SQL Server 2000年の Service Pack 1 の説明: 2001 年 5 月 30 日

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 889553
重要: この資料には、レジストリの変更に関する情報が含まれています。レジストリを変更する前に確認をバックアップし、問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を理解していることを確認します。レジストリをバックアップ、復元、および編集する方法の詳細については、次の資料番号をクリックして Microsoft サポート技術情報の資料を参照してください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 1 (SP1) は、SQL Server 2000年のインストールのデータベース コンポーネントの更新プログラムを提供します。この資料には、次の情報が含まれます。
  • SQL Server と AnalysisServices のバージョンがインストールされているかを確認する方法
  • ダウンロードし、SQL Server 2000 SP1 を展開する方法
  • SQL Server 2000 SP1 をインストールする方法
  • DatabaseComponents SP1 のクライアント コンポーネントを再配布する方法
  • このサービス パックを実行するときに発生する可能性のある問題についての情報
  • Englishqueries は、個別に利用するため、セキュリティの強化について

内容

はじめに

3 つの部分では、このリリースの Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 1 (SP1) を提供します。
  • データベース コンポーネント SP1 は、sql Server 2000 Desktop Engine のインスタンスを除いて、SQL Server 2000年のインスタンスの databasecomponents の更新プログラムを提供します。データベース コンポーネント SP1 には以下のようにアップグレードが含まれます。
    • データ エンジン
    • データベース クライアント ツールおよび SQL Server Enterprise Manager や osql などのユーティリティ
    • Microsoft OLE DB プロバイダーの SQL Server 2000年、SQL Server 2000 ODBC ドライバー、および、クライアント ネットワーク ライブラリなどのデータベース クライアント接続コンポーネント
  • 分析サービスの SP1 は、次を含む、SQL Server 2000年のインストールの SQL Server2000 Analysis Services コンポーネントの更新プログラムを提供します。
    • 分析サービス
    • 分析マネージャーと Microsoft OLE DB プロバイダーの Analysis Services などの分析サービス クライアント コンポーネント
    • Microsoft OLE DB プロバイダーの SQL Server 2000年、SQL Server 2000 ODBC ドライバー、および、クライアント ネットワーク ライブラリなどのデータベース クライアント接続コンポーネント
  • デスクトップのエンジン SP1 は、SQL Server 2000 Desktop Engine のインスタンスの databasecomponents の更新プログラムを提供します。Thesecomponents は次のとおりです。
    • データ エンジン
    • Microsoft OLE DB プロバイダーの SQL Server 2000年、SQL Server 2000 ODBC ドライバー、および、クライアント ネットワーク ライブラリなどのデータベース クライアント接続コンポーネント
SQL Server 2000 SP1 のこれら 3 つの部分は次のように個別に適用できます。
  • データベース コンポーネント SP1 を使用して、Analysis Services コンポーネントまたは SQL Server 2000 Desktop Engine のインスタンスをアップグレードせずに、databasecomponents をアップグレードします。
  • 分析 Servicescomponents、databasecomponents、Desktop Engine のインスタンスをアップグレードせずにアップグレードするのにには、分析サービスの SP1 を使用します。
  • Analysis Services やその他のエディション ofSQL Server 2000 のインスタンスをアップグレードせず、DesktopEngine のインスタンスをアップグレードするのにには、デスクトップのエンジン SP1 を使用します。Desktop Engine をインストールする方法の詳細についてを参照してください。 「デスクトップのエンジン SP1 をインストールする」この資料の後半のセクション。
ただし、データベース コンポーネントと Analysis Services コンポーネントの両方をアップグレードするデータベース コンポーネント SP1 および分析サービスの SP1 を適用する必要があります。

データベース コンポーネント SP1 のインストール

自動的に、データベース コンポーネント SP1 のセットアップ プログラムをアップグレードしている SQL Server 2000年のインスタンスでは SQL Server 2000年のエディションを検出します。セットアップはそのインスタンスにインストールされているコンポーネントだけをアップグレードします。たとえば、SQL Server 2000年の Standard Edition を実行しているコンピューターに service pack を適用するときに、それはアップグレードされませんコンポーネントのみを SQL Server 2000年の Enterprise Edition に含まれています。

