サービス パック 3 a の Microsoft SQL Server 2000 年 4 月 9 2003年

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 889551
サービス パック 3 a の Microsoft SQL Server 2000
2003 年 4 月 9 日
著作権情報 Microsoft 社、2003年。すべての権利予約します。SQL Server ドキュメント チームは技術的な答えられないサポートに関する質問しますが、このリリースについてのコメント、ご提案をお待ちしています参照してください。切り替えることができ、直接のリンクを使用して電子メールのフィードバックの送信下。すべてのフィードバックは、英語でなければなりません。これについてのフィードバックを送信するのにはドキュメント、ここをクリックします。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

1.0 はじめに

Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 3a (SP3a) が組み込まれています。Slammer ワームにより発生した問題に対処 SQL Server 2000 SP3 を以下のように変更します。
  • SQL Server 2000年のエンタプライズに SP3a を適用可能SQL そのエディションのインスタンスに適用するには、評価版を修正します。サーバーです。
  • 一部のお客様で発生した問題の SP3a のアドレスを設定します。SQL Server 2000年の Microsoft のデータ アクセス (MDAC) コンポーネントのバージョンSP3
  • MSDE 2000 SP3a のセットアップ ユーティリティの旋回する今すぐ既定値します。MSDE 2000 の新規インスタンスをインストールする場合は、ネットワーク接続のサポートを無効します。インスタンスをアップグレードすると、現在のネットワーク サポートの設定が保持されます。SP3a にします。
  • SQL Server 2000 SP3a または MSDE 2000 SP3a のインスタンスの場合インスタンスのネットワーク接続も使用停止サポートしないように構成されています。UDP ポート 1434年。
ほとんどの変更が導入されているため SP3a のセットアップに関連、SQL Server 2000年または MSDE 2000 のインスタンスに SP3a を適用する必要はありませんが既に SP3 にアップグレードされていません。まだ終わっていないインスタンスがある場合SP3 へのアップグレード、ただし、常にこれらのインスタンスを直接にアップグレードする必要があります。SP3 ではなく SP3a。お持ちの本 SP3 のダウンロード ファイルは、された将来のアップグレードで使用することを計画、これらのコピーを削除する必要があり、その代わりに SP3a ダウンロード ファイルか SP3a CD-ROM を使用します。 アプリケーションを使用します。配布および MSDE 2000 のインストールが SP3 ではなく SP3a をインストールしてください。しばらくの間操作 SQL Server 2000 SP3 または MSDE 2000 の SP3 のインスタンスに SP3a を適用します。これはほとんど効果をこれらのインスタンス します。

この Service Pack のリリース3a (SP3a) Microsoft SQL Server 2000年での 3 つの部分に対して。
  • データベース コンポーネント SP3a は、データベースの更新を提供します。SQL Server、SQL のインスタンスを除く 2000年のインスタンスのコンポーネントServer 2000 デスクトップ エンジン。データベース コンポーネント SP3a にはへの更新が含まれます。
    • データベース エンジン。
    • すべてのデータベース クライアント ツールおよびユーティリティなどSQL Server の Enterprise Manager や osql ユーティリティ。
    • データベース クライアント接続コンポーネントのようなMicrosoft OLE DB プロバイダー SQL Server 2000 SQL Server 2000 ODBC ドライバー、クライアント Net-library とします。
  • 分析サービス SP3a、SQL Server の更新プログラムを提供します。2000 SQL Server 2000年のインストールでは、analysis Services コンポーネントを含みます。
    • Analysis Services。
    • 含む分析サービス クライアント コンポーネント、分析マネージャーおよび Analysis Services 用 Microsoft OLE DB プロバイダー。
    • データベース クライアント接続コンポーネントのようなMicrosoft OLE DB プロバイダー SQL Server 2000 SQL Server 2000 ODBC ドライバー、クライアント Net-library とします。
  • デスクトップ エンジン SP3a は、データベースの更新を提供します。SQL Server 2000 Desktop Engine (MSDE 2000) のインスタンスのコンポーネントなど。
    • データベース エンジン。
    • 付属しているデータベース コマンド プロンプト ユーティリティOsql ユーティリティや bcp ユーティリティなど、MSDE 2000。
    • データベース クライアント接続コンポーネントのようなMicrosoft OLE DB プロバイダー SQL Server 2000 SQL Server 2000 ODBC ドライバー、クライアント Net-library とします。
SP3a のこれら 3 つの部分に適用することができます 1 つずつ、次に示します。
  • SQL Server 2000年サイト データベース コンポーネント SP3a を使用ことができます。Analysis Services にアップグレードしなくても、データベース コンポーネントをアップグレードします。コンポーネントまたは SQL Server 2000 Desktop Engine のインスタンス。
  • 分析サービス 2000年サイト分析サービス SP3a を使用ことができます。インスタンスをアップグレードせずに、Analysis Services コンポーネントをアップグレードするのにはDesktop Engine またはデータベース コンポーネントを使用します。
  • MSDE 2000 のサイトは、デスクトップ エンジン SP3a を使用してアップグレードすることができます。MSDE 2000 のインスタンスは Analysis Services のインスタンスをアップグレードせず、SQL Server 2000年データベース エンジン。
メモ 場合は個別のインスタンスの MSDE 2000 とその他のエディションの両方がSQL Server 2000年データベース エンジンを同じコンピューターにインストールされている、必要があります。デスクトップ エンジン SP3a を MSDE 2000、およびデータベース コンポーネントのインスタンスに適用します。個人など、SQL Server 2000年データベース エンジンのインスタンスに SP3aEdition、Standard Edition、または Enterprise Edition。

メモ デスクトップのエンジン SP3a は、サービス パックの部分だけではポルトガル語 (ブラジル)、スウェーデン語、およびオランダ語で利用可能なので SQL Server 2000年Desktop Engine (MSDE 2000) を SQL Server 2000 での唯一のバージョンです。それらの言語を生成します。アップグレード SQL Server 2000年コンポーネントデータベース コンポーネント SP3a または分析サービス SP3a はありませんで言語。SP3a を適用する語ポルトガル語 (ブラジル)、スウェーデン語、およびオランダ語ユーザーSP3a は、Desktop Engine 以外の SQL Server のバージョンをダウンロードする必要があります。アップグレードするエディションの言語と一致するファイルです。たとえば、英語の言語にアップグレードする英語 SP3a ファイルをダウンロードする必要があります。SQL Server 2000年データベース エンジンのバージョン。方法についてサービス パックのダウンロード、SP3a の抽出セクション 2.0 をダウンロードして参照してください。

1.1 データベース コンポーネント SP3a インストールの概要

データベース コンポーネント SP3a のセットアップ プログラムを自動的に検出します。SQL Server 2000年のエディション SQL Server 2000年のインスタンスであります。アップグレードしています。セットアップは、インストールされているコンポーネントのみをアップグレードします。インスタンス。たとえば、SQL を実行しているコンピューターに service pack を適用した場合Server 2000 の標準版、サービス パックをアップグレードしようとしませんのみ SQL Server 2000 Enterprise Edition に含まれているコンポーネント。

1 つの既定のインスタンスにデータベース コンポーネント SP3a を適用できます。または、SQL Server の名前付きインスタンス。複数のインスタンスをアップグレードする場合SQL Server 2000 sp3a は、それぞれのインスタンスに SP3a を適用する必要があります。1 つの場合SQL Server 2000年の 1 つまたは複数のインスタンスを持つコンピューター上のインスタンスです。SP3a にアップグレードする、すべてのツールに SP3a にアップグレードされます。異なるツールの各インスタンスのコピー。

1.2 概要デスクトップ エンジン (MSDE 2000) SP3a のインストール

デスクトップのエンジン SP3a を使用できます。
  • SQL Server 2000年デスクトップの既存のインスタンスをアップグレードします。エンジン (MSDE 2000) sp3a は。
  • 使用している場合は、新しいインスタンスの MSDE 2000 SP3a をインストールします。MSDE 2000 のインスタンスをインストールすることができます、MSDE 2000 のライセンス。
  • 指定した MSDE 2000 に、MSDE 1.0 のインスタンスをアップグレードします。MSDE 2000 のインスタンスを実行することができます、MSDE 2000 のライセンスがあります。
  • 開発者の記述するために必要なファイルを提供します。MSDE 2000 SP3a のインスタンスをインストールすることができます、アプリケーションのセットアップ ユーティリティアプリケーションのインストールの一部です。開発者は、ライセンスが必要アプリケーションが MSDE を配布するには。
MSDE 2000 のライセンスの詳細についてを参照してください。 使用してください。MSDE 2000.

SQL Server 2000年を適用する手順MSDE 2000 の既存のインスタンスに Service Pack 3a を依存しているインスタンスインストールされています。Microsoft のデスクトップ エンジンの SP3a ファイルにのみ使用できます。MSDE 2000 を使用してインストールされている MSDE 2000 のインスタンスに SP3a を適用します。セットアップ ユーティリティです。ほとんどのアプリケーションは、2 つの方法のいずれかを使用して msde をインストールします。
  • MSDE 2000 をアプリケーションのセットアップ ユーティリティが呼び出されます。セットアップ ユーティリティのインストール中にします。MSDE 2000 のインスタンスをインストールSP3a にアップグレードすることができますデスクトップ エンジン SP3a ファイルを使用します。
  • Microsoft アプリケーションのセットアップ ユーティリティを使用している場合Windows インストーラーのテクノロジをセットアップ ユーティリティが MSDE を直接利用できます。2000 モジュールをマージします。このようにインストールする MSDE 2000 のインスタンスにすることはできません。デスクトップ エンジン SP3a ファイルを使用してアップグレードします。アプリケーションに問い合わせてくださいする必要があります。修正プログラム ファイルのベンダー。マージ モジュールのデスクトップ エンジン (MSDE 2000) SP3a の提供します。マージ モジュールを使用する既存のアプリケーションをサポートするために。セットアップ ユーティリティ新しいアプリケーションでは、MSDE 2000 のセットアップ ユーティリティを呼び出すように記述します。MSDE 2000 マージ モジュールを使用して直接ではなく。
MSDE 2000 のインスタンスかどうかを判断する方法アップグレードすることができます SP3a にデスクトップ エンジン SP3a を使用して、セクション 2.1 ではダウンロードし、デスクトップ エンジン (MSDE 2000) SP3a を抽出します。いる場合でもSQL Server 2000 SP3a CD-ROM から、デスクトップ エンジン SP3a を適用するを読むに2.1 Desktop Engine を適用できるかどうかを確認する手順SP3a、または、アプリケーション ベンダーは、ファイルを修正プログラムに問い合わせてください。

Ifコンピューター上の MSDE 2000 の複数のインスタンスがあり、それぞれを評価する必要があります。インスタンスを個別に、デスクトップ エンジン SP3a を適用するかどうかを確認します。各インスタンスに個別に SP3a を適用することもする必要があります。

レビューは、セクション 1 と 2 のこのリリースでは、数量単価型し、指示に従って場合は 3 をセクション:
  • デスクトップ エンジン SP3a を適用することを確認します。既存の MSDE のインスタンスにします。
  • MSDE 2000 の新規インスタンスをインストールしています。
  • デスクトップ エンジン SP3a ファイルに組み込まれていますアプリケーションのセットアップ ユーティリティ。
以降のセクションでの最も一般的なシナリオを例示します。SP3a には、既存の MSDE のインスタンスをアップグレードまたは新規インストールMSDE 2000 SP3a のインスタンス。
  • 3.7.4 既存の MSDE 2000 インスタンスをアップグレードします。SP3a
  • 3.7.5 MSDE 2000 の新規インスタンスをインストールします。SP3a
  • 3.7.6 MSDE 1.0 MSDE 2000 SP3a にアップグレードします。

1.3 SP3a を削除しています。

SQL Server 2000 SP3a を削除する方法に依存、削除しようとしている SQL Server 2000 SP3a のコンポーネントです。

SQL を削除します。データベース コンポーネントのサーバーとデスクトップのエンジン SP3a

場合は、SQL Server データベース コンポーネント SP3a またはデスクトップのエンジン SP3a のインストールされている、これらのシステム テーブルを変更するには保守上の理由ともユーザーをアップグレードし、ディストリビューション データベースレプリケーション トポロジのメンバーであります。これらの変更のため、SP3a にすることはできません。簡単には削除します。インストールする前に実行中のビルドに戻すにはSP3a では、まず、SQL Server 2000年データベースのインスタンスをアンインストールしてください。エンジンまたは MSDE 2000 です。次に、そのインスタンスを再インストールする必要があります。場合は、前 SQL Server 2000 service pack を実行しているまたは、クイック修正プログラムを適用します。(QFE) 修正プログラムのエンジニア リング、service pack とすべての QFE 修正プログラムに適用する必要があります。このインスタンスには。

メモ SP3a を削除するのには、バックアップはマスター、モデルを必要とmsdb データベースは、すぐに SP3a を適用する前に撮影しました。詳細については詳細は、セクション 3.1 バック、SQL Server データベースおよびセクション 3.2 を参照してください。バックアップを Analysis Services データベースやリポジトリ。

詳細については詳細は、SQL Server 2000年のコンポーネントをアンインストールして、Desktop Engine を参照してください。SP3a では。

SQL Server 分析サービス コンポーネント SP3a を削除します。

SQL Server 分析サービスを取得するにはSP3a より前の状態は、レジストリ キーをバックアップする必要があります。
HK_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\OLAPサーバー
SP3a をインストールする前に、そのサブキーをすべて。時SP3a をアンインストールして、このレジストリ キーを削除して、以前 SP3a を復元する必要があります。バックアップのバージョンです。

メモ SP3a のセットアップ中に加えられた更新プログラム MDAC 2.7 SP1a にはできません。アンインストールできません。

3.1.4 の詳細についてを参照してください SQL をアンインストールします。Server 2000 分析サービスの SP3a。

1.4 SQL Server または Analysis Services の現在のバージョンを識別します。

次のセクションで方法を使用してを決定するのにはSQL Server または Analysis Services のバージョンは、インストールされています。

SQL ServerSQL Server 2000年データベース エンジンのバージョンを確認するのにはMSDE 2000 がインストールされている、SELECT @ バージョンを入力するか、またはコマンド プロンプトを使用するのには、SERVERPROPERTY('ProductVersion')、 osql または isql ユーティリティまたは SQL クエリ アナライザーのクエリ ウィンドウにします。

同様に、製品レベルの特定のバージョンの SQL Server2000 データベース エンジンまたは MSDE 2000 選択を実行することによって指定できます。SERVERPROPERTY('ProductLevel')。

次の表に示す、SQL Server 2000年のバージョンとレベルとの関係@ および製品レベルで表示される数によって報告されました。SERVERPROPERTY('ProductLevel')。
元に戻す全体を表示する
SQL Server 2000年バージョンとレベル@ProductLevel
SQL Server 2000年元リリース8.00.194RTM
データベース コンポーネント SP1 または Desktop EngineSP18.00.384SP1
データベース コンポーネント SP2 または Desktop EngineSP28.00.534SP2
データベース コンポーネント SP3 または SP3a、あるいはデスクトップ エンジンの SP3 またはSP3a8.00.760SP3
SQL Server の 2000年のエディションがわからない場合データベース エンジンまたは MSDE 2000 を実行している最後の行の出力を表示します。SELECT @ @VERSION が返します。最後の行、次のいずれかと一致する必要があります。
Desktop Engine on Windows NT 5.0 (Build 2195: Service Pack 2)
Enterprise Evaluation Edition on Windows NT 5.0 (Build 2195: Service Pack 2)
Developer Edition on Windows NT 5.0 (Build 2195: Service Pack 2)
Personal Edition on Windows NT 5.0 (Build 2195: Service Pack 2)
Standard Edition on Windows NT 5.0 (Build 2195: Service Pack 2)
Enterprise Edition on Windows NT 5.0 (Build 2195: Service Pack 2)
メモ 行の先頭に、SQL Server のエディションを示していますデータベース エンジンまたは MSDE 2000 を使用します。これによって、現在のオペレーティング システムが続きます情報です。

選択を入力することによって、エディションを決定することもできます。コマンド プロンプトを使用するのには、SERVERPROPERTY('Edition')、 osql または isql ユーティリティまたは SQL クエリ アナライザーのクエリ ウィンドウにします。

Analysis Services

Analysis Services のバージョンを使用して識別するためにインストールされている場合は、次の手順を実行します。
  1. から、 開始 メニューのポイントプログラム ファイル、ポイント SQL Server 2000,ポイントします。 Analysis Services、し 分析マネージャー.
  2. 分析マネージャーのツリーで分析] を右クリックします。[サーバー] ノードをクリックし 解析についてサービス.
  3. 次の表を使用してのバージョンを特定するのにはAnalysis Services があります。
元に戻す全体を表示する
分析サービスのバージョンビルド番号ヘルプについて
SQL Server 2000 Analysis Services のオリジナルリリース8.0.194
分析サービス SP18.0.382
分析サービスの SP28.0.534
分析サービス SP3 または SP3a8.0.760
SP3 と SP3a の間を区別します。

SP3 または SP3a をインストールしているかどうかを確認するには、Ssnetlib.dll Net-library ファイルのバージョン番号を参照してください。場合は、このファイルのバージョン番号が 2000.80.760.0、SP3 があります。場合は、バージョンこのファイルの数が 2000.80.766.0 に、SP3a が。

場合は、インスタンスがインストールされている既定の設定を使用して、見つけることができます、Ssnetlib.dll ファイルでこれらの場所のいずれか:
  • 既定のインスタンス: C:\Program ただし SQLServer\Binn\Ssnetlib.dll
  • 名前付きインスタンス: C:\Program ただし SQLServer\MSSQL$<instancename>\Binn\Ssnetlib.dll<b00></b00></instancename>
かどうか、SP3 または SP3a のフォルダーを設定します。 確認するには、開くSP3Readme.htm ファイルと読み取りの最初のページです。Service pack のバージョン、SP3aまたは、SP3 では、最初のページの上部に表示されます。

1.5 SP3a のの追加について

この service pack に含まれている修正プログラムの適用になりますサポート技術情報の記事 306908 で用意されています。306908 の一覧に各修正プログラム処理の問題を説明するサポート技術へのリンクがありますが修正プログラムを適用します。参照してください。 するのには、個々 のナレッジ ベースの記事にリンクしてください。各修正プログラムについて

Knowledge Base の資料を検索するのには
  1. から、 [製品を選択します。 一覧で、SELECT SQL Server 2000.
  2. で、 検索します。 フィールドで、番号を入力します。目的のアーティクルします。
  3. 下にあります。 検索の種類を選択 資料ID.
  4. クリックして、 移動 ボタン クリックします。
SQL Server 2000 Service Pack 3a に関連するすべての情報は、対象とする時では使用できませんこの readme ファイル発行816502 Microsoft Knowledge Base を記事します。

技術情報記事のこのリリース ノートに記載されているマイクロソフト製品で利用できます。サービスの技術をサポートしてください。

Microsoft データ アクセス コンポーネント

この service pack に更新するには、Microsoft データが含まれています。アクセス コンポーネント (MSXML の更新を含む MDAC)、します。

詳細については詳細は、セクション 5.5.1 更新プログラムには Microsoft Data Access を参照してください。コンポーネントです。

QFE 修正プログラム

すべての一般に発行された SQL Server 2000 SP2 セキュリティ掲示板 SP3a で説明しました。SQL Server 2000年修正プログラムを受け取った場合2002 年 10 月 14 日以降後、その修正プログラムは SP3a に含まれている可能性がありますです。

同じ修正プログラムを入手するには、プライマリ サポート プロバイダーにお問い合わせください。SQL Server 2000 SP3a の。

SQL Server CE サーバー ツールの更新

Microsoft SQL Server 2000 Windows CE のエディションのユーザーSQL Server CE)、アップグレードまたは SQL Server 2000年データベースをアップグレードします。パブリッシャー サーバー SP3 またはそれ以降、サーバーの複製を更新することもする必要があり、(IIS) サーバー上のコンポーネントです。更新されました。SQL Server CE サーバー ツールのインストーラーで利用できます。 マイクロソフトWeb サイト.

1.6 最新書籍のオンライン マニュアルが

SP3 と SP3a の更新については利用可能です。SQL Serverマイナー リビジョンと新しい情報 2000年オンライン ブック (最新の SP3) を含むSP3 および SP3a に関連しています。

SQL Server 2000年をダウンロードすることができます。オンラインの書籍 (更新済み - SP3) これから Microsoft の Web サイト.

1.7 SQL Server Analysis Services サンプルは利用可能な更新

SQL Server の 2000年のサンプル データベースのエンジンと分析SP3 および SP3a が更新されたサービスは使用可能です。行うことができます。更新されたサンプルはこのマイクロソフト Web サイトからダウンロードします。

2.0 のダウンロードと SP3a を抽出します。

SP3a は、以下の方法で配布されます。
  • 含まれています、SQL Server 2000 Service Pack 3a の CD-ROM 上でサービス ・ パックは、次の項目。
    • データベース コンポーネント SP3a
    • 分析サービス SP3a
    • デスクトップのエンジン SP3a
  • 3 つの自己解凍型ファイルからダウンロードできます。インターネットでは、Microsoft SQL ServerWeb サイト ダウンロードします。:
    • Sql2ksp3.exe (データベース コンポーネント SP3a)
    • Sql2kasp3.exe (分析サービス SP3a)
    • Sql2kdesksp3.exe (デスクトップ エンジン SP3a)
メモ 両方は、SQL Server 2000 Service Pack 3a CD-ROM とSql2kdesksp3.exe を含むすべてのファイルを新しいインストールに必要なDesktop Engine のインスタンス。

メモ SP3a のダウンロード ・ ファイルと同じ名前のファイルをあります。SP3。SP3a CD-ROM がある場合は、SP3a を CD から直接インストールできます。

SP3a の CD-ROM があるない場合は、適切なファイルをダウンロードすることができます。実行します。コンピューターにダウンロードしたファイルが実行されると、それを作成します一連のフォルダーと同じ組織としては、ディスク上のファイル、フォルダーは、SP3a CD-ROM 上のファイル。このファイルを抽出段階が完了した、ディスク上のフォルダーから SP3a をインストールできます。

ダウンロードする場合次の使用例は、インターネットから SP3a のインストール ファイルを抽出するとガイドライン:
  • ダウンロード ファイルのいずれかの 2.0 とに記載自己解凍形式のファイルのいずれかを実行しているコンピューター上のフォルダーに、SQL Server 2000年ソフトウェア sp3a、または、フォルダーをアップグレードするのにはネットワーク共有です。そのフォルダーからファイルを実行します。自動解凍プログラムサービス パックにフォルダーの名前のメッセージが表示されます。ファイルを配置します。

    メモ Service pack には、ネットワーク共有へのパスを抽出する場合実行は、指定フォルダーを基準にですが自己展開型のプログラムです。
  • ダウンロードするローカル ドライブまたはネットワーク上の共有service pack のインストール ファイルを空き容量が必要約 3 倍サイズの自己解凍形式のファイルです。これが含まれます。自己解凍形式のファイルを抽出した格納領域を格納する領域service pack のファイルを一時的な作業用スペースを解凍が必要プログラムそのものです。
  • 名前を変更したり、抽出した後、フォルダーを移動することができます、コンポーネントです。ただし、ディレクトリのパス名含まれていないことを確認してください。空白にします。ごとにターゲット フォルダーと同じを使用することができます、自己解凍形式のファイルです。互いを上書きまたは干渉できません。他の。
  • 自己解凍形式のファイルのセットをビルドするために使用します。ディレクトリと同じ SP3a CD-ROM 上のファイル。場合は、service pack のディレクトリを作成するのには、ファイルを抽出する必要があります SP3a をダウンロードします。SQL Server のセットアップを実行する前にします。
  • データベース コンポーネント SP3a および分析サービス SP3a では、セットアップを CD-ROM と、抽出されたファイルと同じです。
メモ 一部の service pack のファイルはシステム ファイルです。、この手順に従わない場合、表示することはできません Windows エクスプ ローラーで、。は、 ビュー メニューをクリックして オプションをクリックして、 ビュー タブ、し、 すべてのファイルを表示します。チェック ボックスします。

SQL Server 2000年データベース エンジンまたは MSDE 2000 のインスタンスの言語を確認する方法

SQL Server 2000 service pack の言語によって異なります。するにはSQL Server 2000年のアップグレードをダウンロードしている、サービス パックを適用する必要がありますSQL Server 2000年ソフトウェアとして同じ言語です。たとえばする場合は、日本語を使用して MSDE 2000 のインスタンスのアップグレードをダウンロードする必要があります、日本語バージョンのデスクトップ エンジンの SP3a です。
  • クリックしてください。 開始をクリックします。実行.
  • で、 ファイルを開く ボックスに、「regedit」と入力クリックしてください。 [OK]
  • 見つけて、次のキーのいずれかを選択します。
    • SQL Server 2000年データベースのデフォルト インスタンスエンジンまたは MSDE 2000 を探して、このキーを選択します。

