Exchange Server 2003 SP1 コンピューターで、インフォメーション ストア データベースのオンライン バックアップを正常に実行できませんし、イベント ID 217 が記録されます。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 889528
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

情報のオンライン バックアップを実行するときにデータベースに格納、Microsoft Exchange Server 2003 Service Pack 1 上 (SP1)コンピューターは、バックアップが正常に終了できません。次のイベントが記録されます、アプリケーション ログ:

イベント ID: 217
ソース: ESE
種類:エラー
分類: ログ/回復
説明:
-4001 中のエラーデータベースのバックアップ 場所.データベースになります復元できません。

メモ -4001 エラー コードに対応します。 JET_errFileIOBeyondEOF エラーの状態です。

原因

特定の状況では、インフォメーション ストアのバックアップ"ファイルの最後 (EOF)"を超える条件のため失敗します。Exchange Server で2003 SP1 は、Extensible Storage Engine (ESE)、インフォメーション ストアを pre-extends します。データベースの最適化機能としては。

解決方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、今後さらにテストを受け取ることがあります。したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

この修正プログラムがダウンロードできないか場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポート修正プログラムを入手するに問い合わせてください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムが提供されている言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、修正プログラムがその言語の利用できないためにです。

前提条件

この修正プログラムをインストールするには、ことが必要ですがExchange Server 2003 SP1 を実行しています。 のExchange Server 2003 Service Pack 1 の入手方法の詳細についてをクリックします。マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには、次の資料番号ベース:
836993どのようにExchange Server 2003 の最新の service pack を入手するのには

再起動の必要性

クラスター化されていない、スタンドアロンの Exchange Server 2003年コンピューター上でこの修正プログラムをインストールするのには、コンピューターを再起動する必要はありません。ただし、交換します。サービスは自動的に停止および再起動されます、修正プログラムの中にインストールします。Exchange Server 2003年のクラスター化されたコンピューターは、再起動する必要があります、クラスターのノードです。この修正プログラムをインストールする方法の詳細についてを参照してください、「修正プログラムのインストール方法」のセクションします。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、他の修正プログラムに置き換えられない。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版にファイルがあります。属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表に記載されています。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻で一覧表示されます。(UTC) です。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。するにはUTC とローカル時刻との時差を確認、使用、 時間ゾーン タブ コントロール パネルの日付と時刻ツールでします。
   Date         Time   Version            Size    File name
   --------------------------------------------------------------
   21-Nov-2004  00:49  6.5.7232.54     2,115,072  Ese.dll     

Exchange Server 2003年コンピューターがクラスター化されていない修正プログラムのインストールについて

クラスター化されていない、スタンドアロンの Exchange のこの修正プログラムをインストールするのにはサーバー 2003年のコンピューターは、次の方法を使用します。

使用すると、このメソッドは、まずマウントできないインフォメーション ストアをすべて解除する必要があります。この問題が発生しています。Microsoft Exchange を強制停止する必要がありますし、この修正プログラムをインストールする前にインフォメーション ストアのサービスです。このメソッドを使用するのには次の手順を実行します。
  1. 発生していないすべてのインフォメーション ストアのマウントを解除します。この問題は、「現象」に記載されています。詳細については方法については、ストアのマウントを解除するには、「ストアのディス マウント」「exchangeServer 2003 のヘルプします。

    重要です 記載されているインフォメーション ストアのマウントを解除できません。イベント ID 217 です。Exchange イベント 217 で、ソフト回復状態に強制的にマウントされているデータベースに、Store.exe プロセスを終了する必要があります。ソフト リカバリ状態にするには、次の手順を必要です。
  2. Kill.exe ユーティリティまたは TaskKill.exe ユーティリティを使用してください。Microsoft Exchange Information Store サービスを強制的に停止します。
    • [Microsoft Exchange Server 2003年を実行している場合Windows 2000 Server ベースのコンピューターは、Kill.exe ユーティリティを使用して停止するのには、Microsoft Exchange インフォメーション ストア サービスです。Kill.exe ユーティリティが含まれていますWindows 2000 サポート ツールを Windows 2000 Server の CD-ROM にします。使用するのにはKill.exe ユーティリティ、次の手順を実行します。
      1. Windows 2000 サポート ツールをインストールします。 詳細についてはサポート ツールをインストールする方法の詳細については、次の資料をクリックします。数を Knowledge Base の資料を参照するのには:
        301423Windows 2000 をインストールする方法ツールは、Windows 2000 Server ベースのコンピューターをサポートします。
      2. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ cmd、し [OK].
      3. 種類 -f store.exe を終了します。、、ENTER キーを押します。