1 つの既定のインスタンスまたは SQL Server の名前付きインスタンスにデータベース コンポーネント SP1 を適用できます。SQL Server 2000年の複数のインスタンスをアップグレードする場合は、各インスタンスに SP1 を適用する必要があります。SQL Server 2000年の 1 つまたは複数のインスタンスがあるコンピューター上の 1 つのインスタンスをアップグレードするときに、すべてのツールが SP1 にアップグレードします。ツールの各インスタンスをコンピューターにコピーされません。

SQL Server 2000 SP1 の削除

サービス パックがインストールされている、メンテナンスのシステム テーブルが変更されます。これらの変更により SQL Server 2000 SP1 に簡単に削除できません。戻すにビルドに SP1 をインストールする前に実行されていたことは、削除し、SQL Server 2000年を再インストールする必要があります。SQL Server 2000年を削除する前に、データベースをデタッチします。SQL Server 2000年を再インストールした後に接続し直します。Sp_attach_db 」と「 sp_detach_dbを使用する方法の詳細については、「SQL Server Books Online を参照してください。

SQL Server 2000年を再インストールした後、次を行う必要があります。
  • 必要なログオンを再作成します。
  • Themsdb データベース内の情報に依存するスケジュールされたタスクを再作成します。
  • Model データベースで作成したすべての変更を繰り返します。
  • レプリケーションを使用する場合は、レプリケーションを再構成します。
SQL Server 2000 SP1 修正プログラムに関する追加情報 この service pack に含まれている修正プログラムに関する詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
290212 SQL Server 2000 Service Pack 1 (2 の 1) で修正されたバグの一覧
各修正プログラムをこの資料に記載されている修正プログラムで対処する問題を説明するサポート情報の記事にリンクしています。

QFE 修正プログラム

2001 年月 1 日の後に、QFE 修正プログラムを受信した場合は、修正プログラムは SQL Server 2000 SP1 には含まれません。QFE 修正プログラムと SQL Server 2000 SP1 には、プライマリ サポート プロバイダーに問い合わせてください。

SQL Server の現在のバージョンを識別します。

インストールされている SQL Server 2000年のバージョンを確認するのに次のように入力します。 選択 @@VERSION 場合に、コマンド プロンプトで osql または isql ユーティリティを使用します。SQL クエリ アナライザーを使用している場合します。 選択 @@VERSION クエリ ウィンドウ。@@VERSION [選択] コマンドで報告されるバージョン文字列と、SQL Server 2000年のバージョン番号の間の関係を次の表に示します。
元に戻す全体を表示する
@@VERSIONSQL Server 2000年のバージョン
8.00.194SQL Server 2000年のリリース版
8.00.384データベース コンポーネント SP1
どのエディションの SQL Server 2000 を実行しているがない場合は、 @@VERSION の SELECTコマンドによって返される出力の最後の行を表示します。
Desktop Engine on Windows NT 5.0 (Build 2195: Service Pack 1)
Enterprise Evaluation Edition on Windows NT 5.0 (Build 2195: Service Pack 1)
Developer Edition on Windows NT 5.0 (Build 2195: Service Pack 1)
Personal Edition on Windows NT 5.0 (Build 2195: Service Pack 1)
Standard Edition on Windows NT 5.0 (Build 2195: Service Pack 1)
Enterprise Edition on Windows NT 5.0 (Build 2195: Service Pack 1)

Analysis Services の現在のバージョンを識別します。

インストールされている Analysis Services のバージョンを識別するのに以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、[ %programfiles%をポイント ポイントSQL Server 2000年におよびAnalysis Services] をポイント [ AnalysisManager] をクリックします。
  2. 分析マネージャーのツリーで、 AnalysisServersを右クリックしをクリック分析サービスについて
いる Analysis Services のバージョンを次の表に示します。
元に戻す全体を表示する
についてのヘルプします。分析サービスのバージョン
8.0.194リリース バージョンの SQL Server 2000年の分析サービス
8.0.382分析サービス SP1

