Windows の Small Business Server 2003 では 5 クライアント アクセス ライセンスの数をリセットする可能性があります。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 888818
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Windows Small Business Server 2003 では、ライセンス スナップイン (Llsmgr.msc) を表示しては 5 クライアント アクセス ライセンス (Cal) をいずれか、次のイベントがアプリケーション ログに記録可能性があります。

イベント ID 1023

イベントの種類: エラー
イベント ソース: SBCore
イベント カテゴリ: なし
イベント ID: 1023年
コンピューター: サーバー名
説明: クライアント アクセス ライセンスのライセンス ストアは無効です。有効なライセンス ストアが復元されるまでクライアント アクセス ライセンスの最小数のみを利用できます。詳細については、ライセンス スナップインのヘルプを参照してください。

イベント ID 1009

イベントの種類: エラー
イベント ソース: SBCore
イベント カテゴリ: なし
イベント ID: 1009年
コンピューター: サーバー名
説明: クライアント アクセス ライセンスのライセンス ストアは無効なので、自動バックアップから復元できませんでした。有効なライセンス ストアが復元されるまでクライアント アクセス ライセンスの最小数のみを利用できます。詳細については、ライセンス スナップインのヘルプを参照してください。

イベント ID 221

イベントの種類: 警告
イベント ソース: LicenseService
イベント カテゴリ: なし
イベント ID: 221
コンピューター: サーバー名
説明: 製品 Windows Server のライセンス使用状況サーバ ライセンスの購入ごとの最大数に近づいています。管理ツール フォルダーのライセンスの詳細についてを参照してください。詳細については、http://go.microsoft.com/fwlink/events.asp のヘルプとサポート センターを参照してください。

イベント ID 201

イベントの種類: エラー
イベント ソース: LicenseService
イベント カテゴリ: なし
イベント ID: 201
コンピューター: サーバー名
説明: ライセンス製品ファイルを使用して、ユーザー アカウントはありません。管理ツール フォルダーのライセンスを使用すると、ライセンスが十分にあることを確認してください。詳細については、http://go.microsoft.com/fwlink/events.asp のヘルプとサポート センターを参照してください。

原因

この問題は、Windows Small Business Server のライセンス ストアが 5 Cal の既定値にリセットされた場合に発生します。

解決方法

この問題を解決するのには、状況に応じて、以下の方法のいずれかを使用します。

メモ これらの手順を実行する前に、イベントログに表示されるその他の問題を解決することを強くお勧めします。解決が失敗する可能性があります、または他のコンピューターに問題がある場合この問題は再度発生します。

方法 1: ライセンスの復元ウィザードを使用して、有効なライセンス ストアから、Cal を復元するのには

メモ この手順を完了するのには、Domain Admins セキュリティ グループのメンバーとしてログオンする必要があります以前バックアップ ライセンス ウィザード、ライセンス ストアのバックアップを使用してする必要があります。
  1. クリックしてください。 開始、し サーバーの管理 [サーバーの管理ツールを起動します。
  2. 展開 標準の管理、し ライセンス.詳細ペインで、現在インストールされている Cal の詳細を表示します。
  3. クリックしてください。 ライセンスを復元します。.
  4. ファイル名と、Cal を復元するバックアップ ファイルの場所を指定する手順を実行します。

システムのバックアップから、Cal を復元するのに方法 2: バックアップまたは復元ウィザード使用します。

メモ この手順を完了するには、Domain Admins セキュリティ グループのメンバーとしてログオンする必要があります。
  1. 適切なテープをテープ ドライブに挿入するまたはリムーバブルのハード ディスクをコンピューターに接続します。
  2. [バックアップまたは復元ウィザードを開きます。これを行うをクリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ ntbackup、し [OK].[バックアップまたは復元ウィザード、バックアップ メディアが認識されない場合は、 認識可能なメディア ダイアログ ボックス表示され、クリックする必要があります。 バックアップ ユーティリティを許可します。.
  3. で、 [バックアップまたは復元 ページで、クリックしてください ファイルと設定を復元します。、し 次へ.
  4. で、 リストアの対象 ページで、Windows フォルダー内に、 アイテムを復元するのには エリア、その他のファイルやフォルダーを復元する] をオンにし、 次へ.
  5. で、 [バックアップまたは復元ウィザードの完了 ページで、設定を確認しをクリックしてください 終了日 復元操作が完了します。場所に、バックアップの復元または既存のファイルを交換するかどうかなど、復元の設定を変更する場合は、手順 6 〜 9 を完了します。
  6. クリックしてください。 高度な.
  7. で、 復元する場所 ページや別の復元場所を指定する 1 つのフォルダーに復元するファイルを選択します。クリックしてください。 次へ.
  8. で、 復元する方法 ページで、適用可能な場合は、既存のファイルを置き換えを選択しをクリックしてください 次へ.
  9. 元の場所に復元する場合は、 復元する場所 確認してください] ページで、 接続点, がないフォルダーとファイルのデータを参照を復元します。 チェック ボックスをオンに、 詳細な復元オプション ページします。場合は、別の場所に保存、 復元する場所 確認してください] ページで、 接続点, がないフォルダーとファイルのデータを参照を復元します。 チェック ボックスが選択されていません。

    メモ リモート デスクトップ セッション経由でファイルをリカバリしません。

方法 3: ライセンス追加ウィザード re-issue Cal を使用します。

メモ この手順を完了するには、Domain Admins セキュリティ グループのメンバーとしてログオンする必要があります。また、Cal を追加後、コンピューターのハードウェア構成に変更がある場合は、Cal を再発行することの代わりを転送する必要があります。
  1. クリックしてください。 開始、し サーバーの管理 [サーバーの管理ツールを起動します。
  2. 展開 標準の管理、し ライセンス.詳細ペインで、現在インストールされている Cal の詳細を表示します。
  3. 詳細ペインをクリックします。 ライセンスを追加します。 ライセンスの追加ウィザードを開くし、ウィザードの指示をに従っています。
  4. で、 連絡方法 ページ、インターネットまたは電話 re-issue のライセンスを使用するかを選択します。

    メモ インターネット接続がある場合、Cal を再発行するのには、インターネットを使用することをお勧めします。電話を使用している場合は、カスタマー ・ サービスを提供できるようにしておきます担当者がインストール ID の確認情報ページ ウィザードとします。カスタマー サービス担当者から提供された確認 ID を入力すると、ウィザードは次の CAL の再発行するインストール ID を提供します。
  5. ウィザードが完了すると、成功の re-issue の Cal を確認するのには、ライセンスのコンソールを更新します。

    メモ
    • Cal を購入したときに受信したライセンス コードを入力する必要があります。
    • ガジェットから戻るを可能な限り復元できますようにライセンスをバックアップするのには、ライセンスのバックアップ ウィザードを使用することをお勧めします。

プロパティ

文書番号: 888818 - 最終更新日: 2011年7月30日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbtshoot kblicensing kbprb kbbackup kbmt KB888818 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:888818
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com