ことがあります時間 - 問題が発生 Virtual Server 2005 でバーチャル マシンで実行されるプログラム

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 888746 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Virtual Server 2005 で時刻の同期を発生する可能性がありますバーチャル マシンで実行されるプログラムに関する問題。 このシナリオには、以下の現象の 1 以上が発生可能性があります。
  • プログラムは、バーチャル マシンのローカル時刻に問題を報告します。
  • プログラムが接続されているネットワーク リソースのデータ ソース、または別のプログラムのローカル時刻に問題報告されます。
  • 外部プログラムは、プログラムまたはバーチャル マシン上でホストされているデータにアクセスするとき、時間の問題報告します。
これらの現象は、のバーチャル マシンがインストールされているバーチャル マシン追加機能を持つ場合でも発生します。

原因

この問題は、以下のいずれか 1 つ、または複数の状況に該当する場合に発生することがあります:
  • バーチャル マシンにインストールされているバーチャル マシン追加機能のバージョンは、Virtual Server 2005 でのバージョンによって異なります。
  • バーチャル マシンが、ドメイン コントローラーとして構成されていますが、Virtual Server 2005 のホスト コンピューターはドメイン コントローラーとして構成されていません。
  • バーチャル マシンのゲスト オペレーティング システムが、Virtual Server 2005 のホスト コンピューターと同じタイム ゾーンで構成されていません。

解決方法

この問題を解決するには、状況に応じて、次のいずれかまたは複数の方法を実行します。

方法 1: バーチャル マシン追加機能を再インストールします。

バーチャル マシンが異なるバージョンの Virtual Server 2005 バーチャル マシン追加機能よりもインストールされているバーチャル マシン追加機能を持つ、する場合はバーチャル マシン追加機能を再インストール、バーチャル マシンのゲスト オペレーティング システムでします。 これを行うには、次の手順を実行します。
  1. 仮想サーバーの管理 Web サイト] を起動します。 これを行うには、 開始 ] をクリックして、 すべてのプログラム マイクロソフトの仮想サーバー を指す] [ 仮想サーバーの管理 Web サイト ] をクリックします。
  2. それがまだの場合、バーチャルマシンとゲスト オペレーティング システムにログオンを開始します。
  3. [仮想サーバーの管理 Web サイトの Web ページで、[ バーチャル マシン 構成 をポイントし、バーチャル マシンをバーチャル マシン追加機能を再インストールする場所をクリックします。
  4. バーチャル マシン追加機能 バーチャル マシン追加機能のインストール ] チェック ボックスをオン [ OK] をクリック します。
  5. バーチャル マシンでゲスト オペレーティング システムでバーチャル マシン追加機能をアップグレードするバーチャル マシン追加機能の InstallShield ウィザード指示に従います。
  6. ダイアログ ボックスが表示されたら、バーチャルマシンを再起動します。

方法 2: 同期ホスト コンピューターと同じタイム ソースに運用ゲスト

ゲスト オペレーティング システムは、ドメイン コントローラーが、Virtual Server 2005 コンピューターがドメイン コントローラーでない場合、は、ゲスト オペレーティング システムと同じタイム ソースにホスト コンピューターの両方を同期です。 一般に、オペレーティング システムには、役割がドメイン コントローラーのされていませんはドメイン コントローラーの役割を持つ外部コンピューターとまたは、特定のドメインに対する参照タイム サーバーを同期する必要があります。

このシナリオには、Virtual Server 2005 のホスト コンピューターとバーチャル マシンの同期をオフにします。 これを行うには、次の手順を実行します。
  1. 仮想サーバーの管理 Web サイト] を起動します。 これを行うには、 開始 ] をクリックして、 すべてのプログラム マイクロソフトの仮想サーバー を指す] [ 仮想サーバーの管理 Web サイト ] をクリックします。
  2. 実行している場合は、バーチャル マシンを停止します。 これを行うには、バーチャル マシンのゲスト オペレーティング システムにログオンし、ゲスト オペレーティング システムをシャットダウンします。
  3. [仮想サーバーの管理 Web サイトの Web ページで、 バーチャル マシン では、[ 構成 をポイントし、[バーチャル マシンの時刻の同期を無効にする] をクリックします。
  4. バーチャル マシン追加機能 ホスト時刻の同期 ] チェック ボックスをオフ [ OK] をクリック します。