ダウンロードと SQL Server 2000 SP1 の展開

SQL Server 2000 SP1 は、次の 2 つの形式で配布されます。
  • CD に収録されて
  • 次の 3 つの自己解凍型ファイルにインターネットから bedownloaded することができます。
    • SQL2KSP1.exe: データベース コンポーネント SP1
    • SQL2KASP1.exe: 分析サービスの SP1
    • SQL2KDeskSP1.exe: デスクトップのエンジン SP1
自己解凍形式のファイルは、ディレクトリと、コンピューター上のファイルのセットを構築する使用されます。これらのディレクトリとファイルは、ディレクトリ、および SQL Server 2000 SP1 CD 上のファイルの集合と同じです。SQL Server 2000 SP1 をダウンロードする場合は、セットアップ プログラムを実行する前に、service pack のディレクトリを作成するには、ファイルを抽出する必要があります。

セットアップ プロセスでは、SQL Server 2000 SP1 CD と展開、SQL Server 2000 SP1 ファイルの両方を同じです。

メモ いくつかのサービス パックのファイルはシステム ファイルです。したがって、すべてのファイルを表示する] チェック ボックスをオンにしていない限りは表示できません。すべてのファイルを表示する] チェック ボックスを選択するには、次の手順で行います。
  1. Microsoft Windows エクスプ ローラーで [表示] メニューの [オプション] をクリックします。
  2. 表示] タブをクリックしてをすべてのファイルを表示する] チェック ボックスをオンをクリックします。
このセクションで以前記載されているファイルのいずれかをダウンロードするには、この service pack をインストールする、SQL Server 2000年のインスタンスを実行しているコンピューターで、自己解凍形式のファイルをフォルダーに保存します。フォルダーからファイルを実行します。自己展開型のプログラムを service pack のファイルを保存するフォルダーの名前を求めます。

ローカル ハード ディスク ドライブの空き容量は、約 3 回、自己解凍形式のファイルのサイズ必要があります。この領域にはファイル、抽出された service pack のファイルを格納する領域と、自己展開型のプログラムが必要な一時的な作業スペースを保存する領域が含まれます。

コンポーネントを展開した後、ファイルを抽出する先のフォルダーの名前を変更できます。ただし、フォルダー名に空白文字を含まないことを確認します。このセクションで以前記載されている各ファイルの同じターゲット フォルダーを使用できます。上書きまたは互いに干渉ことはできません。

SQL Server 2000 SP1 のインストール

SQL Server 2000 SP1 をインストールするにはインストールするコンポーネントに応じて、次のいずれか行います。
  • データベース コンポーネント SP1 と AnalysisServices SP1 を適用するには、この記事では、次の sectionslater に記載されている手順に従います。
    • 「SQL Server データベースをバックアップする」
    • 「Analysis Services データベースをバックアップする」
    • "システム データベースが十分な空き領域であることを確認する]
    • 「サービスと SQL Server 2000 SP1 のセットアップ プログラムを実行する前にアプリケーションを停止」
    • [データベース コンポーネント SP1 をインストールする]
    • 「分析サービス SP1 をインストールする」
    • 「サービスをの再起動]
    • 「アプリケーションをの再開]
  • によってコンピューターにデータベース コンポーネント SP1 だけを適用するには、サーバーとクライアント コンポーネントの両方手順この資料の後半には、次のセクションではそのについて実行します。
    • 「SQL Server データベースをバックアップする」
    • "システム データベースが十分な空き領域であることを確認する]
    • 「サービスと SQL Server 2000 SP1 のセットアップ プログラムを実行する前にアプリケーションを停止」
    • [データベース コンポーネント SP1 をインストールする]
    • 「分析サービス SP1 をインストールする」
    • 「サービスをの再起動]
    • 「アプリケーションをの再開]
  • によってコンピューターにデータベース コンポーネント SP1 だけを適用するには、データベース クライアント コンポーネントだけ手順ことについてをこの資料の後半には、次のセクションで実行します。
    • [データベース コンポーネント SP1 をインストールする]
    • 「サービスをの再起動]
    • 「アプリケーションをの再開]
  • 分析サービス SP1 だけを適用するには、次のこの資料の後半には、次のセクションで説明されている手順とします。
    • 「Analysis Services データベースをバックアップする」
    • 「サービスと SQL Server 2000 SP1 のセットアップ プログラムを実行する前にアプリケーションを停止」
    • 「分析サービス SP1 をインストールする」
    • 「サービスをの再起動]
    • 「アプリケーションをの再開]
    事前解析サービスのクライアント コンポーネントのみを実行しているコンピューターとは、runningboth、Analysis Services のクライアントおよびサーバー コンポーネント コンピューターで同じ手順を使用します。
  • その isrunning Desktop Engine のみコンピューターにデスクトップのエンジン SP1 だけを適用するには、次のセクションでこの資料の後半に記載されている手順に従います。
    • 「サービスと SQL Server 2000 SP1 のセットアップ プログラムを実行する前にアプリケーションを停止」
    • 「デスクトップのエンジン SP1 をインストールする」
  • 適用するサービス パックには、サーバー クラスターに、以下の「をインストールする SQL Server 2000 SP1 には servercluster」セクションこの資料後半に記載されている方法
メモ SQL Server セットアップをリモートで SQL Server 2000 SP1 をインストールするには使用できません。