      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MSSQLServer\MSSQLServer\CurrentVersion
    • SQL Server 2000年データベースの名前付きインスタンスエンジンまたは MSDE 2000 を検索して、このオプションを選択キー:

      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SQLここで、InstanceName の Server\InstanceName\CurrentVersion は、インスタンス
  • 右側のウィンドウで、言語のエントリの値を参照してください。言語を確認するには、次の表に値を比較する、SQL Server 2000年データベース エンジンまたは MSDE 2000 のインスタンス:
    元に戻す全体を表示する
    言語のレジストリ値 (16 進数)言語レジストリ値 (16 進数)言語のレジストリ値 (in16 進数)
    0x000004041028繁体字中国語
    0x000004071031ドイツ語
    0x000004091033英語
    0x0000040a1034スペイン語
    0x0000040c1036フランス語
    0x000004101040イタリア
    0x000004111041日本語版
    0x000004121042韓国語
    0x000004131043オランダ語
    0x000004161046ポルトガル語 (ブラジル)
    0x0000041d1053スウェーデン語
    0x000008052053 簡体字中国語
データベース コンポーネント SP3a の分析サービス ファイル

データベース コンポーネントと Analysis Services のインストールファイルの両方が含まれているセットアップ ドキュメントをクリックしてアクセスすることができますを更新SP3a のセットアップ時に役立ちます。このドキュメントのバージョン SQL を更新しませんServer 2000 本のコンピューターに既にインストールされているオンライン。のSQL Server Books Online の更新版を入手する方法の詳細についてを参照してください。セクション 1.6 書籍を更新 OnlineDocumentation を利用します。たい場合だけで、SQL Server 2000 SP3a セットアップ ドキュメントの更新なしのアクセスします。SQL Server Books Online 更新、Setupsql.chm ファイルを実行します。Setupsql.chm でください。サブフォルダーにある \Books SP3a の CD-ROM、ローカル上のディレクトリにあります。ディレクトリ、または展開された service pack ファイルを含むネットワーク共有を使用します。

2.1 をダウンロードし、デスクトップ エンジン (MSDE 2000) SP3a を抽出します。

MSDE 2000 の既存のインスタンスを持つユーザーする必要があります知っているどのようにこの修正プログラムを適用する方法を理解して、MSDE 2000 のインスタンスがインストールされました。行うことができます。これとして記録された情報を確認します。 ProductCode 以下の指示には、レジストリ キーのエントリサポート技術情報の資料 311762。
  • 元のパッケージの名前を付ける場合は、 ProductCode 値が SqlRun01.msi 〜 SqlRun16.msi、アップグレードするか、SQL Server の 2000 SP3a を使用して msde のインスタンスは、ファイルをダウンロードします。上記を参照してください。MSDE のインスタンスの言語を判断する方法について2000。
  • 元のパッケージの名前を付ける場合は、 ProductCode Microsoft アプリケーションを参照、次のページを参照してください。MSDE 2000 のインスタンスをアップグレードする方法の詳細については。マイクロソフトMSDE アプリケーションの Web ページ.
  • 場合は、 ProductCode この記事では、値がないし、インスタンスがアプリケーションのセットアップ ユーティリティによってインストールします。SQL Server を使用することはできません。2000 SP3a は、このような MSDE のインスタンスに SP3a を適用するファイルをダウンロードします。代わりに、修正プログラム ファイルは、アプリケーションを作成した会社が必要です。場合は、アプリケーションが Microsoft 以外の会社から付属して、連絡する必要があります。会社はこのパッチファイルを選択します。場合は、マイクロソフトでは、アプリケーション付属の説明書を参照してください、次のページ (このページはマイクロソフトからの MSDE アプリケーションの一覧これらの MSDE 2000 インスタンスをアップグレードする方法についての情報を更新する)。Microsoft MSDE[Web アプリケーション] ページ.
  • 元のパッケージの名前を付ける場合は、 ProductCode 値が Sample.msi または SampleUpg.msi が、サポート技術情報の記事を参照してください。314131。
MSDE 2000 SP3a のダウンロード

MSDE 2000 のインスタンスを使用してインストールされている場合、(元のパッケージ名が SqlRun01.msi 〜 が、MSDE セットアップ ユーティリティSqlRun16.msi の場合) は、SQL Server を使用して msde のインスタンスをアップグレードします。2000 SP3a ファイルをダウンロードします。
  • 参照してください、マイクロソフトSQL Server のダウンロード Web サイト.
  • で、 完全なダウンロード ボックス、このページの右上の言語に一致する言語を選択します。MSDE 2000 のインスタンス 移動.
  • 次のページでは、検索、 このファイルダウンロード ページの下部のセクション。言語によっては、これらのファイルのいずれかを選択します。
    • 英語を選択すると、ファイルをダウンロードします。SQL2KDeskSP3.exe をコンピューター上のフォルダーにします。
    • 別の言語を選択すると、ファイルをダウンロードします。LLL_SQL2KDeskSP3.exe、LLL を言語によって異なります。
MSDE 2000 SP3a ファイルを抽出します。

SQL2KDeskSP3.exe をダウンロードした後、またはLLL_SQL2KDeskSP3.exe、MSDE 2000 SP3a ファイルを抽出する必要があります。
  • Windows エクスプ ローラーを開き、フォルダーを移動します。MSDE 2000 SP3a ダウンロード ファイルのダウンロード (か、SQL2KDeskSP3.exe またはLLL_SQL2KDeskSP3.exe、LLL を言語によって異なります)
  • MSDE SP3a を抽出するのには、ダウンロード ファイルをダブルクリックします。ファイルです。ダイアログ ボックスが表示されたら、SP3a ファイルにすることができますフォルダーを指定します。抽出します。

3.0 Service Pack のインストール

SP3a をインストールするには、インストール手順に使用する、次のセクションでします。すべての手順、どのに応じて必要です、SQL Server 2000年コンポーネントや、適用の構成の後、service pack には:
  • データベース コンポーネント
  • Analysis Services
  • Desktop Engine
  • フェールオーバー クラスター
  • 複製サーバー
次のセクションの最初の文を示しますセクションを適用するコンポーネントを指定します。

インストールを開始する前に

データベース エンジンのインスタンスは、SQL Server 2000年の場合または MSDE 2000 が使用されているアプリケーションが最初のプロバイダーとを確認アプリケーションがないか、データベース エンジンまたは MSDE 2000 へのアップグレードを参照してください。注意事項特定アプリケーションにします。

SP3a のインストール場合は、次のセキュリティ ポリシーのいずれかが設定されている失敗します インストールを許可しません。:
  • は、 デバイス: 未署名のドライバーのインストール動作 Windows XP 用のローカル セキュリティ ポリシー
  • は、 署名されていないドライバー以外のインストール動作 Windows 2000 のローカル セキュリティ ポリシー

    使用するかどうかは、 インストールを許可しません。 設定を変更する必要があります。 警告なしSP3a をインストールする前にします。必要であれば、ポリシーをその前に返すことができます。インストール後の設定は完了です。
メモ インストールを許可しません。デフォルトではありませんこれらのセキュリティ ポリシーを設定しています。

Windows を実行するコンピューターに SQL Server 2000 SP3a をインストールする場合XP、MDAC 2.7 が更新するのには MDAC 2.7 Service Pack 1a (SP1a)。場合は、システムでは MDAC 2.7 SP1a に含まれている修正プログラムのいずれかが必要です、まずSQL Server 2000 SP3a をインストールする前に、Windows XP Service Pack 1 を適用します。Windows XP SP1 は、MDAC 2.7 SP1a に含まれるすべての修正プログラムを適用します。

この service pack のプレリリース版をインストールする場合Microsoft Windows Server 2003 3683 またはそれ以前のビルドされますが、次のエラー メッセージ。

インストールするソフトウェアがないです。Windows ロゴがこのバージョンの互換性を確認するテストに合格Windows。このソフトウェアはインストールされません。システムにお問い合わせください。管理者。

このメッセージを無視するように選択できます。クリックしてください。[OK] セットアップを続行します。

メモ このメッセージは、自動インストールがブロックされます。

時Windows NT 4.0 の Service Pack を実行しているコンピューターでこの service pack をインストールします。6 a、Microsoft Knowledge Base の資料に記載されている修正プログラムを適用する必要があります。 258437.

前にWindows NT 4.0 のフランス語版に SP3a をインストールする、手順を実行します。ナレッジ ベース記事 259484。マイクロソフトでは、「をアクセス可能製品サポート サービスの知識ベース検索方法の詳細については、技術は、セクション 1.5 追加情報に関する SP3a を参照してください。

データベース コンポーネントのインストールを開始する前に

インスタンスにデータベース コンポーネント SP3a を適用する場合SQL Server は Analysis Services もインストールされている、コンピューターのセットアップSp3_serv_uni.sql スクリプトを実行すると失敗する可能性があります。このような場合を再起動します。コンピューターとセットアップを再度実行します。
  • SQL Server 2000年サーバー サービス パックする機能には影響しませんユーザー データベースを 1 つのリリースから (オリジナル リリース版または service pack) のバックアップします。SQL Server 2000年または MSDE 2000 を場合を除き、別のリリースを復元ユーザー データベースは、レプリケーション トポロジの一部です。ユーザー データベースの場合含まれない、レプリケーション トポロジの実行中インスタンスをバックアップできます。SQL Server 2000年または MSDE 2000 のリリースし、インスタンスを元に戻すSQL Server 2000年または MSDE 2000 のリリースを実行しています。その他セクション 5.3.6 のバックアップの詳細については参照に関する考慮事項については、レプリケーションとマージ レプリケーションの場合の問題を復元します。
SP3a のセットアップのメンバーであるユーザー データベースをアップグレードします。レプリケーション トポロジです。SP3a をインストールする前に、レプリケーションを確認してください。データベースおよびファイル グループが書き込み可能にしてユーザー アカウントで実行されています。セットアップは、データベースへのアクセス権があります。詳細についてはSP3a を適用すると、レプリケーション トポロジに含まれているデータベースを参照してください。セクション 3.11 をインストール サーバーに複製します。

SP3a のセットアップを検出する場合ユーザー データベースまたはファイル グループが書き込み可能ではないが。
  • 書き込み可能なすべてのユーザーに、SP3a のレプリケーション更新を適用します。データベース。
  • 書き込み可能なデータベースの一覧に設定を書き込むログは、Winnt\Sqlsp.log に置かれています。
  • 次の警告メッセージが表示されます。

    セットアップがあります。1 つまたは複数のデータベースおよび書き込み可能でないファイル グループを検出します。
いくつかのデータベースの一覧に表示されていない場合、この警告を無視してセットアップ ログに、レプリケーション トポロジのメンバーであります。存在する場合は、書き込み不可のデータベースでは、セットアップ ログを表示、レプリケーションのメンバーであります。トポロジは、これらのデータベースが書き込み可能にし、SP3a のセットアップに再度適用する必要がありますSQL Server 2000年のインスタンスです。

メモ このメッセージは、無人インストールには影響しません。詳細についてはセクション 4.1 の無人無人インストールの詳細について参照してください。インストールします。

なくなったデータベース書き込みのためセットアップが発生します。失敗するのには、SP3a にアップグレードする前にログ配布を削除するのにはありません。配布ログ データベースへのデータベースの場合ただし、レプリケーションはpublisher では、以下の操作を行います。
  • SP3a を適用する前に、データベースをオフラインを実行します。
  • インスタンスに SP3a を適用します。
  • データベースをオンラインを表示します。
  • クエリ アナライザーにログオンし、次のスクリプトを実行します。
    USE master
    GO
    EXEC sp_vpupgrade_replication
    GO
    
オフラインにすることがなく、SP3a を適用する場合すべて書き込み不可パブリケーション データベースのログ配布データベースは、このエラーが表示されます。
エラーを実行しているスクリプトの sp_vpupgrade_replication(1)
このエラーを受け取った場合は、上記の手順を実行します。

メモ インストール中に、セットアップに読み取り専用との違いがありません。データベースとデータベース オフライン状態または不確定な状態。場合は、レプリケーションのデータベースまたはファイル ・ グループはこれらの条件のいずれかでセットアップ中には含まれていると、レプリケーション トポロジでは、service pack を再適用する必要がありますデータベースを書き込み可能にするとします。

メモ 書き込み可能なデータベースは、セットアップが失敗するため、SP3a にアップグレードする前にログ配布を削除する必要はありません。

分散インストールの Systems Management Server の準備をしています。

SQL Server 2000 Service Pack 3a をインストールすることはできません。リモートで。ただし、Microsoft Systems Management Server のインストールに使用します。SP3a Windows NT Server 4.0 を実行している複数のコンピューターに自動的にします。行うにはしたがって、自動化パッケージ定義ファイル (Smssql2ksp3.pdf) を使用する必要があります、SQL Server では、Systems Management Server パッケージを作成します。SQL Serverパッケージが配布し、実行しているコンピューターにインストールされています。Systems Management Server。Sms2kdef.bat ファイルを起動するバッチ ファイルでは、Systems Management Server を使用して、無人セットアップします。この種のインストールでは、セットアップ プログラムは、関連するシステム情報を自動的に検出して、必要としないユーザー入力が必要です。

メモ Systems Management Server を使用して Desktop Engine をインストールすることはできません。SP3a では。

3.1 SQL Server データベースをバックアップします。

すべてのコンポーネントのインストールに次の情報が適用されます。データベース クライアント コンポーネントを除く。

どちらかのデータベースをインストールする前にコンポーネント SP3a またはデスクトップのエンジン SP3a、マスター、msdb、およびモデルのバックアップデータベース。SP3a をインストールする、マスター、msdb、およびデータベースを変更、SQL Server、SP3 より前のバージョンと互換性にします。これらのバックアップします。SQL Server 2000 SP3 または SP3a を再インストールするかどうかに必要です。

ユーザー データベースをバックアップすることをお勧め SP3aレプリケーションのメンバーであるユーザー データベースにのみ更新を実行します。トポロジ。

3.2 バックアップ、Analysis Services データベースとリポジトリ

次の情報が分析のみに適用されます。サービスです。

分析サービス SP3a をインストールする前に、バックアップ、Microsoft 分析のコピーを作成することにより、分析サービス データベースServices\Data フォルダーは、既定では C:\Program Files の下にインストールされています。フォルダーです。場合は、SQL するには、Analysis Services リポジトリを移行されません。サーバーにあるファイル Msmdrep.mdb、バックアップ コピーを作成、Microsoft 分析 Services\Bin フォルダー。解析を保存することもする必要があります。サーバーのレジストリ エントリを使用して Regedit.exe を実行して、 エクスポートレジストリ ファイル 項目の上に レジストリ メニューをエクスポートするのにはキー
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\OLAPServer
ファイルにバックアップします。Analysis Services リポジトリを移行した場合は、SQL Server をインストールする前に、リポジトリを含む、データベースのバックアップをSP3a では。詳細については、SQL Server 2000 Analysis Services のアンインストールを参照してください。SP3a では。

3.3 は、システム データベースに十分な空き領域があることを確認します。

すべてのコンポーネントのインストールに次の情報が適用されます。データベース クライアント コンポーネントと Analysis Services を除く。

場合は、master および msdb データベースの自動拡張オプションが選択されていない、データベースは、少なくとも 500 kb の空き領域が必要です。いることを確認するのにはこれは、sp_spaceused システム ストアド プロシージャを実行する間隔をそれらがある、マスターまたは msdb データベースです。どちらかのデータベースで未割り当て領域が小さい場合500 KB を超えるデータベースのサイズを大ききます。詳細についてを参照してください。SQL Server Books Online の「データベースをの展開」

場合は、自動拡張master および msdb データベースには、選択されているし、ないための十分です部屋はドライブによっては、この手順を省略できます。

いることを確認するのにはSQL Server 2000 では、SQL Server の開いているエンタープライズアプリケーションに自動拡張オプションが選択されています。マネージャーは、データベースのアイコンを右クリックしをクリックしてくださいProperties.Verify は、自動拡張ファイル チェック ボックスをオンします。

MSDE 2000 ではこのオプションが選択されていることを確認するのには、osql を使用します。コマンド プロンプト ユーティリティを使用して、SQL の次のステートメントを発行します。
  • sp_helpdb マスター
  • sp_helpdb msdb
これらのステートメントの出力には、確認の値を成長の列ではありません 0。

3.4 SP3a のセットアップを実行する前に、[サービスとアプリケーションを停止します。

すべてのコンポーネントには、次の情報を適用します。適用することができます。SP3a をせず、サービスをシャット ダウンします。

場合は、シャット ダウンしないもの、サービスのセットアップが完了したら、コンピューターを再起動するように求められます。再起動することがなく、次のサービスを起動に失敗します。
  • Microsoft 分散トランザクション コーディネーター (MS DTC) とMicrosoft Search および MSSQLServerOLAPService サービス。.
  • MSSQLServer および SQLServerAgent のサービスをアップグレードするインスタンス (たとえば、MSSQL$ NamedInstance)。
  • Microsoft コンポーネント サービスでは、Microsoft メッセージ キュー、Microsoft COM トランザクション インテグレーターとします。
  • コントロール パネルを含むすべてのアプリケーション。(省略可能)
停止して、コンピューターを再起動することがなく、SP3a を適用できます。これらのサービスおよびアプリケーションは、SP3a を適用する前に。

これは、ことはできません。クラスター化された環境でサービスを停止します。詳細については、のセクションを参照してください。3.10 でフェールオーバー クラスターをインストールしています。

3.5 データベース コンポーネント SP3a をインストールします。

すべてのコンポーネントのインストールに次の情報が適用されます。デスクトップのエンジンと Analysis Services を除く。

Setup.bat スクリプトを実行します。次の場所のいずれかからです。
  • ローカル コンピューターが含まれているディレクトリは、SQL2KSP3.exe から service pack のファイルを抽出します。
  • サービス パックのディレクトリで、SQL Server 2000 SP3aCD-ROM。
  • 含まれているネットワーク共有上のディレクトリをSQL2KSP3.exe から service pack のファイルを抽出します。
メモ ネットワーク共有から、データベース コンポーネントをインストールするにはまず、次のいずれかの操作を行います。
  • 展開された service pack が含まれているネットワーク共有をマップします。利用可能なドライブ文字に、ローカル コンピューター上のファイルを移動するのにはSetup.bat を含みを実行し、マップされたドライブ上のディレクトリSetup.bat。
  • Setupsql.exe ファイルで検索を実行してセットアップを開始します。\X86\Setup では、ネットワーク共有上のディレクトリのサブフォルダーで展開した service pack のファイルが含まれています。
セットアップには、情報の入力を求めるダイアログ ボックスが表示されます、SQL Server 認証や Windows を使用するかどうかなど認証します。SQL Server 認証を選択した場合、指定する必要があります、セットアップ プログラムは、sa ログインのパスワードを使用します。Windows を選択した場合認証は、ログオン中に、セットアップ プログラムを実行する必要があります。Windows は、Windows のログイン アカウントを使用して。このログイン アカウントの一部にする必要があります。は、 システム管理者 固定サーバー ロールは、2 つの SQL Server2000 にアップグレードします。

セットアップ プログラムは、次実行します。タスク:
  • 表示します。 認証モード ダイアログ ボックス混合モード認証でインストールが使用していることを検出した場合は、sa ログインのパスワードを空。まま、 sa ログインのパスワード空 SQL Server またはデスクトップを簡単に管理アクセスを持つユーザーを提供します。エンジンし、お勧めしません。sa のパスワードを適用することで、システムを保護します。または、Windows 認証を使用します。このダイアログ ボックスの詳細についてを参照してください。認証モード ダイアログ ボックスこのセクションで後述します。
  • これが検出された場合は、SA パスワードの警告ダイアログ ボックスが表示されます、sa ログインのパスワードを空。インストールを続行することができますが空白のパスワードを明示的に無視する] を選択して、sa ログインには、推奨セットアップを続行する、空白のパスワードはセキュリティ上のリスクをもたらすとお勧めできません。このダイアログ ボックスは、認証にかかわらずが表示されます。使用するモード。

    メモ このパスワードの変更が直ちに実行されます。セットアップが失敗した場合でも、パスワードが変更されます。
  • 表示します。 旧バージョンとの互換性チェックリスト旧バージョンとの互換性の警告ダイアログ ボックスは、発行します。service pack を適用する場合があります。このダイアログ ボックスの詳細については、旧バージョンとの互換性チェックリスト] ダイアログ ボックスこのセクションの後半を参照してください。
  • 検出されると、すべてのデータベース ダイアログ ボックスを表示、またはファイル グループが書き込み可能ではありません。これらのデータベースの場合、この時点で、またはファイル グループは、レプリケーション トポロジの一部であります。
    • セットアップのプロセスを停止すると、これらのオブジェクトを書き込み可能に、再度セットアップを実行します。
    • 現在 SP3a のセットアップ プロセスを続行し、SP3a は、これらのオブジェクトを書き込み可能にした後、後で再適用します。

      メモ だけに SP3a を適用する場合は、上記の手順が必要です。書き込み可能なデータベースまたはファイル グループは、レプリケーション トポロジの一部であります。適用セクション 3.12 SP3a に読み取り専用データベースの詳細についてを参照してくださいまたはファイル グループ。
  • 表示します。 エラーを報告します。 ダイアログ ボックス新しいエラー報告機能を有効にする方法に関する情報SP3a に含まれています。セクション 5.10 エラー報告の詳細についてを参照してください。エラーを報告します。
  • MDAC コンポーネントを必要に応じて更新します。詳細については詳細は、セクション 5.5.1 更新プログラムには Microsoft Data Access を参照してください。コンポーネントです。
  • 既存の SQL Server 2000 SP3a ファイルに置き換えられます。[ファイル].
  • Transact SQL スクリプト ファイルを保存するシステムを更新するを実行します。手順
  • 最後に、コンピューターを再起動するためのオプションが表示されます。セットアップが、再起動が必要であると判断した場合のダイアログ ボックス。


認証モード] ダイアログ ボックス

[認証モード] ダイアログ ボックスにデフォルトではないです。現在の設定をインストールします。ダイアログ ボックスの既定値は次のとおりです。
  • Windows 98 または Windows Me を実行しているコンピューターでEdition を既定の設定が混合モードの認証 (唯一です。これらのオペレーティング システムでサポートされている認証モード)。ダイアログ ボックスsa ログインのパスワードを指定するよう求められます。パスワードを指定する場合は、セットアップは、sa ログインのパスワードを変更します。パスワードを空白のままにした場合のセットアップパスワードを変更することがなく接続します。
  • Windows NT 4.0 または Windows 2000 を実行しているコンピューター上で、既定の設定は、Windows 認証です。切り替えるには、ダイアログ ボックスを使用します。Windows 認証モードまたは混合モードではない、sa ログインのパスワードを空白です。

    メモ [認証モード] または [パスワードを変更する前に、sa ログインは、この変更既存のアプリケーションに影響をしないことを確認してください。の例では、混在モードを使用して、SQL Server のインスタンスを変更する場合認証は Windows 認証のみで、既存のアプリケーションを使用するにはSQL Server の認証を使用して接続しようとして接続するまで、認証モードは、Windows 認証に設定されます。また、変更するかどうかは、sa ログインのパスワード、アプリケーション、または、古いを使用して管理のプロセスパスワードは、new を使用して設定するまでに接続できません。パスワードです。
重要です セキュリティ上の理由は、空白のパスワードが必要sa のログインです。

セットアップ プログラムは、アクションの記録を配置、Sqlsp.log ファイルを実行します。Windows でこのログ ファイルが格納されています。セットアップを実行しているコンピューターのディレクトリ。場合は、複数のアップグレード最新アップグレードのみのインスタンスは、このログに記録されます。

旧バージョンとの互換性チェックリスト] ダイアログ ボックス

は、 旧バージョンとの互換性チェックリスト下位互換性の問題が発生する可能性がありますようにダイアログ ボックスを表示します。service pack を適用しています。表示されます下位互換性の問題、チェックリストは、SQL Server のインスタンスの構成に応じて異なる2000 にアップグレードします。