方法 3: コンピューターでホストして、ゲスト オペレーティング システムのタイム ゾーンを確認します。

必要この資料に記載されている動作の考えられる原因こと、ゲスト オペレーティング システムと Virtual Server 2005 ホスト コンピューターがないです同じタイム ゾーンを構成します。 バーチャル マシン追加機能時刻の同期には、タイム ゾーン設定や、バーチャル マシンのゲスト オペレーティング システム、ホスト オペレーティング システムの考慮しません。 時間は、バーチャル マシンで設定は、ホスト コンピューターの時刻に基づきます。 ただし場合、ゲスト オペレーティング システムとホスト コンピューターと別のタイム ゾーンを使用同期時間は正しくないが、タイム ゾーンの異なる量によって。

Windows でタイム ゾーン設定を表示するには、次の手順に従います。
  1. タスク バーの右端にある通知領域で時刻をダブルクリックします。
  2. [ タイム ゾーン ] タブをクリックします。

    メモ ゲスト オペレーティング システムとホスト コンピューターのオペレーティング システムの両方が同じ [ 夏時間の変更の自動調整 ] チェック ボックスの設定を確認します。

詳細

既定では、バーチャル マシンを同期 15 秒ごと、ホスト コンピューターの時計をその時計をとります。 この現象は、バーチャル マシンの統合の設定を変更して変更できます。 この設定を変更するには、特定の仮想マシンのバーチャル マシン構成ファイル (.vmc) を変更します。 バーチャル マシンのバーチャル マシン構成ファイルの場所を判別、次の手順に従います。
  1. 仮想サーバーの管理 Web サイト] を起動します。 これを行うには、 開始 ] をクリックして、 すべてのプログラム マイクロソフトの仮想サーバー を指す] [ 仮想サーバーの管理 Web サイト ] をクリックします。
  2. [仮想サーバーの管理 Web サイトの Web ページで、 バーチャル マシン では、[ 構成 をポイントし、[バーチャル マシンの構成を表示する] をクリックします。
  3. [全般] プロパティ を [し、 構成ファイル の横にあるパスをメモします。
変更する仮想マシンの時間設定] を変更エントリ内の <integration> タグ間に表示をVirtual_machine_name の.vmc ファイルです。 This information appears similar to the following.
<integration>
		<microsoft>
			<folder_sharing>
				<enabled type="boolean">false</enabled>
				<load_allowed type="boolean">false</load_allowed>
			</folder_sharing>
			<heartbeat>
				<failure_attempts type="integer">12</failure_attempts>
				<failure_interval type="integer">10</failure_interval>
				<rate type="integer">10</rate>
				<time type="integer">60</time>
			</heartbeat>
			<host_time_sync>
				<enabled type="boolean">true</enabled>
				<frequency type="integer">15</frequency>
				<threshold type="integer">10</threshold>
			</host_time_sync>
			<mouse>
				<allow type="boolean">true</allow>
			</mouse>
			<version>
				<guest_os>
					<build_number type="string">5.02.3790</build_number>
					<long_name type="string">Windows Server 2003</long_name>
					<short_name type="string">Windows Server 2003</short_name>
				</guest_os>
				<additions_number type="string">013206</additions_number>
			</version>
		</microsoft>
	</integration>
メモ <folder_sharing> タグの間の項目を変更することはできません。

重要です このファイルを変更する場合は値を入力する小文字の英数字を使用します。 値を入力する大文字を使用する場合、または不適切な場所に数値を入力する場合は、その値は有効になりません。 次の例を検討します。

正しい例
 <host_time_sync>

                                <enabled type="boolean">true</enabled>

                                <frequency type="integer">15</frequency>
次の使用例は、単語"true"が、小文字で入力および数値 15 が「整数」種類タグで入力します。

誤った例 1
<host_time_sync>

                                <enabled type="string">False</enabled>

                                <frequency type="integer">15</frequency>
<enabled> タグ内で入力された単語"False"次の使用例は。 ただし、このタグで、大文字が使用される誤ってため、タグが自動的に型に変換「文字列」. したがって、このエントリは有効になりません。

誤った例 2
<host_time_sync>

                                <enabled type="integer">1</enabled>

                                <frequency type="integer">15</frequency>
<enabled> タグ内で入力された番号「1」この例では。 ただし、整数がこの特定のタグで使用される正しくないため、タグが自動的に型に変換整数値。 したがって、このエントリは有効になりません。

プロパティ

文書番号: 888746 - 最終更新日: 2007年11月2日 - リビジョン: 1.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Virtual Server 2005 Standard Edition
キーワード:?
kbtshoot kbenv kbprb kbmt KB888746 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:888746
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com