SQL Server 2000 SP1 をインストールする前に、データベースとファイル グループが書き込み可能であると、SQL Server セットアップを実行するユーザー アカウントがデータベースへのアクセス許可を確認します。これを行わない場合、セットアップは失敗します。Sqlsp.log ファイルを SQL Server または分析サービスの Olapsp.log ファイルには、エラーの原因が記録されます。また、データベースが書き込み可能でない場合、サービス パックを適用するには、ログ配布を無効にする必要があります。

Systems Management Server を使用して、パッケージ定義ファイル (Smssql2ksp1.pdf ファイル) を使用して、Windows NT Server 4.0 を実行している複数のコンピューターに自動的に SQL Server 2000 SP1 をインストールすることもできます。パッケージ定義ファイルは自動的に Systems Management Server に SQL Server パッケージを作成します。SQL Server パッケージを配布し、Systems Management Server を実行しているコンピューターにインストールされています。Sms2kdef.bat ファイルは、コンピューターのオペレーティング システムを検出し、適切なバージョンのセットアップ プログラムを実行するバッチ ファイルです。

メモ フランス語の言語バージョンの Windows NT 4.0 で SQL Server 2000 SP1 をインストールする前に読むし、次の資料、マイクロソフト サポート技術情報」の指示に従ってください。
259484 CryptEncrypt と CryptDecrypt 関数は Windows 2000 のフランス語ロケールのサポートします。

SQL Server データベースをバックアップします。

サービス パックをインストールする前にバックアップ、マスター データベースと msdb データベース。サービス パックをインストールする、master データベースと msdb データベースが変更されます。変更のために SQL Server 2000 SP1 以前のバージョンと互換性がありません。SQL Server 2000 で SP1 を再インストールする場合は、これらのバックアップが必要です。

SQL Server 2000 SP1 を適用する他のデータベースには影響しません。

Analysis Services データベースをバックアップします。

サービス パックをインストールする前に Microsoft 分析 Services\Data フォルダーのバックアップ コピーを作成することによって、Analysis Services データベースをバックアップします。既定では、このフォルダーは、C:\Program Files フォルダーにインストールします。SQL Server に、Analysis Services のリポジトリを移行していない場合は Msmdrep.mdb ファイルのバックアップ コピーを作成します。このファイルは、Microsoft の分析 Services\bin フォルダーにあります。Analysis Services のレジストリ エントリを保存するには、レジストリ エディターを実行しを使用してレジストリ ファイルの書き出し[レジストリ] メニューのエクスポートします
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\OLAP Server
ファイルをバックアップするサブキー。

システム データベースは、十分な空き領域があるかどうかを確認します。

場合は、master データベースと msdb データベースには、自動拡張オプションが選択されていない、データベースが 500 キロバイト (KB) 以上の空き領域が必要です。この領域は、 sp_spaceusedを実行であることを確認するにはプロシージャは、master データベースまたは msdb データベースに格納されます。どちらかのデータベースで未割り当て領域が 500 KB 未満である場合は、データベースのサイズを増やします。詳細については、展開データベース」「SQL Server Books online を参照してください。