以下の下位互換性このダイアログ ボックスで問題に対処することができます。
  • SP3a または以前のバージョン SP2 からにアップグレードする場合、Microsoft をアップグレードします。サービスを検索し、自動的に再構築、フル ・ テキストのカタログアプリケーションは、サービスを使用します。再構築中に、フルテキスト機能を可能性があります。完全に利用できません。セットアップを続行する前に、このチェック ボックスをオンする必要があります。5.1.5 フルテキスト カタログが再構築後の詳細についてを参照してください。セットアップを完了します。
  • Service pack を適用する前に、アップグレードする必要があります、SQL Server 2000年マスターと対象サーバーの構成導入された機能強化SP3a では SQL Server 2000 SP3 を実行しているサーバーとのみ互換性があるがまたは SP3aセットアップを続行する前に、このチェック ボックスをオンする必要があります。詳細については詳細は、セクション 5.4.2 をマスターと対象サーバーの変更を参照してください。構成します。
  • 複数データベースの組み合わせ所有権既定ではオフになってこの service pack では。インストール後に、クロス データベースを有効にできます。個々 のデータベースの組み合わせ所有権。このオプションのチェック ボックスを選択します。すべてのデータベースを複数データベースの組み合わせ所有権を許可することができます。の詳細については、セクション 5.1.11 複数データベースの組み合わせ所有権を参照してください。

    メモ すべてのデータベースを複数データベースの所有権を有効にするにはお勧めできません。

    メモ 以前のデータベースにまたがる組み合わせ所有権有効にした場合SP3 のプレリリース版 (ビルド 8.00.760) 前に、有効にする必要があります。もう一度 SP3a をインストールするとします。

3.6 分析サービス SP3a をインストールします。

Analysis Services には、次の情報が適用されます。

分析サービス SP3a をインストールするには、Setup.exe のいずれかを実行、次の場所:
  • Msolap\Install サブディレクトリに含まれているディレクトリSQL2KASP3.exe から抽出した分析サービス SP3a ファイル。
  • SP3a cd-rom の Msolap\Install ディレクトリです。
セットアップは、次のタスクを実行します。
  • 情報の入力を求めるダイアログ ボックスが表示されます。エラー報告の詳細については、「5.10 エラー レポートの作成」を参照してください。
  • [エラーの報告] ダイアログ ボックスに情報を表示します。含まれている新しいエラー報告機能を有効にする方法についてSP3a では。
  • 必要なファイルをコピーし、完了をインストール


その他の分析サービスのインストールに関する問題

分析サービス SP3a をインストールした後行う必要がまたあります。リモート管理するには SP3 または SP3a を使用するコンピューターをアップグレードします。それ以外の場合は、リモートから接続しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。分析マネージャーを使用します。

レジストリに接続することができません、サーバー (サーバー名)、または、OLAP Administrators グループのメンバーでないです。このサーバーのです。

Meta Data Services 専用の新規ロールを追加しました名前付き RepositoryUser、アクセスおよび更新に使用できます。リポジトリ内の情報は、 msdb データベースです。は、 RepositoryUser 持つロールを作成、読み取り、更新、削除、および実行のアクセス許可を msdb リポジトリ。は、 パブリック この新しいロールが交換済みで、ないアクセス許可を持つロールこのリポジトリにします。次の条件が満たされている場合は、 OLAP管理者 グループを追加するのには RepositoryUser ロールのこのグループのメンバーにアクセスできるようにするには、service pack を適用した後、リポジトリ:
  • リポジトリが Meta Data Services 形式でです。
  • リポジトリが使用する、 msdbデータベースです。
  • は、 OLAP Administrators 前のグループ使用、 パブリック リポジトリにアクセスするロールです。
メモ この変更は、メタ データにアクセスするリモート ・ サーバにも影響します。SP3 または SP3a にアップグレードされたサーバー上のサービス リポジトリ。リモートサーバーのログインを RepositoryUser ロールに追加しなければなりません。

メモ OLAP Administrators グループに追加する必要があります、 RepositoryUser ロール Meta Data Services を復元する前にrepositorythat は、SP3 または SP3a にアップグレードする前にバックアップされています。それ以外の場合は、復元操作は失敗します。

詳細については、 RepositoryUser ロール、セクション 5.6.3 新しい RepositoryUser ロールを参照してください。リポジトリの情報にアクセスします。

場合は、分析サービス データされるフォルダーが別のコンピューター上で、分析サーバー実行している場合は、フォルダーのアクセス許可 SP3a の実行後に変更が必要設定します。詳細については、セクション 5.2.10 のアクセス許可を変更する必要がありますを参照してください。リモート データ フォルダーを使用します。
3.7.2 MSDE 2000 SP3a のセキュリティ上の考慮事項
のみデスクトップ エンジン (MSDE に次の情報が適用されます。2000)。

デスクトップのエンジン SP3a にはファイルの完全なセットが含まれています。インストールまたは SQL Server 2000 Desktop Engine のインスタンスをアップグレードするために必要な(MSDE 2000)。MSDE 2000 セットアップのすべてのファイルを実行できます。デスクトップ エンジン SP3a は、インストールまたはアップグレードするためのライセンスがあるを提供します。MSDE 2000 のインスタンスです。使用して MSDE 2000 のライセンスの詳細についてを参照してください。MSDE 2000 の。

デスクトップ エンジン SP3a を適用することはできません。MSDE 2000 のインスタンスのセットアップ ユーティリティによってインストールされた、アプリケーションです。できるパッチファイルをアプリケーション プロバイダーに問い合わせてくださいする必要があります。これらの MSDE 2000 インスタンスをアップグレードするために使用します。方法について2.1 の MSDE 2000 の滝には、このカテゴリでは、インスタンスを表示する場合を確認します。ダウンロードし、デスクトップ エンジン (MSDE 2000) SP3a を抽出します。
次に、MSDE 2000 SP3a の重要な背景情報を説明します。セットアップ:
  • 3.7.1 MSDE 2000 SP3a のの必要条件
  • 3.7.2 MSDE 2000 SP3a のセキュリティ上の考慮事項
  • 3.7.3 MSDE 2000 セットアップ パラメーター
次のセクションでの最も一般的なシナリオをカバーします。SP3a には、既存の MSDE のインスタンスをアップグレードまたは新規インストールMSDE 2000 SP3a のインスタンス。
  • 3.7.4 既存のインスタンスの MSDE 2000 SP3a にアップグレードします。
  • 3.7.5 MSDE 2000 の新規インスタンスをインストールします。SP3a
  • 3.7.6 MSDE 1.0 MSDE 2000 SP3a にアップグレードします。
主要な情報源の追加情報が必要な場合MSDE 2000 SP3a のセットアップの詳細については、SQL Server 2000年オンライン ブックでは更新 (済み - SP3)。変更を加えたする MSDE SP3 および SP3a にあった完全に SQL Server 2000 Books Online の (最新の SP3)。 反映されません。この readme ファイルにはそれらの機能を説明します。詳細についてはセクション 1.6 Books Online (最新の SP3)、「SQL Server 2000年をインストールします。書籍のオンライン ドキュメントの更新が利用可能です。
3.7.1 MSDE 2000 SP3a のの必要条件
のみデスクトップ エンジン (MSDE に次の情報が適用されます。2000)。

SQL Server 2000年デスクトップに、次の要件を適用します。(MSDE 2000) SP3a インストールをエンジンです。

MSDE 2000 は、アップグレードする場合は、デスクトップ エンジン SP3a を MSDE のすべてのインスタンスに個別に適用する必要があります。2000。

ノートを Microsoft では、構成はサポートされませんがある場合1 台のコンピューター上のデータベース エンジンのインスタンスを 16 個を超える。これが含まれます。SQL Server 6.5、7.0 の SQL Server、SQL Server 2000年、MSDE 1.0 のインスタンスとMSDE 2000。

常に Setup.exe を実行して、MSDE 2000 セットアップを起動します。しないでください。セットアップが直接、MSDE 2000 の .msi ファイルのいずれかのような呼び出しが起動しません。MSDE 2000 の .msi ファイルのいずれかをダブルクリックします。セットアップを実行する必要があります、プロンプト コマンド、インストールまたは任意のインスタンスをアップグレードするためのパラメーターを指定します。MSDE します。セクション 3.7.2 必要なパラメーターの詳細についてを参照してください。3.7.6 〜。

ターミナル サービスを使用する場合は、問題が発生することができます。sp3a、または、既存の MSDE のインスタンスをアップグレードしようとして接続MSDE 2000 SP3a の新規インスタンスをインストールします。問題が発生した場合を再起動します。ローカル コンピューターからセットアップします。

インスタンスの名前を知る必要があります、インストールまたは、MSDE 2000 SP3a を使用してアップグレードする MSDE のインスタンスセットアップします。名前付きインスタンスの MSDE のアップグレードまたはインストールする場合は、行う必要があります。インスタンス名を指定するのには、INSTANCENAME パラメーターを使用します。そうしないとINSTANCENAME を指定セットアップに MSDE の既定のインスタンスの操作します。コンピューターです。Msde SP3 の前に、のバージョンでは、ユーザーを指定するために必要なインストールまたはのインスタンスをアップグレードするために使用する .msi インストール パッケージ ファイルMSDE 2000。SP3 およびそれ以降のバージョンのセットアップでは、.msi ファイルのセットアップを管理し、アップグレードまたは新しい .msi ファイルを指定する必要はありません。インストールします。

ハード ディスクから MSDE 2000 SP3a のセットアップを実行します。ドライブ、ネットワーク共有、または CD-ROM を使用します。MSDE 2000 のインスタンスをアップグレードする場合SP3a、ことができます実行するだけセットアップをネットワーク共有または CD-ROM から場合は、元のMSDE 2000 のインスタンスをインストールするために使用するファイルがまだでは場所は、元のインストール中に割り当てられていた。場合は、元のインストール CD-ROM から、MSDE 2000 SP3a のセットアップは、元の要求します。アップグレード中に CD-ROM。元のファイルされなくなった場合は、元の場所またはオリジナルの CD-ROM は使用できません、コピーする必要があります、そこからの MSDE 2000 SP3a ファイル ハード ドライブとセットアップを実行します。

IfSP3a は、CD-ROM のボリューム ラベルをインストールするのには、独自の CD-ROM を作成します。SQL2KSP3 にする必要があります。作成する独立系ソフトウェア ベンダー (ISV) にあるかどうかは、Desktop Engine をコンポーネントとして配布するための CD-ROM がアプリケーションを CD-ROM のボリューム ラベルを付けるには同じにする必要があります。メディア テーブルの Windows インストーラー パッケージ (*.msi) のプロパティです。
、のみ、使用している場合は、Desktop Engine にアップグレードは、CD-ROM からインストールできます。Windows インストーラーのバージョン 2.0.2600.0 以降。Windows をアップグレードする必要がある場合インストーラーには、SP3a には Windows インストーラーをアップグレードするために必要なファイルが含まれます。

Windows インストーラーをアップグレードするのには:
  1. Windows エクスプ ローラーを使用すると、\MSDE\MSI フォルダーには移動します。一方 SQL Server 2000 SP3a CD-ROM から抽出されたフォルダーSQL2KDeskSP3.exe。
  2. InstMsi20.exe を実行します。
  3. ダイアログ ボックスが表示されたら、コンピューターを再起動します。
3.7.2 MSDE 2000 SP3a のセキュリティ上の考慮事項
のみデスクトップ エンジン (MSDE に次の情報が適用されます。2000)。

MSDE 2000 のセットアップの動作 SP3a のため変更されました既定の設定より安全な構成になること。

デスクトップのエンジン SP3a の既定の動作を変更する、DISABLENETWORKPROTOCOLS セットアップの構成を指定するパラメーターは、MSDE 2000 のインスタンスのネットワーク接続のサポート。場合ないアプリケーション別のコンピューターで実行して、MSDE 2000 のインスタンスに接続されますがインスタンスにネットワーク サポートの必要がなく、それをオフにすることをお勧めします。使用されていないリソースです。SP3a ネットワークのサポートが無効になりますMSDE 2000 の新規インスタンスをインストールするときの既定です。場合は、ネットワークを無効にします。MSDE 2000 SP3a のインスタンスをインストールする場合は、後で行うことができます。サポートを有効にするのには、インスタンスを再構成します。詳細については無効にすると、ネットワークへのアクセスを復元する、マイクロソフト サポート技術情報の記事を参照してください。814130。

既定では、MSDE 2000 SP3a のセットアップは、新規インストールされません。MSDE 2000 のインスタンスは、強力な sa を指定するのには、SAPWD パラメーターを使用しない場合パスワードです。既定では、MSDE 2000 SP3a のセットアップ既存のアップグレードされません。MSDE 2000 のインスタンスに強力なパスワードを sa に割り当てられないかぎりログインします。強力なパスワード sa ログインには、さらにアップグレードする場合は割り当てる必要があります。限りの既存のインスタンスの MSDE のインスタンスを使用するアプリケーション何らかの理由で、null の sa パスワードに依存します。MSDE 2000 のインスタンスであってWindows 認証モードで実行して、sa ログイン直後にアクティブになりますインスタンスが混合モードに切り替えるとします。Null、空白、単純なまたは既知の sa パスワードは、承認されていないアクセスを使用できます。場合は、する必要があります。MSDE 2000 のインスタンスをアップグレードする前に、強力な sa パスワードを割り当てるSP3a、322336 の Knowledge Base 資料を参照してください。

可能な限り、セキュリティを強化するために、MSDE 2000 では、Windows 認証を使用してください。インストールします。Windows 認証のモードを混在モードからの切り替えを検討してください。場合。
  • Windows を使用して MSDE 2000 を使用して、アプリケーションを実行できます。認証します。
  • すべての Windows 認証ログインを定義します。ユーザー インスタンスに接続する必要があります。追加する方法の詳細についてはログインを参照してください。 Windows に追加するユーザーまたはグループ SQL Server で2000 オンライン ブック。
  • Windows 98 では、MSDE 2000 のインスタンスが実行されていないかWindows ME.
MSDE 2000 のインスタンスを変更する方法の詳細についてはWindows 認証のモードを混在モードは、マイクロソフト サポート技術情報の記事を参照してください。322336。
3.7.3 MSDE 2000 セットアップ パラメーター
のみデスクトップ エンジン (MSDE に次の情報が適用されます。2000)。

MSDE 2000 でアプリケーションを配布するように設計されアプリケーションのセットアップ プログラムによってインストールされています。MSDE 2000 は含まれていませんが対話型セットアップ プログラムです。MSDE 2000 のセットアップ機構をように設計されています対話は必要なアプリケーションのセットアップ ユーティリティによって呼び出されるエンド ・ ユーザーは、アプリケーションのセットアップで処理されます。MSDE 2000 を 2 つになりますインストールのメカニズム:
  • コマンド プロンプト ユーティリティをセットアップします。セットアップ ユーティリティでください。通常、アプリケーションのセットアップ ユーティリティと呼ばれるからも実行できます、コマンド ・ プロンプト ・ ウィンドウです。MSDE 2000 のセットアップ ユーティリティは、グラフィカルなはありません。ユーザー ・ インタ フェースを通じてユーザーがユーティリティの動作を制御できます。代わりに、このユーティリティではどのようなアクションを定義するパラメータ セットの使用、ユーティリティを実行する必要があります。
  • Windows インストーラー マージ モジュールの集合。開発者はWindows インストーラー ベースのセットアップ ユーティリティの書き込み、アプリケーションのセットアップ コードを記述できます。MSDE 2000 マージ モジュールを使用して MSDE 2000 のインスタンスをインストールするのには開発者がインストール済みのインスタンスの構成を制御します。MSDE 2000 に対応するインストール パッケージのプロパティを指定します。セットアップ ユーティリティのパラメーターです。
ユーザーは、MSDE 2000 セットアップのコマンド プロンプト ユーティリティを使用できます。いずれかの既存のインスタンスの MSDE または MSDE の新しいインスタンスをインストールするアップグレードします。2000] をクリックします。 ユーザーを指定して MSDE 2000 のセットアップ プログラムの動作を制御する.パラメーターです。2 つの方法のいずれかでセットアップ パラメーターを指定できます。
  • コマンド ・ ラインで。
  • .Ini ファイルで、セットアップ ユーティリティを参照します。
ほとんどの MSDE 2000 SP3a のバージョンでサポートされるパラメーターセットアップの「デスクトップ エンジン Setup.exe のカスタマイズ」のトピックでの記載されています。SQL Server 2000年本オンライン (更新済み-SP3)。詳細についてはSQL Server 2000年オンライン ブックをインストールするには、セクション 1.6 参照してください Books Online の更新ドキュメントが利用可能です。

MSDE のセットアップには、値を囲む必要があります。パラメーター 2 つの値を指定した場合は、引用符では特別です空白などの文字。それ以外の場合、引用符は省略可能です。

これらの MSDE 2000 SP3a のセットアップ パラメーターに記載されていません。SQL Server 2000年オンライン ブック (更新: SP3)、または動作が異なるよりBooks Online で説明します。
元に戻す全体を表示する
パラメーター名説明
ALLOWXDBCHAINING = 1クロス データベースの組み合わせ所有権を有効にチェーン。詳細については、複数データベースの組み合わせ所有権を 5.1.11] セクションを参照してください。チェーン。
SAPWD sa_password =ためにパスワードを指定します。MSDE 2000 の新規インスタンスをインストールする場合は、sa ログインを割り当てます。SAPWD です。既存の MSDE 2000 インスタンスをアップグレードする場合は無視されます、ため行う必要があります。アップグレードする前に、sa ログインに強力なパスワードが確認してください。常に行う必要があります。Windows 認証モードを使用してもすると強力な sa パスワードを指定します。インストール ログ ファイルを実行している場合で書き込まない、SAPWD プロパティSetup.exe では、マージ モジュールを使用してをインストールするかどうかです。
/upgradesp {SQLRUN |[<msipath>] SqlRunXX.msi}<b00></b00></msipath>セットアップに MSDE 2000 の既存のインスタンスをアップグレードするを指定します。SP3a では。SP3 以降、このスイッチは/p スイッチでサポートされて置き換えられます以前のバージョンをセットアップします。SP3 以降のうちに/p スイッチを使用しないでください。時SP3a にアップグレードするをするために使用した .msi ファイルを指定する必要がなくなったMSDE 2000 の既存のインスタンスをインストールします。ほとんどのユーザーは SQLRUN を指定するだけです、場合、.msi ファイルを MSDE 2000 SP3a のセットアップ ユーティリティを決定します。使用します。SQLRUN、INSTANCENAME を指定せずに指定すると、セットアップにはMSDE 2000 の既定のインスタンスをアップグレードします。SQLRUN の両方を指定した場合は、INSTANCENAME をするアップグレードを使用して、指定のインスタンスは、INSTANCENAME パラメーターです。MSDE 2000 .msi の名前を指定すると、インストール パッケージのファイルがアップグレードどちらのインスタンスでは、コンピューターは、同じ名前のマージ モジュールを当初インストールされました。のSqlRun01.msi を指定した場合の例は、どのインスタンスのセットアップをアップグレードしますMSDE 2000 は、SqlRun01.msi を使用して当初インストールされました。MSIPath をへのパスです。.msi ファイルを保持するフォルダーを指定します。MSIPath 既定値 Setup\ です。例については「セクション 3.7.4 アップグレード既存インスタンス MSDE/upgradesp を指定する、2000 Sp3a
UPGRADEUSER AnAdminLogin =ログインを指定します。MSDE 1.0 または SQL を使用して msde のインスタンスをアップグレードするときに使用サーバーの認証です。ログインは、sysadmin のメンバー サーバーを修復する必要があります。ロールします。このパラメーターは SECURITYMODE を指定した場合にのみ使用されます SQL = 時MSDE のインスタンスをアップグレードします。
UPGRADEPWD AdminPassword = パスワードを指定します。デスクトップの SQL を使用してエンジンをアップグレードするときに、UPGRADEUSER で指定されたログインサーバーの認証です。
デスクトップ エンジンの SP3 を新規導入 DISABLENETWORKPROTOCOLS パラメーターです。動作 DISABLENETWORKPROTOCOLS デスクトップのエンジン SP3a に変更既定のセキュリティを強化します。

これらの動作は DISABLENETWORKPROTOCOLS SP3a では。
元に戻す全体を表示する
DISABLENETWORKPROTOCOLS の値既存のアップグレードインスタンス新しいインスタンスをインストールします。
1インスタンスがすべてのサーバーで構成されています。ネットワーク無効にライブラリ。インスタンスがすべてのサーバーで構成されています。ネットワーク無効にライブラリ。
0既存のサーバー Net-library の構成です。保持します。既定のサーバー Net-library は、インスタンスが構成されているとアドレスが有効になっています。
パラメーターを指定しない、またはされる値は 0 または1既存のサーバー Net-library の構成です。保持します。すべてのサーバー Net-library は、インスタンスが構成されています。無効にします。
SP3 では、DISABLENETWORKPROTOCOLS を動作の 2 つの違いがあります。SP3a を比較します。
  • SP3 を使用して新しいインスタンスをインストールする場合は、DISABLENETWORKPROTOCOLS がない指定または 0 以外の値に設定します。1, し、そのインスタンスが既定の Net-library をインストールされているか、アドレスが有効になっています。SP3a では、ネットワーク ライブラリが無効になります。
  • すべての Net-library のインスタンスは無効になっているときにMSDE 2000 SP3 は、インスタンスは UDP ポート 1434年が使用されます。SP3a のインスタンスで、その構成では、UDP ポート 1434年を使用しません。詳細についてを参照してください。UDP ポート 1434年セクション 5.1.15 操作します。
既定のネットワーク ライブラリの構成の詳細については、「を制御するネットワーク ライブラリと通信アドレス」SQL のトピックを参照してください。Server 2000 オンライン ブック。

組み込み開発者は場合、MSDE 2000 マージ モジュール (.msi ファイル) には、Windows インストーラーのセットアップを行うことができます。.msi ファイル内のプロパティとしては、上記の設定パラメーターを指定します。デスクトップエンジン (MSDE 2000) SP3a がマージ モジュールを既存のアプリケーションをサポートするために用意されています。そのマージ モジュールを使用します。新しいアプリケーション用のセットアップ ユーティリティをする必要があります。直接利用するのではなく、MSDE 2000 セットアップ ユーティリティには、MSDE 2000 マージ モジュール。
元に戻す全体を表示する
パラメーター名マージ モジュール プロパティ
ALLOWXDBCHAININGSqlAllowXDBChaining
DISABLENETWORKPROTOCOLSSqlDisableNetworkProtocols
SAPWDSqlSaPwd
UPGRADEUSERSqlUpgradeUser
UPGRADEPWDSqlUpgradePwd
マージ モジュールのプロパティの詳細については、その他の設定パラメーターに対応しています、"を使用して、SQL Server のトピックを参照してください。Desktop Engine マージ モジュール"SQL Server 2000年でオンライン ブック。

セットアップ ログを要求します。

セットアップと必要性を実行して問題が発生した場合は、詳細のログでのデバッグを支援する/L * v<logfilename>。セットアップのすべてのレコードが、ログ ファイルの名前は<logfilename>です。その操作します。パス名の一部として指定しない場合は、ログ ファイルのです。現在のフォルダーを作成します。場合は、SQL Server からセットアップを実行します。2000 SP3a の CD-ROM ディスク上フォルダーへの完全パスを指定する必要があります。これ例、c: ドライブのルート フォルダーにログ ファイル MSDELog.log を作成します。<b00></b00></logfilename></logfilename>

/upgradesp sqlrun DISABLENETWORKPROTOCOLS セットアップ = の 1/L * v C:/MSDELog.log
3.7.4 既存のインスタンスの MSDE 2000 SP3a にアップグレードします。
のみデスクトップ エンジン (MSDE に次の情報が適用されます。2000)。
このセクションの例での既存のインスタンスをアップグレードします。MSDE 2000 SP3a、およびそのインスタンスのネットワーク接続を無効にするMSDE 2000 の。場合は、インスタンスが実行されているアプリケーションからの接続を受け入れる必要があります。他のコンピューターでは、指定しなかった、 DISABLENETWORKPROTOCOLSパラメーターです。
このセクションの例で、sa ログインを持っていると仮定します。強力なパスワードです。Sa ログインのパスワードの詳細については、のセクションを参照してください。3.7.2 MSDE 2000 SP3a のセキュリティ上の考慮事項。

SQL Server 2000 Desktop Engine をアップグレードするのには
  1. コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。
  2. コマンド プロンプトから、cd コマンドを使用してに移動するのにはMSDE 2000 SP3a のセットアップ プログラムを含むフォルダー。
    cdc:\MSDESP3aFolder\MSDE
    ここにパスのです c:\MSDESP3aFolder、MSDE 2000 SP3a ファイル、または Desktop Engine を展開フォルダーSP3a のフォルダー SQL Server 2000 SP3a の cd-rom です。
  3. 次のコマンドのいずれかを実行します。
    • 既定のインスタンスを Windows 認証を使用します。モードで実行します。

      /upgradesp sqlrun をセットアップします。DISABLENETWORKPROTOCOLS = 1
    • Windows 認証モードを使用して名前付きインスタンスは、実行します。

      /upgradesp sqlrun INSTANCENAME をセットアップします InstanceName =。DISABLENETWORKPROTOCOLS = 1
    • 混在モードを使用して既定のインスタンス (場所AnAdminLogin のメンバーである、 システム管理者 固定サーバー ロール)実行します。

      セットアップの/upgradesp sqlrun SECURITYMODE = の SQLUPGRADEUSER AnAdminLogin UPGRADEPWD = AdminPassword =DISABLENETWORKPROTOCOLS = 1
    • 混在モードを使用して名前付きインスタンス (場所AnAdminLogin のメンバーである、 システム管理者 固定サーバー ロール)実行します。

      /upgradesp sqlrun INSTANCENAME をセットアップします InstanceName =。SECURITYMODE SQL UPGRADEUSER = AnAdminLogin UPGRADEPWD = AdminPassword =DISABLENETWORKPROTOCOLS = 1
重要です セットアップ .ini ファイルを使用すると、資格情報の格納を回避します。.ini ファイルにします。

メモ コンピューターに Windows 98 を実行して Desktop Engine をアップグレードするとき、またはWindows Millennium Edition は、Desktop Engine のインスタンスセットアップを開始する前に、アップグレードを中止しなければなりません。
3.7.5 MSDE 2000 SP3a の新規インスタンスをインストールします。
のみデスクトップ エンジン (MSDE に次の情報が適用されます。2000)。

このセクションの例では、新しいインスタンスをインストールします。無効に、ネットワーク接続が構成されている MSDE 2000 SP3a。場合は、インスタンスの他の実行されているアプリケーションからの接続を受け入れる必要があります。またコンピューターを指定します。 DISABLENETWORKPROTOCOLS = 0。

これらの例、既定値を使用するすべてのインスタンスをインストールします。照合順序とファイルの場所などの項目を構成します。構成セットアップ パラメーターでは、制御など 照合順序、DATADIR、 TARGETDIR.詳細については、セットアップでは、指定する構成パラメーター」のカスタマイズを参照してください。SQL Server 2000年でのデスクトップ エンジン Setup.exe"書籍オンライン (更新済み-SP3)。SQL Server 2000年オンライン ブックをインストールする方法については (更新 -SP3) 1.6 の最新書籍のオンライン ヘルプを参照してください使用できます。

Desktop Engine の新規インスタンスをインストールするのには
  1. コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。
  2. コマンド プロンプトから、cd コマンドを使用してに移動するのにはMSDE 2000 SP3a のセットアップ プログラムを含むフォルダー。

    cdc:\MSDESP3aFolder\MSDE
  3. ここで、c:\MSDESP3aFolder フォルダーにパスです。MSDE 2000 SP3a ファイル、またはデスクトップのエンジン SP3a に抽出SQL Server 2000 SP3a CD-ROM 上のフォルダーです。
  4. 次のコマンドのいずれかを実行します。
    To install a default instance configured to use Windows Authentication Mode, execute: 
    setup SAPWD="AStrongSAPwd"
    Where AStrongSAPwd is a strong password to be assigned to the sa login.
    
