SQL Server 7.0 の Microsoft データ エンジン (MSDE) 1.0 Service Pack 4 の説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 889543
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

このリリースの Microsoft SQL Server 7.0 と Microsoft データ エンジン (MSDE) 1.0 Service Pack 4 (SP4) SQL Server 7.0 または MSDE 1.0 のインストールのデータベース コンポーネントの更新を提供します。この記事では、SP4 に関する次の情報を紹介します。
  • Service Pack のバージョンおよび Service Pack 4 の削除
  • ダウンロードする方法、および Service Pack 4 を抽出するのには
  • Service Pack 4 をインストールする方法
  • データベース コンポーネントとクライアント コンポーネントの Service Pack 4 を再配布する方法
  • サイトに影響を Service Pack 4 を実行して、問題について説明します

内容

詳細

はじめに

この Microsoft SQL Server 7.0 Service Pack 4 (SP4) のリリースとMicrosoft データ エンジン (MSDE) 1.0 SP4 は、SQL のデータベース コンポーネントを更新します。Server 7.0 または MSDE 1.0 のインストールします。これらには、次のコンポーネントが含まれます。
  • データベース エンジン
  • SQL Server 企業などのデータベース クライアント ユーティリティマネージャーと osql (SQL Server 7.0 のみ)
  • OLE DB などのデータベース クライアント接続コンポーネントSQL Server、SQL Server の ODBC ドライバーは、クライアント プロバイダーネットワーク ライブラリ
SQL Server 7.0 SP4 を実行しているコンピューターに適用可能SQL Server 7.0 データベース エンジンまたは MSDE 1.0。Service Pack 4 のセットアッププログラムが自動的にエディション SQL Server 7.0 または MSDE 1.0 が検出します。コンピューターおよびコンポーネントのアップグレードのみにそのエディションに含まれて。は、セットアップ プログラム SQL Server 7.0 のコンポーネントをアップグレードすることはありません。Enterprise Edition のセットアップ プログラムの存在を検出した場合を除いて、エンタープライズ エディションです。コンピューターに service pack を適用した場合MSDE 1.0 を実行して、コンポーネントのみをアップグレードすることはありません含まれてSQL Server 7.0 では。コンピューターに service pack を適用した場合データベース クライアント コンポーネントを実行しているだけに、このアップグレードは行われませんデータベース サーバーのコンポーネントです。

コンポーネント データベースの SQL Server ののためサービス パックは累積的で、SP4 には以前のすべての SQL からの修正プログラムが含まれています。Server 7.0 service pack。そのため、オリジナルに SP4 を適用できます。SQL Server バージョン 7.0 または MSDE 1.0 のインストール、SQL Server 7.0 またはMSDE 1.0 のインストールに service pack が適用されています。これまで。

SQL Server 7.0 SP4 がコンピューターをサポートしていませんAlpha CPU チップ上で.SQL Server 7.0 Service Pacl 3 (SP3) は、最後です。Alpha ベースのコンピューターをサポートする SQL Server 7.0 の service pack

修正プログラムの詳細については、ある SQL Server 7.0 Service Pack 4 に含まれる、次の記事をクリックします。数を Knowledge Base の資料を参照するのには:
313980SQL Server 7.0 の service pack で修正されたバグの一覧
追加SQL Server 7.0 Service Pack 以外 4 に関する情報についてこの資料に含まれており、表示するのには、次の資料番号をクリックして、資料は、マイクロソフト サポート技術。
313986SQL Server 7.0 サービス Pack 4 Readme.htm の追加

Service pack のバージョン

[インストールされている service pack でない場合SQL Server 7.0 データベース エンジンまたは MSDE 1.0 のインスタンスを確認してください、SELECT @ バージョンのコマンドを実行しているバージョン osql、クエリ アナライザーは SQL、または isql.次の表は、バージョン間の関係を示しています。@ コマンド、SQL Server 7.0 によって報告される文字列とMSDE 1.0 service pack:
元に戻す全体を表示する
@SQL Server バージョン
7.00.623元 SQL Server 7.0 または MSDE 1.0リリース
7.00.699データベース コンポーネントの Service Pack 1(SP1)
7.00.842 のものデータベース コンポーネントの Service Pack 2(SP2)
バージョン 7.00.961データベース コンポーネント SP3
7.00.1063データベース コンポーネント SP4
場合は、SQL Server 7.0 のエディションがありません。実行する、または MSDE 1.0 に接続している場合は、出力の最後の行です@ コマンドのレポートで、あるエディションが返される接続されています。たとえば、出力は次のような場合もあります。
MSDE on Windows NT 4.0 (Build 1381: Service Pack 4)
Desktop Edition on Windows NT 4.0 (Build 1381: Service Pack 4)
Developer Edition on Windows NT 4.0 (Build 1381: Service Pack 4)
Standard Edition on Windows NT 4.0 (Build 1381: Service Pack 4)
Enterprise Edition on Windows NT 4.0 (Build 1381: Service Pack 4)
最新の修正プログラム

2002 年 2 月 20 日後、修正プログラムを受け取った場合、修正プログラムは SP4 に含まれている可能性がありますされません。主なサポートにお問い合わせください。プロバイダーは、SP4 の修正プログラムの更新については。

SP4 を削除します。

削除 SP4 簡単にシステム テーブルの変更のためサービス パックがメンテナンスの必要があります。ビルドに戻すにはSP4 をインストールする前に、削除し、SQL Server の 7.0 を再インストールする必要がありますかMSDE 1.0。それが必要な場合は、service pack (SP1、SP2 を適用する必要があります。SP3、SP4 のインストール前に実行していたこと。再インストールする前にSQL Server 7.0 または MSDE 1.0 のデータベースには、SP4 をデタッチします。次に、それらを接続し直しますSQL Server 7.0 または MSDE 1.0 とは、SP1、SP2、または SP3 を再インストールした後。の詳細についてを使用して、 sp_attach_dbsp_detach_db 手順は、7.0 の場合は SQL Server SQL Server Books Online 参照してください。として新規のインストールでは、必要なログインを再作成する必要があります。行う必要があります。再作成が情報に依存するタスクをスケジュールするも、 msdb データベースは、必要に変更するだけでなく、 モデル データベースです。レプリケーションを使用する場合は、再設定する必要があります。複製します。

ダウンロードと SP4 を抽出します。

この service pack は、次の 2 つの形式で配布されます。
  • SP4 CD 上
  • 自己解凍、形式でのファイル Sql70sp4.exe を名前付きインターネットからダウンロードすることができます。
自己解凍型ファイル Sql70sp4.exe を使用してセットを構築しますフォルダーと同じフォルダーおよびファイルには、コンピューター上のファイルSP4 CD 上です。次に、セットアップ プロセスを SP4 CD は同じです。解凍した SP4 ファイルと。

SP4 をダウンロードする場合は、抽出する必要があります。ファイルは、セットアップを実行する前に、サービス パック フォルダーを作成するのにはプログラムです。

メモ いくつかのサービス パックのファイルはシステム ファイルです。確認、 すべてのファイルを表示します。 Microsoft Windows NT Explorer または Windows のいずれかのオプションを設定しています。サービス パックを使用する場合は、エクスプ ローラー。このオプションを有効にするには、実行します。以下の手順します。
  1. Windows エクスプ ローラーまたは Windows NT のエクスプ ローラーを起動します。
  2. で、 ビュー メニューをクリックしてオプション.
  3. で、 ビュー タブを選択する] をクリックします。すべてのファイルを表示します。.