マスター データベースと SQL Server 2000年または SQL Server 2000 SP1 を適用する Desktop Engine のインスタンスで、msdb データベースの自動拡張オプションが選択されている場合は、この手順を省略できます。

SQL Server 2000年では、このオプションが選択されていることを確認して、SQL Server Enterprise Manager や、データベースのアイコンを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。ファイルの自動拡張] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

デスクトップのエンジンでこのオプションが選択されていることを確認するには、次の SQL ステートメントを実行します。
  • sp_helpdb マスター
  • sp_helpdb msdb
これらのステートメントの出力に成長列がないことを確認して 0。

サービスと SQL Server 2000 SP1 のセットアップ プログラムを実行する前にアプリケーションを停止します。

SQL Server 2000 SP1 を適用するには、サービスをシャット ダウンせず。サービスを停止しない場合、セットアップ プログラムがコンピューターを再起動します。

Service pack を適用する前に、コンピューターを再起動せずにセットアップ プログラムを実行するには、次のようなサービスとアプリケーション停止します。
  • Microsoft に分散トランザクション コーディネーター (MS DTC) と Microsoft Search、MSSQLServer、MSSQLServerOLAPService、および SQLServerAgentservices。

    メモ これらの各名前付きインスタンスのサービスを停止することもする必要があります。例えば、MSSQL$ NamedInstance。
  • Microsoft コンポーネント サービス、メッセージ キュー、および Microsoft COM トランザクション インテグレーターです。
  • すべてのアプリケーション、コントロール パネルなど。この手順が望ましい、必須ではありません。
クラスター化された環境でサービスを停止することはできません。詳細については、この資料の後半の「サーバー クラスターにインストールする」セクションを参照してください。

データベース コンポーネント SP1 をインストールします。

次の場所のいずれかから Setup.bat スクリプトを実行します。
  • Sql2ksp1.exe から抽出されたサービス、packfiles が含まれているディレクトリ
  • SQL Server の 2000 SP1CD に、service pack のディレクトリ
Setup.bat では、[設定] ダイアログ ボックスが表示されます。ダイアログ ボックスには、SQL Server 認証または Windows 認証を使用するかどうかなどの情報を求めます。SQL Server 認証を選択した場合、セットアップ プログラムを sa のログオン アカウントのパスワードを入力してください。Windows 認証を使用する場合する必要がありますログオンする windows セットアップ プログラムを実行するときに、Windows ログオン アカウントを使用しています。このログオン アカウントは、は、sysadmin 固定サーバー ロールを SQL Server 2000年からアップグレードする Desktop Engine のインスタンスの一部でなければなりません。

セットアップ プログラムは、次の。
  • SP1 のファイルと、既存の SQL Server 2000年または Enginefiles のデスクトップを置き換えます。
  • Systemstored プロシージャを更新するには、いくつかの Transact SQL スクリプト ファイルを実行します。
  • Sa ログオン アカウントを空白のパスワードで、インストールは混合モード認証を使用して検出、認証モードのダイアログ ボックスが表示されます。SQL Server またはデスクトップの Engine.You 管理の容易なアクセスを sa ログオン パスワード blankprovides を終了または usingWindows 認証、sa のパスワードを適用することで、システムを保護することができます。
認証モード] ダイアログ ボックスは、インストールの現在の設定を表示します。ダイアログ ボックスの既定の設定を次に示します。
  • Windows 98、および Windows MillenniumEdition を実行しているコンピューターで、[認証モード] ダイアログ ボックスは MixedMode 認証、sa の logonaccount のパスワードを指定することを要求するに設定されます。混合モード認証をこれらのオペレーティング システムを参照してくださいのみの認証モードが。パスワードを指定する場合は、セットアップ プログラムは、sa ログオンのパスワードを変更します。パスワードを空白のままにする場合は、セットアップ プログラムは接続し、パスワードを変更できません。
  • Windows NT 4.0 または Windows 2000 を実行しているコンピューターでは、セットアップ プログラムが Windows 認証に設定されます。Notblank は、sa ログオン パスワードで認証モードまたは混合モード ウィンドウを切り替えるには、ダイアログ ボックスを使用します。
認証モードまたは sa ログオン アカウントのパスワードを変更する前にこの変更が既存のアプリケーションは影響しませんを確認します。次の例では、混合モード認証から Windows 認証に変更する場合は、SQL Server 認証を使用して接続しようとする既存のアプリケーションは Windows 認証を使用する認証モードが変更されるまでを接続できません。また、sa ログオン パスワードを変更する場合は、アプリケーションまたは管理プロセスは、古いパスワードを使用するまで接続できません、新しいパスワードを使用して変更されています。

