてください ホストを追加します。.
    4. 次のメッセージが表示されたらをクリックしてください。 [はい]:
      (同じ親フォルダー) 有効なホスト名です。これを追加しますか? します。録画しますか。
  5. ダブルクリック、 (親フォルダーと同じ)ホスト (A) レコード。
  6. 正しい IP アドレスで表示されていることを確認します。IP アドレス ボックスです。
  7. IP アドレスの場合は、 IP アドレス ボックスします。無効です、正しい IP アドレスを入力します。 IP アドレス ボックスで、[OK] をクリックします。
  8. 代わりに、削除することができます、 (同じ親フォルダー) 無効な IP アドレスを含むホスト (A) レコード。削除するのには (親フォルダーと同じ) ホスト (A) レコードそれを右クリックしをクリックしてください 削除.
  9. DNS サーバーは、ドメイン コント ローラーがあるかどうかは、ルーティングとリモート アクセス サーバーは、次のマイクロソフト サポート技術情報を表示します。資料:
    292822 名前解決と接続の問題では、ルーティングとリモート アクセス サーバーにも DNS を実行するか、または WINS
  10. すべてのコンピューターでは、追加、削除、または DNS を変更します。レコードの種類 ipconfig/flushdns コマンド プロンプトで、ENTER キーを押します。
ゾーンのドメインの前方参照かどうかを確認するのには有効なが含まれています (親フォルダーと同じ) ホスト (A) レコードには、Windows Server 2003 ベースのコンピューターでは、次の手順を実行します。
  1. DNS を実行しているドメイン コント ローラーをクリックしてください。スタートをポイントするのには 管理ツール、とをクリックします。 DNS.
  2. 展開Your_Server_Nameを展開[前方参照ゾーンをクリックし、[前方参照ゾーン] をクリックしてドメインの。
  3. ファイルの場所 (親フォルダーと同じ) ホスト(A) レコード。
  4. 場合は、 (親フォルダーと同じ) ホスト (A)レコードでは存在しない、1 つを作成するのには、次の手順を実行します。
    1. で、 アクション メニューをクリックして 新しいホスト (A).
    2. で、 IP アドレス ip アドレスを入力ボックスします。ドメイン コント ローラーのローカル ネットワーク アダプターのアドレスです。
    3. オンにし、 関連付けられたポインターを作成します。(PTR) レコード チェック ボックスをオンにしをクリックしてください ホストを追加します。.
    4. 次のメッセージが表示されたらをクリックしてください。 [はい]:
      (同じ親フォルダー) 有効なホスト名です。これを追加しますか? します。録画しますか。
  5. ダブルクリック、 (親フォルダーと同じ)ホスト (A) レコード。
  6. 正しい IP アドレスで表示されていることを確認します。IP アドレス ボックスです。
  7. IP アドレスがある場合は、 IP アドレス ボックス有効ではありません、正しい IP アドレスを入力します。 IP アドレス[ ].
  8. 代わりに、削除することができます、 (同じ親フォルダー) ない IP アドレスを含むホスト (A) レコード無効です。ホスト (A) レコードを削除するのには、右クリックします。 (同じ親フォルダー)プロパティ 削除.
  9. DNS サーバーは、ドメイン コント ローラーがあるかどうかは、ルーティングとリモート アクセス サーバーは、次のマイクロソフト サポート技術情報を表示します。資料:
    292822 名前解決と接続の問題では、ルーティングとリモート アクセス サーバーにも DNS を実行するか、または WINS
  10. すべてのコンピューターでは、追加、削除、または DNS を変更します。レコードの種類 ipconfig/flushdns コマンド プロンプトで、ENTER キーを押します。

ステップ 2: サーバー メッセージ ブロック署名設定クライアント コンピューターおよびメンバー サーバーを調べる

サーバー メッセージ ブロック (SMB) の署名設定を定義するかどうか、ネットワーク上のコンピューター通信にデジタル署名します。場合は、SMB 署名設定されていない正しく、クライアント コンピューターまたはメンバーサーバーは、できない可能性があります、ドメイン コント ローラーに接続します。

