Microsoft Entourage 2004 for Mac では、Mac OS X 10.3 または Mac OS X 10.2 オペレーティング システムを実行しているコンピューターで、[信頼されたルート CA 証明書、中間 CA 証明書をインストールする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 887413
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

ここでは、信頼されているルートをインストールする方法について説明します。証明機関 (CA) の証明書とは、中間 CA の証明書Microsoft Entourage 2004 for Mac で以下のオペレーティング システムのいずれかを実行されているコンピューターで。
  • Mac OS X 10.3 のオペレーティング システムです。
  • Mac OS X 10.2 オペレーティング システム。
メモ コンピューター上の管理者権限が必要この資料に記載されている方法を使用することができます。

詳細

証明書のインストールを完了するのには、必要があります。証明書ファイルへのアクセスします。いずれかを使用して、必要な証明書ファイルを取得することができます。次のメソッドの。
  • リムーバブルを使用して、ローカルのワークステーションにファイルをコピーします。ストレージ ・ メディア。
  • ネットワーク共有の場所からファイルをコピーします。
  • 割り当てられている Web URL からファイルをダウンロード、機関情報アクセス拡張機能の証明書または、登録ページ、CA 証明書をします。

証明書をインストールします。

証明書をインストールするには、キーチェーン アクセスを使用する必要があります。プログラムです。キーチェーン アクセス プログラムを起動するには、証明書をダブルクリックします。ファイルです。キーチェーン アクセス プログラムが自動的に読み込まれますとそれが表示されます、 証明書を追加します。 ダイアログ ボックスです。
  • 信頼されたルート CA 証明書をインストールするには、以下を実行します手順:
    1. クリックして、 キーチェーン メニューをクリックして X 509 アンカー、し [OK].
    2. 認証するように求められます キーチェーンへのアクセス.パスワードを入力しをクリックしてください [OK].

      メモ If X 509 アンカー 使用できません、 キーチェーン メニューの開かれている証明書ではありませんが信頼されたルート CA の証明書です。この種類の最も一般的なファイル名拡張子証明書を .cer および .crt です。
  • 中間 CA 証明書をインストールするには、以下を実行します手順:
    1. クリックして、 キーチェーン メニューをクリックして Microsoft_Intermediate_Certificates、し [OK].

証明書のインストールを確認してください。

証明書がインストールされていることと、それを使用して準備ができていることを確認するのにはEntourage 2004 for Mac、Microsoft 証明書マネージャーを使用します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. で、移動 メニュー ファインダーをクリックして アプリケーション.
  2. Office 2004] フォルダーを開き、オフィスフォルダーです。
  3. ダブルクリック Microsoft Certマネージャー.
  4. で、 証明書の種類を検索します。 メニュー次のオプションのいずれかを選択します。
    • クリックして、 [信頼されたルート証明書のアップル機関 インストールされているルート CA 証明書のオプションです。
    • クリックして、 中間証明書機関 インストール済みの中間 CA のオプション証明書です。

新しくインストールされた証明書であることを確認、適切な証明書の一覧です。証明書の場所を確認したら、Entourage 2004 for Mac のソケットのレイヤーをセキュリティで保護された証明書を使用する準備ができました(SSL) 通信します。

個人の証明書を送信するデジタル署名され、暗号化されたメッセージ

証明書から取得した個人証明書機関にインストールされています。 Microsoft_Entity_Certificates された手順を使用してこの資料の前半で説明しました。

デジタル Id には、Entourage 2004 for Mac で設定します。

証明書をインストールすると、設定するには準備ができています。Entourage 2004 for Mac がデジタル Id を使用します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Entourage 2004 for mac を開始します。
  2. で、 Entourage メニューをクリックしてアカウントの設定.
  3. 設定するアカウントをダブルクリックします。署名と暗号化のメールです。
  4. クリックして、 セキュリティ タブします。
  5. クリックしてください。 選択 下にあります。 署名証明書は、デジタル ID または使用するには、使用する証明書をクリックします。し 選択.

    メモ リストには、すべての個人が含まれています証明書、個人キーチェーンにインポートします。
  6. 手順は、暗号化を選択する 5 を繰り返します証明書です。
  7. 必要なオプションを選択します。既定値は、通常、設定は、使用することです。
  8. クリックしてください。 [OK].

Mac OS X 10.2 インチ

Macintosh 上の証明書をインポートするときこれらの手順を実行します。Mac OS X 10.2 を実行しているコンピューターです。

メモ コンピューター上の管理者権限が必要次の手順を実行できます。
  1. 証明書をデスクトップにダウンロードします。
  2. 証明書のプライバシー強化メールであることを確認してください。(PEM) 形式です。

    メモ 証明書を PEM フォーマットでない場合は、Microsoft 証明書を使用します。書式を変更する管理者 Office フォルダー内。証明書をインポートし、証明書を保存するときに、PEM 形式を使用します。
  3. クリックしてください。 アプリケーション で、移動 メニューの [ユーティリティ] フォルダーを開きをダブルクリックは、ターミナル プログラムです。
  4. 次のコマンドを入力して後、ENTER キーを押しますそれぞれの行です。
    置換 cert_filename 実際に証明書のファイル名。
    cd ~/Desktop
    cp /System/Library/Keychains/X509Anchors ~/Library/Keychains
    certtool i cert_filename k=X509Anchors
    sudo cp ~/Library/Keychains/X509Anchors /System/Library/Keychains
    メモ ENTER キーを押して、管理者のパスワードを入力してください。最後のターミナル コマンドをします。

プロパティ

文書番号: 887413 - 最終更新日: 2011年7月30日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbhowto kbcertservices kbmt dftsdahomeportal KB887413 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:887413
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com