SP4 のディスク容量要件

SP4 をダウンロードする場合をアンパックする場合は、231 MB のディスク容量が必要自己解凍形式の実行可能ファイルに、コンピューターと、ドライブ C に抽出を実行します。

十分なディスク領域がある場合SP4 をダウンロードする C ドライブに、コンピューター上で、ディスク スペースを節約できますSP4 の ZIP ファイルをセカンダリ ドライブにダウンロードします。抽出することができます、ファイルがドライブ C を圧縮します。必要このメソッド 188 MB ドライブ C と 43 の MB の上と、第 2 のドライブです。

データベース コンポーネント SP4 を抽出します。

データベース コンポーネント SP4 を抽出するのには、自己解凍形式のファイルをコピーします。SQL Server 7.0 または MSDE 1.0 を実行しているコンピューター上にあるフォルダーにします。次に、ファイルを実行します。自動解凍プログラムの名前を要求します。service pack のファイルを格納するフォルダーです。たとえば、する場合、SQL Server を実行しているまたは MSDE をという名前フォルダーを作成してC:\70sp4、Sql70sp4.exe ファイルをコンピューターにコピーする、ファイルを実行し、表示されたら、C:\70sp4 フォルダーの名前を提供します。

これサービス パック ファイルを抽出し、マイクロソフトの次の 2 つのシステムをコピーします管理サーバーのファイルを C:\70sp4 フォルダーにします。サービス パックの残りの部分ファイルは \X86 サブフォルダーに配置されます。

データベースの名前を変更します。コンポーネントを抽出した後でのインストール フォルダーを指定します。ただし、ことを確認してください。フォルダー名にスペースはありません ("")。

Service pack のインストール

SP4 をインストールするには、次のインストール手順に従ってください。すべて手順は、次の SQL Server 7.0 のうちにによって必要です。サービスに適用する構成をパックします。
  • データベース サーバーの構成: データベース エンジンを実行しているコンピューターに適用されると、関連ソフトウェアから MSDE 1.0 または SQL Server 7.0 の任意のエディションのいずれかです。これらコンピューターにも、データベース クライアント コンポーネントが含まれています。
  • データベース クライアント専用の構成: 以下を実行しているコンピューターに適用されます。
    • OLE などのデータベース クライアント接続コンポーネントSQL Server、SQL Server の ODBC ドライバー、およびクライアントの DB プロバイダーNet-library から SQL Server 7.0 または MSDE 1.0 のいずれか)。
    • SQL Server 企業などのデータベース クライアント ユーティリティマネージャー、bcp (SQL Server 7.0 のみ)。
  • フェールオーバー クラスターの構成: SQL Server 7.0 が実行されているコンピューターにのみ適用されます。フェールオーバー クラスターで構成します。
  • サーバーの構成を複製します。 SQL Server 7.0 上で実行しているコンピューターにのみ適用されます。少なくとも 1 つのデータベースは、レプリケーション トポロジの一部です。
各インストール手順については、該当するコンポーネントのあります。一覧に表示します。

メモ Service pack は言語固有です。Service pack を適用します。言語 SQL Server コンポーネントは、アップグレードを実行するとします。

メモ Windows NT 4.0 のフランス語版の SP4 をインストールする前に、次の Microsoft Knowledge Base の指示します。記事:
259484 Windows 2000 のフランス語ロケールで CryptEncrypt および CryptDecrypt 関数がサポートされています
インストールを始める前に
次のすべてのコンポーネントのインストールに適用します。

は、SP4 セットアップ プログラムはそのユーザー以外のユーザーのデータベースをアップグレードされません。定期的にレプリケーション トポロジに関係するデータベースを指定します。データベースします。関与していない複製のトポロジ依存 SP4 ではないです。の例:
  • インスタンスからユーザー データベースのバックアップを復元することができます。SQL Server 7.0 または SQL Server 7.0 SP1、SP2、SP3 のインスタンスの SQL Server7.0 SP4。
  • インスタンスからユーザー データベースのバックアップを復元することができます。SQL Server 7.0 SP4 SQL Server 7.0 SP1、SP2、または SQL Server 7.0 のインスタンスには、または SP3
  • SQL のインスタンスからユーザー データベースをデタッチすることができます。Server 7.0 か SQL Server 7.0 SP1、SP2、または SP3 と、そのインスタンスに適用SQL Server 7.0 SP4 は。
  • SQL のインスタンスからユーザー データベースをデタッチすることができます。Server 7.0 SP4、SQL、または SQL Server 7.0 のインスタンスに添付し、Server 7.0 SP1、SP2、または SP3 を使用します。
SP4 セットアップのメンバーであるユーザー データベースをアップグレードします。レプリケーション トポロジです。SP4 をインストールする前に、レプリケーションを確認します。データベースとファイル グループ書き込み可能であるし、ユーザーにアカウントのことです。セットアップ プログラムの実行、データベースへのアクセス権があります。詳細についてはSP4 に含まれているデータベースに適用する方法に関する情報レプリケーション トポロジを参照してください。 インストールします。複製サーバー.
分散インストールの Systems Management Server の準備をしています。
Microsoft Systems Management Server を使用してインストールすることもできます。SP4 では、Windows NT をサーバー実行している複数のコンピューターに自動的には。は、Smssql.sms ファイルは、SQL の作成を自動化するパッケージ定義ファイルです。サーバー パッケージでは、Systems Management Server です。次に、SQL Server パッケージをします。分散でき、システム管理を実行しているコンピューターにインストールされてサーバーです。Unattspsms.bat ファイル、動作検出、バッチ ファイルでください。コンピューターのシステムと、適切なバージョンのセットアップを実行プログラムです。

SQL Server データベースをバックアップします。

データベース以外のすべての構成の適用します。クライアントを構成します。

念のため、すべてを SQL をバックアップします。サーバーのデータベース。これが含まれています、 マスター, モデル、、 msdb データベース。Service pack をインストールするユーザーは変更されません。レプリケーションでは関連するユーザー データベース以外のデータベースには変更は、 マスターmsdb データベース。サービス パックのインストールを変更、 マスター, msdb、、 モデル データベース。これはの SP4 以前のバージョンと互換性ができます。SQL Server 7.0。SQL を再インストールする場合は、このようなバックアップが必要です。Server 7.0 sp4 を適用せず。

また、ユーザーをバックアップするが賢明です。SP4 は、ユーザー データベースでのみ更新を実行しますが、データベースします。レプリケーション トポロジのメンバー。

システム データベースに十分な空き領域があるかどうかを確認します。

データベース以外のすべての構成の適用します。クライアントを構成します。

場合はこの手順をスキップすることができます、次のよう条件が満たされます。
  • は、 自動拡張 オプションがどちらの場合も、 マスターmsdb 適用する SQL Server または MSDE のシステム内のデータベースSP4。
  • これらのデータベースが含まれているディスク ・ ドライブを少なくともいます。500 KB の空きデータベースごとに自動拡張できます。
SQL Server 7.0 のシステム データベースがあることを確認できます。十分な空き領域。これを行うには、SQL Server に SQL Server から接続します。Enterprise Manager で、データベースのアイコンを右クリックし、クリックしてください プロパティ.いることを確認、 自動拡張します。ジョブ チェック ボックスが選択されています。MSDE を確認するのには、発行、SQL の次のステートメント:
  • sp_helpdb マスター
  • sp_helpdb msdb
これらのステートメントの出力には、ことを確認します拡大。列ではありません 0。

場合は、 自動拡張 オプションではありませんのいずれかを マスター または、 msdb データベースの自動拡張ができないデータベースが必要500 KB の空き領域。これを確認するには、実行、 sp_spaceused システム ストアド プロシージャのコンテキストでは、 マスターmsdb データベース。どちらかのデータベースの未割り当て領域の図の場合します。未満 500 KB で、データベースのサイズを大ききます。これを行うには、に従って、SQL Server Books Online の「データベースの拡張」トピックの指示にSQL Server 7.0 の場合。

クラスター構成を準備します。

以下にフェールオーバー クラスタ リングにのみ適用されます。構成します。

SQL にデータベース コンポーネント SP4 をインストールする前にServer 7.0 Enterprise Edition では、クラスター化された環境では、ことを確認、Microsoft 分散トランザクション コーディネーター (MSDTC) が含まれているグループMSDTC を最初にインストールされたノードによって所有されています。

場合は、グループこのノードでは、ない所有するサービス パック 4 のセットアップ プログラムは、MSDTC を表示この問題を解決するように求めるエラーのセットアップし、セットアップを再試行するにはプログラムです。MSDTC を使用したノードにグループを移動して問題を修正します。最初にインストールします。SQL Server 』 をクラスターで実行されている場合データベース コンポーネントを適用する前に構成は、そのクラスターでなければなりませんSP4。SQL Server のクラスター化を解除する前に、クラスター アドミニストレーターを使用していることを確認するのにはその他のクラスター リソースは、次の 5 つの SQL のいずれかに依存していないことサーバー クラスターのリソース:
  • SQL ネットワーク名
  • SQL の IP アドレス
  • SQL Server
  • SQL Server エージェント
  • SQL VServer
復元するためには、削除する依存関係を記録します。その後、サービス パックをインストールします。Microsoft メッセージ キューの場合リソースが、SQL のネットワーク名に依存関係を持つ、メッセージを取得する必要があります。キュー リソースをオフラインします。その後、別のネットワーク名にその依存関係を転送します。同じグループにします。グループ内の他のネットワーク名がない場合は、作成します。一時的なネットワークの名前です。次に、そのネットワーク名に依存関係を転送します。、SP4 をインストールした後、一時的なネットワーク名を削除できます。