をたとえば、SMB 署名する必要がありますが、ドメイン コント ローラーでは、SMB 署名によってクライアント コンピューターでは無効にする可能性があります。この問題が発生した場合は、グループ ポリシー正しく適用することはできません。したがって、クライアント コンピューターのユーザーをログに記録します。環境 (Userenv) のエラーがアプリケーション ログにします。
場合によっては、SMB署名の設定をサーバー サービス、ワークステーション サービスは、ドメインのコント ローラーは互いに競合があります。

たとえば、SMB 署名可能性があります。無効にするドメイン コント ローラーのワークステーション サービスは、SMB の署名ですドメイン コント ローラーのサーバー サービスを必要とします。このシナリオでは、場合は、1 つ以上のドメイン コント ローラーのローカルのファイル共有を開くことができません。[サーバーにログオンします。さらには、グループ ポリシー スナップインで開くことができません。サーバーにログオンしています。 詳細についてはドメイン コント ローラー上でこの問題を解決、次をクリックして文書番号を使用して、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには:
839499SMB 署名は、ワークステーションまたはサーバー サービスがドメイン コント ローラーを無効にすると、ファイルの共有やグループ ポリシー スナップインを開くことができません。
グループ ポリシー エラーがクライアント上でのみ発生する場合コンピューターやメンバー サーバー、または、KB の記事 839499 が判断した場合自分の状況に適用されません、問題のトラブルシューティングを続行します。

で既定では、SMB 署名は有効ですが、クライアントとの通信には必須ではありません。クライアント コンピューター、Windows XP、Windows 2000 を実行しているメンバー サーバーまたは、Windows Server 2003。既定の構成を使用することをお勧めします。クライアント コンピューターが SMB 署名を使用することができますので場合ことができますがSMB の署名は無効になっているサーバーと通信します。

するにはSMB 署名は、クライアント コンピューターとメンバー サーバーを構成します。有効にしますが、必須ではありません、いくつかのレジストリ エントリの値を変更しなければなりません。クライアント コンピューターでレジストリを変更するのには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない,種類 regedit 続いて と入力して ボックスをし、クリックしてください。 ].
  2. 次のレジストリ サブキーを展開します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\lanmanserver\parameters
  3. 右側のウィンドウで右クリックします。enablesecuritysignatureプロパティ変更.
  4. で、 [値のデータ ボックス型0プロパティ ].
  5. Usbehci.sys requiresecuritysignature、とをクリックします。 変更.
  6. で、 [値のデータ ボックス型0プロパティ ].
  7. 次のレジストリ サブキーを展開します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\lanmanworkstation\parameters
  8. 右側のウィンドウで右クリックします。enablesecuritysignatureプロパティ変更.
  9. で、 [値のデータ ボックス型1プロパティ ].
  10. Usbehci.sys requiresecuritysignature、とをクリックします。 変更.
  11. で、 [値のデータ ボックス型0プロパティ ].
レジストリ値を変更した後、サーバーを再起動し、ワークステーションのサービスです。このグループがあるため、コンピューターが再起動しません。適用するのには、ポリシーとグループ ポリシーの設定の競合する構成可能性があります。再度の値。