        メモ Kill.exe コマンドの構文の詳細についてを入力します。 削除/しますか? コマンド プロンプトで。
    • Windows Exchange Server 2003年を実行している場合Server 2003 ベースのコンピューター、TaskKill.exe ユーティリティを使用して、マイクロソフトを停止するのにはExchange インフォメーション ストア サービスです。TaskKill.exe ユーティリティに付属しています。Windows Server 2003。ユーティリティは、%windir%\System32 フォルダーにあります。するにはTaskKill.exe ユーティリティを使用して、次の手順を実行します。
      1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ cmd、し [OK].
      2. 種類 taskkill/f/imstore.exe、し、ENTER キーを押します。

        メモ TaskKill コマンドの構文の詳細についてを入力します。 taskkill/しますか? コマンド プロンプト、または訪問ので、次のマイクロソフト Web サイト:
        http://technet2.microsoft.com/windowsserver/en/library/c1db6dae-41c3-4c94-a038-d87baa0fee091033.mspx
  3. この修正プログラムを適用します。
  4. Microsoft Exchange Information Store サービスこの修正プログラムを適用した後は、自動的に再起動します。確認するのにはサービスが正しく開始して、サービスで、サービスの状態を表示スナップインです。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ services.msc、し [OK].
    2. 検索、 Microsoft Exchange についてストア サービスです。
    3. 確認、 ステータス column状態を示す 開始.

      メモ 時にインフォメーション ストアの回復を許可します。発生します。
  5. 手順 1 でマウント解除されて、インフォメーション ストアをマウントします。ストアをマウントする方法の詳細については、[ストアのマウント] のトピックを参照してください。Exchange Server 2003年のヘルプをします。

修正プログラムのインストールについて Exchange Server 2003年のクラスター化された環境

クラスター化された Exchange Server 2003 にこの修正プログラムをインストールするのには環境は、次の手順を実行します。
  1. パッシブ ノードで、ノードが所有していないを確認、Exchange またはクラスター グループのリソース グループを使用します。
  2. パッシブ ノードをクリックします。 開始をクリックしてプログラムをクリックして 管理ツール、、をクリックして、 サービス.
  3. 右クリックします。 クラスター サービス、し、クリックしてください。 停止.

    メモ これは、 クラスター アドミニストレーター するにはパッシブ ノードを利用できないの一覧を表示します。ノード アイコンは、赤い"X"が表示されます。その上で。
  4. パッシブ ノードにこの修正プログラムをインストールします。
  5. パッシブ ノードを再起動します。
  6. 再起動後、まで待つ クラスター管理者 アクティブ ノードをパッシブ ノードとしてを表示します。アクティブなクラスターのメンバーです。ノード アイコンに赤い"X"上に表示されます。
  7. アクティブ ノード上をクリックします。 開始 をクリックしてプログラムをクリックして 管理ツール、、をクリックして、 クラスター アドミニストレーター.
  8. 展開、 グループ コンテナーをクリックしてExchange リソース グループ、し、右クリック Exchangeインフォメーション ストアのインスタンス.クリックしてください。 プロパティをクリックしては、 高度な タブをクリックし しません。再起動.
  9. クリックしてください。 [OK] ダイアログ ボックスを閉じるにはボックス。
  10. されていないすべての情報ストアのマウントを解除します。「現象」に記載されている問題が発生しています。詳細についてはストアのマウントを解除する方法について」の「ストアのディス マウント」を参照してください。Server 2003 のヘルプを交換します。

    重要です 記載されているインフォメーション ストアのマウントを解除できません。イベント ID 217 です。
  11. Kill.exe ユーティリティまたは TaskKill.exe ユーティリティを使用してください。Microsoft Exchange Information Store サービスを強制的に停止します。
    • [Microsoft Exchange Server 2003年を実行している場合Windows 2000 Server ベースのコンピューターは、Kill.exe ユーティリティを使用して停止するのには、Microsoft Exchange インフォメーション ストア サービスです。Kill.exe ユーティリティが含まれていますWindows 2000 サポート ツールを Windows 2000 Server の CD-ROM にします。使用するのにはKill.exe ユーティリティ、次の手順を実行します。
      1. Windows 2000 サポート ツールをインストールします。