    To install a named instance configured to use Windows Authentication Mode, execute: 
    setup INSTANCENAME="InstanceName" SAPWD="AStrongSAPwd"
    Where AStrongSAPwd is a strong password to be assigned to the sa login and InstanceName is the name to be assigned to the instance.
    
    To install a default instance configured to use Mixed Mode, execute: 
    setup SAPWD="AStrongSAPwd" SECURITYMODE=SQL
    Where AStrongSAPwd is a strong password to be assigned to the sa login.
    
    To install a named instance configured to use Mixed Mode, execute: 
    setup INSTANCENAME="InstanceName" SECURITYMODE=SQL SAPWD="AStrongSAPwd"
    Where AStrongSAPwd is a strong password to be assigned to the sa login and InstanceName is the name to be assigned to the instance.
    
    
重要です セットアップ中に .ini ファイルを使用している場合は、保存を避ける.ini ファイル内の資格情報。

重要です Sa ログインに強力なパスワードを指定、場合でも、インスタンスは、Windows 認証モードに設定されています。
3.7.6 MSDE 1.0 MSDE 2000 SP3a にアップグレードします。
のみデスクトップ エンジン (MSDE に次の情報が適用されます。2000)。

このセクションの例では、既存のインスタンスをアップグレードします。MSDE 用の 1.0 には、MSDE 2000 SP3a、およびネットワーク接続を無効にします。インスタンス。場合は、インスタンスが実行されているアプリケーションからの接続を受け入れる必要があります。他のコンピューターでは、指定しなかった、 DISABLENETWORKPROTOCOLS パラメーターです。

MSDE 1.0 の機能と同様に、MSDE 2000 のインスタンスを既定値し、は、常に、既定のインスタンスにアップグレードMSDE 2000。

Desktop Engine version 1.0 からアップグレードするのには
  1. コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。
  2. コマンド プロンプトから、cd コマンドを使用してに移動するのにはMSDE 2000 SP3a のセットアップ プログラムを含むフォルダー。
    cdc:\MSDESP3aFolder\MSDE
  3. ここで、c:\MSDESP3aFolder フォルダーにパスです。MSDE 2000 SP3a ファイル、またはデスクトップのエンジン SP3a に抽出SQL Server 2000 SP3a CD-ROM 上のフォルダーです。

    次のいずれかを実行します。コマンド:
    • Windows 認証モードを使用するを実行します。

      アップグレードのセットアップ 1 DISABLENETWORKPROTOCOLS = 1 = =
    • (AnAdminLogin メンバーはの混在モードを使用する場合固定サーバー ロール sysadmin の) を実行します。

      アップグレードの設定 = 1SECURITYMODE SQL UPGRADEUSER = AnAdminLogin UPGRADEPWD = AdminPassword =DISABLENETWORKPROTOCOLS = 1
メモ 使用する場合 BLANKSAPWD = 1を使用する必要はありません指定 SECURITYMODE UPGRADEUSER = SQLUPGRADEPWD。

注意 空白のパスワードの使用を強くお勧めします。

重要です セットアップ .ini ファイルを使用すると、資格情報の格納を回避します。.ini ファイルにします。
3.7.7 MSDE 2000 SP3a のの再配布
のみデスクトップ エンジン (MSDE に次の情報が適用されます。2000)。

デスクトップのエンジン SP3a に必要なファイルのすべてが含まれています。アプリケーションの製造元がある提供、MSDE 2000 アプリケーションでは、再配布します。MSDE 2000 を配布するには、[ライセンス] をクリックします。デスクトップのエンジン SP3a を配布することができます。SQL Server 2000年オンライン ブックを (更新 SP3) で記述されているファイルSP3a 固有の変更は、ここで説明します。
  • 3.7.2 MSDE 2000 SP3a のセキュリティ上の考慮事項
  • 3.7.3 MSDE 2000 セットアップ パラメーター
2000年本の SQL Server をインストールする方法の詳細についてはオンライン (最新の SP3)、1.6 の最新書籍のオンライン ヘルプ」を参照してください。使用できます。

デスクトップのエンジン SP3a 修正プログラムの配布

アプリケーションが Windows インストーラー ベースのセットアップがある場合ユーティリティは、MSDE 2000 のインスタンスの MSDE 2000 を使用してインストールできます。モジュールをマージします。デスクトップ エンジン (MSDE 2000) SP3a がマージ モジュールに用意されています。マージ モジュールを使用する既存のアプリケーションをサポートします。セットアップ ユーティリティ新しいアプリケーションは、MSDE 2000 のセットアップ ユーティリティを代わりに呼び出すように記述します。MSDE 2000 マージ モジュールを直接消費するの。

選択したベンダーMSDE 2000 の差し込み印刷を使用して msde のインスタンスをインストールするモジュールもあります。すべての後 MSDE 2000 修正プログラムをお客様に提供します。MSDE のインスタンス2000 のマージ モジュールを使用してインストールされている製品コード GUID をマークします。Windows インストーラーによって、アプリケーションに関連付けられています。ファイルのみまた GUID インスタンスに修正プログラムを適用ことができますは、アプリケーションの製品コードが含まれています。MSDE 2000。アプリケーション ベンダーによって作成された修正プログラム ファイルのみを含む、適切な製品のコードです。によって提供される、Desktop Engine (MSDE 2000) service packマイクロソフトは、これらのインスタンスには適用できません。アプリケーションの製造元する必要があります。デスクトップ エンジン SP3a ファイルを使用して修正プログラム ファイルを作成し、それらを配布MSDE に修正が必要な顧客のいずれかの修正プログラム ファイルSP3a では。

修正プログラム パッケージの作成の詳細についてを参照してください、Windows インストーラー ソフトウェア開発キットに付属のマニュアル(SDK) からダウンロードをすることができます Microsoft プラットフォーム SDK の Web サイト.

場合は、MSDE を呼び出すことによって MSDE 2000 のインスタンスをアプリケーションのセットアップ ユーティリティをインストールします。2000 セットアップ ユーティリティは、MSDE 2000 のインスタンスは、MSDE 2000 にマークされています。製品コードの GUID です。お客様は、標準を使用してこのような場合にパッチを適用できます。Microsoft MSDE 2000 service pack のファイルします。アプリケーション ベンダーのいずれかを選択できます。次の選択肢の MSDE 2000 SP3a の配布。
  • デスクトップ エンジン SP3a をインストールするのには、顧客を指示します。一方、SQL Server 2000 SP3a のページまたは SQL Server の 2000 SP3a をダウンロードします。CD します。
  • ダウンロードした SQL2KDeskSP3.exe ファイルをダウンロードおよび配布お客様のサービスを適用する方法にパック。
  • デスクトップ エンジン SP3a ファイルを使用すると、サービス パックを構築します。アプリケーション ユーティリティは、MSDE 2000 のインスタンスに SP3a をインストールします。アプリケーションがインストールされています。
アプリケーション ・ ベンダー、顧客への指示します。SP3a を適用するカスタマイズする命令のセットを開発する必要があります直接、お客様のニーズ。

MSDE 2000 の種類の例についてはservice pack の指示マイクロソフト アプリケーションのチームを準備するのにはお客様は、この参照してください。 マイクロソフトMSDE アプリケーションの Web ページ.
3.7.8 MSDE 2000 SP3a ファイル
のみデスクトップ エンジン (MSDE に次の情報が適用されます。2000)。

すべてのデスクトップ エンジン SP3a のインストール ファイルとフォルダー\MSDE フォルダー内にあります。
  • SQL Server 2000 SP3a CD-ROM
  • 展開された service pack が含まれているディレクトリにSQL2KDeskSP3.exe \MSDE フォルダーからのファイルを保持、SP3readme.htm ファイル、readme.txt ファイル、license.txt ファイル、実行可能ファイルのセットアップユーティリティです。また、次のサブフォルダーがあります。
  • \Msi: インストールに必要な実行可能ファイルが含まれています。Windows インストーラーは、または Windows よりも前の場合のアップグレード ・ インストーラー2.0.2600.0。
  • \MSM: マージ モジュールのために必要なマージ モジュールが含まれています。セットアップします。
  • \Setup: インストール パッケージの .msi ファイルが含まれています。MSDE 2000 のセットアップでは、新しいインスタンスの MSDE 2000 SP3a をインストールするのには必要かmsp 修正プログラム パッケージ ファイル既存のインスタンスの MSDE 2000 SP3a にアップグレードするのにはしている sqlrun.cab キャビネット ファイルは、インストール ファイルが含まれる設定します。
Desktop Engine マージ モジュールを使用しての詳細についてを参照してください。トピックの「を使用して SQL Server デスクトップ エンジン マージ モジュール」SQL Server booksオンラインにします。

MSDE 2000 のセットアップ、アプリケーションのセットアップを呼び出すと、ビルドします。この構造とファイルのセットを持つフォルダー (場所 MSDEInstallFolder例のフォルダー名を表します)。

MSDEInstallFolder

コピーデスクトップ エンジン SP3a \MSDE フォルダーからこれらのファイルにします Setup.exe、Setup.ini、。Setup.rll、および sqlresld.dll。

MSDEInstallFolder\Msi

コピーします。すべてのデスクトップ エンジンの SP3a の \MSDE\Msi フォルダーのファイルをします。

MSDEInstallFolder\Setup

すべてのファイルのコピー、SP3a のエンジン \MSDE\Setup"デスクトップ"フォルダー。

これは、後に実行できます。インストールまたは MSDE 2000 SP3a のインスタンスをアップグレードするには、Setup.exe を指定します。

IfWindows インストーラーがコンピューターにはインストールされていないか、バージョンセットアップで以前のバージョンの MSDE 2000 SP3a のセットアップをテスト使用されます、Windows インストーラーをアップグレードするのには、MSDEInstallFolder\Msi フォルダー内のファイル。

3.8 サービスを再起動します。

すべてのコンポーネントには、次の情報を適用します。

セットアップが完了したら、システムを再起動するように求められます。後システムの再起動の再起動を要求しなくても、セットアップの完了後、いずれかのサービスのことを確認します [コントロール パネル]、[サービス] アプリケーションを使用サービスを適用する前に停止パックが実行されているようになりました。これが含まれます。MS DTC など、マイクロソフトの検索、MSSQLServer サービス、MSSQLServerOLAPService、および SQLServerAgent サービスまたはそのインスタンス固有示しています。

また、アップグレードをバックアップするが賢明です。 マスター msdb この時点でのデータベース。

3.9 アプリケーションを再起動します。

すべてのコンポーネントには、次の情報を適用します。

Service pack を実行する前に終了したアプリケーションを再起動します。プログラムをセットアップします。

3.10 でフェールオーバー クラスターをインストールします。

次情報は SQL Server 2000 にのみ適用されます。フェールオーバー クラスターの一部であるコンポーネント。

フェールオーバー クラスターのサービス パックをインストールするのには
  1. SQL 上の依存関係を持つすべてのリソースが追加されている場合サーバーのリソースを依存関係があります削除またはオフラインにSP3a をインストールする前にします。
  2. グループを所有しているノードから、service pack を実行します。アップグレードする仮想サーバーが含まれています。しない場合これは、SP3a のインストールに失敗するこれらの依存リソース可能性があります経由で。これは、service pack ファイルのすべてのノードにフェイル オーバーがインストールされます。クラスターです。
  3. セットアップ ダイアログ ボックスで、仮想の名前します。アップグレードを実行するサーバーです。
  4. そのクラスターをオンラインのすべてのノードのセットアップ中に注意してください。これアップグレードは、クラスターの各ノードに適用されることを確認します。
  5. 依存関係を削除するか、リソースをオフラインにした場合上記の手順 1、元の依存関係を追加またはリソースを戻すオンライン。
メモ セットアップは、フェールオーバー クラスター ノードを再起動する必要があります。これ更新されたファイルをセットアップ中に、使用中のファイルが置き換えられます。

(クラスター化されていない) の既定のインスタンス SQL Server をアップグレードする場合仮想サーバーには、まず、既定の (クラスター化されていない) アップグレードする必要があります。仮想インスタンスには、インスタンス化と、SP3a.For 詳細について適用アップグレードは、既定のインスタンスからはデフォルトのクラスターをアップグレードする方法」を参照してください。SQL Server 2000 (セットアップ) のインスタンス"SQL Server オンライン ブック。

のフェールオーバー クラスターでは、SP3a をインストールする方法の詳細については、サポート技術情報を参照してください。記事 811168。

フェールオーバー クラスターでノードを再構築する必要がある場合は、次の手順を実行します。
  1. フェールオーバー クラスター内のノードを再構築します。詳細については詳細については、ノードを再構築からフェールオーバー クラスターを回復する方法」を参照してください。エラー 1"SQL Server Books online のシナリオです。
  2. 追加するのには、元の SQL Server の 2000年のセットアップ プログラムを実行、フェールオーバー クラスターへのノードです。
  3. 新しく追加されたノードに SP3a のセットアップを実行します。これが更新されます。SP3a は、新しいノードのバイナリのみ。
メモ 仮想サーバーがノードからセットアップを実行する場合実行して、すべてのノードに SP3a を適用する必要があります。またで再実行する必要があります、データベース アップグレード スクリプトです。

分析サービス SP3a をインストールする場合は、クラスターの各インスタンスを個別にアップグレードしてください。

SP3a は、Analysis Services のクラスター上でをインストールするのには
  1. フェールオーバー ノードに SP3a をインストールします。
  2. 新しくアップグレードされたノードにフェールオーバーします。
  3. 手順 1 と 2 を繰り返して、クラスター内のすべてのインスタンスでアップグレードします。

3.11 にレプリケートされたサーバーをインストールします。

次情報は SQL Server 2000 にのみ適用されます。レプリケーション トポロジの一部であるコンポーネント。
  • アップグレードの前に、ディストリビューターをアップグレードする必要があります、発行元します。
  • トランザクション ・ ベースのレプリケーション ・ トポロジー用レプリケーションで読み取り専用サブスクライバーは、サブスクライバーの前にアップグレードします。以降、パブリッシャーとディストリビューター。
  • マージ レプリケーションに基づくレプリケーション ・ トポロジー用または更新サブスクライバーがトランザクション レプリケーションの場合する必要がありますアップグレードのパブリッシャーおよびディストリビューターとサブスクライバー。
メモ 多くの場合、マージ レプリケーションでは、ディストリビューターで特にパブリッシャーと同じサーバー上にあるし、同時にアップグレードします。時間です。

パブリッシャーおよびサブスクライバーとして機能するサーバーに SP3a をインストールします。

マージ レプリケーションに基づくレプリケーション ・ トポロジー用または1 つ以上含まれてのサブスクライバーの更新では、トランザクションのレプリケーション両方は、サブスクライバーとパブリッシャー (またはディストリビューターとして) が動作するサーバーにシステムを停止するが必要があります (つまり、すべての更新を停止する) およびアップグレードすべてのサーバーに同時にします。

例 1: 必要なトポロジ同時のアップグレード

次の表には、サーバーが含まれていますがどちらも発行し、サブスクライバーでの更新を許可するパブリケーションをサブスクライブします。として前に説明したアップグレード順序ディストリビューター、パブリッシャーに従う必要があります、サブスクライバーの Subscriber.This の順序で更新を許可するトポロジマージ パブリケーションとサーバー B はサーバー A をまずアップグレードする必要があります。サブスクライバーの更新で最初のトランザクション パブリケーションの場合。これで場合は、システムを停止する必要があり、同時に、サーバーをアップグレードします。
元に戻す全体を表示する
サーバー Aサーバー B
パブリッシャー/ディストリビューターのマージレプリケーションマージ レプリケーションのサブスクライバー
トランザクション レプリケーションでサブスクライバー更新トランザクション レプリケーションではパブリッシャー/ディストリビューター更新
例 2: 連続したことができますしているトポロジをアップグレードします。.

この例では、サーバー A まずためにアップグレードできます、前にアップグレードすると、サブスクライバーのトランザクション パブリケーションの読み取り専用ことができます。パブリッシャー/ディストリビューターです。
元に戻す全体を表示する
サーバー Aサーバー B
パブリッシャー/ディストリビューターのマージレプリケーションマージ レプリケーションのサブスクライバー
サブスクライバーが読み取り-のみのトランザクションレプリケーションパブリッシャー/ディストリビューターを読み取り-のみのトランザクションレプリケーション
追加のレプリケーションのインストールに関する問題

重要です SP3a にアップグレードする前に、Windows のアカウントでことを確認します。sysadmin 固定サーバーのメンバーでは、SQL Server サービスを実行します。ロールします。レプリケーション ディストリビューション データベースが更新されているためこの操作を行う必要があります。SQL Server のサービス アカウントのコンテキストでします。SP3a にアップグレードすると、Windows アカウントから削除する必要があります、 システム管理者 ロールします。

マージ レプリケーションを使用して、ディストリビューター上に存在する場合適用した後別のコンピューターまたはデータベース インスタンス (リモート ディストリビューター)SP3a は、新しいスナップショットを生成する必要があります。

SP3a の変更が導入されています添付する、またはレプリケーションのデータベースを復元するための要件。詳細については詳細は、セクション 5.3.17 の変更の要件のアタッチを参照してくださいまたはレプリケーション データベースを復元します。

SP3a のセットアップ ユーザー データベースをアップグレードします。レプリケーション トポロジのメンバーであります。いるデータベースの場合レプリケーション トポロジは、SP3a を適用するのには書き込み不可、所属します。データベースの書き込みを行ってする必要があり、reapplySP3a の設定詳細についてはデータベースが書き込み可能でする方法については、セクション 3.12 SP3a を適用するを参照してください。読み取り専用のデータベースまたはファイル グループ。SP3a を再適用する方法の詳細についてを参照してください。セクション 3.14 SP3a が再適用します。

アカウントは、既存のバックアップ ・ スキーマレプリケーション後の既知の時点にデータベースを復元することができますは、SP3a のアップグレードのエラー。SP3a、ログまたはデータベース全体に適用するとレプリケーションに含まれている任意のユーザー データベースのバックアップをお勧めトポロジです。レプリケーション データベースの障害が発生した場合は、この方法は、再適用する必要はありません。データベースが復元された後 SP3a。

3.12 が読み取り専用のデータベースまたはファイル グループに SP3a を適用します。

次情報は SQL Server 2000 にのみ適用されます。レプリケーション トポロジの一部であるコンポーネント。

書き込み不可の場合データベースまたはファイル グループの存在は、セットアップには、次のメッセージが表示されます。

セットアップが 1 つ以上のデータベースとではないファイル グループを検出しました書き込み可能にします。

一般に、この警告を無視することができます、セットアップは続行] します。ただし、- 書き込み可能なデータベースのセットアップ ログを表示する場合メンバーをレプリケーション トポロジのデータベース書き込みくださいSQL Server 2000年のインスタンスに SP3a のセットアップを再適用します。

メモ このメッセージは、無人インストールには影響しません。詳細についてはセクション 4.1 の無人無人インストールの詳細について参照してください。インストールします。

メモ インストール中に、セットアップの間区別されません。書き込み可能なデータベースとオフライン状態または不確定な状態にあるデータベース。Ifデータベースまたはファイル グループはこれらの条件のいずれかでセットアップ中に、行う必要があります。service pack を再適用します。データベースの統合に関する詳細についてはオンラインで「アタッチとデタッチ、データベース」SQL Server の書籍のトピックを参照してください。オンラインにします。データベースの問題を診断する方法の詳細については、トピックを参照してください。SQL Server Books Online の「サーバーおよびデータベースのトラブルシューティング」

読み取り専用データベースに SP3a を適用するのには
  1. 読み取り専用データベースは、ALTER を使用して書き込み可能なこと次のように変更します。 データベースのデータベース設定 READ_WRITE の DATABASE ステートメント.
  2. すべての読み取り専用データベースに対して手順 1 を繰り返します。
  3. Service pack を適用 (または再適用)。
  4. 必要に応じて、データベース読み取り専用 ALTER を使用して再度にデータベースは次のよう:

    ALTER DATABASE データベース セットREAD ONLY
読み取り専用のファイル グループに SP3a を適用するのには
  1. 読み取り専用ファイル グループ書き込み可能の使用を確認します。 変更します。DATABASE には、次のよう: データベース データベースの変更のグループの変更filegroup_name 書き込み
  2. すべての読み取り専用のファイル グループに手順 1 を繰り返します。
  3. Service pack を適用 (または再適用)。
  4. 読み取り専用を使用して再度ファイル グループを作成します。 変更します。データベース、次のよう。

    データベースの変更を変更します。ファイル グループ
    filegroup_name は読み取り専用
[データベースの変更の詳細については、「変更を参照してください。データベース"SQL Server 類・ Online.For」詳細について参照します。SP3a を再適用する、セクション 3.14 SP3a の再適用を参照してください。

3.13 SP3a をアンインストールしています。

SP3a の SQL Server を削除する方法は、SQL に依存します。削除するコンポーネントを server 2000 SP3 です。

メモ MDAC 更新プログラムはアンインストールされません。詳細についてを参照してください。Microsoft データ アクセス コンポーネントのセクション 5.5.1 更新。