レジストリ値を変更して再起動すると、サーバーとワークステーション サービスの影響を受けるコンピューターに次の手順を実行します。
  1. GPO または Gpo のグループ ポリシーの設定を表示、影響を受けるコンピューター アカウントに適用されます。
  2. グループ ポリシーが競合していないかどうかを確認します。必要なレジストリ設定します。
  3. [グループ ポリシー オブジェクト エディターを使用して、ポリシーを表示するのには次のフォルダーの設定:
    コンピューターの構成]、[Windows 設定] の [セキュリティの設定/ローカル ポリシー/セキュリティ オプション
SMB の Windows Server 2003 を実行しているコンピューターで署名のグループ ポリシー設定は、次の名前があります。
  • Microsoft ネットワーク サーバー: 通信にデジタル署名を行う(常に)
  • Microsoft ネットワーク サーバー: (の場合の通信にデジタル署名を行うクライアントが同意)
  • Microsoft ネットワーク クライアント: 通信にデジタル署名を行う(常に)
  • Microsoft ネットワーク クライアント: (の場合の通信にデジタル署名を行うサーバーが同意)
Windows 2000 Server は、SMB を実行しているコンピューターで署名のグループ ポリシー設定は、次の名前があります。
  • 常に通信にデジタル署名を行う
  • 可能な場合)、サーバーの通信にデジタル署名を行う
  • 常にクライアント側の通信にデジタル署名を行う
  • 可能な場合)、クライアントの通信にデジタル署名を行う
通常、SMB 署名のグループ ポリシー設定が構成されています。「定義しないと」。SMB 署名のグループ ポリシー設定を定義する場合は、確認します。確認して、ネットワーク接続の設定がどのように影響する可能性があります理解します。 詳細についてはSMB 署名の設定について、次の資料番号をクリックしてください。マイクロソフトのサポート技術情報の資料を参照するのには。
823659セキュリティ設定およびユーザー権利の割り当てを変更した際に発生する可能性があるクライアント、サービス、およびプログラムの非互換性について
ドメインでの GPO の設定を変更する場合Windows 2000 Server を実行しているコント ローラーは次の手順を実行します。
  1. コマンド プロンプトを起動します。これを行うをクリックしてください。スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない]cmd 続いて と入力して [].
  2. 種類 2適用します。、し、ENTER キーを押します。
  3. 影響を受けるクライアント コンピューターを再起動します。
  4. レジストリ内の値の署名 SMB を再確認します。クライアント コンピューターが予期せず変更されていないことを確認します。
場合は、GPO の設定は、ドメイン コント ローラーを変更します。Windows Server 2003 を実行して次の手順を実行します。
  1. コマンド プロンプトを起動します。これを行うをクリックしてください。スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない]cmd 続いて と入力して [].
  2. 種類 gpupdate /forceを押して入力してください。
  3. 影響を受けるクライアント コンピューターを再起動します。
  4. レジストリ内の値の署名 SMB を再確認します。クライアント コンピューターが予期せず変更されていないことを確認します。
レジストリ内の SMB 署名値が予期せずに変更する場合クライアント コンピューターを再起動すると、するには、次の方法のいずれかを使用します。クライアント コンピューターに適用されているポリシー設定を表示します。
  • Windows XP ベースのコンピューターでは、結果セットを使用してください。ポリシー MMC スナップイン (Rsop.msc)。詳細については、結果セットポリシーは、次のマイクロソフトの「ポリシーの結果セット」の Web サイトを参照してください。
    .aspx の http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc775741 (WS.10)
  • Windows 2000 では、Gpresult.exe コマンド ライン ツールを使用します。グループ ポリシーの結果を確認します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Windows 2000 のリソースから Gpresult.exe をインストールします。キットです。

      また、Gpresult.exe、次からダウンロード可能マイクロソフト"Gpresult.exe: グループ ポリシーの結果] Web サイト。
      http://support.microsoft.com/kb/927229
    2. コマンド プロンプトに入力します。 gpresult/scopeコンピューター、し、ENTER キーを押します。
    3. [適用されたグループ ポリシー オブジェクト] セクションの [出力は、グループ ポリシー オブジェクトをコンピューター アカウントに適用される注意してください。
    4. 適用されるグループ ポリシー オブジェクトを比較します。SMB 署名ポリシー設定がドメインのコンピューター アカウントこれらのグループ ポリシー オブジェクトのコント ローラー。