セットアップ プログラムは、実行されるコンピューターの Windows ディレクトリの Sqlsp.log ファイルに実行した操作の記録を配置します。

分析サービス SP1 をインストールします。

分析サービス SP1 をインストールするには、次の場所のいずれかから Setup.exe を実行します。
  • Msolap\Install サブディレクトリ SQL2KASP1.exe から抽出、分析サービスの SP1 を含むディレクトリ ファイル
  • SP1 CD の Msolap\Install ディレクトリです。
Setup.exe では、[設定] ダイアログ ボックスが表示されます。については、メッセージが表示されたらし、セットアップし、インストールを完了します。

デスクトップのエンジン SP1 をインストールします。

Desktop Engine の既存のインストールをアップグレードするには、次の場所のいずれかから Setup.exe を実行します。
  • Theextracted Sql2kdesksp1.exe からのサービス パックのファイルを含むディレクトリで、MSDE のサブディレクトリ
  • MSDE では、SQL Server 2000年の SP1CD サブディレクトリ
アップグレードする Desktop Engine のインスタンスごとに、適切な修正プログラム ファイルを適用する必要があります。修正プログラム ファイルは、この service pack を適用するのに使用される .msp ファイル名の拡張子を持つファイルです。Desktop Engine のインストールに使用したインストール パッケージを使用する場合は、 /pオプションを使用してコマンド プロンプトから、修正プログラムのファイルを指定します。インストール パッケージを使用したがわからない場合は、入力します。 SQLRUN 後、 /pオプションを指定します。SQLRUN キーワードを使って、次の条件に該当する場合、セットアップ プログラム、または修正プログラムのファイルを選択します。
  • すべての .msp ファイルは、namedSetup にあるフォルダーにあります。このフォルダーは、Setup.exe が存在するフォルダーの下に直接です。
  • 既定のインスタンスにないかどうかは、コマンド プロンプトで指定されたターゲット installationis の Desktop Engine のインスタンス名。
次の使用例と呼ばれる、名前付きインスタンスに修正プログラムのインストールとセットアップ プログラムを実行します。 記号:
Setup.exe /p SQLRUN INSTANCENAME=MyInstance
メモ インスタンス名を開始と終了の引用符を使わないでください。

インスタンス名、Setup.ini ファイル、または別の設定ファイルも指定できます。詳細については、「SQL Server 2000 Desktop Engine のセットアップ「SQL Server Books online を参照してください。

セットアップ、または修正プログラム ファイルが見つからない場合は、エラー メッセージが表示されます。

SQL Server 2000 SP1 を適用した後、デスクトップ エンジンの新しいインスタンスをインストールします。

この手順では、SQL Server 2000 SP1 を適用した後は、デスクトップ エンジンの新しいインスタンスをインストールします。
  1. \Program Files\Microsoft の SQLServer\80\Tools\Binn\Resources\1033 ディレクトリには、.rdl ファイル名拡張子に次のファイルのファイル名拡張子を変更します。
    • semnt.rll
    • sqlsvc.rll
  2. \Program Files\Microsoft SQLServer\80\Tools\Binn ディレクトリの .dld ファイル名拡張子に次のファイルのファイル名拡張子を変更します。
    • Semnt.dll
    • Sqlsvc.dll
    • Sqlresld.dll
  3. デスクトップのエンジン sp1 をインストールします。
  4. Semnt.rdl andSqlsvc.rdl、\Program Files\Microsoft SQLServer\80\Tools\Binn\Resources\1033 ディレクトリのファイルのファイル名拡張子を .rll に変更します。
  5. 、、Semnt.dld,Sqlsvc.dld のファイル名拡張子 .dll を \Program Files\Microsoft SQLServer\80\Tools\Binn ディレクトリにある Sqlresld.dld ファイルを変更します。
新しくインストールした Desktop Engine のインスタンスを SP1 となります。