SQL Server 2000年データベース コンポーネントとデスクトップ エンジン SP3a をアンインストールします。

SQL Server 2000 SP3a より前のバージョンに戻す必要があるコンポーネントのバックアップを master、msdb、モデル SP3a をインストールする前に実行するデータベース。詳細については詳細は、セクション 3.1 バック、SQL Server データベースを参照してください。

メモ データベースのレプリケーションに関連するは場合は、行う必要があります。パブリッシングを無効にします。パブリッシングを無効にするには。
  1. SQL Server の Enterprise Manager で、SQL Server を展開します。グループ、サーバーの展開を右クリックし、 レプリケーション フォルダーし パブリッシング、サブスクライバー、およびディストリビューションを構成します。
  2. クリックして、 パブリケーション データベースタブします。
  3. 関係する各データベースについて、チェック ボックスをオフに複製します。これには、データベースをデタッチすることができます。
SQL Server の SP3a より前のバージョンに戻す
  1. すべてのユーザー データベースをデタッチします。詳細についてを参照してください"どのように(Enterprise Manager) データベースをデタッチしてアタッチ"SQL Server booksオンラインにします。
  2. SQL Server をアンインストールします。で コントロール パネル,ダブルクリック プログラムの追加と削除、し、[インスタンス] を選択SQL をアンインストールするサーバーのです。
  3. SQL Server 2000 CD-ROM または場所からのインストールします。SQL Server をインストールしました。
  4. すべてのサービス パックおよび QFE の修正プログラムがインストールされているを適用します。SP3a より前。
  5. データベースを復元します。 master、msdb、モデル 適用する前に作成された最後のバックアップからSP3a.This に接続されているすべてのユーザー データベースに接続に自動的に、データ ファイルの場所がある場合は、バックアップを作成した時刻変更はありません。
  6. 後、最後に作成されたすべてのユーザー データベースをアタッチします。バックアップを マスター データベースです。
  7. 必要な場合はレプリケーションを構成します。
警告 SQL Server、SP3a より前のバージョンに復元するときすべてデータベースのマスター、msdb、およびモデルに SP3a を適用する後変更します。失われました。

SQL Server 2000年の分析サービス SP3a をアンインストールします。

Analysis Services は、SP3a より前に戻るようにするには状態をバックアップする必要があります、 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\OLAP サーバー SP3a をインストールする前にレジストリのキーです。詳細についてを参照してください。セクション 3.2 は、Analysis Services のバックアップ データベースやリポジトリ。

メモ このレジストリ キーをバックアップしていない場合は、従う必要があります、(Microsoft Knowledge Base) 資料 330244 に記載されてのプロセスです。

SQL Server の SP3a より前のバージョンに戻す
  1. SQL Server 2000年の Analysis Services をアンインストールします。でコントロール パネルをダブルクリックして 追加/削除プログラムをクリックして SQL Server 2000年の分析サービス,クリックして 削除します。
  2. SQL Server 2000 Analysis Services の CD-ROM から再インストールします。またはをインストールした分析の場所サービスです。
  3. すべてのサービス パックおよび QFE の修正プログラムがインストールされているを適用します。SP3a をインストールする前にします。
  4. 削除、 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\OLAP サーバー レジストリのキーです。
  5. 再インストール、 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\OLAP サーバー SP3a より前のバックアップからのレジストリ キーします。

3.14 SP3a を再適用します。

すべてのコンポーネントには、次の情報を適用します。

で次の場合は、SP3a を適用する必要があります。
  • SP3a と SQL Server 2000年の新しいコンポーネントを追加する場合適用します。
  • 場合はデータベースやファイル グループは、レプリケーションの一部であります。トポロジと、最初の時に読み取り専用であった SP3a の適用を行う書き込み可能
SP3a を適用するには、セクション 3.0 Service Pack の手順を実行します。インストールします。

4.0 の追加のインストールに関する注意事項

ここで説明するサービス パックのインストール特別な場合にだけ適用される考慮事項。

4.1 の無人インストール

データベース コンポーネント SP3a を適用する無人モードでは、SQL Server のインスタンスを指定します。データベース コンポーネント SP3a CD-ROM には .iss ファイルが含まれています。SP3a の無人セットアップおよびその他の種類の実行に使用できます。インストールします。次のファイルはルート ディレクトリにあります、CD-ROM:
  • Sql2kdef.iss を適用するために使用する無人セットアップ ファイルです。データベース コンポーネント SP3a SQL Server 2000 を実行してコンピューターの既定のインスタンスWindows 2000 または Windows NT 4.0。対応するバッチ ファイルを使用するにはSql2kdef.bat。
  • Sql2knm.iss は、セットアップ ファイルをデータベースに適用するために使用されます。SQL Server 2000 を Windows 2000 上で実行中の名前付きインスタンスのコンポーネント SP3aWindows NT 4.0 か。この .iss ファイルでインスタンス名を変更する必要があります。アップグレードするインスタンスを識別します。
  • Sql2ktls.iss は、セットアップ ファイルをデータベースに適用するために使用されます。コンポーネント SP3a は、ツールのみのインストールをします。このファイルを使用できます。何も変更せずインストールします。
  • Sql2k9x.iss は、セットアップ ファイルをデータベースに適用するために使用されます。Windows Me または Windows 98 を実行しているコンピューター上のコンポーネント SP3a。インスタンスを識別する .iss ファイルでインスタンス名を変更する必要があります。アップグレードしています。
  • Sql2kcli.iss は、セットアップ ファイルをデータベースに適用するために使用されます。コンポーネント SP3a を実行しているコンピューター上のクライアント コンポーネントのインストールWindows 95 で。
  • Msolap.iss の一覧を格納設定ファイルではAnalysis Services の無人セットアップを実行するパラメーターSP3a では。
無人インストールの実行方法の詳細についてはSQL Server 2000 は、「無人インストールを実行する"トピックを参照してくださいBooks Online を SQL Server。

無人インストールの注意事項

無人に関連する、次の考慮事項インストール:
  • Windows 認証を使用して、無人インストールを実行します。可能な限り。
  • 場合は、SQL Server を使用して、無人セットアップを実行する必要があります。認証。SP3a の無人セットアップを実行している場合は、たとえば、Windows 98 または Windows Millennium Edition を実行しているコンピューターではいけないsa ログインのパスワードは、.iss ファイルまたはバッチ ファイルでためにを含めるこれらのファイルは暗号化されません。代わりに、パスワードを入力する必要があります、sa ログインは以下のとおり、sapwd パラメーターを使用してコマンド ・ ラインで。

    開始/setupsql.exe-s - 待機-f1 C:\sql2knm.iss sapwd - パスワード
  • SP3a にアップグレードする、SQL Server のインスタンスがあるかどうかは、空白のパスワードを sa ログイン アカウントのパスワードの前に指定されなければなりません無人インストールを実行します。実行してこのパスワードを変更する必要があります。sp_password.
  • SP3a の無人インストールを実行する場合は、行う必要があります。対応する、以下のセットアップ スイッチを手動で設定する、旧バージョンとの互換性チェックリスト ダイアログ ボックスまたは、無人インストールが失敗します。
元に戻す全体を表示する
無人セットアップ スイッチ説明
UpgradeMSSearchこのスイッチはアドレスに必要です。フルテキスト カタログの必要な再構築します。フルテキスト検索が有効になっている場合は、このスイッチは、1 に設定する必要があります。詳細については、フル ・ テキスト ・ セクション 5.1.5 を参照してください。カタログは、セットアップの完了後に再構築されます。
MSXTSXUpgradedこのスイッチのアドレスに必要です、問題をマスターと対象サーバーの構成のアップグレードに関連します。場合は、マスターまたはターゲット サーバーに SP3a を適用する、このスイッチを 1 に設定する必要があります。の詳細についてはセクション 5.4.2 をマスターと対象サーバーの変更を参照してください。構成します。
EnableCrossDBChaining(省略可能)このスイッチを使用します。複数データベースの組み合わせ所有権を有効にするには。複数データベースの組み合わせ所有権を有効にするのにはチェーン、このスイッチを 1 に設定します。詳細については、5.1.11] セクションを参照してください。複数データベースの組み合わせ所有権。
  • 設定が見つかった場合は、無人インストール中に、書き込み可能なデータベースやセットアップに情報が書き込まれるファイル グループログや無人インストールを続行します。書き込み不可の場合データベースは、セットアップ ログに記録、レプリケーション トポロジのメンバーである、これらのデータベースが書き込み可能にしのインスタンスに SP3a のセットアップを再する必要があります。SQL Server 2000年。データベースを書き込み可能にすることの詳細についてを参照してください。セクション 3.12 が読み取り専用のデータベースまたはファイル グループに、SP3a を適用します。詳細についてはSP3a では、再適用する方法についてはセクション 3.14 SP3a の再適用を参照してください。

4.2 SP3a のデータ アクセス コンポーネントを再配布します。

データベース コンポーネント SP3a には、自己解凍形式のファイルが含まれています。Sqlredis.exe。 実行時 Sqlredis.exe は。
  • Microsoft Data Access から、ファイル Mdac_typ.exe を実行します。コンポーネント (MDAC) 2.7 Service Pack 1 a。これは、MDAC 2.7 SP1a の主要なをインストールします。(同じまたはそれ以降のバージョンが認識されない場合) のコンポーネントとのバージョンSQL Server および Desktop Engine クライアント接続コンポーネントSP3a に含まれています。詳しくは、「5.5.1 更新データアクセスのコンポーネントです。
  • Microsoft Jet ODBC ドライバーと接続をインストールします。コンポーネントです。
条件下では、Sqlredis.exe ファイルを再配布してSP3a に付属している Redist.txt ファイルで説明した条件です。

5.0 最新情報

ここは以外にも新たに発生する問題を扱っています。SP3a を実行するときに利用できる機能。これらの問題を実行しているときに適用します。SQL Server 2000年、2000 SP1 の SQL Server、または SQL からアップグレードするのには、service packServer 2000 SP2。このセクションのすべての説明をするものではありませんがSP3a で提供された修正します。これらの修正プログラムの完全な一覧については、Microsoft を参照してください。サポート技術情報の記事 306908。

Analysis Services およびメタデータこのセクション内のセグメントのサービス デスクトップ エンジン-専用に適用されません。インストールします。
SQL Server 2000 Service Pack 3a に関連する情報対象とする時に利用可能でしたこの readme ファイルでサポート技術情報の記事 816502 で公開します。

これらのマイクロソフトナレッジ ベースの記事は、マイクロソフト製品サポート サービスに利用できます。技術。

5.1 のデータベースとデスクトップ エンジンの機能強化

次の拡張機能の SQL Server 2000年のインスタンスに適用します。どのデータベース コンポーネント SP3a をインストールします。MSDE 2000 にも適用します。インスタンスのデスクトップ エンジンの SP3a をインストールします。
5.1.1 中国語、日本語、または韓国語の文字をデータベース コンポーネント SP3a を使用してください。
SP1 で導入されました。

サーバー上でデータベース コンポーネント SP3a をインストールする場合Windows 2000 には、Windows NT 4.0、または Windows 98 およびそれ以降のアップグレードを実行して、Windows 2000 へのアップグレードは、特定のシステム ファイルを置き換えます。これらのシステム ファイルします。体字中国語、日本語、または韓国語文字の並べ替えが必要です。使用する場合体字中国語、日本語、または韓国語の文字、SQL Server データベースで再実行してください、バージョンの Sqlredis.exe を Windows 2000 にアップグレードした後、SP3a に含まれています。Sqlredis.exe を実行の詳細については、セクション 4.2 の再頒布を参照してください。SP3a のデータ アクセス コンポーネントです。

メモ クライアント コンピューター上または Sqlredis.exe を再適用する必要はありません。体字中国語、日本語、または韓国語が含まれるデータベースを持たないサーバー文字。
5.1.2 ハッシュ チームの削除
SP1 で導入されました。

ハッシュ チームを削除されています。特定の原因SQL Server 2000年の新しい機能、ハッシュ チームはパフォーマンスを生成します。その SQL Server 7.0 のメリット。また、ハッシュ チームを削除することができます。SQL Server 2000 をより安定しました。

そのため、クエリ オプティマイザーされなくハッシュ チームを使用してクエリ プランを生成します。

まれに、削除ハッシュ チーム クエリの処理速度が低下する可能性があります。このようなクエリを分析します。適切なを作成するかどうかを確認するのには、インデックスへのクエリのパフォーマンスが返されますその前のレベルです。
5.1.3 アフィニティ マスク スイッチの追加
SP1 で導入されました。

これに追加された 2 つのアフィニティ マスク スイッチサービス パック。

Affinity Mask I/O スイッチ

この service pack には、Cpu が指定できます。スレッド数は、ディスク I/O 操作を実行するために使用します。このスイッチを使用する必要があります。とともに、 affinity mask オプションです。詳細については詳細は、「298402 では、Microsoft 製品サポート サービスを参照してください。技術。ナレッジ ベースを検索する方法については、のセクションを参照してください。1.5 SP3a のの詳細については。

アフィニティ マスク接続スイッチ
この service pack には、システムを構成することができます。仮想インターフェイス アーキテクチャ (SQL Server をバインドする VIA の) 有効になっています。特定のネットワーク カードを接続するには、プロセッサまたはプロセッサ セット。このスイッチは、アフィニティ マスク オプションと組み合わせて使用する必要があります。詳細については詳細は、「299641 では、Microsoft 製品サポート サービスを参照してください。技術。
5.1.4 インデックス付きのビューのフィルター
SP2 で導入されました。

SQL Server 2000年バグ 355069 が発生した場合この service pack を Microsoft サポート技術情報の資料 306467 に記載されている、します。だけのためのデータの予期しない結果を防ぐ変更します。この修正プログラムに基づくすべてのインデックスを適用するだけでなくビューのフィルター条件を再作成する必要があります。詳細についてを参照してください、マイクロソフト製品サポート サービスの知識ベース
5.1.5 セットアップの完了後、フルテキスト カタログが再構築されます。
SP3 で導入されました。

一部としてすべてのフルテキスト カタログが再構築される、インストールの SP3a、SP3 からアップグレードする場合を除く再構築が自動でください。また、リソースを消費します。フルテキスト カタログに対してクエリを部分的に返すことがあります。結果または再構築が完了するまで結果はありませんでした。SP3a 後インストールされている場合は、システム イベント ログをことを示すメッセージは、カタログが含まれます以前のバージョンの壊れているか、され再構築する必要があります。

の情報についても説明、Knowledge Base 資料 327217 を参照してくださいフルテキスト検索の再構築時に使用可能なを維持するための回避策プロセスと、自動再構築できるようにします。
5.1.6 構文の変更のログ
SP3 で導入されました。

実行すると、 sp_change_users_login 使用する SMTP サーバーは、 Auto_Fix 操作 @ を = 引数する必要がありますここで指定します。パスワードです。 sp_change_users_login 任意にパスワードを割り当てる新しいログインが、ユーザーが作成されます。次の使用例は、新しいが表示されます。 @ パスワード 引数です。
sp_change_users_login [ @Action = ] 'action' 
    [ , [ @UserNamePattern = ] 'user' ] 
    [ , [ @LoginName = ] 'login' ]
    [ , [ @Password = ] 'password' ]
Use the @Password argument only with @Action=Auto_Fix. The following example shows the new syntax for the sp_change_users_login command when using Auto_Fix. Other examples in SQL Server Books Online remain unchanged.

USE pubs
go
EXEC sp_change_users_login 'Auto_Fix', 'Mary', NULL, 'B3r12-36'
go
5.1.7 アドホック アクセスする OLE DB プロバイダーが既定で無効に
SP3 で導入されました。

場合は、 DisallowAdhocAccess レジストリOLE DB プロバイダーへのアドホック アクセスがオプションに明示的に既定で設定されていない、できません。OPENDATASOURCE などのアドホック クエリ構文、つまり、OPENROWSET では、リモート サーバーに対して動作しません。アドホック アクセスを許可するのには、明示的に設定する必要があります、 DisallowAdhocAccess オプション 0.
5.1.8 新しい SqlServerLike プロバイダーのオプション
SP3 で導入されました。

リモート クエリの処理の効率を有効にするのには述語と同様に、 SqlServerLike オプションでした。SP3 で追加します。SQL Server 2000 SP3 または後でここで送信するには、2 つのオプションがありますようにリンク サーバーの操作。場合は、リンク サーバーの OLE DB プロバイダーSQL Server 構文などをサポートする演算子およびワイルドカードを使用できます指定の SqlServerLIKE SQL Server の送信と同じようにするオプションSQL Server の構文を使用して操作します。場合は、リンク サーバーの OLE DB プロバイダーレポートのエントリ レベル/ISO SQL ansi-92 構文をサポートしているかを返すことが SQLPROP_ANSILIKE プロパティを SQL Server に送信と同様にSQL 92 構文を使用して、リンク サーバーに操作します。詳細については上 SQLPROP_ANSILIKE、 参照してください"のプログラミング、「SQL Server 2000 の Books Online で、SQLPROPSET_OPTHINTS プロパティ セット。

、SqlServerLIKE オプションは、OLE DB を有効にするのには、レジストリ キーの値を追加する必要があります。プロバイダーです。
レジストリを誤って編集する警告深刻な可能性があります。オペレーティング システムを再インストールする必要があります問題。マイクロソフト保証することはできません、レジストリの誤った編集により発生した問題解決することができます。レジストリを編集する前に、重要なデータをバックアップしてください。
  1. Regedit32 を開きます。
  2. 適切なレジストリ キーを見つけます。
    • 名前付きインスタンスの場合、このキーを見つけます。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Microsoft SQL Server\<instance name="">\Providers\<provider name=""></provider></instance>
    • 既定のインスタンスの場合は、このキーを見つけます。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\MSSQLServer\Providers\<provider name=""><b00></b00></provider>

  3. <provider name="">キーでは、という名前の DWORD 値を追加します。SqlServerLIKE とその値を 1 に設定します</provider>。
5.1.9 拡張エラー メッセージを分散クエリ
SP3 で導入されました。

分散クエリの場合、SQL Server プロバイダーを返しますエラー情報に加えて、サーバのエラー情報。クエリの間がある場合リンク サーバーと、エラー、SQL Server をチェックするかどうかをプロバイダーサポートしていますが IErrorRecords OLE DB インターフェイスです。場合このインターフェイスサポートされている場合は、SQL Server を呼び出して、 GetErrorInfo 関数に追加のエラー情報をプロバイダーから取得し、この情報を返します。エラー メッセージの一部としてユーザーにします。場合は、 IErrorRecordsインターフェイスはサポートされていません、SQL Server の動作の変更はありません SQL。サーバーは、一般的なエラーを返します。
たとえば、次のクエリを実行します。MSDASQL を使用して、サーバーに対して、サポートされていません。 sql_variant 型:
SELECT * FROM remote2k.dqtable.dbo.sqlvariantnotnull 
--Remote2k is a loopback server.
Prior to SP3, SQL Server returned the following error message:

Server: Msg 7356, Level 16, State 1, Line 1
OLE DB provider 'msdasql' supplied inconsistent metadata for a column. 
Metadata information was changed at execution time.
After you apply SP3 or later, SQL Server returns the following error message:

Server: Msg 7356, Level 16, State 1, Line 1
OLE DB provider 'msdasql' supplied inconsistent metadata for a column. 
Metadata information was changed at execution time.
OLE DB error trace [Non-interface error:  Column 'sql_variant' (compile-time
ordinal 3) of object '"dqtable"."dbo"."sqlvariantnotnull"' was reported 
to have a DBCOLUMNFLAGS_ISFIXEDLENGTH of 16 at compile time and 0 at run time].
5.1.10 関数の新しい fn_get_sql SQL ステートメントを返します。
SP3 で導入されました。

SP3 と後で、新しい機能が含まれています。 fn_get_sql SQL ステートメントのテキストを返します、指定された SQL を処理します。この関数は、次の 3 つの新しい列をサポートするためにさらに、追加されました、 sysprocesses システム テーブルは、次の表に一覧表示します。
元に戻す全体を表示する
列名データ型説明
sql_handlebinary(20)表す、現在のバッチまたはオブジェクトを実行
stmt_startint 型現在の開始オフセットSQL ステートメントは、指定された sql_handle
stmt_endint 型終了オフセットは、現在の SQL のステートメントは、指定された sql_handle。-1 の値ことを示します、fn_get_sql によって返される結果の末尾に現在のステートメントが実行されます。関数は、指定された sql_handle。
Syntax
fn_get_sql ([ @SqlHandle = ] SqlHandle )

Arguments
[ @SqlHandle = ] SqlHandle

The handle value. SqlHandle is binary(20).

Tables Returned
元に戻す全体を表示する
列名データ型説明
データベース idsmallintデータベースの id。この値は NULL です。アド ホックの SQL ステートメント
オブジェクト idInt 型データベース オブジェクトの ID です。これアド ホックの SQL ステートメントは NULL です。
番号smallint番号グループの場合プロシージャがグループ化されます。この値は 0 は、エントリがプロシージャでないです。アド ホックの SQL ステートメントを NULL とします。
暗号化ビットオブジェクトがあるかどうかを示しています。暗号化。オブジェクトがある場合、オブジェクトが暗号化されていない場合は、0 〜 1 の指定します。暗号化。
テキストテキストSQL ステートメントのテキストです。これ値は暗号化されたオブジェクトが NULL です。
解説

SQL の有効なハンドルを取得できます、sql_handle 列の sysprocesses システム テーブルです。

キャッシュに存在しないハンドルを渡した場合は、 fn_get_sql 空の結果セットを返します。ハンドルを渡した場合は、有効ではありません、バッチは停止され、次のエラー メッセージ返されます。

サーバー: メッセージ 569, レベル 16、状態 1、プロシージャfn_get_sql、行のハンドルを渡す 12 fn_get_sql 無効です。

いくつかの Transact SQL SQL Server 2000年がキャッシュできません。ステートメント、一括コピー ステートメントやステートメントでは、リテラル文字列など8 KB を超える。使用してこれらのステートメントのハンドルを取得することはできません、fn_get_sql 関数です。
は、 テキスト 結果セットを列します。パスワードに含めることができますテキストをフィルタ リングします。

情報返される、 fn_get_sql 関数、DBCC に似ていますINPUTBUFFER コマンドです。使用して、 fn_get_sql 関数と DBCCINPUTBUFFER をたとえば使用できません。
  • イベントが 255 を超える文字を必要がある場合。W
  • 最も現在のネスト レベルを取得する必要があるとストアド プロシージャです。たとえばは、次の 2 つのストアド プロシージャです。名前付き sp_1 および sp_2。 If sp_1 呼び出しsp_2 ハンドルを sysprocesses システム テーブルから取得し、中に sp_2 fn_get_sql 関数を返す実行します。について sp_2。 さらに、fn_get_sql 関数ストアド プロシージャでは、現在の最高の完全なテキストを取得します。入れ子のレベル
アクセス許可

メンバーは、 システム管理者 固定サーバーの役割を実行できます、 fn_get_sql 関数です。



データベース管理者を使用できます、 fn_get_sql プロセスの問題の診断に役立つ次のように機能します。後管理者は、問題のサーバー プロセス ID (SPID) を指定する、管理者その SPID を呼び出し、SQL のハンドルを取得できる、 fn_get_sql ハンドルとは、機能し、の開始と終了を使用します。問題の SPID の SQL テキストをオフセットします。たとえば。
DECLARE @Handle binary(20)
SELECT @Handle = sql_handle FROM sysprocesses WHERE spid = 52
SELECT * FROM ::fn_get_sql(@Handle)
5.1.11 複数データベースの組み合わせ所有権
SP3 で導入されました。

このサービス パックにすると新しいオプションが用意されていますデータベースの組み合わせ所有権のオン/オフします。

インストールする場合データベース コンポーネント SP3a をセットアップ 旧バージョンとの互換性チェックリスト クロス データベースを構成するためのオプションのダイアログが表示されます。所有権。既定では、複数データベースの組み合わせ所有権をオフ設定を有効にすべてのユーザー データベースをチェーンします。複数データベースの組み合わせ所有権を有効にすることができます。すべてのデータベースに対してチェーン。詳細については、旧バージョンとの互換性を参照してください。チェックリストのダイアログ ボックス。

デスクトップ エンジン SP3a をインストールする場合は、ALLOWXDBCHAINING のセットアップ パラメーターを使用して、複数データベースの組み合わせ所有権を有効にするのにはすべてのデータベースに対してチェーン。詳細については、セクション 3.7.3 MSDE 2000パラメーターを設定します。