手順 3: すべてのコンピューターで、TCP/IP の NetBIOS ヘルパー サービスが開始されていることを確認してください

ネットワーク上のすべてのコンピューターは、TCP/IP の NetBIOS ヘルパーを実行する必要があります。サービスです。

TCP/IP NetBIOS ヘルパー サービスが実行されていることを確認するのにはWindows XP ベースのコンピューターでは、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタートプロパティコントロール パネル.
  2. コントロール パネルをカテゴリの表示である場合は、クリックします。 スイッチ従来のビュー.
  3. ダブルクリックします。 管理ツール.
  4. ダブルクリックします。 サービス.
  5. で、 サービス ボックスの一覧でをクリックしてくださいTCP/IP NetBIOS ヘルパー.確認して下の値、ステータス 列です。 開始.確認します。値の下で、 [スタートアップの種類 列です。自動.場合は、 ステータス または、[スタートアップの種類 値が正しくない、次の手順を実行します。
    1. Usbehci.sys TCP/IP NetBIOS ヘルパー,プロパティ プロパティ.
    2. で、 [スタートアップの種類 ボックスの一覧でをクリックしてください 自動.
    3. で、 [サービスの状態 領域は場合は、サービスが開始されていない場合をクリックして スタート.
    4. クリックしてください。 ].
TCP/IP NetBIOS ヘルパー サービスを実行していることを確認するのにはWindows Server 2003 ベースのコンピューターでは、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタートをポイントするのには管理ツールプロパティサービス.
  2. で、 サービス ボックスの一覧でをクリックしてくださいTCP/IP NetBIOS ヘルパー.確認して下の値、ステータス 列です。 開始.確認します。値の下で、 [スタートアップの種類 列です。自動.場合は、 ステータス または、[スタートアップの種類 値が正しくない、次の手順を実行します。
    1. Usbehci.sys TCP/IP NetBIOS ヘルパー,プロパティ プロパティ.
    2. で、 [スタートアップの種類 ボックスの一覧でをクリックしてください 自動.
    3. で、 [サービスの状態 領域は場合は、サービスが開始されていない場合をクリックして スタート.
    4. クリックしてください。 ].
TCP/IP NetBIOS ヘルパー サービスを実行していることを確認するのにはWindows 2000 ベースのコンピューター、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタートをポイントするのにはプログラムをポイントするのには 管理ツール、とをクリックします。 サービス.
  2. で、 サービス ボックスの一覧でをクリックしてくださいTCP/IP NetBIOS Helper サービス.確認して下の値、ステータス 列です。 開始.確認します。値の下で、 [スタートアップの種類 列です。自動.場合は、 ステータス または、[スタートアップの種類 値が正しくない、次の手順を実行します。
    1. Usbehci.sys TCP/IP NetBIOS ヘルパーサービスプロパティ プロパティ.
    2. で、 [スタートアップの種類 ボックスの一覧でをクリックしてください 自動.
    3. で、 [サービスの状態 領域は場合は、サービスが開始されていない場合をクリックして スタート.
    4. クリックしてください。 ].
さらに、1 つまたは複数の無効にしていることを確認します必要なシステム サービスのグループ ポリシー オブジェクトを使用するために。これらを表示します。"コンピューターのグループ ポリシー オブジェクト エディターを使用してポリシーの設定フォルダーの構成] の [Windows の設定 \ セキュリティの設定/システム サービス」です。

Windows Server 2003 および Windows XP では、結果セットを使用することができます。ポリシーの MMC スナップイン (Rsop.msc) のすべてを確認するのには、ポリシー設定を適用コンピューターに適用します。これを行うをクリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] rsop.msc 続いて と入力して [ ].

をWindows 2000 は、Gpresult.exe コマンド ライン ツールを使用してグループを確認するのにはポリシーの結果。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Gpresult.exe は、『 Windows 2000 リソース キットをインストールします。

    Gpresult.exe をダウンロードするのには、別の方法として、以下を参照します。マイクロソフト"Gpresult.exe: グループ ポリシーの結果] Web サイト。
    http://support.microsoft.com/kb/927229
  2. コマンド プロンプトに入力します。 gpresult/scopeコンピューター、し、ENTER キーを押します。
  3. 適用されたグループ ポリシー オブジェクトで、出力のグループ ポリシー オブジェクトをコンピューター アカウントに適用される注意してください。
  4. 適用されるグループ ポリシー オブジェクトを比較します。SMB 署名ポリシー設定、ドメイン コント ローラーのコンピューター アカウントこれらのグループ ポリシー オブジェクトをします。
メモ 多くの TCP/IP の NetBIOS ヘルパー サービスが無効な場合デスクトップ、次サンプルの Microsoft Visual Basic スクリプトを使用することができます。組織内のすべてのコンピューターで、TCP/IP の NetBIOS ヘルパー サービスを開始します。単位 (OU) を同時にします。

