Windows XP、Windows Server 2003、Windows Vista、および Windows Server 2008 で 4 GB を超えるメモリを搭載したコンピュータを休止状態にできない

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 888575 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Windows XP、Windows Server 2003、Windows Vista、または Windows Server 2008 を実行しているコンピュータを休止状態にできません。また、[電源オプションのプロパティ] ダイアログ ボックスで [休止状態] タブを使用できません。

  • この問題は、コンピュータに 4 GB を超える RAM (Random Access Memory) が搭載されている場合に発生します。
  • この問題は、32 ビット版および 64 ビット版のどちらの Windows でも発生します。

原因

この問題は、4 GB を超える RAM が搭載されているコンピュータでは休止状態が無効になることが原因で発生します。

休止状態にする場合、コンピュータのメモリの内容を格納するにはディスクに十分な空き容量が必要です。4 GB を超えるメモリが搭載されていて休止状態がサポートされている場合、コンピュータのパフォーマンスが低下します。このため、マイクロソフトではこのようなコンピュータでは休止状態のサポートを無効にしました。

回避策

この問題を回避するには、Windows XP、Windows Server 2003、Windows Vista、または Windows Server 2008 を実行しているコンピュータの RAM を 4 GB 以下に減らします。

: 場合によっては、RAM を 4 GB 以下に減らしても、[休止状態] タブを使用できないことがあります。これは、PCI メモリ リソースが 4 GB の物理メモリ アドレス空間内にマップされ、残りの RAM が 4 GB を超える物理メモリ アドレス空間にマップされるためです。最上位の物理メモリ アドレスが 4 GB を超えていると、Windows ではそのコンピュータに 4 GB を超えるメモリがあると見なされます。このため、[休止状態] タブが無効になります。この場合、Boot.ini ファイルに /MAXMEM=4096 スイッチを追加して、物理メモリの上限を 4 GB に減らす必要があります。

MAXMEM スイッチの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
108393 Windows の Boot.ini ファイルの /maxmem スイッチ
Windows Vista を実行しているコンピュータでこの問題を回避するには、休止状態を有効にします。有効にするには、次のコマンドを管理者として実行します。
powercfg /h on
このコマンドを実行するには、以下の手順を実行します。
  1. 管理者としてログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスに cmd と入力します。[cmd.exe] を右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。
  3. コマンド プロンプトで、powercfg /h on と入力し、Enter キーを押します。

詳細

[電源オプションのプロパティ] ダイアログ ボックスを表示するには、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。powercfg.cpl と入力し、[OK] をクリックします。

x64 ベースの Microsoft Windows のテクニカル サポート

ハードウェアに Microsoft Windows x64 エディションが既にインストールされている場合、Windows x64 エディションに対する技術サポートと支援はハードウェアの製造元から提供されます。これは、Windows x64 エディションがハードウェアにインストールされて提供されているためです。ハードウェアの製造元は、ハードウェアの性能を最大限に活用するために、固有のデバイス ドライバやオプション設定など、独自のコンポーネントを使用してインストール環境をカスタマイズしている場合があります。Windows x64 エディションに関する技術サポートが必要な場合、マイクロソフトではできる限りの支援を行います。しかし、製造元がハードウェアにインストールして提供するソフトウェアについては製造元によるサポートが最適であるため、ハードウェアの製造元に直接お問い合わせいただくことが必要な場合があります。Microsoft Windows Server 2003 x64 Editions などの Windows x64 エディションを個別に購入した場合は、技術サポートについてマイクロソフトにお問い合わせください。

Microsoft Windows XP Professional x64 Edition の製品情報については、以下のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
http://www.microsoft.com/japan/windowsxp/64bit/default.mspx
x64 ベースの Microsoft Windows Server 2003 の製品情報については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2003/64bit/x64/editions.mspx

プロパティ

文書番号: 888575 - 最終更新日: 2008年10月21日 - リビジョン: 8.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Starter
  • Windows Vista Ultimate
  • Windows Vista Enterprise 64-bit edition
  • Windows Vista Home Basic 64-bit edition
  • Windows Vista Home Premium 64-bit edition
  • Windows Vista Ultimate 64-bit edition
  • Windows Server 2008 Standard
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Datacenter
キーワード:?
kbtshoot kbprb KB888575
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com