サービスを再起動します。

セットアップ プログラムが完了したら、システムの再起動をプロンプト表示可能性があります。システムの再起動後、または再起動を要求しなくても、セットアップ プログラムが完了した後は、サービス アプリケーションには、コントロール パネルの MS DTC と Microsoft Search、MSSQLServer、MSSQLServerOLAPService、および SQLServerAgent サービスが実行されていることを確認する使用します。アップグレードされたマスター データベースと msdb データベースのバックアップし、ログ配布を再度有効にします。

アプリケーションを再起動します。

アプリケーションを再起動するには SQL Server 2000 SP1 のセットアップを実行する前に終了しました。

サーバー クラスター上の SQL Server 2000 SP1 のインストールします。

サーバー クラスター上の SQL Server 2000 SP1 をインストール: する
  • 仮想サーバーをアップグレードしようとしていますを含む、包含を所有しているノードから SQL Server 2000 SP1 を実行します。このサービスは、すべてのクラスター ノード上のファイルをパックします。
  • [セットアップ] ダイアログ ボックスで、アップグレードする仮想サーバーの名前を入力します。
  • セットアップ中に、クラスターをオンラインのすべてのノードを保持します。Thisguarantees のアップグレードは、クラスターの各ノードに適用されていること。
セットアップは、クラスターを再起動するとします。

レプリケートされたサーバー上の SQL Server 2000 SP1 をインストールします。

この service pack の適用、レプリケーション トポロジ内のすべての SQL Server 2000年参加者にこれらの参加者は、パブリッシャー、ディストリビューター、およびサブスクライバー。次の順序で、レプリケートされたサーバー間での SQL Server 2000 SP1 を展開します。
  • ディストリビューターは、パブリッシャーから独立した場合
  • 発行元
  • サブスクライバー
メモ ほとんどの場合、ディストリビューターとパブリッシャーは同じサーバーに。これは、マージ レプリケーションで特に顕著です。ディストリビューターとパブリッシャーは同時にアップグレードされます。

マージ レプリケーションで、ディストリビューション データベースは、エージェントのヒストリを格納する場合にのみ使用されます。通常、ディストリビューション データベースは、パブリッシュされたデータベース上に存在する同じコンピューターに存在します。ただしもあります、リモート ディストリビューション データベースをマージ レプリケーション用エージェントの履歴ログを集中管理するサイトであります。

すぐに、レプリケーション トポロジ内のすべてのサーバーをアップグレードすることはできません可能性があります。ただし、レプリケーション操作は、SQL Server 2000年のインスタンスを実行しているサーバーと、このサービス パックの間に一般に影響を受けるです。例外については、「A 新しい・ MaxCmdsInTran パラメーター、ログ リーダー エージェントの「この資料で後述します。

SQL Server 2000 SP1 のアンインストール

SQL Server または分析サービスの SP1 バージョンに戻すには、する必要があります、次の操作を行います。
  • SQL Server 2000 SP1 を削除します。
  • SQL Server 2000年をインストールします。
  • Master データベース、msdb データベース、および anyuser データベースを復元します。
この手順では、SQL Server または分析サービスの SP1 以前のバージョンに戻すには。
  1. すべてのユーザー データベースをバックアップします。
  2. コントロール パネルで、ダブルクリック追加/RemoveProgramsを削除する SQL Server のインスタンスをクリックし、[削除] をクリックします。
  3. CD または場所、ローカルファイルシステムからインストール SQL Server 2000年から SQL Server をインストールしました。
  4. SQL Server 2000 SP1 を適用する前に作成された最後のバックアップから master データベースと msdb データベースを復元します。
  5. ユーザー データベースを復元します。