Microsoft プログラミング例としてを提供するだけ、表されるまたは暗黙の保証もないです。これは、資料は、制限はありません。商品性や特定の適合性の黙示の保証には、目的があります。この資料で、プログラミングに精通している前提としています例示されている言語の作成に使用するツールでプロシージャをデバッグします。マイクロソフトのサポート エンジニアは説明できるの特定のプロシージャの機能が、これらは変更されません追加機能を提供する、または対応するプロシージャを作成するのには、例として、特定の要件。
Set objDictionary = CreateObject("Scripting.Dictionary") 
i = 0 
Set objOU = GetObject("LDAP://OU=Computers, OU=OUName, OU=OUName, DC=OUName, 
DC=OUName,DC=CompanyName, 
DC=com") 
objOU.Filter = Array("Computer") 
For Each objComputer In objOU 
        objDictionary.Add i, objComputer.CN 
        i = i + 1 
Next 
For Each objItem In objDictionary 
        strComputer = objDictionary.Item(objItem) 
        Set objWMIService = 
GetObject("winmgmts:{impersonationLevel=impersonate}!\\" & strComputer & 
"\root\cimv2")

        Set colServices = objWMIService.ExecQuery _ 
                ("Select * from Win32_Service where Name = 'LmHosts'") 
        For Each objService In colServices 
                If objService.StartMode = "Disabled" Then 
                        objService.Change( , , , , "Automatic") 
                End If 
        Next 
Next 

手順 4: すべてのコンピューターで分散ファイル システム (DFS) が有効になってことを確認してください

すべてのドメイン コント ローラー、分散ファイル システムを実行する必要があります。Sysvol 共有は、DFS ボリュームのためのサービスします。さらに、DFS クライアントすべてのコンピューターのレジストリを有効にする必要があります。

確認するのにはWindows Server 2003 ベースの分散ファイル システム サービスを実行しています。ドメイン コント ローラーで、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタートをポイントするのには管理ツールプロパティサービス.
  2. で、 サービス ボックスの一覧でをクリックしてください分散ファイル システム サービスです。確認して下の値を ステータス 列です。 開始.確認します。値の下で、 [スタートアップの種類 列です。自動.場合は、 ステータス または、[スタートアップの種類 値が正しくない、次の手順を実行します。
    1. Usbehci.sys 分散ファイル システム,プロパティ プロパティ.
    2. で、 [スタートアップの種類 ボックスの一覧でをクリックしてください 自動.
    3. で、 [サービスの状態 領域は場合は、サービスが開始されていない場合をクリックして スタート.
    4. クリックしてください。 ].
確認するのには 分散ファイル システムサービスが Windows 2000 Server ベースのドメイン コント ローラーで実行されている、従って以下の手順します。
  1. クリックしてください。 スタートをポイントするのにはプログラムをポイントするのには 管理ツール、とをクリックします。 サービス.
  2. で、 サービス ボックスの一覧でをクリックしてください分散ファイル システム サービスです。確認して下の値を ステータス 列です。 開始.確認します。値の下で、 [スタートアップの種類 列です。自動.場合は、 ステータス または、[スタートアップの種類 値が正しくない、次の手順を実行します。
    1. Usbehci.sys 分散ファイル システム,プロパティ プロパティ.
    2. で、 [スタートアップの種類 ボックスの一覧でをクリックしてください 自動.
    3. で、 [サービスの状態 領域は場合は、サービスが開始されていない場合をクリックして スタート.
    4. クリックしてください。 ].
詳細については関連のトピックに関する情報を表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。資料では、マイクロソフト サポート技術情報:
834649Windows 2000 ベースのドメイン コント ローラーで DFS が開始されていない場合のクライアント コンピューターがイベント ID 1030 およびイベント ID 1058 記録します。
確認するのには、分散ファイル システムのクライアント有効になっているすべてのクライアント コンピューターでは、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない,種類 regedit 続いて と入力して ボックスをし、クリックしてください。 ].
  2. 次のサブキーを展開します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Mup
  3. クリックしてください。 Mup、次に、右側のウィンドウでという名前の DWORD 値のエントリを検索します。 DisableDFS.
  4. 場合は、 DisableDFS エントリが存在して、[値のデータです。 1、をダブルクリック DisableDFS.でを [値のデータ ボックス型 0、し、クリックしてください。 ].[DisableDFS 値のデータが既にいる場合0、場合は、 DisableDFS エントリが存在しない、すべての変更は行いません。
  5. レジストリ エディターを終了します。
  6. 変更するかどうかは、 DisableDFS [値のデータコンピューターを再起動します。
詳細については関連するトピックについては、資料を参照する次の資料番号をクリックしてください。マイクロソフト サポート技術情報で。
314494グループ ポリシーが正しく適用されません。"イベント ID 1058"および"イベント ID 1030"エラーがアプリケーション ログに

