1 に、Exchange コンピューター、crashonauditfail のレジストリ値が設定されてまたはセキュリティ イベント ログが最大サイズには、Windows 2000 Server に到達するとが発生する場合に発生する問題

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 888179
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

1 つまたは複数、以下の現象が発生する可能性があります。
  • Active Directory ディレクトリ サービスと統合されている、Microsoft Windows 2000 ベースのドメイン コント ローラーにログオンすると、ログオン プロセスは非常に時間がかかる場合があります。
  • DNS スナップインを起動すると、ドメインの名前で表示されません。 前方参照ゾーン.
  • Windows 2000 ベースのコンピューターを再起動すると、Domain Admins ローカル グループのメンバーであるユーザーのみがコンピューターにログオンできます。
  • Microsoft Outlook Web Access (OWA) を Microsoft Exchange 2000 Server メールボックスにアクセスしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
    HTTP 503
    メモ 管理者が自分の Exchange メールボックスにアクセスできます。
  • Microsoft Office Outlook のユーザーが Microsoft Outlook を使用して Exchange 2000 Server のメールボックスにアクセスするときは、次のエラー メッセージが表示されます。
    このフォルダーのセットを開けませんでした。マイクロソフトにログオンしようとしてExchange Server が失敗しました。

Windows 2000 ベースのコンピューター上のイベント ・ メッセージ

さらに、Windows 2000 ベースのコンピューター上のアプリケーション ログに次のイベントが記録されます。

イベントの種類: エラー
イベント ソース: Userenv
イベント カテゴリ: なし
イベント ID: 1000年
説明:Windows のグループ ポリシー オブジェクトの一覧を照会できません。この理由を説明するメッセージは、以前このポリシー エンジンによって記録されています。

イベント メッセージが Exchange 2000 コンピューター上で

Exchange 2000 コンピューターに 1000年のイベントも記録されます。また、Exchange 2000 コンピューターのアプリケーション ログに次のイベントが記録される可能性があります。

イベント 9175

イベントの種類: エラー
イベント ソース: MSExchangeSA
イベントの分類: MAPI セッション
イベント ID: 9175
説明:MAPI コール 'OpenMsgStore' は、次のエラーで失敗しました: Microsoft Exchange Server のコンピューターにログオンしようとして失敗しました。MAPI プロバイダーに失敗しました。Microsoft Exchange Server インフォメーション ストアID 番号: 8004011d-0512年-00000000

イベント 9542

イベントの種類: エラー
イベント ソース: MSExchangeIS
イベント カテゴリ: 全般
イベント ID: 9542
説明:外部インターフェイス OLEDB の初期化に失敗しました。エラー ecAccessDenied-MAPI_E_NO_ACCESS。

イベント 326

イベントの種類: エラー
イベント ソース: MSExchangeTransport
分類: Exchange ストア ドライバー
イベント ID: 326
説明:サービス ・ アカウントでした、ストアへのログオンや o =OrganizationName/ou =管理グループ名/cn 構成と cn = = の接続/cn = SMTP (サーバー名) と cn {412C0189-E08F-46B9-86BB-E2C71D78DC36} を = します。エラー コード: 0x80004005。

イベント 324

イベントの種類: エラー
イベント ソース: MSExchangeTransport
分類: Exchange ストア ドライバー
イベント ID: 324
説明:インスタンス 1 を初期化できませんでした。エラー コード: 0x80004005。

イベント 1005

イベントの種類: エラー
イベント ソース: MSExchangeSA
イベント カテゴリ: 監視
イベント ID: 1005年
説明:予期しないエラー<0xc1050000 -="" the="" attempt="" to="" log="" on="" to="" the="" microsoft="" exchange="" server="" computer="" has="" failed.="" the="" mapi="" provider="" failed.="" microsoft="" exchange="" server="" information="" store="" id="" no:="" 8004011d-0512-00000000="">> が発生しました。</0xc1050000>

原因

これらの問題は、次の条件のいずれかに該当する場合に発生します。
  • Exchange コンピューター上の 1、crashonauditfail のレジストリ値が設定されます。
  • セキュリティ イベント ログには、Windows 2000 Server が指定された最大サイズに達する、 セキュリティのログを記録できない場合は直ちにシステムをシャット ダウンの監査します。 グループ ポリシーのポリシー設定、および新しいイベント メッセージが記録されます。

解決方法

重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を示す手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生。そのため、慎重にこの手順を実行することを確認します。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。レジストリを復元する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリを復元する方法
この問題を解決するには、crashonauditfail のレジストリ値の値を変更します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ レジストリ エディター、し [OK].
  2. 見つけて、次のレジストリ サブキー] をクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Lsa
  3. 右側のウィンドウでをダブルクリックします。 crashonauditfail、タイプ 0 で、 [値のデータ ボックスとクリック [OK].