メモ すべてのデータベースを複数データベースの所有権を有効にするにはお勧めできません。

インストール後に、次の使用可能有効にする方法はデータベース間のオンとオフのすべてのデータベースの組み合わせ所有権このインスタンスでは。
  • 新しい使用します。 DB OwnershipChaining クロスします。引数 s のp_configure システム ストアド プロシージャ。
  • 使用を許可します。 複数データベースの組み合わせ所有権オプションは、 セキュリティ タブの SQL Serverプロパティ [エンタープライズ マネージャー] ダイアログ ボックス。
  • 使用して、SQLServer.Configuration.ConfigValues データベースの管理オブジェクト (DMO) コレクションです。場合は、 Sql Server オブジェクトへの参照インスタンス SQL Server 2000 sp3 またはそれ以降、このコレクションが含まれています、この ConfigValue 名前付きオブジェクト データベースの組み合わせ所有権を越えます。
複数データベースの組み合わせ所有権をオフにした場合、インスタンスは、個別のデータベースを構成できます。次を使用します。有効にする方法はデータベース間のオン/オフ データベースの組み合わせ所有権。
  • 新しい使用します。 db のチェーン オプションのsp_dboption システム ストアド プロシージャ。
  • 使用して、 AllowCross データベースの組み合わせ所有権チェーン オプションは、 オプション タブの[データベースのプロパティ [エンタープライズ マネージャー] ダイアログ ボックス。
  • 使用して、 DBChaining プロパティがDBOption2 DMO オブジェクトです。
メモ 以前のデータベースにまたがるの所有権有効にする場合は、sp3 リリース前のバージョン (ビルド 8.00 以後 [。BUILD_NUMBER]) を使用する必要があります。SP3a をインストールした後再度有効にします。

詳細についてをクリックします。[ヘルプ] ボタンを実行すると下位の互換性チェックリスト] ページセットアップや最新版の SQL Server 2000 Books Online をダウンロードするを参照してください。サポート技術情報の記事 810474。
5.1.12 トレース フラグ 1204年の強化
SP3 で導入されました。

トレース フラグ 1204年が参加するロックの種類を返すデッドロックと、現在のコマンドが影響を受けます。SP3 以降のバージョンではと、これトレース フラグは、デッドロック情報が自動的に書き込まれます、エラー ログ
5.1.13 Sp_changedbowner をアクセス許可の変更
SP3 で導入されました。

メンバーは、 システム管理者 固定サーバーの役割を実行できます、 sp_changedbowner 格納されているシステムプロシージャです。
5.1.14 機能変更をデバッグします。
SP3 で導入されました。

ストアド プロシージャのデバッグ機能Microsoft Visual Studio 6.0 や古い SQL Server クエリ アナライザーを使用前SP3 には、既定ではオフです。(停止時、SQL のデバッグ アプリケーションクライアント アプリケーションをデバッグしているときにサーバーの Transact-SQL ブレークポイント) も既定ではオフにします。デバッグ機能を有効にするには、実行します。 sp_sdidebugは、パラメーターを渡す legacy_on.デバッグを無効にするには、渡す legacy_off これにプロシージャです。

メモ 実行して、 sp_sdidebug ストアド プロシージャで運用サーバーは推奨できません。

詳細についてを参照してください。技術文書 328151。この資料では、マイクロソフト製品サポート サービスの知識ベース
5.1.15 UDP ポート 1434年での操作
SP3a で導入されました。

SQL Server 2000 SP3a のインスタンスを開始、SQL Server 2000年データベース エンジンと MSDE 2000 でするように構成されていません。ユーザー データグラム プロトコル (UDP) を使用してネットワーク通信のサポートを停止しますポート 1434年。インスタンスがネットワーク通信をサポートするように構成します。UDP 1434 を使用します。

UDP 1434 を使用してインスタンスに SP3a にアップグレードが停止します共有] を除くとすべてのインスタンスのサーバー ネットワーク ライブラリメモリ Net ライブラリでは無効になります。ポート 1434年を使用して、インスタンスを開始します。常にサーバーの Net-library のいずれかを有効にします。については、無効にするか、サーバー ネットワーク ライブラリを有効にすると「SQL Server ネットワーク」を参照ユーティリ ティー「SQL Server 2000 の Books Online にします。

UDP ポート 1434年での使用コンピューターの SQL Server 2000年および MSDE 2000 までのすべてのインスタンスは停止しませんコンピューターに SP3a にアップグレードしてサポートする構成ネットワークの通信します。

UDP ポート 1434年が開いているか閉じているかどうかは共有メモリ Net ライブラリの状態によって異なりますされません。共有メモリNet-library はローカル接続でのみ使用され、ネットワークは使用しません。は、共有メモリ Net ライブラリが常にアクティブです。有効または無効にすることはできません。

サーバー Net-library は無効になっているかどうかを指定することもできます。インストールまたは MSDE 2000 のインスタンスをアップグレードするとします。MSDE 2000 を使用します。セットアップ ユーティリティの DISABLENETWORKPROTOCOLS のパラメーター、または MSDE 2000 マージ モジュールSqlDisableNetworkProtocols のプロパティです。これらのオプションの詳細についてを参照してください。3.7.3 MSDE 2000 セットアップのパラメーターです。

すべてのサーバーを無効にできません。インストールまたは、SQL Server 2000年のインスタンスをアップグレードするとネットワーク ライブラリデータベース エンジン。

5.2 の分析サービスの強化

この SQL Server 2000年分析の機能強化について説明します。SP3a に含まれているサービスです。
5.2.1 リモート パーティション
SP1 で導入されました。

ローカル サーバー上にリモート パーティションが作成されたときSP1 かそれ以降のバージョンは、リモート サーバーにインストールされているを使用する必要があります、ドメイン ユーザー アカウントは、親キューブの完全なアクセス許可を持っている、ローカル サーバーです。OLAP 管理者のメンバーであるすべてのユーザー アカウントローカル サーバー上のグループへのフル アクセスのアクセス許可を持っています。
また場合は、ローカル サーバーを SP1 またはそれ以降のバージョンは、リモート サーバーもインストールされていますローカル サーバーにするため、SP1 またはそれ以降のバージョンがインストールされてがする必要があります。作成またはリモート パーティションを管理します。
5.2.2 更新された Analysis Services クライアントの再頒布可能なセットアップ
SP1 で導入されました。

分析サービス SP1 およびそれ以降のバージョンを含める更新バージョンの再頒布可能な次のクライアント プログラムをセットアップします。
  • PTSLite.exe
  • PTSFull.exe
これらのファイルのパス \Msolap\Install\PTS にあります、サービス パックのインストール ディレクトリです。

メモ PTSFull.exe には MDAC が含まれています。PTSLite.exe ではありません。

使用これらの更新を防止または解決するのには、アプリケーションでクライアントのセットアップ プログラムAnalysis Services を使用する場合に発生する可能性がありますクライアントのセットアップの問題とMicrosoft Office XP。

メモ Office XP で Analysis Services を使用すると、クライアントのアップグレード強くお勧めします。
5.2.3 サポートのサード ・ パーティ製のデータ マイニング アルゴリズムのプロバイダーを有効に
SP1 で導入されました。

分析サービス SP1 およびそれ以降のバージョンのサポートが含まれます。サード パーティ製のデータ マイニング アルゴリズム プロバイダーに追加するとします。詳細についてはデータ マイニング アルゴリズム プロバイダーの開発について、"3 番目を参照してください。データ マイニング プロバイダー パーティ"ホワイト ペーパーと、OLE DB データ マイニングのコードには、サンプルのデータ マイニング アルゴリズムが含まれています。 リソース キットは、プロバイダーです。
5.2.4 Analysis Services クライアントの更新されたファイルがコンピューター上にインストール
SP1 で導入されました。

上 SQL Server 2000年の Analysis Services をインストールする場合は、SQL Server 2000 SP1 などのクライアントのファイルが含まれているコンピューターが更新またはOffice XP の分析サービスの SP1 またはそれ以降のバージョンを確認するために適用する必要があります。クライアントが正常に動作して、キューブを参照できること。
5.2.4 Analysis Services クライアントの更新されたファイルがコンピューター上にインストール
SP1 で導入されました。

上 SQL Server 2000年の Analysis Services をインストールする場合は、SQL Server 2000 SP1 などのクライアントのファイルが含まれているコンピューターが更新またはOffice XP の分析サービスの SP1 またはそれ以降のバージョンを確認するために適用する必要があります。クライアントが正常に動作して、キューブを参照できること。
5.2.5 限度の OLAP キューブを仮想キューブで参照されています。
SP3 で導入されました。

仮想キューブには最大 255 個のキューブを参照できます。ただし、64 を超えるキューブを参照した仮想キューブに表示されません。任意のバージョンの Microsoft PivotTable ? のサービス SP3 の前にリリースされました。
5.2.6 新しい説明キーワード
SP3 で導入されました。

ローカル キューブは、固有メンバー プロパティをサポートするようになりましたメジャーとディメンションの説明です。追加は、説明のキーワードを作成キューブ マルチ ディメンション式 (MDX) ステートメントをサポートするために使用します。説明の固有メンバー プロパティを使用します。次の BNF 句CREATE CUBE ステートメントに加えた変更は、次のとおりです。
<dimensions def> :: = DIMENSION <dimension name> [<time def>] 
  [DIMENSION_STRUCTURE <sub_type>] [<hidden def>] 
  [DESCRIPTION <description expression>] 
  <options def> <comma> <hierarchy def list> 
<measures def> :: = MEASURE <measure name> <measure function def> 
  [<measure format def>] [<measure type def>] [<hidden def>] 
  [DESCRIPTION <description expression>] [<comma> <measures def>]
5.2.7 新しいピボット テーブル サービスの制限付きのクライアント プロパティ
SP3 で導入されました。

PivotTable サービスの新しい接続 SP3 を導入文字列のプロパティは制限付きのクライアントです。このプロパティを制限する. します。PivotTable サービスからローカル キューブ機能を使用します。いずれかを使用しようとしました、ステートメントは、作成、使用、ローカル キューブの作成などが含まれます。キューブ、グローバル キューブの作成とセッション キューブの作成ステートメントは発生、エラーが発生します。一連のなどの高度な再帰を含むすべてのステートメントまた、ドリル ダウンの入れ子になったステートメント、ステートメント可能性があることができる場合は、エラーの発生ピボット テーブル サービスによって維持されるステートメントのスタック オーバーフローが発生します。

これプロパティの文字列値を格納します。任意の文字列値に値が設定されている場合文字"Y"を開始、"y"、"T"、または"t"、または任意の文字列値変換できる数値に 0 以外の PivotTable サービスには前述のように制限します。その他の文字列値に値を設定すると、空の文字列を含む ("")、または任意の文字列値に変換することができます、数値 0 に、PivotTable サービスは、無制限です。既定値このプロパティを「0」にはです。

メモ このプロパティが、ローカルのデータ マイニングの使用を制限されていませんモデル。
5.2.8 安全性オプションのプロパティを変更します。
SP3 で導入されました。

設定は、 安全性のオプション プロパティDBPROP_MSMD_SAFETY_OPTIONS_ALLOW_SAFE また、パススルーの使用量を防止します。ローカル キューブでキーワードを指定します。
5.2.9 Meta Data Services のリポジトリの移行が既定無効になって
SP3 で導入されました。

Meta Data Services のリポジトリを使用するのにはSP3 以降のバージョンでは、リポジトリ移動ウィザード形式になっているとこの形式を使用することはお勧めしません。ただし、この形式では、必要がある場合ビジネスの理由は、オプションを有効にすることができます、EnableMigrationToMetaDataServicesFormat レジストリのキーです。

で既定では、このレジストリ キーは存在しません。手動で作成する必要があります。 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\OLAP Server\Server の接続[情報] して、Meta Data Services のリポジトリの移行を有効にするには形式です。このレジストリ キーは、大文字小文字を区別する文字列値を格納します。値を指定した場合設定するのには 1 または True、メタ データのリポジトリの移行サービスの形式は有効です。その他の文字列値に値が設定されている場合、またはレジストリ キーが存在しない場合は、メタ データのリポジトリの移行サービスの形式が無効です。
メモこのレジストリ キーの値があるかどうか変更は直ちに有効になります。
5.2.10 アクセス許可する必要がありますリモート データ フォルダーを変更します。。
SP3 で導入されました。

分析サービス データ フォルダーが置かれている、別のコンピューターは分析サーバーが実行中、行う必要がありますSP3a のセットアップを実行した後、フォルダーのアクセス許可を変更します。リモコンコンピューターは、アクセス許可すべてがフル コントロールのアクセスを許可するフォルダーの設定分析を実行しているコンピューター上の OLAP Administrators グループのメンバーサーバーです。いくようにメンバーが追加または OLAP からを削除します。Administrators グループのアクセス許可をリモートのデータを変更するのには、必ずフォルダーに、OLAP の管理者の現在のメンバーシップを反映するようにグループです。バックアップを許可され正常に復元されます。

さらに、SP3a のセットアップを実行するは、アカウントに許可する必要があります。分析サーバーでリモートにフル コントロール アクセス許可を実行されてデータ フォルダーです。

Analysis Services のインスタンスに SP3a を適用するとクラスター化された構成では、ドメイン レベルの OLAP 管理者を実行します。グループは、リモート データ フォルダーへのフル コントロールのアクセスを許可する必要があります。詳細については作成して、ドメイン レベルの OLAP Administrators グループを使用しての詳細については、「サポート資料で、マイクロソフト製品サポート サービスで利用可能な 308023技術。

5.3 レプリケーションの拡張機能

この SQL Server 2000年レプリケーションの機能強化について説明します。SP3a が含まれます。
5.3.1 トランザクション レプリケーション UPDATE カスタム ストアド プロシージャ
SP1 で導入されました。

保存されているトランザクション レプリケーション セットアップ中に、カスタム手順については、insert、delete、および update アクションで作成、サブスクリプション データベースです。列の数に関係なく更新によって影響を受けるステートメント、update カスタム ストアド プロシージャ更新のすべての列には、サブスクリプション テーブルです。変更されていない任意の列と同じ値にリセットします。更新前に存在していた。通常、これにより問題は発生しません。これらの列のインデックスを作成する場合は、ただし、このリセットするなることがあります。高価です。

トランザクション レプリケーションを使用して、一部がある場合サブスクリプション テーブル、および列の値をいくつかのインデックスを変更します。更新プログラムのパフォーマンス インデックスを維持するオーバーヘッドを制限する場合変更がサブスクライバーに適用されます。たとえば、サブスクリプション データベース目的がより多くの複数インデックスの報告に使用される、文書に含まれる ◇実行時することができますが、UPDATE ステートメントを動的に構築します。パフォーマンスが向上します。更新プログラムは、変更された列だけを含む、最適な更新文字列を作成します。

この service pack には、新しいが含まれていますストアド プロシージャは、sp_scriptdynamicupdproc では、格納されているカスタムを生成します。サブスクライバーで更新を動的に構築するための手順ステートメントの実行時にします。ただし、動的 UPDATE ステートメントの実行を構築時間には、余分な処理が必要です。

sp_scriptdynamicupdproc

ストアド プロシージャ sp_scriptdynamicupdproc を生成します。ストアド プロシージャの CREATE PROCEDURE ステートメントは、動的更新を作成します。カスタム ストアド プロシージャ内の UPDATE ステートメントは、動的に構築され、変更する列を示す MCALL 構文に基づいてください。これを使用します。ストアド プロシージャの場合は、サブスクライブしているテーブル上のインデックスの数が増加しています変更される列の数が小さいです。このストアド プロシージャを実行します。パブリッシャーでパブリケーション データベースにします。
Syntax
sp_scriptdynamicupdproc [ @artid =] artid

Arguments
[@artid =] artid

アーティクルの id。artid は int を既定値なしです。

結果セット

1 つで構成される結果セットを返すnvarchar(4000) 列です。結果セットのフォームを完全なプロシージャの作成カスタム ストアド プロシージャを作成するために使用するステートメントです。

解説

sp_scriptdynamicupdproc 使用されます。トランザクション レプリケーション。既定の MCALL スクリプト作成ロジックにはすべてが含まれています。UPDATE ステートメント内の列と、ビットマップを使用して、列を決定します変更されました。列を変更していない場合は、列が設定されて自体は、通常は問題は発生しません。列にある場合、インデックスが作成された、余分です処理を実行します。対照的に、このストアド プロシージャは、動的なアプローチを使用します。提供に最適な変更された列だけを含む文字列を更新します。ただし、余分な処理が実行時発生が要する時間は、動的な UPDATE ステートメントが作成されます。両方をテストすることをお勧めは、プロシージャのアプローチと、既定の静的なアプローチは、動的に格納し、特定のニーズに最適なソリューションを選択します。

アクセス許可

メンバー、 パブリック ロールで実行可能 sp_scriptdynamicupdproc



この例は「(artid 1 に設定) を作成します。著者は、pubs データベース内のテーブルし、を指定した UPDATE ステートメント実行するカスタム ストアド プロシージャを示します。

' MCALL sp_mupd_authors'

実行するカスタム ストアド プロシージャを生成します。ディストリビューション エージェントがサブスクライバーによって保存されて、次を実行します。プロシージャは、パブリッシャー側:
EXEC sp_scriptdynamicupdproc @artid = '1'
The statement returns:

create procedure [sp_mupd_authors] 
  @c1 varchar(11),@c2 varchar(40),@c3 varchar(20),@c4 char(12),
  @c5 varchar(40),@c6 varchar(20),@c7 char(2),@c8 char(5),
  @c9 bit,@pkc1 varchar(11),@bitmap binary(2)
as

declare @stmt nvarchar(4000), @spacer nvarchar(1)
select @spacer =N''
select @stmt = N'update [authors] set '

if substring(@bitmap,1,1) & 2 = 2
begin
  select @stmt = @stmt + @spacer + N'[au_lname]' + N'=@2'
  select @spacer = N','
end
if substring(@bitmap,1,1) & 4 = 4
begin
  select @stmt = @stmt + @spacer + N'[au_fname]' + N'=@3'
  select @spacer = N','
end
if substring(@bitmap,1,1) & 8 = 8
begin
  select @stmt = @stmt + @spacer + N'[phone]' + N'=@4'
  select @spacer = N','
end
if substring(@bitmap,1,1) & 16 = 16
begin
  select @stmt = @stmt + @spacer + N'[address]' + N'=@5'
  select @spacer = N','
end
if substring(@bitmap,1,1) & 32 = 32
begin
  select @stmt = @stmt + @spacer + N'[city]' + N'=@6'
  select @spacer = N','
end
if substring(@bitmap,1,1) & 64 = 64
begin
  select @stmt = @stmt + @spacer + N'[state]' + N'=@7'
  select @spacer = N','
end
if substring(@bitmap,1,1) & 128 = 128
begin
  select @stmt = @stmt + @spacer + N'[zip]' + N'=@8'
  select @spacer = N','
end
if substring(@bitmap,2,1) & 1 = 1
begin
  select @stmt = @stmt + @spacer + N'[contract]' + N'=@9'
  select @spacer = N','
end
select @stmt = @stmt + N' where [au_id] = @1'
exec sp_executesql @stmt, N' @1 varchar(11),@2 varchar(40),@3 varchar(20),
  @4 char(12),@5 varchar(40),@6 varchar(20),@7 char(2),@8 char(5),@9 bit',
  @pkc1,@c2,@c3,@c4,@c5,@c6,@c7,@c8,@c9

if @@rowcount = 0
   if @@microsoftversion>0x07320000
      exec sp_MSreplraiserror 20598

このストアド プロシージャを実行すると、結果のスクリプトを使用できます。手動で、サブスクライバーでストアド プロシージャを作成します。


5.3.2 トランザクション レプリケーションの UPDATE ステートメントで固有の列
SP1 で導入されました。

トランザクション レプリケーションでは、文の通常更新します。更新がレプリケートされます。更新プログラムの一部である列を変更した場合一意なインデックス、クラスター化インデックス、または一意として使用される式制約を更新してから挿入する DELETE ステートメントとして実行されます。ステートメントがサブスクライバーで。この更新プログラムを入力するために行います複数の行に影響を与えるし、一意性違反は更新プログラム場合に発生することができます。1 行ずつを配信します。

更新プログラムを 1 つだけの行に影響する場合は、なし一意性違反の可能性。したがって、トレース フラグ 8207 を追加されています。このサービス パックを 1 つだけに影響を与える固有の列への更新を許可するにはUPDATE ステートメントとしてレプリケートするには、[行] をクリックします。このような最適化が追加されましたユーザー定義の更新プログラムをインストール アプリケーションでは特にで発生、サブスクライバーとは 1 つだけに影響する更新プログラムを起動するのには、これらのトリガーを必要とします。行固有の列です。
トレース フラグ 8207 を使用するをオンに、コマンド プロンプト (sqlservr.exe-T8207) または DBCC TRACEON(8207, を使用して実行時-1) は、ログ リーダー エージェントが開始される前にします。

重要です 一般に、トレース フラグ 8207 読み取り専用で使用トランザクション複製します。このトレース フラグ更新可能なサブスクリプションの場合は使用しないでください、主キーの更新がサブスクライバーで発生します。
5.3.3 同時実行スナップショット処理から削除の制限
SP1 で導入されました。

SQL Server 2000 では、同時実行スナップショットの処理が停止されました。パブリッシュ テーブルにない一意なインデックスが含まれている推奨しません、主キーまたはクラスター化キーを使用します。データの変更が加えられた場合、クラスター化キーの同時実行スナップショットが生成されたときに、レプリケーション同時にスナップショットを適用すると、重複キーのエラーの失敗サブスクライバー。この service pack に、同時実行スナップショットの使用に関する制限事項処理を削除します。
5.3.4 トランザクションのレプリケーション カスタム プロシージャのスクリプトを作成
SP1 で導入されました。

Nosync サブスクリプションを設定する場合 (つまり、サブスクリプション)、初期スナップショットが表示されない、ユーザー設定を保存INSERT、UPDATE、および DELETE ステートメントでプロシージャを手動で作成する必要があります。通常、これらのステートメントがサブスクライバーで作成される場合、最初のスナップショットが提供されます。新しいストアド プロシージャ sp_scriptpublicationcustomprocsを生成するために追加されました文書レベルでのカスタム ストアド プロシージャのスクリプトです。この新しい機能 nosync サブスクリプションを設定しやすく場合があります。

sp_scriptpublicationcustomprocs

文書を自動生成するオプションは、カスタム プロシージャ スキーマを有効に、ストアド プロシージャ
sp_scriptpublicationcustomprocs カスタムをスクリプトします。挿入、更新、およびテーブルのすべてのアーティクルを削除します。
sp_scriptpublicationcustomprocs 便利です。スナップショットを手動で適用されるサブスクリプションを設定します。
Syntax
sp_scriptpublicationcustomprocs [@publication]= publication_name

Arguments
[@publication] = publication_name

The name of the publication. publication_name is a sysname with no default.