ステップ 5: 内容と Sysvol フォルダーのアクセス許可を確認します。

既定では、Sysvol フォルダーに、% システム ルート % であります。フォルダーです。Sysvol フォルダーには、ドメインの [グループ ポリシー オブジェクトが含まれています、Sysvol および Netlogon 共有、およびファイル レプリケーション (FRS) のステージングを処理します。フォルダーです。

Sysvol フォルダーまたは Sysvol 上のアクセス許可を共有している場合すぎる制限の厳しいポリシーが正常に適用することはできませんし、ユーザーがのグループ環境 (Userenv) のエラーです。さらに、Userenv エラーが場合に発生する場合がありますがSysvol 共有またはグループ ポリシー オブジェクトがありません。
確認するのにはSysvol 共有は、各ドメイン コント ローラーでは、コマンド プロンプトで「net share」コマンドを実行可能です。実行するのにはこれは、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない,種類 cmd 続いて と入力して ボックスをし、クリックしてください。 ].
  2. 種類 ネット共有を押して入力してください。
  3. 検索します。 SYSVOLNETLOGON フォルダーの一覧でします。
1 つまたは複数から Sysvol または Netlogon 共有がない場合ドメイン コント ローラーが問題の原因のトラブルシューティングを行う必要があります。 詳細についてはSysvol および Netlogon のトラブルシューティングを行う方法についての情報の共有します。Windows 2000 Server は、次の資料を参照して文書番号をクリックしてマイクロソフトのサポート技術情報:
257338不足している SYSVOL および NETLOGON 共有が Windows 2000 ドメイン コント ローラーのトラブルシューティング
詳細については再構築する方法Sysvol 共有で、Windows Server 2003 には、次の資料番号を] をクリックします。マイクロソフトのサポート技術情報の記事を参照してください。
315457SYSVOL ツリーとその内容をドメインを再構築する方法
した後、Sysvol 共有があることを確認してください。利用可能なことを確認します、Sysvol フォルダーや Sysvol 共有のルートSysvol フォルダーを含むボリュームのフォルダーを持つように構成します。適切なアクセス許可。 詳細については、アクセス許可Sysvol 共有と Sysvol フォルダーで必要な次の資料をクリックしてください。マイクロソフトのサポート技術情報の資料を参照する番号:
290647イベント ID 1000 および 1001年が 5 分おきにアプリケーション イベント ログ記録されます。
さらに、Windows 2000 Server では、すべてのユーザーボリュームのルート フォルダーに対するフル コントロールのアクセス許可をグループに付与する必要があります。[Sysvol] フォルダーが含まれています。Windows Server 2003 では、Everyone グループ読み取り & 実行するには [このフォルダーの特殊なアクセス許可を付与する必要があります。"\users グループは次の標準を付与する必要がありますアクセス許可:
  • 読む & 実行
  • フォルダー内容の一覧表示
  • 読み
さらに、Windows Server 2003 では、\users グループ次の特殊なアクセス許可が必要です。
  • 読む & [このフォルダー、サブフォルダーにアクセス許可を実行します。ファイル。
  • フォルダーの作成/データの追加アクセス許可を"このフォルダーとサブフォルダーします。」
  • ファイルの作成し、データのアクセス許可] のサブフォルダーに書き込むのみします]。
Sysvol の権限を確認したら、以下のことを確認します、Sysvol フォルダーには、必要なグループ ポリシー オブジェクトが含まれています。検索するのには必要なグループ ポリシー オブジェクトは、Windows から Gpotool.exe プログラムを使用します。2000 または Windows Server 2003 リソース キット。

Windows をダウンロードするのには2000 サーバー Gpotool.exe プログラムは、以下のマイクロソフトを参照してください"Gpotool.exe。ポリシー検証ツール グループ"の Web サイト。
http://support.microsoft.com/kb/927229
Windows Server 2003 リソース キット ツールをダウンロードするのを参照してください、次のマイクロソフトの「Windows Server 2003 リソース キット ツール「Web サイト:
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=9d467a69-57ff-4ae7-96ee-b18c4790cffd&displaylang=en
Gpotool.exe プログラム オプションを実行する場合は、それをスキャンします。すべてのグループ ポリシー オブジェクトをドメイン内のすべてのドメイン コント ローラーにします。場合また、Sysvol のアクセス制御リスト (ACL) スキャン、 /checkaclスイッチなどがあります。Gpotool.exe プログラムを実行すると、詳細な出力の詳細なスイッチを使用します。