        詳細については、サポートをインストールする方法ツール、Microsoft では、資料を表示する次の資料番号をクリックします。ナレッジ ベース:
        301423どのようにWindows 2000 Server ベースに、Windows 2000 サポート ツールをインストールするのにはコンピューター
      2. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ cmd、し [OK].
      3. 種類 -f store.exe を終了します。、、ENTER キーを押します。

        メモ Kill.exe コマンドの構文の詳細についてを入力します。 削除/しますか? コマンド プロンプトで。
    • Windows Exchange Server 2003年を実行している場合Server 2003 ベースのコンピューター、TaskKill.exe ユーティリティを使用して、マイクロソフトを停止するのにはExchange インフォメーション ストア サービスです。TaskKill.exe ユーティリティに付属しています。Windows Server 2003。ユーティリティは、%windir%\System32 フォルダーにあります。するにはTaskKill.exe ユーティリティを使用して、次の手順を実行します。
      1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ cmd、し [OK].
      2. 種類 taskkill/f/imstore.exe、し、ENTER キーを押します。

        メモ TaskKill コマンドの構文の詳細についてを入力します。 taskkill/しますか? コマンド プロンプト、または訪問ので、次のマイクロソフト Web サイト:
        http://technet2.microsoft.com/windowsserver/en/library/c1db6dae-41c3-4c94-a038-d87baa0fee091033.mspx
  12. アクティブ ノード上をクリックします。 クラスター管理者を展開 グループ ・ コンテナーを右クリックしてExchange リソース グループ、し 移動グループ グループを別のパッシブ ノードに移動します。

    メモ これは、Exchange データベースに既に適用を開始しますノードおよびそれらをマウントします。
  13. 右クリックします。 Cluster Group リソース グループ,し ムーブ グループ グループを移動するにはパッシブ ノードです。
  14. [サービス] 管理コンソールを使用して、クラスターを停止します。ローカル ノード上のサービス。
  15. このローカル ノードに修正プログラムをインストールします。
  16. ローカル ノードを再起動します。

    メモ Exchange 仮想サーバーがノードに以外実行します。どのような以前はアクティブ ノードでした。必要に応じて、グループを移動できます。以前のアクティブ ノードに戻します。
  17. 展開、 グループ コンテナーをクリックして、Exchange リソース グループの右クリック、 Exchangeインフォメーション ストアのインスタンスをクリックして プロパティをクリックしては、 高度な タブをクリックし再起動.
  18. クリックしてください。 [OK] ダイアログ ボックスを閉じるにはボックス。

状況

マイクロソフトこれに記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認しています「対象」のセクションで。

詳細

残念ながら、新しいインフォメーション ストアを作成して、移動ユーザーに、新しいストアは、この問題の回避策としては機能しません。は-4001 エラーの発生にいくつかの理由。多くの理由が正当ながエラーが発生。このようなエラーの例としては以下の場合は、次のいずれか発生します。
  • インフォメーション ストアがクラッシュします。
  • ディスクに関する問題が発生します。
シナリオのインフォメーション ストアのクラッシュやディスクに問題が発生すると、この修正プログラムこれらのエラーを再発を防止するはいません。エラーと同じですが、それらは EOF の問題には適用されません。この資料で説明します。シナリオでは、インフォメーション ストアのクラッシュやディスクに関する問題が発生するは、これらの問題を修正する必要があります。次に、使用する必要があります。以前のバックアップからインフォメーション ストアを復元します。

実行する必要があります、Kill.exe ユーティリティまたは Taskkill.exe ユーティリティを Exchange 情報この問題を解決するのには、サービスを格納します。これらのユーティリティのいずれかを実行します。すべてのマウントされたデータベース回復のフラグが付けられます。

メモ すべてのインフォメーション ストアを正常にする前にマウント解除されます。Kill.exe ユーティリティを実行または Taskkill.exe ユーティリティによって削除されません。これらのユーティリティ。

のマイクロソフトのソフトウェアの更新の詳細については、次の資料をクリックします。数を Knowledge Base の資料を参照するのには:
824684標準の説明マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される用語
817903 新しい名前を付けるスキーマを Exchange Server のソフトウェア更新プログラム パッケージ

プロパティ

文書番号: 889528 - 最終更新日: 2011年8月3日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbbug kbfix kbqfe kbexchange2003presp2fix kbhotfixserver kbautohotfix kbmt KB889528 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:889528
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com