するにはSQL Server のクラスター化を解除、次の手順を実行します。
  1. で、 SQL Server 7.0 をクリックしてグループ プログラムをフェールオーバー クラスター ウィザード.
  2. ダイアログ ボックスが表示されたら、元の SQL Server を挿入します。エンタープライズ版 CD をしに表示される指示に従ってこのウィザードでは。
Windows NT またはウィンドウのすべてのノードで以下の手順を実行しますSQL Server クラスター化されている 2000年のクラスターです。確認、フェールオーバー クラスター ウィザードは、すべての SQL Server リソースの名前と型を削除します。

クラスター内で動作するすべての SQL Server 7.0 インスタンスでなければなりませんされずが SP4 にアップグレードします。

詳細についてはSQL Server は、クラスター化された環境で実行して、参照してください。 SQL Server クラスター ・ ホワイト ・ ペーパー.

SP4 セットアップ プログラムを実行する前にアプリケーションを停止します。

データベース以外のすべての構成の適用します。クライアントを構成します。

SP4 セットアップ プログラムを実行する前にデータベース コンポーネント SP4 を適用、次のサービスをシャット ダウンし、アプリケーション:
  • Microsoft Search、MSDTC、MSSQLServer、MSSQLServerOLAPService、および SQLServerAgent サービス
  • Microsoft トランザクション サーバー、メッセージ キュー、およびMicrosoft COM トランザクション インテグレーター (COMTI)
  • すべてのアプリケーション。これは、コントロール パネルが含まれています
Windows NT クラスターに SP4 をインストールしている場合は、確認してください。これらのアプリケーションやサービスがクラスター内のすべてのノードで停止すること。

また、実行している場合は、SQL Server サービス マネージャーを停止します。これを行うには、タスク バーに最小化した SQL Server サービス マネージャー アイコンを右クリックし、をクリックして、 終了.

データベース コンポーネント SP4 をインストールします。

次のすべての構成に適用します。

実行、Setup.bat バッチ ファイルの次の場所のいずれか。
  • 展開した service pack ファイルを含むフォルダーSql70sp4.exe から
  • サービス パック フォルダーを SQL Server 7.0 SP4 CD
メモ Setup.bat バッチ ファイルは、Microsoft を使用して実行しないでください。ターミナル サービス クライアント。ターミナル サービスを使用しての SP4 のリモート インストールクライアントはサポートされていません。

Setup.bat バッチ ファイルを実行すると、 InstallShield ダイアログ ボックスの入力を求めるが表示されます。SQL Server 認証または Windows NT を使用するかどうかなどの情報認証します。SQL Server 認証を選択した場合、指定する必要があります、セットアップ プログラムのパスワードを sa ログインします。Windows NT 認証を選択した場合、実行する必要があります、Windows ログインを使用して Windows にログオンしているときに、セットアップ プログラムメンバーであるアカウントを システム管理者 SQL Server または MSDE のインスタンスのサーバーの役割は、解決、アップグレードしています。

その後、セットアップ プログラム既存の SQL を置換します。Service pack のファイルがサーバーまたは MSDE のファイル。また、セットアップ プログラムを実行します。ストアド プロシージャのシステムを更新するのには、いくつかの .sql スクリプト ファイル。

は、MSDTC MSDTC の新しいバージョンがシステムにインストールされます。クラスター化されました。環境は、これは Windows NT のクラスターのすべてのノードで行います。

SQL Server 7.0 または MSDE 1.0 を実行すると、セットアップ プログラムを接続ストアド プロシージャのシステム更新、.sql スクリプト、表示します。 認証モード それを検出すると、ダイアログ ボックス、インストールで混在モードでは、空白のパスワードを sa ログインします。これは、ユーザーをされる可能性に対処することがをできます。空白のパスワードを持つシステムを実行中のセキュリティ上の問題、 sa ログインします。まま、 sa 簡単に権限のないユーザー ログインのパスワードを空白を提供します。SQL Server または MSDE への管理アクセスします。お客様のシステムを保護するために、必要があります、 sa パスワードまたは Windows NT の認証を使用します。既定では、 認証モード 現在のダイアログ ボックスを使用しません。インストールを設定します。次の既定値] ダイアログ ボックスを使用します。
  • 既定では、Microsoft Windows を実行しているコンピューター上で95、Microsoft Windows 98、および Microsoft Windows Millennium Edition、認証モード 混在モードのダイアログ ボックスを使用します。混在モードします。これらのオペレーティング システムでサポートされている唯一の認証モードです。その後、ダイアログ ボックスのパスワードを指定することを要求、 sa ログインします。パスワードを指定すると、セットアップ プログラムを変更、 sa ログイン パスワード。場合は、設定、パスワードを空白のままにプログラムはパスワードを変更することがなく接続します。
  • 既定では、Windows NT 4.0 を実行しているコンピューターにまたはMicrosoft Windows 2000 のセットアップ プログラム Windows NT の認証を使用します。、Windows NT 認証モードの既定値をそのまま使用するのには、ダイアログ ボックスを使用できますか認証モードを混合モードに切り替えるには sa ログイン パスワードが空白ではないです。
認証モードのパスワードを変更する前には、 sa ログインは、この既存のアプリケーションに影響しないことを確認してください。たとえば、Windows 2000 ベースのコンピューター上で SQL Server を実行している場合、Windows NT 認証モードには、既存のアプリケーションからの混合モードを変更します。使用するように構成するまで SQL Server 認証を接続できません。Windows NT の認証を使用します。また、変更するかどうかは、 sa ログイン パスワードやアプリケーションを使用して管理のプロセス使用して設定するまで、古いパスワードが接続できません。パスワードです。

セットアップ プログラムで実行するアクションを記録します。Sqlsp.log ファイルは、実行されるコンピューター上の一時フォルダーには。

サービスを再起動します。

データベース以外のすべての構成の適用します。クライアントを構成します。

セットアップ プログラムが完了したら、ことがあります。システムを再起動するように求め。システムの再起動後、または、再起動を要求しなくても、セットアップ プログラムの終了]、[サービス] ツールを使用してコントロール パネルを使用するには、次のサービスが実行されていることを確認してください。
  • Microsoft Search
  • MSDTC
  • MSSQLServer
  • MSSQLServerOLAPService
  • Sql server エージェント
セットアップ、アップグレードされたバックアップします。 マスターmsdb データベース。

クラスターの構成を再度クラスター化します。

以下にフェールオーバー クラスタ リングにのみ適用されます。構成します。

Windows NT クラスターに SP4 を適用している場合構成は、SQL Server を再度クラスター化します。Reclustering する前に、SP4 を適用する必要があります。クラスター内に含まれているすべてのインスタンス SQL Server 7.0。

重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を示す手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生。そのため、慎重にこの手順を実行することを確認します。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。レジストリを復元する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリを復元する方法


SQL への依存関係のメッセージ キューを削除した場合このサーバーでは、次のレジストリ キーを変更するのには、レジストリ エディターの実行:
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\MSMQ\Parameters\MachineCache\MQS
キーは、値 2 (BSC)、4 (PSC)、または 8 (がある場合PEC) の現在の値を記録し、値を 1 に変更します。それ以外の場合は、ままに、キーの値は変更されません。

SQL Server 再度クラスター化するには、以下を実行します手順:
  1. で、 SQL Server 7.0 をクリックしてグループ プログラムをフェールオーバー クラスター ウィザード.
  2. ウィザードが表示されたら、元を挿入します。SQL Server エンタープライズ版 CD、CD ドライブ、および実行には、命令が表示されます。
次実行します手順 Windows NT のすべてのノード上のクラスターSQL クラスターに含めるサーバーのインスタンスが含まれています。