Return Code Values
0 (success) or 1 (failure
結果セット

1 つで構成される結果セットを返す nvarchar(4000) 列です。結果のフォームに必要な設定格納されたユーザー設定を作成する必要があるプロシージャの作成ステートメントプロシージャです。

解説

しなくてもアーティクルに対してカスタム プロシージャのスクリプティングされません。自動生成カスタム プロシージャ (0x2) スキーマ オプション。

アクセス許可

実行アクセス許可が付与されています。 パブリック;この内部実行手順のセキュリティ チェックストアド プロシージャのメンバーにアクセスを制限するのには システム管理者 固定サーバー ロールと db_owner 固定データベース ロール現在のデータベースです。

使用例

次の使用例は、スクリプトが格納されているカスタムの生成します。という名前のパブリケーションでの手順 [Northwind]。.
exec Northwind.dbo.sp_scriptpublicationcustomprocs 
@publication = N'Northwind'

5.3.5 でレプリケーション保有ベース メタデータのクリーンアップ
SP1 で導入されました。

マージ レプリケーションのシステム テーブルが大規模ながメタ データのクリーンアップのメタ データの量は、パフォーマンスを向上します。前にSQL Server 2000 SP1 は、メタ データを実行のみクリーンアップできませんでした。sp_mergecleanupmetadata。ただし、SQL Server 2000 SP1 およびそれ以降のバージョン保有ベース メタデータのクリーンアップは、メタ データはことを意味することができます。次のシステム テーブルからは自動的に削除します。
  • MSmerge_contents
  • MSmerge_tombstone
  • MSmerge_genhistory
  • 前のイメージ テーブルが存在する場合に
メモ イメージ テーブルの前に場合を表示、 @ keep_partition_changes 同期の最適化] オプションします。文書で有効になっています。

保有ベース メタデータのクリーンアップが発生します。次のよう。
  • 場合は、 ?MetadataRetentionCleanup 差し込み印刷エージェント パラメーターの設定と、既定では、マージ エージェント 1, をクリーンアップする、サブスクライバーとパブリッシャーが差し込み印刷に関連します。
  • MetadataRetentionCleanup のパラメーターを 0 に設定する場合は、自動クリーンアップされません。この例では、手動で開始します。保有ベース メタデータのクリーンアップを実行してsp_mergemetadataretentioncleanup。 このストアド プロシージャする必要があります。各パブリッシャーおよびサブスクライバーでクリーンアップする必要がありますに実行します。これです。推奨しますが、必須ではありません、パブリッシャーとサブスクライバーのためにクリーンアップします。ような時点で (False の競合を防ぐこれで後で参照セクション)。

    メモ は、 -MetadataRetentionCleanup パラメーターを設定します。1 SQL Server 2000 SP1 に含まれているすべてのマージ エージェント プロファイルおよびそれ以降のバージョン。場合は、SP1 またはそれ以降のサーバーをアップグレードして、[差し込み印刷] を追加レプリケーション マージ エージェントのプロファイルが自動的にこれを含むように更新されます。パラメーターです。すでにサーバーをアップグレードする場合はマージ レプリケーションが有効になっています。sp1 以降では、マージ エージェントのプロファイルは自動的には更新されません。更新プログラム実行プロファイル sp_add_agent_parameter (追加の参照してください。パラメーター) を sp_add_agent_parameter をこのセクションで後述します。

    重要です パブリケーションの既定保有期間は 14 日です。場合は、記事が複数のパブリケーションに属している、別の保存がある可能性があります。期間。この状況では、最長の保存期間を判断する使用します。クリーンアップを早い時間に発生します。ある場合複数データベース上のパブリケーションと、それらの文書のいずれかを使用している場合は、無期限のパブリケーション保有期間 (保存 @ = 0)、データの差し込みメタ データはデータベースを自動的にクリーンアップされません。このような理由から、無期限のパブリケーション保有期間は注意して使用してください。
Sp_add_agent_parameter を追加のパラメーター

システム プロシージャ sp_add_agent_parameter を今すぐ保存MetadataRetentionCleanup パラメーターを追加または削除することができますがメタ データのリテンション ・ クリーンアップからマージ エージェント プロファイル。1 の値を示すプロファイルをクリーンアップを含める必要があることです。値が 0 の必要があることを示すクリーンアップを含めるされません。たとえば、メタデータを追加するのには保存クリーニングまで、プロファイルには、次のコードを実行します。
EXEC sp_add_agent_parameter @profile_id=<my_profile_id>,
  @parameter_name='MetadataRetentionCleanup', @parameter_value=1
トポロジのさまざまなバージョンの SQL Server でのメタ データのクリーンアップ

自動保存で発生するベースをクリーンアップするにはデータベースがデータベースがマージ レプリケーションに関連して、マージ エージェントする必要があります。両方で SQL Server 2000 SP1 を実行しているサーバー上またはそれ以降。たとえば。
  • SQL Server 7.0 のプル サブスクライバー クリーンアップが実行されない、SQL Server 2000 SP1 の発行者。
  • クリーン ・ SQL Server 2000 SP1 プッシュ マージ エージェントが実行されません。pre SP1 SQL Server 2000年サブスクライバー データベースでセットアップします。
  • SQL Server 2000 SP1 プッシュ マージ エージェントがクリーンアップを実行は、SQL Server 2000 SP1 パブリッシャー データベース、あるサブスクライバーを持っている場合でもSQL Server 2000年またはそれ以前を実行しています。
自動クリーン アップ サーバーによっておよび他をしますでほとんどが false の競合が発生して、まれに発生する必要があります。トポロジには、SQL Server 2000 SP1 の前に SQL Server 版に含まれて表示されることがあります。sp_mergemetadatacleanup 上のすべてのサーバーを実行していることによってパフォーマンス上の利点があります。自動的にクリーンアップします。

False の競合の回避

保有ベース メタデータのクリーンアップを防ぐことができます。非収束とサイレントの他のノードでの変更が上書きされます。ただし、false競合は、次の条件が満たされている場合に発生します。
  • 1 つのノードでのメタ データをクリーンアップしています。
  • 行をクリーンアップ ノードで更新が発生します。メタ データが削除されました。
たとえば、メタ ・ データがパブリッシャーでクリーンアップされますがないです。サブスクライバーで、競合が発生したパブリッシャー側では更新が行われたとたとえデータを同期するが表示されます。

これを回避するのには競合は、メタ データに関連するノードをに関するクリーンアップされるかどうかを確認、同時にします。・ MetadataRetentionCleanup 1、パブリッシャーの両方が設定されている場合、サブスクライバーがクリーンアップ自動的に差し込み印刷を開始する前に、ノードが同時にクリーンアップされることを確認します。競合が発生する場合は、マージ レプリケーション競合表示モジュールを使用して、競合の確認および変更するのには、結果が必要な場合。

記事が複数のパブリケーションに属している場合は、または再パブリッシュしている場合は、そのことは、保有期間を指定した行がパブリッシャーとサブスクライバーで異なるです。軽減するには一側は、それ以外のメタ データのクリーンアップ、ことをお勧めこれらの異なる文書でのような保存期間があります。

メモ 場合は、システム テーブルに大量必要があるメタデータにはが含まれています。クリーニングが、マージ プロセスを実行するためにかかることがあります。メタ データをクリーンアップします。この問題を回避するのには、定期的にします。
5.3.6 をバックアップおよびリストアのマージ レプリケーションの場合の問題
SP1 で導入されました。

パブリケーション データベースをバックアップから復元されました。初めてグローバルを持つサブスクリプション データベースと同期する必要があります。サブスクリプション (に割り当てられた優先度値を持つ、サブスクリプション) するには収束の正しい動作を保証します。同期を確認するには変更の復元は、パブリケーション データベースで失われました。操作は正確に再度適用されます。

同期は、パブリケーション データベースとサブスクリプション データベースが、匿名サブスクリプション。匿名サブスクリプションが十分なメタ データにはないためパブリケーション データベースに変更を適用する、このような同期する可能性があります、非収束のデータ。

バックアップの計画と復元マージ レプリケーションの場合、操作、次の追加問題を考慮してください。
  • バックアップからサブスクリプション データベースを復元します。保有期間を超えていません。

    サブスクリプション データベースを復元します。バックアップの最短の保有期間よりもない古い場合にのみバックアップすべてのパブリケーションをサブスクライバーがサブスクライブします。たとえば、する場合は、サブスクライバーがサブスクライブ 3 つパブリケーションの保有期間の 10 と 20 日それぞれ 30 日、バックアップ データベースを復元するために使用してくださいしません。10 日以上のものになります。
  • バックアップを生成する前に同期します。

    これです。前に、パブリッシャーとサブスクライバーを同期することを強く推奨バックアップを実行します。それ以外の場合は、システムが正しく場合は収束可能性がありますいない、サブスクライバーは、このバックアップから復元されます。バックアップ ファイルがありますが新しい、前回の同期でパブリッシャーほぼ同じものと考え、保持期間たとえば、文書の保存期間を検討します。10 日間の。8 日前に、前回の同期、バックアップになりました実行します。4 日後にバックアップが適用される場合は、最後の同期化をします。12 日は、保存期間を過ぎている間前に、発生しました。場合は、右、サブスクリプション データベース バックアップの前にサブスクライバーを同期しました。保有期間内になります。
  • 文書を変更した場合は、サブスクライバーを再初期化します。保存期間の値。

    パブリケーションの保有期間を変更する必要がある場合値を手動で非収束を避けるために、サブスクライバーの再初期化データです。保有期間に基づきメタデータ機能の削除を古いメタ データをクリーンアップします。パブリケーションの保有期間に達するとマージ システム テーブルから。

    文書の保存期間の値を使用して状況を判断するのにはサブスクリプションが、保有期間内に同期されていないする必要があります。期限切れにします。クリーンアップした後、パブリケーションの保有期間は、増加する場合とサブスクリプション (を既に削除したパブリッシャーとのマージしようとしています。メタ データ)、サブスクリプションのために増加した無期限に保存期間の値。さらに、パブリッシャー十分なメタ データがありません。非収束が発生する、サブスクライバーに変更をダウンロードします。
  • すべてに同じパブリケーション保有値を使用します。パブリッシャーとその代替同期パートナー。別の値を使用します。収束する可能性があります。
5.3.7 復元する SQL Server の別のバージョンからのデータベースのレプリケート
SP1 で導入されました。

同じサーバーにバックアップを復元し、データベース ? をバックアップしたサーバーと同じバージョンを実行しています。作成など、レプリケーション設定が維持されます。複製を復元する場合データベースの SQL に使用されているバージョンから別のサーバーのバージョンデータベースのバックアップは、次の点を考慮してください。
  • SQL Server 2000 SP3a へデータベースを復元する場合SQL Server 2000年で作成したバックアップからレプリケーションを維持します。[設定] を実行する必要があります sp_vupgrade_replication。 実行しています。sp_vupgrade_replication レプリケーション メタデータのことが可能します。アップグレードされます。実行していない場合 sp_vupgrade_replication、、レプリケーション メタ データは予測不可能な状態のままにできます。
  • SQL Server 2000 からデータベースを復元するかどうかは、SQL Server 7.0 で作成されたバックアップ (リリース版、SP1、SP2、SP3、およびSP4) およびレプリケーション設定を維持するために必要な再作成する必要があります、service pack をインストールする前にバックアップします。データベースを復元することが可能です。SQL Server 2000 SP3a に作成された、レプリケートされたデータベースのバックアップから直接SQL Server 7.0 が複製設定は保持されません。
5.3.8 新・ MaxCmdsInTran パラメーターでログ リーダー エージェント
SP1 で導入されました。

SP1 では、新しいコマンド プロンプト パラメーターを開始、-MaxCmdsInTranは、ログ リーダー エージェントが追加されています。のコマンドの多くに影響を与えるトランザクション (通常は更新を一括または削除)、ディストリビューション エージェント、ログ リーダー エージェントを作成するを待つ必要があります。全体のトランザクションを開始する前にディストリビューション データベーストランザクションがサブスクライバーに伝達します。この遅延時間のブロックをディストリビューション エージェントおよび 2 つのエージェントの間での並列処理が減少します。

使用して ?MaxCmdsInTran、 ログ リーダー エージェントの改小さな塊、および各チャンクのサイズが大きいトランザクションを含むと同じか以下のコマンドとしては、 ・ MaxCmdsInTran 入力します。そのためには、トランザクション中に以前のチャンクを処理するディストリビューション エージェントを開始します。後のチャンクのと同じでも、ログ リーダー エージェントが動作しています。トランザクション。

この間、ログ読み取りプロセスでの並列処理の向上エージェントおよびディストリビューション エージェントより全般的なレプリケーションを提供します。スループット。ただし、トランザクション単位でコミットしているに注意を原子のプロパティが解除、個別のトランザクションとしてサブスクライバー、1 つの ACID (原子性、一貫性、分離、および耐久性) のプロパティです。お勧めこの結果は、ほとんどの状況では、問題ではありません。これを確認するテストをします。

?MaxCmdsInTran のパラメーターを定義します。

正の整数 (1 以上) を指定する、・ MaxCmdsInTran パラメーター値です。0 を指定するは相当にありませんパラメーターを使用します。このパラメーターにより、パフォーマンスが向上するため、場合にのみ、トランザクションが非常に大きい、5000 以上のこのパラメーターの値です。典型的です。たとえば。

logread.exe MaxCmdsInTran - 10000。

するにはこのパラメーターを使用して、SQL Server 2000 SP1 パブリッシャーが実行されている必要がありますかそれ以降のバージョンでは、ログ リーダー エージェントおよびディストリビューション データベースがある必要があります。SP3 以降にアップグレードします。それ以外の場合は、 ・ MaxCmdsInTran です無視されます。
5.3.9 制限の一意でないクラスター化インデックス
(トランザクション レプリケーションにのみ適用されます。 SP2 で導入されました。のみ)

一意でないクラスター化インデックスを作成することはできませんがトランザクション レプリケーションでは、発行後のテーブルです。作成する前に、インデックスは、テーブルを含む文書をまず削除する必要があります。
5.3.10 新しい MaxNetworkOptimization コマンドラインの引数は、スナップショット エージェント
SP2 で導入されました。

通常の処理では、マージ レプリケーションを送信します。サブスクライバー、サブスクライバーに属していない行を削除します。パーティション。DELETE コマンドのこのタイプに無関係な削除と呼ばれます。無関係な削除データの整合性や収束に影響しませんが、不要なネットワーク トラフィックが発生します。

ネットワーク ・ トラフィックを軽減するのには無関係な削除が発生した、スナップショット エージェントの新しいパラメーターを使用できます。-MaxNetworkOptimization マージ レプリケーションのパブリケーションを使用します。パラメーターを 1 に設定とは無関係に削除する可能性を最小限に抑えますがネットワークの最適化を最大化します。

メモ このパラメーターを 1 に設定する場合にのみに便利のですがマージ パブリケーションの同期の最適化] オプションが設定 true に(、 @ keep_partition_changes パラメーター sp_addmergepublication).

既定値は 0 です。メタ データのストレージを増やすし、ができますパラメーターを 1 に設定します。結合の複数のレベルをフィルターする場合パブリッシャーが低下し、パフォーマンスと一部の複雑なフィルターが表示されます。慎重に評価する必要があります、レプリケーション トポロジとセット -MaxNetworkOptimization 1 に無関係な削除からのネットワーク トラフィックが大き過ぎる場合します。

、システムを実行して、スナップショット エージェントのプロファイルにこのパラメーターを追加できます。手順 sp_add_agent_parameter 次のよう。

EXECsp_add_agent_parameter 1、'MaxNetworkOptimization'、1
5.3.11 複製使用して新しいロールを反映します。
SP3 で導入されました。

SP3 後自動的を使用して新しい役割を作成マージ レプリケーションでは。新しいロールの名前がであります。MSmerge-<publication id=""></publication>.パブリッシャーで、ロールを作成します。各マージ レプリケーション パブリケーションのパブリケーション アクセス リストとして機能(マージ パブリケーションのパブリッシャーへのアクセスを制御する PAL)。このロールの場合SP3 またはそれ以降に含まれている新しいストアド プロシージャを実行できます、 sp_createmergepalrole、 ロールを再作成します。この格納されています。プロシージャを再作成するのには、パブリッシャーでパブリケーション データベースについて実行されます。ロールします。
Syntax
sp_createmergepalrole [ @publication = ] 'publication' 

Arguments
[@publication = ] 'publication' 

The publication name. publication is sysname, with no default. This parameter is used to select the publication to use when re-creating a role used by merge replication. 

Return Code Values
0 (success) or 1 (failure)
解説

実行しています。 sp_createmergepalrole 追加します。新しい行に、sysusers テーブルに新しいロールをします。この新しいロールの名前です。値に基づいて、 pubid 列には、 sysmergepublications 指定されたパブリケーションのテーブルです。は、ロール名のプレフィックスは、'MSMerge_' と pubid 値が(ハイフンなし) はロール名に付加します。

アクセス許可

固定サーバー ロール sysadmin のメンバーのみや db_owner 固定データベース ロールを実行することができます。 sp_createmergepalrole.
5.3.12、Sysadmin 以外のユーザーが新しい要件のサブスクリプションを作成しました。
SP3 で導入されました。

追加されていないユーザーがサブスクリプションを作成したかどうかは、sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーは、次のいずれかを行う必要があります。
  • SQL Server エージェントのプロキシ アカウントのログインを構成します。パスワード、SQL Server エージェントのジョブ ステップが関連付けられているように、十分な特権でレプリケーション エージェントを実行します。詳細についてを参照してください。"xp_sqlagent_proxy_account「SQL Server Books Online でトピックを使用します。
  • メンバーであるユーザーには、ジョブ ステップの所有者を変更します。sysadmin の固定サーバー ロールは、エージェントを実行する前にします。
メモ ジョブ ステップは、常に、リモート エージェントのアクティブ化の機能を必要とsysadmin 固定サーバー ロール内のユーザー アカウントのコンテキストで実行します。
5.3.13 ストアド プロシージャに対するアクセス許可を変更します。
SP3 で導入されました。

権限が格納されているの数は変わっていません。プロシージャを実装するには、管理、およびレプリケーション トポロジを監視します。強化するために必要なアクセス許可のほとんどのこれらの変更を伴うストアド プロシージャを実行します。新しいアクセス許可の詳細については、Transact SQL リファレンス ドキュメントに格納されているレプリケーションを確認します。SQL Server Books Online の更新されたバージョンの手順します。詳細についてはについて、更新された SQL Server Books Online を参照してください 1.6」を更新書籍のオンライン マニュアルがあります。
5.3.14 新しいパラメーター sp_addmergearticle sp_changemergearticle を
SP3 で導入されました。

新しいパラメーター @ published_in_tran_pubはその両方に追加されました sp_addmergearticlesp_changemergearticle.このパラメーターは、マージ パブリケーション内のアーティクルであることを示すために使用されます。トランザクション パブリケーションでパブリッシュも。 @ published_in_tran_pub です nvarchar(5)、 使用します。既定 FALSE を指定します。TRUE を指定します。 「がまたあることを示しますトランザクション パブリケーションでパブリッシュします。

メモ Sp_changemergearticle をこのパラメーターを変更すると、スナップショットを無効にする必要があります、サブスクライバーを再初期化する必要があります。
5.3.15 の新しいページを構成するパブリッシングおよびディストリビューションの設定ウィザード
SP3 で導入されました。

パブリッシングとディストリビューションの設定ウィザードを今すぐ構成新しいページが含まれています: ディストリビューター パスワード。これで、パスワードを入力する必要があります。1 つまたは複数のパブリッシャーでリモート サーバーを使用する] を選択した場合のページディストリビューション サーバーと 1 つ以上のパブリッシャーのパスワードが必要です。は、パブリッシャーとリモート ディストリビューター間の接続は、ハイブリッドのリンクです。サーバーとリモート サーバーを使用します。ログインの接続を使用します。 distributor_admin。 既定では、パブリッシャーとして構成されています。信頼関係のないリモート ディストリビューターのパスワードが必要になります。

メモ ダウンロードして SQL Server 2000年オンライン ブックをインストールしている場合(更新済み - SP3) をクリックすると、この情報は、 ヘルプ 新しいページのボタンです。
Windows 同期マネージャー サポートに 5.3.16 を変更します。
SP3 で導入されました。

SQL Server、既存のサブスクリプションを有効にすることができます。(SQL Server エンタープライズ マネージャー、SQL、DMO をレプリケーション ストアドを使用してを作成します。プロシージャ) で、Windows 同期マネージャーを使用します。作成することもできます。新しいサブスクリプションが Windows 同期マネージャーを使用します。適用した後、service pack は、Windows への同期サブスクリプションを同期するとき管理者パスワードまたは接続するために必要なパスワードを入力するように求められますサーバーに、同期に関連します。
5.3.17 変更の要件をレプリケーション データベースを復元またはアタッチ
SP3 で導入されました。

一定の条件下で、複製ができませんでした。添付またはパブリッシュされたデータベースの復元のプロセスが正しく動作しません。これらの条件は次のとおりです。
  • SP3 または後で適用されています。
  • データベースへの接続、ユーザーのメンバーではない、システム管理者 固定サーバー ロール。
  • クロス データベース チェーン許可されていません。
これらの条件がすべて満たされる場合は、実行する必要があります、 sp_changedbowner ストアド プロシージャに接続または復元データベースです。所有権を割り当てる、 sa ビルトイン管理者ログインします。レプリケーションが正しく機能するようになります。

メモ メンバーをでする必要があります、 システム管理者 固定サーバーの役割を実行するのには sp_changedbowner.

詳細については5.1.11] セクションを参照してください、クロス データベース所有権に関する情報複数データベースの組み合わせ所有権。

5.4 SQL Server エージェントの機能拡張

この拡張エージェントの SQL Server の説明します。SP3a に含まれています。
5.4.1 SQL Server エージェントのログにアカウントの情報
SP2 で導入されました。

ウィンドウ今すぐ SQL Server のエージェント ジョブの履歴を記録します。各ジョブ ステップを実行するアカウントです。この情報を管理者をできます。スケジュールされたジョブがスケジュールされたジョブを含む、セキュリティ問題を診断します。レプリケーションおよびデータ変換サービス (DTS) タスクを定義します。
5.4.2 をマスターと対象サーバーの構成を変更します。
SP3 で導入されました。

マルチ サーバー管理を自動化するプロセスです。SQL Server の複数のインスタンス間での管理タスク。マルチ サーバーの使用します。2 つの値を管理または複数サーバーを集中管理する場合の管理メンテナンス タスク。

SP3a では、SQL Server エージェントのサービス アカウントにはSQL Server を使用する必要がない場合は、Windows 管理者であることをしていません。エージェントのプロキシ アカウント。詳細については、SQL Server エージェントのプロキシアカウントは、セクション 5.7.3 SQL Server エージェント プロキシ アカウントの強化を参照してください。SQLサーバー エージェントのサービス アカウントが、sysadmin のメンバー サーバーを修復する必要があります。ロールします。

マルチ サーバー管理では、少なくとも 1 つが必要マスター サーバーと 1 つ以上の対象サーバーします。ジョブのマスター サーバーを分散します。対象サーバーからイベントを受け取ります。マスター サーバーを中央に保存します。ターゲット サーバー上で実行するジョブのジョブ定義のコピーします。対象サーバージョブの一覧を更新するのには、マスター サーバーに定期的に接続して実行します。新しいジョブが存在する場合は、対象のサーバーが、ジョブをダウンロードしてマスター サーバーから切断されます。ターゲットの後に、サーバーは、ジョブを完了、マスター サーバーに再接続し、ジョブの状態を報告します。

SP3a を適用する前に、アップグレードするのには、いくつかの手順を完了する必要があります。SQL Server 2000年マスターと対象サーバーの構成します。変更点SP3a で導入された SQL Server 7.0 の対象サーバーとの互換性がないか他のサーバーと SP3a 実行されていません。これは、元の SQL からの変更です。Server 2000 の機能です。

マスターと対象サーバーの構成をアップグレードするのには
  1. MSX (マスター サーバー) の新しいアカウントをマスターの作成します。サーバーです。これは、TSX (対象サーバー) サーバー (またはサーバー) を準備するのには、アップグレードしてください。これを行うには、次のコマンドを実行します。
    --Option A: Windows authentication
    EXEC sp_grantlogin 'DOMAIN\user'
    GO
    USE msdb
    GO
    EXEC sp_adduser 'DOMAIN\user', 'DOMAIN\user', 'TargetServersRole'
    GO
    
    --Option B: SQL Server authentication ? see explanation below for 
    --details.
    EXEC sp_addlogin <MSXAccount>, <MSXAccountPassword>, 'msdb' 
    GO
    USE msdb
    GO
    EXEC sp_adduser <MSXAccount>, <MSXAccount>, 'TargetServersRole'
    GO
    
    <msxaccount>、SQL のログイン名を表す場合は、<msxaccountpassword>表す関連付けられているパスワード</msxaccountpassword></msxaccount>。

    メモ これらの値は、1 つの二重引用符 () で囲む必要があります。

    MSX アカウントを選択する場合は、次のオプションがあります。
    • Windows 認証です。これは、最も安全なオプションです、パスワードを保存するのがあるないため、SQL Server と SQL Server のエージェントローカル Windows 管理者権限がなくても設定できます。
    • SQL Server 認証します。これは、SQL Server が必要です。のウィンドウのローカルの管理者権限を持つエージェント サービスのアカウント SQLローカル セキュリティ機関 (LSA) サーバーは、ユーザー名とパスワードを保存します。シークレット] および [アクセスは、ローカル Windows 管理者のみに制限します。行うことができます。すべての TSX サーバーのアカウントを作成またはごとに 1 つのアカウントを作成することができます。TSX サーバーです。
    SQL Server エージェントのプローブ アカウントを指定しません。(<computer_name>_msx_probe_login)。SP3 へのアップグレードの一部として、またはその後、SQL Server、古いプローブ アカウントために削除 TSX サーバーなしもはやそれを使用します。<b00></b00></computer_name>
  2. SP3a の TSX サーバーのアップグレードは、一度に 1 つずつ。(使用する前にservice pack を適用する、タイミングの詳細については、手順 3 を参照してください、アップグレードしてください。)
  3. ダウンタイムを最小化するには、拡張ストアド プロシージャを実行します。xp_sqlagent_msx_account 各 TSX サーバーのすぐ後にSP3a の更新は完了です。