    メモ 場合は、crashonauditfail のレジストリ値のレジストリ データ型を設定するには REG_NONE、データの値を 2 に設定、データの種類に変更します。 REG_DWORDをクリックし、データ値を 0 に設定します。グループ ポリシー設定を無効にするまでこの手順は一時的な解決方法を提供します。

    データ オプション、crashonauditfail のレジストリ値を次に示します。
    • 0 = 任意のユーザーがログオンします。これは既定値です。
    • 1 = 任意のユーザーがログオンしている場合は、コンピューター イベントを監査し、セキュリティ イベント ログにイベントを書き込みます。セキュリティ イベント ログがいっぱいになると、crashonauditfail キーの値を 2 に変更し、コンピューターがクラッシュします。
    • 2 = 管理者のみがログオンします。
  4. レジストリ エディターを終了します。
  5. 無効にする、 セキュリティのログを記録できない場合は直ちにシステムをシャット ダウンの監査します。 ポリシーのポリシーの設定を既定のドメインまたはドメイン コント ローラーの組織単位にグループ化します。

    このポリシー設定は、既定のドメイン ポリシー、既定のドメイン コント ローラー ポリシー、およびローカル セキュリティ ポリシーが存在します。このポリシー設定を無効にしても、レジストリの変更に記載されている手順 3 で行う必要があります。この手順を実行する前に、Exchange 2000 Server の最新の更新プログラムをインストールすることをお勧めします。

    ポリシー設定を無効にするには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ gpedit.msc を使用して、し [OK].
    2. 展開 [コンピューターの構成を展開 [Windows の設定を展開 セキュリティの設定を展開 ローカル ポリシー、し セキュリティ オプション.
    3. 右側のウィンドウでをダブルクリックします。 セキュリティのログを記録できない場合は直ちにシステムをシャット ダウンの監査します。をクリックして 無効になっています。、し [OK].
  6. セキュリティ監査を無効にします。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ gpedit.msc を使用して、し [OK].
    2. 展開 [コンピューターの構成を展開 [Windows の設定を展開 セキュリティの設定を展開 ローカル ポリシー、し 監査ポリシー.
    3. 右側のウィンドウでをダブルクリックします。 ログオン イベントの監査をオフにし、 成功 チェック ボックス、オフにし、 障害が発生 チェック ボックスをオンにしをクリックしてください [OK].
  7. セキュリティ監査正常に無効化する場合は、ステップ 8 に進みます。手順 6 でのセキュリティの監査を無効にできなかった場合は、アーカイブし、セキュリティ ログを消去します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 開始、ポイント プログラム、ポイント 管理ツール、し イベント ビューアー.
    2. 右クリックします。 セキュリティ ログ、し すべてのイベントを消去します。.
    3. クリックしてください。 [はい] いつそれを消去する前に、セキュリティ ログを保存するよう求められます。
    4. 名がセキュリティ ログには、セキュリティ ログ ファイルを保存場所を選択をクリック、 ファイル名 ボックスとクリック 保存.
    5. イベント ビューアーを閉じます。
  8. Exchange コンピューターを再起動します。
詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
301378最新の Exchange 2000 Server service pack の入手方法
870540 2004 年 8 月の Exchange 2000 Server post-Service Pack 3 更新プログラムのロールアップ

詳細

有効にするかどうかは、 セキュリティのログを記録できない場合は直ちにシステムをシャット ダウンの監査します。 自動的に設定する、グループ ポリシー、crashonauditfail のレジストリ値を 1 に設定します。ただし、コンピューターをシャット ダウンし、再起動する場合は、crashonauditfail のレジストリ データ型 REG_NONE に設定されます。データの値を 2 に設定します。Crashonauditfail のデータ型を REG_DWORD に変更し、データ値を 0 に設定すると、DNS スナップインは、Active Directory と統合されている Windows 2000 ベースのドメイン コント ローラー アクセスできます。この値を 0 に設定して、crashonauditfail のデータ値を無効にする場合は、グループ ポリシーのポリシーの設定を再適用するとデータ値 1 をもう一度設定されます。

セキュリティ ログのサイズが 4 ギガバイト (GB) に設定した場合でも、セキュリティ ログが 200 〜 300 mb (メガバイト) に達した場合は、この資料に記載されている現象に発生します。この資料に記載されている問題の詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。
316685DNS スナップインでイベント ID 4000 4013 メッセージを active Directory 統合ドメイン名は表示されません。
312571 最大ログ サイズに達する前にイベントを記録するイベント ログを停止します。
232564 セキュリティ ログをいっぱいにすると STOP 0xC0000244
178208 ログオン/ログオフの監査は、CrashOnAuditFail ブルー スクリーンを原因します。
160783 エラー メッセージ: ユーザーできませんログオンするワークステーション
149393 CrashOnAuditFail ProcessTracking のシャット ダウンを有効に
140058 セキュリティ ログがいっぱいになると監査に使用できるようにする方法

プロパティ

文書番号: 888179 - 最終更新日: 2011年7月30日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbtshoot kbregistry kbgrppolicyinfo kbprb kbgrppolicyprob kbmt KB888179 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:888179
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com