メッセージ キューのレジストリ キーします。
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\MSMQ\Parameters\MachineCache\MQS
.フェイル オーバー機能を使用する前に、このキーの元の値を変更した場合クラスター ウィザード、元の値を復元するのには、レジストリ エディターの実行をレジストリのキーです。SQL Server リソースの依存関係を削除した場合、リソースの種類の説明に従って、 準備クラスターの構成 セクションで、クラスター アドミニストレーターを使用して復元するのには依存関係。メッセージ キュー リソースの依存関係の SQL Server の必要がある場合SQL のネットワーク名、クラスター アドミニストレーターを使用して復元するのには、依存関係。削除の依存関係を他のネットワークは、名前を付ける確立、 クラスターを準備します。構成 セクションです。IP アドレス リソースを作成するか、一時的なネットワーク名に、 クラスターを準備します。構成 それらを削除します。メッセージ キューを表示します。オンライン リソースです。

アプリケーションを再起動します。

次のすべての構成に適用します。

再起動、SP4 セットアップする前に、終了するアプリケーションを実行します。プログラムです。

複製されたサーバーにインストールします。

以下は、レプリケーション サーバーにのみ適用されます。構成します。

すべてにこの service pack を適用することをお勧めレプリケーション トポロジの次 SQL Server 7.0 参加者。
  • 発行元
  • ディストリビューター
  • サブスクライバー
SP4 を展開するのには、次の手順を使用することをお勧めレプリケーション トポロジ全体で。
  1. 別のものの場合はディストリビューターに、発行元
  2. 発行元
  3. サブスクライバー
メモ 一般に、マージ レプリケーションでは、ディストリビューターで特にとパブリッシャーと同じサーバー上にあるし、同時にアップグレードされます。

でマージ レプリケーションでは、ディストリビューション データベースを使用してエージェントのみを保存するのには履歴です。ディストリビューション データベースは、マージ レプリケーション トポロジでは、通常、パブリッシュされたデータベースと同じコンピューター上に存在します。しかし、また、します。リモート ディストリビューション データベースをマージ レプリケーション用に拠点がある、エージェントのヒストリを集中管理します。

すべてをアップグレードすることはできません。直ちにレプリケーション トポロジ内のサーバー。したがって、レプリケーション操作は、実行しているサーバー間では、通常、影響を受けていない、SQL Server 7.0 または以前のサービス パックおよび SP4 の元のバージョン参加者。次のセクションでは、例外が含まれます。
マージ パブリケーションのリモート ディストリビューション データベースを提供するサーバーに SP4 をインストールします。
サーバーを SP4 にアップグレードし、そのサーバーはリモートが含まれている場合ディストリビューション データベース マージ パブリケーションの場合は、各マージもアップグレードする必要がありますレプリケーション パブリッシャー SP4 にディストリビューション データベースを使用します。これ必要があるデータ変更を最適に配布することを確認して、関連するマージ レプリケーション パブリッシャーされているマージ (プッシュ) エージェントがディストリビューターで実行しています。

アップグレードマージ パブリッシャー SP4 にオリジナルの新しいサブスクリプションを受け取るSQL Server 7.0 のリリース
新しいマージ レプリケーションのサブスクライバーを持つサーバーからを許可するにはオリジナル リリース版の SQL Server 7.0 のインストールを追加する必要があります、 -70Subscribers 各スナップショット エージェント ジョブのオプションパラ メーター。

場合、これは、初期の同期のいずれかの新しい SQL Server 7.0 のマージ サブスクライバーにどの service pack が適用されていないが終了します。

サブスクライバーを指定するとつまり SQL Server の元のバージョンを実行しているが既に受信した、初期同期は、このサブスクライバー データをマージすることができるように続行されます。このパラメーターがもないです。ただし場合は、サブスクリプションを削除し、サブスクリプションを再初期化する必要がある場合、あるいはパラメーター必要です。お勧めサブスクライバーの代わりに SP4 にアップグレードするにはパラメーターを使用します。いることを確認したい場合は、までのパラメーターを追加できます。あなたは確実にすべてのサブスクライバー SP4 にアップグレードすることです。

マージ レプリケーション サブスクライバー SP4 をインストールします。
SQL Server マージ レプリケーション サブスクライバー SP4 にアップグレードする場合それぞれの関連もアップグレードする必要がありますレプリケーション パブリッシャーにマージSP4。これ関連付けられている差し込み印刷からデータの変更の配信を最適化します。レプリケーション パブリッシャーが実行されているマージ (プル) エージェントは、サブスクライバー。ベストを使用して実現をディストリビューター、パブリッシャー、サブスクライバー展開シーケンスに記載されている、 複製されたサーバーにインストールします。セクションです。

以前のバージョンの SQL Server が SP4 レプリケーションを実行
SP4 での SQL の動作方法に既知の相違点がありません。Server 6.0 または SQL Server 6.5 のパブリッシャーとサブスクライバーの方法との比較SQL Server 7.0 の元のバージョン、以前のバージョンで動作します。

Access 2000 (Jet 4.0) のマージ レプリケーションのサブスクライバーを更新します。
Microsoft Access 2000 の Jet ベースのサブスクライバーへの結合します。利用の改善 SP4 には、次のデータベースをコピーする必要がありますAccess 2000 を実行しているワークステーション コンポーネント SP4 ファイル:
  • X86\Binn\Replres.dll
  • X86\Binn\Replrec.dll
  • X86\Binn\Replprov.dll
  • X86\Jet\Msrpjt40.dll
システム ドライブの以下のフォルダーに各ファイルをコピーします。ワークステーション:
\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\Databaseレプリケーション
メモ MSDE 1.0 として提供している場合は、これらの手順を実行する必要はありません。Access 2000 マージ サブスクライバー。この例では、データベース コンポーネントを適用します。SP4。

データベース コンポーネント SP4 クライアント コンポーネントの再配布

自己解凍形式の SQL Server 7.0 と MSDE 1.0 SP4 が含まれます。ファイル、Sqlredis.exe は、Mdacredist.txt ファイルのバージョン。既定とSqlredis.exe を実行は、次のこと。
  1. Sqlredis.exe Mdac_typ.exe ファイルから Microsoft データを実行します。アクセス コンポーネント (MDAC) 2.1 SP2 です。これは、MDAC 2.1 SP2 のコアをインストールします。コンポーネントとバージョン SQL Server および MSDE のクライアント接続SQL Server 7.0 および MSDE sp1 に含まれるコンポーネント1.0。
  2. SQL Server と MSDE のクライアント Sqlredis.exe を置き換えます接続コンポーネントからデータベース コンポーネント SP4 の新しいバージョンでは。
  3. Sqlredis.exe に代わる、Mswstr10.dll、Mswdat10.dllOleaut32.dll、Olepro32.dll、および Stdole2.tlb ファイル。
データベース コンポーネント SP4 クライアントだけをインストールする場合接続コンポーネントでは、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。
sqlredis.exe/C:"setupre.exe MDAC 0 s SMS ="
同じ条件下では、Sqlredis.exe ファイルを再配布します。これに付随する Mdacredist.txt ファイルに記載されている条件サービス パック。

ドキュメントに関する注意

ここに SP4 を実行しているサイトに影響する問題について説明しますが、service pack に含まれている修正プログラムが原因はありません。

修正プログラムによって導入された動作の変更に記載されています各修正プログラムについての技術資料。 修正プログラムの詳細については、ある SQL Server 7.0 Service Pack 4 に含まれる、次の記事をクリックします。数を Knowledge Base の資料を参照するのには:
313980SQL Server 7.0 の service pack で修正されたバグの一覧