    メモ 実行後 xp_sqlagent_msx_account、 SQL エージェント停止し、各サーバーを再起動する必要があります。

    詳細についてはxp_sqlagent_msx_account については、セクション 5.4.3 新しい SQL Server エージェント拡張を参照してください。ストアド プロシージャです。
  4. SP3a は、マスター サーバーに適用されます。古い _msx_probeTSX サーバーは使わないので SP3a のセットアップでは、アカウントが削除されます。アカウント SQL のエージェント ジョブを所有している場合は、アカウントは削除されません、しする必要があります。他のユーザーには、ジョブの所有者を変更して、これらを手動で削除アカウントです。場合は、自分の古い _msx_probe アカウントを使用し続けたいです。SQL エージェント ジョブを _msx_probe のパスワードを変更する必要があります。アカウントです。
5.4.3 の新しい SQL Server エージェントの拡張ストアド プロシージャ
SP3 で導入されました。

SP3a を含む、新しい拡張ストアド プロシージャは、SQL Server エージェント TSX サーバーが使用するアカウントを構成することができます。MSX サーバーからの指示をダウンロードするには。このアカウントとも呼ばれますには、MSX アカウント、またはマスター サーバーのアカウントを使用します。

xp_sqlagent_msx_account

は、 xp_sqlagent_msx_account 拡張ストアド プロシージャは、設定または、SQL Server エージェントの MSX アカウントのユーザー名を取得します。パスワードと LSA シークレット TSX サーバー上の。メンバーは、 securityadmin 固定サーバー ロール拡張を実行ことができます格納されています。プロシージャです。

前に、この拡張ストアド プロシージャ、SQL を実行できます。サーバー エージェントが実行されている必要があります。アカウントを指定する場合は、SQL がまた、です。サーバーのログイン、SQL Server エージェントは、ローカルの Windows 管理者権限が必要です。SQL Server エージェント ユーザー名とパスワードを LSA シークレット、およびアクセスとして格納します。Windows のローカル管理者に制限されています。
Syntax
xp_sqlagent_msx_account

    {N'GET' |

    N'SET' | N'DEL', N'MSX_domain_name', N'MSX_username', N'MSX_password'

    }

Arguments
N'GET' 

現在の SQL Server エージェント MSX アカウントを取得します。N'GET' は、nvarchar の既定値なしで。パスワードは、セキュリティ上の理由は報告されません。

N ' SET '

SQL Server エージェントの MSX として使用するアカウントを設定します。アカウントです。MSX_username、および MSX_password のパラメーターを指定するのにはSQL Server エージェントの MSX アカウントとしてを使用するには、[アカウント] をクリックします。N 'SET' は nvarchar であります。既定値はありません。

N'DEL'

SQL Server エージェントの MSX アカウントを削除します。

' MSX_domain_name'

将来の使用に備えて予約されています。

' MSX_username'

使用する Windows アカウントの名前SQL Server エージェントの MSX アカウントとしてします。このパラメーターを空の文字列を指定します。MSX_password が Windows のセキュリティ] をクリックします。この場合は、SQL Server エージェントMSX サーバーにログオンするサービス アカウントの資格情報が使用されます。MSX_usernamenvarchar でない既定値です。

' MSX_password'

パスワードMSX_username で指定された、SQL Server 用のアカウント。空の文字列を指定します。このパラメーターは、Windows のセキュリティ] を選択するのには、MSX_username の。これで場合は、SQL Server エージェントのサービス アカウントの資格情報を使用してにログインしますMSX サーバーです。MSX_password は、 nvarchar no の既定値にします。

メモ Xp_sqlagent_msx_account パラメーターで指定してください。順序です。名前付きパラメーターを使用することはできません。
リターン コード値

値を取得します。 0 成功か 1 エラー発生時に
xp_sqlagent_msx_account 障害が発生したと値を取得します。 1, SQL Server は、エラー メッセージが表示されます。エラーの詳細情報を使用します。
結果セット

SQL Server エージェントの MSX アカウントが設定されている場合は、xp_sqlagent_msx_account 設定する、次のように結果を返します場合の情報 N'GET'.
元に戻す全体を表示する
データ型説明
ドメインsysname#N/a が返されます。 将来の予約使用します。
ユーザー名sysnameSQL として使用するアカウントサーバー エージェントの MSX アカウントです。
か、SQL Server エージェントの MSX アカウントが設定されていない場合、 N ' SET ' 指定された結果セットは返されません。

アクセス許可

アクセス許可を実行します。xp_sqlagent_msx_account 既定のメンバーは、 securityadmin 固定サーバー ロール。

  • 現在割り当てられている SQL Server エージェント MSX を取得します。アカウント

    次の例では、アカウントを現在取得します。SQL Server エージェントの MSX アカウントとして使用することを割り当てます。

    EXECmaster.dbo.xp_sqlagent_msx_account N'GET'
  • SQL Server エージェント MSX Windows を使用してアカウントを設定します。認証

    次の使用例は、SQL Server エージェントの MSX に設定します。Windows 認証を使用するには、[アカウント] をクリックします。
    EXEC master.dbo.xp_sqlagent_msx_account N'SET',
       N'',  -- Reserved for future use 
       N'',  -- MSX_username
       N''  -- MSX_password
    
  • SQL Server エージェントの MSX アカウントを SQL Server に設定します。認証

    次の使用例は、SQL Server エージェントの MSX に設定します。Ralph にアカウントし、パスワードを指定します。
    EXEC master.dbo.xp_sqlagent_msx_account N'SET',
       N'',  -- Reserved for future use 
       N'Ralph',  -- MSX_username
       N'RalphPwd'  -- MSX_password
    
  • SQL Server エージェントの MSX アカウントを削除します。

    は、次の使用例は、SQL Server エージェントの MSX アカウントを削除します。つまり SQLサーバー エージェントは Windows 統合セキュリティの認証にデフォルト設定されます。


    EXEC master.dbo.xp_sqlagent_msx_account N'DEL'
5.4.4 SQL Server エージェントのアクセス許可のチェック
SP3 で導入されました。

エージェント ジョブの所有者を確認するのには SQL Server を今すぐチェックします。追加または出力ログ ・ ファイル各ジョブからを上書きする権限があります。これ次の 3 つの方法で発生します。
  • 場合は、ジョブの所有者が sysadmin 固定サーバーのメンバーでは役割をサーバーにジョブ出力ログ ・ ファイルを書き込むできます。
  • ジョブの所有者は、Windows ユーザーの場合は、SQL Server を参照してくださいにテストします。ユーザーが選択したジョブの出力ログ ファイルに書き込むためのアクセス許可がある場合サーバー上の場所。
  • ジョブの所有者は、SQL Server のユーザーの場合は、SQL Server のテスト、SQL Server エージェントのプロキシ アカウントに選択したジョブを作成するためのアクセス許可ログ ファイルの場所、サーバー上で出力します。プロキシ アカウントが設定されていない場合は、ログは書き込まれません。
すべての場合に、SQL Server エージェントとジョブを書き込まれる資格情報が、SQL のアクセス許可をユーザーを確認するテストをしたのでサーバー選択したジョブの出力ログ ファイルの場所をサーバーに書き込みます。エラーが表示されます。ジョブは、ジョブの履歴をステップ失敗ログ ファイルが見つからない場合いません。記述します。
5.4.5 SQL エージェント メール MAPI プロファイル
SP3 で導入されました。

SQL Server 2000 SQL Agent Mail の 32 ビット バージョン電子メールを送信するのには、拡張 MAPI メール プロファイルを使用するように構成できます。通知します。拡張 MAPI 電子メール アプリケーション、Microsoft などを使用することができます。Outlook でを使用して、拡張 MAPI プロファイルを作成します。SQL の 64 ビット バージョンServer 2000、SQL エージェントのメールのみ単純な MAPI プロファイルを送信するため使用できます。電子メールのアラート。簡易 MAPI のプロファイル、SQL の 32 ビット バージョンで使用しないでください。Server 2000。

5.5 SQL Server 接続のコンポーネントの機能強化

この接続のコンポーネントの機能強化について説明します。SQL サーバー SP3a に含まれる 2000。
5.5.1 更新プログラム Microsoft データ アクセス コンポーネント
SP3a で導入されました。

SP3a に更新するには、Microsoft のデータ アクセスが含まれています。コンポーネント (MDAC) です。SP3a をインストールすると、MDAC 2.7 Service Pack 1 a をもインストールされています。MDAC 2.7 SP1a には、MDAC のバージョンからの機能の変更がないです。SQL Server 2000 (MDAC 2.6) がインストールされているが、修正プログラム、およびセキュリティを含む機能を拡張します。MDAC 2.7 SP1a には、MSXML 3 SP3 へのアップグレードが含まれています。

メモ セットアップが検出した場合にこのバージョンの MDAC がインストールされていませんバージョンまたは新しいバージョンを使用します。

このバージョンの詳細についてMDAC は、このページには Microsoft ユニバーサル データ アクセスの Web サイトを参照してください。microsoft.com。 このバージョンの MDAC に含まれる修正プログラムを記載する予定サポート技術情報の記事 326848。この資料で、マイクロソフトから利用します。製品サポート サービスの知識ベース
5.5.2 は、QLogic 仮想インターフェイス アーキテクチャ
SP3 で導入されました。

仮想インターフェイスの QLogic SQL Server になりましたアーキテクチャ (によって) システム エリア ネットワーク (SAN) の実装です。SQL を有効にするのにはQLogic 経由で接続がクライアントとサーバーの両方のサーバーのサポートコンピューターに Vihosts という名前のファイル内の IP アドレスの解決を提供する必要があります、適切な Windows system32\drivers\etc フォルダー。
The Vihosts file should be formatted as follows:

<VI IP Address of server computer> <SERVER_COMPUTERNAME>

<VI IP Address of client computer> <CLIENT_COMPUTERNAME>

For example:

139.4.130.1  SQLCOMPUTER

139.4.130.2  SQLCLIENT

各 QLogic によるネットワーク カードから、実際の IP アドレスを使用します。コンピューターの名前です。それ以外の場合は、名前付きインスタンスに接続できない、またはTCP や名前付きパイプなどの他の IP プロトコルと。Vihosts ファイルではありません。Giganet 経由での接続は必要ありません。

メモ 仕入先がクライアント コンピューター上で、適切なを確認する必要があります。クライアント ネットワーク ユーティリティを使用します。仕入先に適切な値を選択します。ドロップ ダウン ボックス。対応するアクションもサーバーで完了する必要があります。コンピューターで sql Server ネットワーク ユーティリティです。

5.6 メタ データ サービスの拡張機能

この SQL Server 2000年メタ データへの機能強化について説明します。SP3a に含まれているサービスです。
5.6.1 メタ データ ブラウザーのエクスポートで Unicode
SP1 で導入されました。

メタ データ ブラウザーがここで XML ベースのメタデータをエクスポートします。Unicode。SQL Server 2000 SP1 以前に、ブラウザーは ansi 文字コードをエクスポートします。英語以外の文字はサポートされません。この機能の変更を非表示には、ユーザーです。SP3a のリリースでは、エクスポートされるデータは常に Unicode 形式で表されます。レジストリ キーの値を設定することにより ansi 文字コードにも書き出すことができます。HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Repository\Engine\XMLExport を 0 にします。は、次の一覧にこのレジストリ キーを設定することができます値を表しています。
  • NOOBJID = 1
  • NOHEADER = 2
  • インデント = 4
  • UNICODE = 8
  • LOGUNMAPPEDTAGS = 16
  • EXPORTBASE 32 =
各フラグの詳細については、"IExport::Export を参照してください。メソッド"SQL Server 書籍をオンラインにします。
5.6.2 スクリプトのサポートを無効にします。
SP3 で導入されました。

情報モデルではスクリプトのサポートが無効になっています。SP3a をインストールした後、次のエラーとが表示されます、アプリケーションスクリプトが定義されているメソッド、プロパティにアクセスします。
EREP_SCRIPTS_NOTENABLED

スクリプトのサポートを有効にするのには

スクリプトの実行を継続する必要がある場合は、使用することができます。スクリプトを有効にレジストリ設定を作成するのには、次の手順サポートします。
  • レジストリ エディターを開き、移動 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft。
  • という名前のレジストリ キーを作成します。 リポジトリ (ifしませんが)、し、エンジンの名前付き、サブキーを作成ため、パスと等しい Repository\Engine。
  • で、 エンジン レジストリ キーは、新しい追加[DWORD 値の名前 AllowScripting 値を設定するのには1.後でスクリプトを無効にする場合は、新しい値を設定します。レジストリ キー 0.
重要です 情報モデルとリポジトリを常に保護する必要があります。データベースへの不正アクセスを防ぐために。
5.6.3 リポジトリの情報にアクセスするための新機能 RepositoryUser ロール
SP3 で導入されました。

SQL Server に設定されている、 msdb データベースの一連のテーブル、ストアド プロシージャ、およびビューを保存Meta Data Services のリポジトリ エンジンで使用される情報です。SP3 の新しいという名前の専用のロール RepositoryUser 追加されており、使用する必要がありますアクセスおよび更新のリポジトリ情報をします。このロールが与えられて作成されました、読み取り、更新、削除、およびこれらのオブジェクトにアクセス許可を実行します。は、パブリック 役割はこれらのオブジェクトにアクセス許可を持ちます。.

既存のリポジトリ オブジェクトのいずれかに他のこの変更の影響します。リポジトリ エンジンでは、今後作成する追加のオブジェクト。ユーザーと経由でリポジトリにアクセスするアプリケーションは、 パブリックロールを追加する必要があります、 RepositoryUser ロールします。

5.7 データ変換サービスの機能拡張

この SQL Server 2000年データへの機能強化について説明します。SP3a に含まれている変換サービスです。
5.7.1 DTS ウィザード文字列カラムを 255 文字に制限されていません
SP2 で導入されました。

データをテキスト ファイルには、DTS エクスポートインポート/エクスポート ウィザードは最大 8000 文字を作成するのには、パッケージを構成します文字列型のデータを含む列をします。
5.7.2 セキュリティ コンテキストの SQL Server エージェントでの DTS パッケージの実行をログに記録


SP2 で導入されました。

SQL Server エージェントのセキュリティ コンテキストの下での記録します。各ジョブ ステップを実行します。SP3 以降のバージョンでは、セキュリティ コンテキストが表示されます。ジョブの履歴] ダイアログ ボックスでします。実行すると、DTS パッケージでは、ジョブ ステップから、SQL Server エージェントでパッケージを実行するユーザー アカウントを記録します。これ情報は管理者のアクセス許可と認証の問題を診断するのに役立ちます。サーバー上で実行する DTS パッケージをスケジュールするときに発生する可能性が。
5.7.3 SQL Server エージェント プロキシ アカウントの機能強化
SP2 で導入されました。

SP2 より前に、サーバーに保存されている DTS パッケージを可能性があります。SQL Server エージェントのプロキシ アカウントの資格情報でしない限り、実行されません。プロキシ アカウントへのアクセスをユーザーの Temp フォルダーのアカウントでいたサーバー (場合のジョブの実行 xp_cmdshell)、またはエージェント (の場合エージェント ジョブ)実行しています。このため、ユーザーは TEMP 環境を調整する必要があります。変数に、SQL Server または SQL エージェントの起動アカウントを起動およびプロキシ アカウントをアクセスできないディレクトリなどC:\Temp とします。Sp2 以降では、DTS、Temp システムを使用して拡張されていますユーザーの Temp フォルダーが使用できない場合は、フォルダーの必要性を大幅に削減します。これらの調整。
5.7.4 既定では無効の Meta Data Services への保存します。
SP3 で導入されました。

既定では、SP3 と後で保存するオプション無効にしますDTS パッケージで Meta Data Services.これは、Meta を意味します。データ サービス] 内の場所] ボックスの一覧に表示されません。は、 DTS パッケージを保存します。 ダイアログ ボックスです。さらに、このオプションをされます。保存、スケジュール、および DTS パッケージをレプリケート] ページで無効になってインポート/エクスポート ウィザード。

パッケージを Meta Data Services に保存するを許可するには
  • SQL Server エンタープライズ マネージャーでは、右クリックし、データ変換サービス ノードをクリックして プロパティ,し Meta Data Services への保存を有効にします。
メモ これを変更するのには、管理者権限でログオンする必要があります。[プロパティ] します。

メタ データ サービスのパッケージを格納するためのオプションの場合無効に、Meta Data Services から既存のパッケージを読み込み、編集することができます、と 保存 Meta Data Services の保存オプションを使用して、します。ただし、Meta Data Services からは利用できません、 として保存します。オプションです。Meta Data Services を使用してパッケージを保存できないなど、別の名前です。

5.8 の XML 拡張機能

SQLXML で XML の拡張、次のトピックを説明します。SP3a では。
5.8.1 XPath 式の向上の検証
SP3 で導入されました。

SP3 の前に、インストールされている MSXML のバージョンSQL Server 述語は XPath 式を許可されている 2000 (MSXML 2.6)現在の特殊文字の省略形にコンテキスト ノードの XPath 構文は、ピリオド (.) で示されています。これに違反しています。この文字の後に指定する必要があります。 XPath 構文仕様ロケーション パス式で。

SP3 を適用すると、以降は、MSXML (3.0 SP3) の更新版は、MDAC のアップグレードの一部としてインストールされます。セクション 5.5.1 更新プログラム Microsoft データ アクセスの詳細についてを参照してください。コンポーネントです。

MSXML の新しいバージョンでは、述語をことはできません。すぐに、現在のコンテキスト ノードの省略形特殊文字を実行します。XPath クエリでの式 SQLXML 注釈付きマッピングに対して、(XPath クエリスキーマと XSLT スタイル シートの SQLXML の結果を変換するのに書き込むクエリの場合、問題のある構文を使用した後に失敗すること) SP3 へのアップグレード、または後で

このような障害を防ぐには、識別し、式を修正不正な構文を使用します。たとえば、XPath 式の構文は、次の xsl:if 要素の test 属性の値として指定されています。有効ではありませんので、述語、[@ ResourceTypeID'' = 2] の直後に現在のコンテキストを識別する、特別な文字の省略形ノードです。

次の文は、これまで生成されませんでした、エラー、sp3 のインストール後に失敗します。 またはそれ以降です。
xsl:if test=".[@ResourceTypeID='2']">
To prevent a failure, the XPath expression must be amended as follows:

<xsl:if test="@ResourceTypeID='2'">

5.9 仮想バックアップ デバイス API の機能強化

SQL Server 2000年仮想バックアップするには、次の項目に適用されます。デバイス API です。
5.9.1 を複数のデータベース スナップショットでキャプチャ

SP2 で導入されました。

仮想バックアップ デバイス API に Isv を統合することができます。SQL Server 2000 製品にします。この API を最大限に目指し信頼性とパフォーマンス。バックアップと復元を完全サポートします。SQL Server ホットの完全な範囲を含む 2000年の機能とスナップショット バックアップの機能します。

SP1 以降のバージョンでは、方法はありませんでしたするのには固定およびよりも 1 つのデータベースを同時にバックアップします。SP3 または後で今すぐサーバー側のサポートを提供を保持し、複数のデータベースに取り込み、1 つのスナップショットを VDC_PrepareToFreeze コマンドです。

SP3a で、仮想のバックアップ デバイスの仕様が含まれている更新詳細については、 VDC_PrepareTo 凍結 コマンドです。更新されました。仮想デバイス インターフェイスのヘッダー ファイル (Vdi.h) のバージョンをご覧ください。SP3a のセットアップ ディレクトリ内の \Devtools\Include

ダウンロードすることができます、Microsoft SQL、マイクロソフト ダウンロード センターから更新された仕様サーバーの Web サイトをダウンロードします。

5.10 エラーを報告します。

SP3 で導入されました。

Microsoft SQL Server のエラー報告が無効になっています。既定値。SQL Server のセットアップによってインストール中にすることができますか分析サービスの設定をインストール後、または、 サーバープロパティ ダイアログ ボックスでは、Enterprise Manager や、 サーバープロパティ ダイアログ ボックスには、分析マネージャー。エラー報告を有効にします。実行しているときに、SQL を報告するエラー SQL Server セットアップことができます。データベース エンジンのサーバーおよびエージェントの SQL Server。エラーがレポートの有効化分析サービスのセットアップを実行することができますエラーの分析レポートサービスです。エラー報告の両方の SQL Server を有効にする場合は、Analysis Services エラー SQL Server を実行中のレポートを有効にする必要があります。SQL Server のセットアップ、および分析サービスのセットアップを実行しているときに、Analysis Services。

この機能を有効にする場合は、SQL Server のレポートを送信する構成されています。自動的に SQL Server データベース内で、致命的なエラーが発生した場合の Microsoft にエンジンは、エージェントの SQL Server、または SQL Server の Analysis Services で。Microsoft を使用してください。エラー SQL Server の機能を向上させるためにレポートし、すべての情報を扱い社外秘。

エラーに関する情報が、セキュリティで保護された (HTTPS) 経由で送信されます。マイクロソフトは、アクセスが制限された保存先に接続します。また、この情報は、独自の企業内エラー報告サーバーに送信できます。

エラー報告に含まれる、次の情報
  • SQL の問題が発生したときのサーバーの状態。
  • オペレーティング システムのバージョンおよびコンピューター ハードウェア情報です。
  • 識別するために使用できるデジタル プロダクト ID、ライセンス。
  • コンピューターのネットワーク IP アドレス。
  • ファイルの原因となったプロセスのメモリからの情報エラーが発生しました。
マイクロソフトは、意図的にファイルを収集しない、名前、住所、電子メール アドレス、またはその他の形式の個人情報。エラーレポートがメモリからユーザー固有の情報を含めることができます、しかし、またはこのエラーの原因となったプロセスのファイルです。この情報できますが可能性がありますが、個人を識別するために使用、Microsoft は使用されませんそのための情報です。

Microsoft エラー レポート データコレクション ・ ポリシーはこれを参照してください。 マイクロソフトWeb サイト.

場合は、エラーを報告し、致命的なエラーを有効にします。発生、応答から Microsoft Windows のイベント ログを参照してくださいする可能性があります。特定のエラーについては、技術資料へのポインター。A応答は、次のようになります。
Source = MSSQLServerOlapServicesDW 
EventID = 1010
data = http://support.microsoft.com/support/misc/kblookup.asp?id=Q123456
&iBucketTable=1&iBucket=39980&Cab=21474432.cab&LCID=1033
&OS=5.1.2600.2.00010100.0.0
エラーは、データベース エンジンの SQL Server および SQL のレポートを無効にするにはサーバー エージェントを移動する SQL Server プロパティ ([全般] タブ) では、Enterprise Managerオフにし、 [エラー報告を有効にします。 チェック ボックスします。無効にするにはAnalysis Services では、レポートのエラーを参照してください [分析サーバーのプロパティをマネージャーとオフ、 エラー報告を有効にします。 チェック ボックスします。If(データベース エンジンと SQL Server の両方 SQL Server のエラー報告が有効になっています。エージェントの場合) と分析サービスを無効にする必要がありますにエラー SQL Server が報告分析サービスの個別にします。

5.11 英語クエリの機能強化

SP21 の導入

マイクロソフトは、セキュリティ拡張機能をリリースしましたEnglish Query アプリケーションです。この拡張機能の一部としてはインストールされていない、サービス パック。ただし、この英語を使用する場合は、それを適用するをお勧めクエリです。セキュリティ拡張機能は、SP3a CD-ROM のフォルダー上にあります。\EQHotfix。English Query の機能強化に関する詳細は下記をご、マイクロソフト製品サポート サービスの知識ベースナレッジ ベース検索します。記事での 297105。

5. 12 DB ライブラリおよび埋め込み SQL c

SP1 で導入されました。

Db-library および埋め込み SQL を C Api 中SQL Server 2000 のサポートは、SQL Server の将来のバージョンがありません。これらを使用するアプリケーションのプログラミングに必要なファイルが含まれて[Api]。Db-library を使用して記述された既存のアプリケーションからの接続と組み込みの SQL を SQL Server の次のバージョンではサポートされます、しかし、このサポートは、将来のリリースで削除されます。新規に作成する場合アプリケーションは、これらのコンポーネントを使用は避けてください。既存を変更する場合アプリケーションで、これらの依存関係を削除するのには強くお勧めです。技術。Db-library または埋め込みの SQL C のではなく、ADO、OLE 使用できます。DB、または ODBC データ SQL Server にアクセスします。詳細については技術、SQL Server Books Online します。

プロパティ

文書番号: 889551 - 最終更新日: 2011年8月3日 - リビジョン: 8.0
キーワード:?
kbinfo kbmt KB889551 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:889551
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com