代わりに、手動で確認することができます、個々 の GPO の SYSVOL フォルダーにします。たとえばと、説明で、手動で確認することができます 1058 の Userenv イベント一覧は、GPO の名前を個々 の GPO の SYSVOL フォルダーにします。これは、ことを確認するのにはすることができます。ユーザーのフォルダー、コンピューターのフォルダーおよび Gpt.ini ファイルが含まれています。手動で個々 の GPO で、SYSVOL フォルダーを確認して、次の手順を実行します。
  1. コマンド プロンプトを起動します。これを行うをクリックしてください。スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない]cmd 続いて と入力して [].
  2. 種類 時間対話型/次へします cmd.exe。、し、ENTER キーを押して、時間 1 〜 2 分、現時点よりも後であります。24 時間制の時刻形式で記述されます。たとえば、3 分後午後 1時 00分24 時間制形式で 13時 03分になります。
  3. 前のコマンドを指定するのには、新しいコマンド プロンプト ウィンドウを開きます。種類 net use の j:\\domainname.com\sysvol\domainname.com\Policies\ {GUID}、し、ENTER キーを押して、 GUID ですUserenv イベントの説明では、GPO の GUID です。たとえば場合、1058 の Userenv イベントの説明は、「ファイルが存在する必要があります、場所<>ドメイン名.com\sysvol\ドメイン名.com\Policies\{31B2F340-016D-11D2-945F-00C04FB984F9}\gpt.ini >、"のコマンドを使用すると、GUID です31B2F340-016 D 11 D 2-945F-00C04FB984F9。
  4. 種類 dir j:\*.*を押して入力してください。
  5. 確認は、ユーザー ・ フォルダー、コンピューターのフォルダーと、Gpt.iniファイル一覧の表示には、されます、私はドライブをフォルダーの一覧で。次のいずれかの場合フォルダーとファイルが不足している、ネットワーク上のコンピューターがログに記録する可能性が高いです。アプリケーション ログに Userenv エラーがします。
場合は、Sysvol の 1 つまたは複数のグループ ポリシー オブジェクトが表示されません。フォルダーを Windows Server 2003 既定のグループ ポリシーの復元ユーティリティの実行(Dcgpofix.exe)、または Windows 2000 既定グループ ポリシー復元ツール(既定のグループ ポリシー オブジェクトを再作成するのには Recreatedefpol.exe)。

Dcgpofix.exe プログラムは、Windows Server 2003 に含まれています。をDcgpofix.exe プログラムの詳細についてを実行します。 dcgpofix/しますか? コマンド プロンプトでコマンド。

をRecreatedefpol.exe のプログラムに関する情報を参照してください、以下のマイクロソフトWindows 2000 既定グループ ポリシー復元ツールの Web サイト。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=b5b685ae-b7dd-4bb5-ab2a-976d6873129d&displaylang=en
スキャンするときに推奨の除外を設定してください。Sysvol のドライブでウイルス対策ソフトウェアです。ウイルス対策ソフトウェアすることができますをスキャンGpt.ini ファイルなど、必要なファイルへのアクセスをブロックします。使用する必要があります。これらはすべて、リアルタイム、定期、および手動のウイルス対策の除外を構成します。スキャンします。 をウイルス対策を実行すると、推奨の除外の詳細については、Windows ベースのサーバー上のプログラムを表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。資料では、マイクロソフト サポート技術情報:
822158ウイルス検出は、Windows 2000 や Windows Server 2003 ドメイン コント ローラー上の推奨事項