SP4 のインストール後にクライアント専用のコンピューターをアップグレード

場合によっては、ユーザー初めてのみ SQL Server クライアントをインストールします。コンピューター上のコンポーネントです。その後は、[標準]、[エンタープライズ]、または [デスクトップを追加します。セットアップ プログラムを実行して、コンピューター上のデータベース サーバーのエディションSQL Server CD から。コンピューター上のクライアント コンポーネントが既にある場合は、SP4 へのアップグレード、SQL Server のセットアップ プログラムは失敗しが表示されます、次のエラー メッセージ。
バージョンをインストールすることはできません。(7.00.1063) コンピューター上のバージョンよりも古いバージョン (7.00.623) です。古いバージョンをアンインストールします。
標準をエンタープライズを追加するかデータベース ・ サーバを実行しているクライアント コンピューターのデスクトップ版、SP4 クライアント コンポーネントは、次の手順を実行します。
  1. 元 SQL Server 7.0 の CD から Bcp.exe ファイルをコピーします。クライアント コンピューターにします。これで Bcp.exe の SP4 バージョンが上書きされます、C:\Mssql7\Binn ディレクトリです。
  2. SQL Server 7.0 の CD からセットアップ プログラムを実行します。サーバー コンポーネントをインストールします。
  3. データベース コンポーネント サービス パック 4 のセットアップ プログラムを実行します。コンピューター上のすべての SQL Server データベース コンポーネント SP4 にアップグレードします。
メモ 標準またはエンタープライズ版のクライアントをアップグレードするのにはサーバーは、適切なサーバーのライセンスを購入しなければなりません。インストールすることができます、デスクトップ版のサーバーで説明するクライアント コンピューター上では標準またはエンタープライズ SQL Server のクライアント アクセス ライセンス (CAL)。

SP4 をインストールすると日本語のデータベース サーバーを Windows 2000 にアップグレード

データベース コンポーネント SP4 がコンピューターにインストールすることができます。Windows NT、Windows 95、または Windows 98、および、アップグレードの後で Windows を実行しています。2000] をクリックします。 この現象が発生すると、Windows 2000 アップグレード特定を置換します。バージョンの日本語の文字を並べ替えるに含まれるシステム ファイルSP4 で必要なバージョンよりも前のバージョンのファイル。場合は、SQL Server データベースに日本語の文字を使用して、バージョンを再実行してください。Windows 2000 にアップグレードした後、SP4 が付属して Sqlredis.exe。詳細についてはSqlredis.exe は、実行の詳細についてを参照してください、 データベース コンポーネント SP4 クライアント コンポーネントの再配布セクションです。

これで、データベースがあるサーバーにのみ適用されます。日本語の文字を含みます。Sqlredis.exe を再適用する必要はありません。クライアント コンピューターまたはサーバー上に日本語が含まれているデータベースがないです。文字。

それ以降のバージョンに SP4 を適用します。

SQL Server のインストールをアップグレードしようとした場合同じバージョンまたはそれ以降のバージョンがデータベース エンジンの実行可能ファイルデータベース コンポーネント SP4 では、サービス パックが提供されているものより4 のセットアップ プログラムを終了することができ、次のエラー メッセージが表示されます可能性があります。
セットアップより新しい SQL Server コンポーネントが検出されましたService Pack で使用できます。セットアップを続行できません。
通常、このエラー メッセージが SP4 またはそれ以降のバージョンが既にされていることを示しますサーバー アップグレードであり、SQL Server のインスタンスに適用されます必要はありません。

ただし、この使用しているお客様に当てはまらないものもあります。SP4 ビルドよりも新しい、特別な SQL Server ビルドを受信する、SQL Server サポート ベンダーやユーザーは、ビルド システムに適用SP4 にまずアップグレードされませんでした。これらのお客様は SQL にお問い合わせください。サーバーは、アップグレード プロセスに関する情報を要求するベンダーをサポートします。

Windows NT 4.0 は、ターミナル サーバーのエディションに SP4 をインストールします。

SQL Server 7.0 の最初のリリースでサポートされていませんWindows NT 4.0 オペレーティング システム、ターミナル サーバーのエディションです。SQL Server 7.0 SP1SQL Server Windows NT 4.0、Terminal Server を実行してのサポートを導入します。エディションです。SQL Server 7.0 SP2、SP3、および SP4 を続ける Windows NT 4.0 をサポートするために、ターミナル サーバーのエディションです。

メモ SQL をインストールする準備をしている場合にのみ次の手順をに従ってください。Server 7.0 Windows NT 4.0 を実行しているコンピューター上で初めてターミナル サーバーのエディションです。以前この機能では、SQL Server を追加した場合7.0 SP2 または SP3、SP4 にアップグレードすると、この手順を繰り返す必要はありません。

SP4 の SQL Server Windows NT Server 4.0 を適用する必要があります。ターミナルの Server Edition SP4 はターミナル サーバーを実行しているコンピューターSQL Server をインストールする前に、エディションです。このサービス パックを示しますターミナル サーバーのエディションと Windows NT Server 4.0 SP4 から別にします。 追加Terminal Server Edition の service pack の詳細については、次をクリックします。文書番号を使用して「サポート技術情報」資料を参照するには:
152734Windows NT 4.0 の最新の service pack を入手する方法
7.0 の SQL Server と SQL Server の SP4 をインストールするのにはWindows NT 4.0、Terminal Server Edition を実行しているコンピューターに従いますこれら手順:
  1. その Windows NT 4.0 は、ターミナルの Server Edition の SP4 を確認します。適用されています。
  2. ターミナルを停止するのには、サービス ツール コントロール パネルを使用します。サービスのライセンス サーバーです。
  3. SQL Server の ODBC ファイルを System32 が、上のフォルダーにコピーします。Windows NT 4.0、Terminal Server を実行しているコンピューターエディションです。
  4. このコンピューターでは、SQL Server 7.0 の CD を挿入し、コピーCD にはありませんが、X86\ODBC フォルダーのファイルサーバー上にあるフォルダーです。
  5. コントロール パネルの [サービス] ツールを使用して、再起動します、ターミナル サーバー ライセンス サービスします。
  6. SQL Server 7.0 の CD を使用して、SQL Server の 7.0 をインストールします。、SQL Server は、シン クライアントを使用してをインストールできません。SQL Server をインストールする必要があります。Windows NT 4.0 では、ターミナルを実行しているコンピューターで、コンソールを使用してサーバーのエディションです。使用することはできません、 自動実行 セットアップ プログラムSQL Server をインストールするのには、SQL Server CD を挿入したときに表示されるウィンドウWindows NT 4.0、Terminal Server Edition を実行しているコンピューターです。代わりに、次の手順を実行します。
    1. 閉じる、 自動実行 ウィンドウです。
    2. コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を開きます。
    3. クリックしてください。 インストール、し、に従って、記載されています。SQL Server 7.0 の CD から直接セットアップ プログラムを実行、次のフォルダー。
      X86\Setup\Setupsql.exe
    SQL Server のセットアップ プログラムの指示に従ってください。IfWindows を実行しているコンピューター上で直接データベースをインストールします。NT 4.0, Terminal Server Edition を両方インストール セットアップを実行して、完全な SQL Serverクライアント通信コンポーネントとデータベース エンジンを使用します。だけをする場合SQL Server データベースを別のサーバーに接続できるようにするのにはWindows NT 4.0 と同じコンピューターで実行されているアプリケーションは、ターミナル サーバーのエディションは、クライアント接続コンポーネントのみをインストールします。のフル ・ サーバまたはクライアント接続のみを実行する方法の詳細については、セットアップ、SQL Server の"SQL Server でセットアップを実行"SQL Server Books Online を参照してください。7.0。
  7. この手順に従って SQL Server SP4 を適用します。資料です。実行しているコンピューターのコンソールから SP4 をインストールする必要があります。Windows NT 4.0 は、ターミナル サーバーのエディション。また、Service Pack 4 を実行する必要があります。コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] ツールからプログラム (Setup.bat) をセットアップします。

新しいトラブルシューティング ガイド

データベース コンポーネント SP2 導入の新しいバージョンは、「ガイドのトラブルシューティング」セクションから SQL Server Books Online SQL Server7.0] をクリックします。 データベース コンポーネント SP4 は、このガイドの新しいバージョンもインストールされます。は、情報には、元の SQL Server の本の新しいガイドを拡大します。次の新しい情報を SQL から SQL Server 7.0 のオンラインサーバ ・ サポート ・ チーム:
  • 拡張された一連のよく寄せられる質問 (Faq)
  • 追加情報および製品サポートからのヒントエンジニアは、お客様を支援することができます SQL Server に慣れた7.0
データベース コンポーネント SP4 という名前の新しいファイルがインストールされます。コンピューター上の \Mssql7\Books フォルダーに Tblshsp2.chm。SP2トラブルシューティング ガイド物理的にトラブルシューティング ガイドしていませんオリジナルの SQL Server Books Online 内です。参照することはできません。SQL Server からオンライン ブック、SP2 のトラブルシューティング ガイド。実行する必要があります、新しいトラブルシューティング ガイド、次の方法のいずれかを使用して個別に 』。
  • Tblshsp2.chm ファイルをダブルクリックします。
  • デスクトップにショートカットを追加します。ダブルクリックし、ショートカットです。ショートカットを追加すると、するには、\Mssql7\Books\Tblshsp2.chm をポイントします。ファイルです。
SP2 のトラブルシューティング ・ ガイド、SQL Server する必要があります。Books Online SQL Server 7.0 のコンピューターにインストールします。

レプリケーションの拡張機能

SP4 でのレプリケーションの機能拡張は次のとおりです。
  • レプリケーションの同期の最適化
  • マージ レプリケーションのパフォーマンスの強化スナップショット
  • レプリケーション メタデータをマージする機能の強化クリーンアップ
レプリケーションの同期の最適化
Service Pack 2 で導入されました。

マージ レプリケーションの同期を最適化することができます。詳細については、転送するのではなく、パブリッシャーに格納します。サブスクライバーは、ネットワーク経由での情報です。このオプションを引き起こす可能性がありますが、大規模なデータベース、パブリッシャー、同期のパフォーマンスが向上します。低速リンクを経由します。詳細情報はパブリッシャーに格納されるただしと追加の記憶域が必要です。

その他の保存パブリッシャーで、SQL Server すばやくフィルター選択されたが確認できます。特定のサブスクライバーに送信するデータを指定します。同期が最適化されると、SQLサーバーに情報が含まれているイメージの前にパブリッシャーのテーブルの作成します。スキーマ、パーティションについて、および生成情報など他のサブスクライバーに変更を反映する必要があるかどうかを確認します。これらの前にSQL サーバーのデータを分割し、決定する方法を決定することができますイメージ テーブルサブスクライバーは、新世代のデータが必要です。

たとえば、売り上げ高組織では、パーティションし、販売地域に基づいてデータを配布します。場合は、パブリケーションについての情報の同期を最適化するために有効になっています。データをパーティションに分割の変更前イメージ テーブルがパブリッシャーにに、格納されます。販売する場合担当地域のシフト、および複数のサブスクライバーにはデータを直す必要があります、データが更新されより速くするために再配布についての情報データが現在分割されますどのようにパブリッシャーを既にされています。

メモ ネットワーク経由で送信されるデータ量を最小化するには、実行します。は、 sp_addmergepublication システム ストアド プロシージャとは @ keep_partition_changes パラメーターに true.

初期スナップショットのマージ処理のパフォーマンスの向上
Service Pack 2 で導入されました。

初期スナップショットを生成する処理がされています。マージ パブリケーションの場合は静的または結合フィルターが向上しました。

スナップショットの生成中に、一括コピーのスナップショット エージェントの作成します。ファイル、 MSmerge_contents テーブルです。SQL Server 7.0 SP4 静的な場合、高速なパフォーマンスを提供します。または、関連する行だけをコピーするため結合フィルターを使用します。使用されているフィルターを基に、パブリケーション内のテーブル。

SP2 より前のリリースでは、スナップショット エージェントが生成します。一括コピー ファイルの MSmerge_contents テーブル、およびファイルからのすべての行が含まれて MSmerge_contents パブリッシュされたテーブルのフィルターの条件に関係なく、でした。使用します。大量の更新アクティビティの原因となった、パブリッシュ テーブルに、 MSmerge_contents 拡大するには、[テーブル] をクリックします。この現象を生成するときにパフォーマンスの低下初期スナップショット。

SP2 またはそれ以降のバージョンでは、.bcp ファイルのこと小さくなります。のみの場合は、行をコピーするためにファイルが小さくなります。それらは公開されているデータのパーティションに関連しています。したがって、パフォーマンス適用すると、マージ エージェントをサブスクライバーへのスナップショットもあります。向上します。

だけが静的パブリケーションをマージするのにはこの変更が適用されます。または、結合フィルターのため、 MSmerge_contents 表一括マージのスナップショットが生成されるときにコピーできません。動的フィルターを持つパブリケーション。

たとえば、差し込み印刷文書には、顧客、発注、および注文の詳細の列が含まれていて、北西地域の顧客のみを発行するパブリケーションがフィルター選択されます。スナップショットが生成されると、だけの行を MSmerge_contents 関連するデータのフィルター選択されたテーブル公開されているデータのパーティションは、一括コピーします。リリースでは、SP2 では、すべての行よりも前に MSMerge_contents テーブルは、一括コピーをしました。

マージ メタデータのクリーンアップ
Service Pack 2 で導入されました。

は、 sp_mergecleanupmetadata システム ストアド プロシージャのメタデータのクリーンアップの対象となりますは、 MSmerge_contentsMSmerge_tombstone システム ・ テーブル。これらのテーブルは無制限に拡張できますが、メタデータのクリーンアップ マージ パフォーマンスが向上します。この手順を保存することができます。2 つのテーブルは、パブリッシャーおよびサブスクライバーのサイズを小さくして領域。

注意 実行した後、 sp_mergecleanupmetadata ストアド プロシージャは、パブリッシャー側の次のイベントが発生します。すべての名前付きで保存されているメタデータを持つサブスクライバーのサブスクリプションは、Publisher では、 MSmerge_contentsMSmerge_tombstone テーブル:
  • サブスクリプションにマークはされます。再初期化します。
  • サブスクライバーでの変更は失われます。
  • 現在のスナップショットは古くなったマークされます。
SQL Server 7.0 の匿名の再初期化をサポートしていませんサブスクリプションは、パブリッシャーから。

再初期化する必要があります。サブスクライバーで開始されました。このストアド プロシージャを実行する前に、すべてを結合します。サブスクライバーのデータ変更をロードすると、パブリッシャーでサブスクライバーからのデータ保存する必要があります。関連するすべてのマージ パブリケーション用のスナップショット ファイルこのストアド プロシージャを実行するとすべてのレベルで再生成する必要があります。場合は、スナップショットを最初に実行せずにマージしようとしていますを実行するメッセージが表示されたら、スナップショット。

再初期化されません自動的に伝達しません、トポロジをマージします。管理者が手動ですべてのサブスクリプションを再初期化する必要があります。すべてのリパブリッシャーで。

既定では、 @ reinitialize_subscriber パラメーターは、 sp_mergecleanupmetadata ストアド プロシージャを設定するのには trueは、すべてのサブスクリプションを再初期化用にマークされます。場合は、設定は、 @ reinitialize_subscriber パラメーターに false、サブスクリプション再初期化のマークが付いていません。ただし、パラメーターを設定するのには false するため、購読しないことを選択した場合再初期化は、パブリッシャーとサブスクライバーのデータがあることを確認する必要があります。同期します。

実行したい場合、 sp_mergecleanupmetadata ストアド プロシージャをサブスクリプションにマークを付けることがなく再初期化は、次の手順を実行します。
  1. すべてのサブスクライバーを同期します。
  2. 公開の更新プログラムをすべて停止し、購読データベース。
  3. サブスクライバーのデータを検証する、差し込み印刷を実行、マージ エージェントを実行して、パブリッシャー、 -検証 各サブスクライバーのコマンド ライン オプションです。
  4. 実行、 sp_mergecleanupmetadata システム ストアド プロシージャ。ストアド プロシージャを実行した後は、もう一度、発行およびサブスクライブのデータベースを更新することができます。
このストアド プロシージャは、パブリッシャーとすべてのサブスクライバーを使用するのにはSQL Server 7.0 SP4 を実行している必要があります。メンバーは、 システム管理者 グループは、このストアド ・ プロシージャを使用できます。マージ メタデータをクリーンアップするには、実行、 sp_mergecleanupmetadata システム ストアド プロシージャ。このストアド プロシージャをすべてマージをクリーンアップします。メタデータには、 MSmerge_contentsMSmerge_tombstone システム ・ テーブル。

メモ いいえ @tablename パラメーターに指定したテーブルのクリーンアップ、制限が存在しています。これ誤って Service Pack 2 と 3 には記述されていました。