手順 6: [走査チェックのバイパス権利が必要なグループに与えるかどうかを確認

右、走査チェックのバイパスに与える必要があります、ドメイン コント ローラー上の次のグループ。
  • 管理者
  • 認証されたユーザー
  • すべてのユーザー
  • Pre-Windows 2000 Compatible Access
バイパス走査チェック右実行されていることを確認するのには許可は、Windows Server 2003 ベースのドメイン コント ローラーで、以下手順に従います。
  1. クリックしてください。 スタートをポイントするのには管理ツールプロパティ ドメイン コント ローラーセキュリティ ポリシー.
  2. 展開 ローカル ポリシープロパティユーザー権利の割り当て.
  3. ダブルクリックします。 走査チェックをバイパスします。.
  4. オンにし、 これらのポリシーを定義します。設定 チェック ボックスします。
  5. 管理者は、認証ユーザーを確認、Everyone、Pre-Windows 2000 Compatible Access グループの一覧が表示されます。ポリシーの設定。これらのグループのいずれかが不足している場合は、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 ユーザーまたはグループを追加します。.
    2. で、 ユーザー名とグループ名 ボックス型不足しているの名前し、をクリックして ].
  6. クリックしてください。 ] ポリシーを終了するのには設定します。
  7. コマンド プロンプトを起動します。これを行うをクリックしてください。スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない]cmd 続いて と入力して [].
  8. 種類 gpupdate /force、し、ENTER キーを押します。
バイパス走査チェック右実行されていることを確認するのには許可は、Windows 2000 Server ベースのドメイン コント ローラーで、次の手順をに従ってください。
  1. クリックしてください。 スタート、プログラムをポイントし、[ポイント管理ツールプロパティ ドメイン コント ローラーセキュリティ ポリシー.
  2. 展開 セキュリティの設定を展開ローカル ポリシープロパティ ユーザーの権利割り当て.
  3. ダブルクリックします。 走査チェックをバイパスします。.
  4. オンにし、 これらのポリシーを定義します。設定 チェック ボックスします。
  5. 管理者は、認証ユーザーを確認、Everyone、Pre-Windows 2000 Compatible Access グループの一覧が表示されます。ポリシーの設定。これらのグループのいずれかが見つからない場合は、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 追加.
    2. で、 ユーザー名とグループ名 ボックス型不足しているの名前し、をクリックして ].
  6. クリックしてください。 ] ポリシーを終了するのには設定します。
  7. コマンド プロンプトを起動します。これを行うをクリックしてください。スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない]cmd 続いて と入力して [].
  8. 種類 2適用します。、し、ENTER キーを押します。

ステップ 7: ドメイン コント ローラーがジャーナル ラップ状態でないことを確認してください

ドメイン コント ローラーがジャーナル ラップ状態であるかを参照してくださいするのには、表示します。イベント ビューアーでは、ファイル レプリケーション サービス、NTFRS イベント ID を検索13568。 イベント ID 13568 は、ような次のイベント ID です。

イベントの種類: 警告
イベント ソース: NtFrs
イベント カテゴリ: なし
イベント ID: 13568
作成日: 日付
時刻:
ユーザー: N/A
コンピューター: サーバー名
説明: ファイル レプリケーションサービスは、レプリカ セット"<1>"が JRNL_WRAP_ERROR のであることが検出されました。レプリカ セットの名前です:「<1>」レプリカ ルート パス:"<2>"のレプリカルート ボリューム:"<3>"<b00> </b00> </3> </2> </1> </1>

NTFRS イベント ID 13568 がログオンしている場合は、ドメイン コント ローラーは、次のマイクロソフト サポート技術情報の資料を表示します。ジャーナル ラップ エラーのトラブルシューティングを行う方法についての情報。
292438 Sysvol および DFS 複製物セットの journal_wrap のエラーのトラブルシューティング

ステップ 8: Dfsutil の/PurgeMupCache コマンドを実行します。

Dfsutil.exe プログラム、ローカルのフラッシュを/PurgeMupCacheスイッチを実行 DFS と MUP 情報をキャッシュします。をDfsutil.exe プログラムが、Windows 2000 Server サポート ツールに含まれているとWindows Server 2003 のサポート ツールです。 詳細については関連するトピックについては、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
842804Windows Server 2003 ベースのコンピューターをスタンバイから再開して、ドメイン コント ローラーのアプリケーション ログにイベント 1030年および 1058年がログに記録されますが応答を停止します。

プロパティ

文書番号: 887303 - 最終更新日: 2013年4月29日 - リビジョン: 10.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Server
キーワード:?
kbresolve kbwinservperf kbmgmtservices kbprb kbtshoot kbmt KB887303 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:887303
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com