データベース コンポーネントの変更

いくつかの変更をデータベースに SQL Server 7.0 SP4 を導入します。コンポーネントです。
新しいデータベースのオプション
Service Pack 2 で導入されました。

SQL Server 7.0 SP2 を新規導入 保留中のアップグレード 導入する機能をサポートするデータベース ・ オプションSQL Server の将来のバージョンでは。いくつかのこの機能を使用することができます。SQL Server 7.0 SP2 またはそれ以降のバージョンへのアップグレードと移行のシナリオSQL Server 2000年またはそれ以降のバージョンを使用します。このオプションを使用する詳細な手順についてSQL Server の将来のバージョンのドキュメントには含まれます。

場合は、 保留中のアップグレード オプションが TRUE に設定されて、ユーザー インデックスまたは統計を作成できません。データベースにします。インデックスまたは統計を作成しようとするユーザーが表示されます。次の新しいエラー メッセージ:
作成保留中のアップグレード データベースを持っている場合、またはインデックス作成の統計情報は許可されていません有効にします。
場合ただし、インデックスの作成に成功した、 保留中のアップグレード クラスター化インデックスの作成中にオプションが TRUE に設定されて非クラスター化インデックスが存在しない場合。

インデックスの作成が失敗する可能性があります、次の条件に該当する場合、操作全体を元に戻しています。
  • 非クラスター化インデックスが既に存在する場合の作成は、クラスター化インデックスが開始されます。
  • は、 保留中のアップグレード インデックスにオプションを TRUE に設定します。作成します。
は、 保留中のアップグレード オプションは、常に FALSE には、次に示すように設定行のコードと相互運用しない SQL Server 7.0 の任意のシステム、SQL Server の将来のバージョン:
sp_dboption 'database_name', 'pending upgrade', 'FALSE'
は、 sp_dboption ストアド プロシージャのステータスを報告するシステム、 保留中のアップグレード オプションのパラメーターを指定せずにストアド プロシージャが呼び出された場合、またはだけで、 データベース名 パラメーターの例:
sp_dboption 'Northwind'
DATABASEPROPERTY 関数は、新しいサポートします。 IsPendingUpgrade 状態を報告するために使用するプロパティは、 保留中のアップグレード オプションは、たとえばデータベースします。
DATABASEPROPERTY(Northwind, IsPendingUpgrade)
は、 IsPendingUpgrade プロパティ場合は 0 を返しますが 保留中のアップグレード オプションが FALSE で、場合は 1 を返します、 保留中のアップグレード オプションは TRUE です。

新しい sqlservr スタートアップ オプション
Service Pack 2 で導入されました。

SQL Server 7.0 SP2 を新規導入 により、? g コマンド ライン オプションは、 sqlservr ユーティリティです。たとえば、次のオプションを使用する可能性があります。
-g memory_to_reserve
数 MB のメモリは、SQL Server がこのオプションを指定します。SQL Server プロセスが外部メモリの割り当てに使用可能なままSQL Server のメモリ プールです。指定した番号は整数でなければなりません。は、メモリ プールは、SQL Server などのアイテムを読み込むために使用する領域です。拡張ストアド プロシージャを参照される OLE DB プロバイダーの .dll ファイル分散クエリ、および参照されるオートメーション オブジェクトでTransact SQL ステートメント。詳細については SQL Server のメモリ管理、SQL Server の SQL Server Books online の「メモリ アーキテクチャ」を参照してください。7.0。

既定では、このオプションの値は 128 MB です。この値は多くの実行時の環境に適しています。このオプションを使用してチューニングに役立つメモリの割り当て、サーバー上の物理メモリを超えている場合にのみが、次の値:
  • SQL Server のデスクトップ版を SQL Server 標準版: 2 GB
  • 』 (SQL Server): は、/3 GB
少ない物理メモリーの構成から恩恵を受けることがなくこのオプションを使用します。

このオプションは大量のメモリを使用することができます。SQL Server のメモリ要件は非定型的構成しSQL Server のプロセスの仮想アドレス空間内のすべてのメモリが使用しています。このオプションの使用条件が発生する可能性があります、SQL Server起動しないか、実行時エラーが発生する可能性があります。

使用する必要があります、既定値は、 ・ g コマンド ライン スイッチの次の警告が表示される場合SQL Server のエラー ログのエラー メッセージ。
警告:連続したメモリを解放するのには、プロシージャ キャッシュをクリアしています。
このエラーSQL Server SQL Server の一部を解放して ことを示すメッセージを表示します。項目を拡張するなど、スペースを検索するのには、メモリ プール プロシージャ .dll の保存ファイルまたはオートメーション オブジェクトを使用します。この例では、容量を増やすことを検討します。によって予約されているメモリは、 ・ g コマンド ライン スイッチです。制限値が既定値以外を使用して、バッファー プールおよびスレッド スタックに使用可能なメモリの量増加します。パフォーマンスが向上するメモリを消費する可能性があります。拡張ストアド プロシージャを多用しないシステムの作業負荷分散クエリ、またはオートメーション オブジェクトを使用します。

カーソル動作を変更します。
Service Pack 1 で導入されました。

SQL Server 7.0 と MSDE 1.0 の元のリリースでは、ロールバックは、次のすべてに対応するカーソル以外のすべての開いているカーソルを閉じます条件:
  • CURSOR_CLOSE_ON_COMMIT を OFF です。
  • カーソルは、静的です。
  • カーソルの作成が完了した、作業テーブル。
SQL Server の旧バージョンとの互換性を向上するには、ロールバックのカーソルが閉じられるため、データベース コンポーネント SP1 この動作を変更のみ、次の条件のいずれかの該当する場合。
  • CURSOR_CLOSE_ON_COMMIT を ON にします。
  • 現在は非同期的に実装されたカーソルをかデータを読み込みます。
データベース コンポーネント SP1 で導入される動作します。レンディション、以降のサービス パックで更新されます。

プロファイラーの SQL での変更
は、 接続 id 後でデータ列プロファイラーの SQL ではサポートされていませんSQL Server のバージョンです。使用することをお勧めは、 SPID 列のデータではなく。

SQL Server クラスター ・ ホワイト ・ ペーパー

ホワイト ペーパー「方法インストール SQL Server 7.0 では、企業にEdition を Microsoft Cluster Server 上: ステップ バイ ステップの手順"を補うクラスタ リングの SQL SQL Server Books Online で提供される情報Server 7.0。このホワイト ペーパーの詳細については、次を参照してください。Microsoft の Web サイト:
http://support.microsoft.com/kb/842192

データ変換サービス

このデータで導入された変更を説明します。変換サービス (DTS)、サービス パックによって。
Oracle データベースへのエクスポート
Service Pack 1 で導入されました。

場合を Oracle にエクスポートするのには、DTS エクスポート ウィザードを使用、DTS を使用して、変換先テーブルを作成する場合、DTS は、大文字小文字を区別作成されます。所有者、およびテーブル名を囲む引用符を使用してには、[テーブル] をクリックします。この現象必要がありますまたは所有者またはキーワードではテーブル名をサポートするために発生することが含まれています空白文字 ("")。名前にはキーワードではありません、スペースを含まない場合文字や引用符を削除するかどうかは、削除、 DTS コピー テーブル ダイアログ ボックスです。

DTS テスト機能の使用
Service Pack 1 で導入されました。

DTS テスト機能が改善し、今すぐグローバル変数と照合をサポートしています。DTS ユーザー インターフェイスは、テスト オプションを持つ次の 2 つのダイアログ ボックスにします。
  • で、 データ変換のプロパティダイアログ ボックスをクリックして、 変換 タブします。右クリックし、列変換のマッピング行の 1 つです。表示されるメニューテストのメニュー項目が含まれています。
  • ダブルクリック、 ActiveX スクリプト タスクプロパティ ダイアログ ボックスとクリックテスト.
これらのテストでのグローバル変数と照合されています。テスト系列の列ではサポートされていません。

変更するには、パッケージの実行] ダイアログ ボックス
Service Pack 1 で導入されました。

実行すると、DTS パッケージは、DTS インポート ウィザードで、DTS エクスポート ウィザードまたは DTS デザイナー、その他の列に追加されます、 パッケージを実行します。 ダイアログ ボックスを表示の開始時刻、終了時刻、期間とします。これらの新しい列でパッケージを実行する場合に利用可能なない、ユーザーのパスワードです。

また、通知の情報の転送はパッケージの実行時に提供します。

データ変換サービスのエラー メッセージ
Service Pack 1 で導入されました。

DTS エラー メッセージを改良しました。エラーこれを OLE DB プロバイダー固有の情報と情報に関するメッセージします。この操作は失敗しました。

Microsoft Visual Basic のスクリプトでは、Set キーワードの使用
Service Pack 1 で導入されました。

Microsoft ActiveX の割り当ての DTS オブジェクトへの参照Microsoft Visual Basic Scripting Edition (VBScript) スクリプト内のグローバル変数標準の Visual Basic を設定する構文どの場合に依存してようになりました。

使用して、 セット オブジェクト参照を代入する場合のキーワードです。それ以外の場合は、オブジェクトの既定値が割り当てられます。

場合は、グローバル変数へのオブジェクト参照を含む、両方を使用して、 セット キーワードとは .値 オブジェクトへの参照を再割り当てするには、[キーワード] をクリック。たとえば。
  • 次のステートメントへの参照を代入、 接続 オブジェクトをグローバル変数 x:
    Set DTSGlobalVariables("x").Value =
                       CreateObject("ADO.Connection")
    
  • 次の文に変数を設定します。 o 参照するには 接続 オブジェクト:
    Set o = DTSGlobalVariables("x")
  • 次の文に変数を設定します。 o 参照を含むグローバル変数への参照するにはは、 接続 オブジェクト:
    Set o = DTSGlobalVariables("x")
DTS パッケージでの変更
Service Pack 2 および Service Pack 3 の導入

SQL Server 7.0 SP2、SQL Server 7.0 SP3 と SQL Server2000 で DTS を使用してパッケージを保存するのには、内部形式に変更を導入しました。パッケージをファイルまたは SQL Server にはパスワードなし保存すると、次の形式は、さまざまな service pack のバージョンをサポートします。
元に戻す全体を表示する
サービス パック読み取り書き込み
SQL Server 7.0 SP1SQL Server 7.0
SQL Server 7.0SP1
SQL Server 7.0
SQL Server 7.0 SP1
SQL Server 7.0 SP2SQL Server 7.0 SQL
Server 7.0SP1
SQL Server 7.0 SP2
SQL Server 7.0 SP2
SQL Server 7.0 SP3SQL Server 7.0
SQL Server 7.0SP1
SQL Server 7.0 SP2
SQL Server 7.0 SP3
SQL Server 7.0 SP4
SQL Server 2000
SQL Server 2000 SP1
SQL Server 2000 SP2
SQL Server 7.0 SP2
SQL Server 7.0 SP3
SQL Server 7.0 SP4
SQL Server 2000
SQL Server 2000 SP1
SQL Server 2000 SP2
SQL Server 7.0 SP4SQL Server 7.0
SQL Server 7.0SP1
SQL Server 7.0 SP2
SQL Server 7.0 SP3
SQL Server 7.0 SP4
SQL Server 2000
SQL Server 2000 SP1
SQL Server 2000 SP2
SQL Server 7.0 SP2
SQL Server 7.0 SP3
SQL Server 7.0 SP4
SQL Server 2000
SQL Server 2000 SP1
SQL Server 2000 SP2
SQL Server エージェントのプロキシ アカウントの機能強化
Service Pack 4 で導入されました。

SQL より前のバージョンの SQL Server で7.0 SP4 サーバーは、サーバー上に保存された DTS パッケージを実行できませんでした。SQL Server エージェントのプロキシ アカウントの資格情報でない限り、プロキシアカウントは、アカウントのユーザーの TEMP フォルダーへのアクセスしなければなりません。サーバーまたはエージェントが実行されていた。実行するジョブのサーバーを実行します。から、 xp_cmdshell ストアド プロシージャを拡張します。エージェントのエージェントを実行します。ジョブ。

このため、ユーザーは TEMP 環境を調整する必要があります。SQL Server または SQL のエージェント開始アカウントは、フォルダーをポイントする変数起動とは、プロキシ アカウントの両方にアクセスしました。たとえば、C:\TEMP。SP4 では、DTS とシステムの TEMP フォルダーを使用して拡張されています、ユーザーの TEMP フォルダーは使用できなくなります。この変更はこれらの必要性を大幅に削減できます。調整します。

SQL Server 7.0 と Exchange 5.5

7.0 の SQL Server と Microsoft Exchange Server の両方を実行する場合5.5 のバージョンが同じコンピューター上でメモリ使用量を明示的に構成する必要があります。SQL Server。SQL Server、SQL Server のままにすると適切に動作しません最小動的メモリ オプションは、既定値の 0 に設定します。

するには2 つの製品で実行される場合に発生、既知のメモリの問題に対処する、同時に、SQL Server 7.0 の最小動的メモリを設定する必要がありますまたは、 sp_configure の最小サーバー メモリ オプションをサポートするために必要なメモリ量は、SQL Server の処理の負荷をピークします。この環境では、SQL Server ことはできません。最大の動的メモリの設定にアクセスするのに十分なメモリを取得しますまたは、。 sp_configure の max server memory オプションです。代わりに、SQL Server の量が通常実行されます。最小動的メモリ オプションで指定されたメモリ。そのためには、最小動的メモリの設定があるときは、SQL Server を実行する必要があります。高機能で動作します。

メモリの容量を確認するにはSQL Server が、SQL Server によって使用されるメモリの量を監視、次の条件が満たされます。
  • データベースが実稼動環境で実行されている場合は、SQL を監視します。システムが高機能で実行されている場合サーバー メモリの使用量。
  • SQL Server アプリケーションを社内で開発された場合は、SQL によって使用されるメモリを監視しているときは、ストレス テストを実行します。サーバーです。
  • 場合は、SQL Server アプリケーションが第三者によって開発されたものパーティは、仕入先を決定するのには、アプリケーションのマニュアルを参照してくださいする必要があります。アプリケーションのメモリ使用量の SQL Server 効果。
SQL Server メモリの監視の詳細についてはまたはSQL Server メモリのオプションを設定する、"項目"の「メモリ使用率の監視」を参照してくださいとSQL Server の「サーバー メモリ オプション」参照 SQL Server 7.0 の。

フランス語版 SQL Server Books Online

Service Pack 1 で導入されました。

フランス語版の SQL Server Books Onlineコンテンツの不正なテーブル必要があります。SQL Server 7.0 SP4 のフランス語版新しいフランス語 SQL Server の書籍を含む、自己解凍形式のファイルが含まれています。オンライン ファイルで修正された内容のテーブルです。

インストールするのにはフランス語版の SQL Server オンライン ブック、次の手順を実行します。
  1. Sqlbolfr.exe ファイルから、サービス パック フォルダーにコピーします。空のフォルダーがコンピューター上で。
  2. Sqlbol.chm ファイルを抽出する Sqlbolfr.exe を実行します。
  3. C:\Mssql7\Books に新しい Sqlbol.chm ファイルをコピーします。ディレクトリです。これは、不適切なバージョンのファイルが上書きされます。

リポジトリの変更

Service Pack 2 で導入されました。

ここが導入されている、変更を説明します。サービス パックによってリポジトリにします。
DB2 と Informix データベースをインポートします。
Service Pack 2 で導入されました。

場合、OLE DB スキャナーから DB2 インポートしています。または Informix データベース、Microsoft リポジトリが作成テーブルのスキーマと情報を入力します。この機能を使用するデータベースにのみ適用、Intersolv Informix ODBC ドライバー、DB2 の ODBC ドライバーは、Intersolv ODBC、OLE DB ドライバーと Intersolv の OLE DB プロバイダーInformix。

バージョン管理されているオブジェクトの向上の取得
Service Pack 2 で導入されました。

オブジェクトの最新バージョンでは、今すぐ取得できます。でもバージョン シーケンスには、削除されたバージョンが含まれていますとすべては。以前は、オブジェクトのバージョンを削除し、新しいオブジェクトを作成する場合バージョンは、ほとんどを取得しようとするとエラー メッセージを表示します。最新のバージョンです。

プロパティ

文書番号: 889543 - 最終更新日: 2011年8月3日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbservicepack kbpubtypekc kbmt KB889543 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:889543
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com