無人インストール

無人モードであるコンピューターで実行されている SQL Server 2000年のインスタンスにデータベース コンポーネント SP1 を適用できます。データベース コンポーネント SP1 CD には .iss ファイル SP1 の無人セットアップを実行するのに使用できるが含まれています。これらのファイルは、cd のルート ディレクトリにあります。ファイルのインストールでは、さまざまな種類を次のように実行することができます。
  • TheWindows NT 4.0 オペレーティング システムまたは Windows 2000 を実行している SQL Server 2000年のデフォルトのインスタンスにデータベース コンポーネント SP1 を適用するのにには、Sql2kdef.iss を使用します。対応する isSql2kdef.bat を使用するバッチ ファイルです。
  • Namedinstance は Windows 2000 または windows Nt 4.0 オペレーティング システムで実行されている SQL Server 2000年のデータベース コンポーネント SP1 を適用するのにには、Sql2knm.iss を使用します。.Iss ファイルの識別、アップグレードするインスタンスのインスタンス名を変更する必要があります。
  • Atools 専用のインストールにデータベース コンポーネント SP1 を適用するのにには、Sql2ktls.iss を使用します。このファイルは anymodifications せずにインストールするために使用できます。
  • Windows Me、または Windows の 98operating システムを実行しているコンピューターにデータベース コンポーネント SP1 を適用するのにには、Sql2k9x.iss を使用します。インスタンスを変更する必要があります、instancethat を識別する名前をアップグレードしています。
  • Windows の 95operating システムを実行しているコンピューター上では、クライアント コンポーネントのインストールにデータベース コンポーネント SP1 を適用するのにには、Sql2kcli.iss を使用します。

データベース コンポーネント SP1 クライアント コンポーネントの再配布

この service pack には、Sqlredis.exe をおよび Redist.txt のバージョンという自己解凍形式のファイルが含まれます。これらのファイルはデータベース コンポーネント SP1 では。既定では、Sqlredis.exe を実行するときに、次の操作をが。
  • Microsoft データ アクセス Components(MDAC) 2.61 から、Mdac_typ.exe を実行します。これは、MDAC の 2.61 のコア コンポーネントをインストールします。また、theversions し、SQL Server Desktop Engine クライアント接続コンポーネントとこの service pack に含まれているをインストールします。
  • Microsoft Jet ODBC ドライバーと connectivitycomponents をインストールします。
Sqlredis.exe ファイルは、この service pack に含まれている Redist.txt ファイルに記載されている条件と同じ条件の下で再配布することができます。

ドキュメントに関する注意

このセクションでは、この service pack を実行するときに発生する可能性のある問題について説明します。これらの問題は、実行中の SQL Server 2000年にアップグレードするには、サービス パックを適用します。この service pack が含まれる修正プログラムからは発生しません。

データベース コンポーネント SP1 では、中国語、日本語、または韓国語の文字を使用します。

Windows NT 4.0 または Windows 98 オペレーティング システムを実行しているサーバーにデータベース コンポーネント SP1 をインストールする Windows 2000 にアップグレードする場合は、Windows 2000 のアップグレードはいくつかのシステム ファイルを置き換えます。これらのシステム ファイルは、中国語、日本語、または韓国語文字の並べ替えのために必要です。体字中国語、日本語、または韓国語の文字では、SQL Server データベースを使用する場合、バージョンの Windows 2000 へのアップグレードが完了したら、SQL Server 2000 SP1 に付属する Sqlredis.exe を再実行します。Sqlredis.exe の実行に関する詳細についてを参照してください、 「データベース コンポーネント SP1 クライアント コンポーネントの再配布」 セクション。

メモ クライアント コンピューター上または体字中国語、日本語、または韓国語の文字が含まれているデータベースがないサーバー Sqlredis.exe を再実行する必要はありません。

メタ データ ブラウザー Unicode 内のメタデータをエクスポートします。

警告レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。

ここでメタ データ ブラウザー Unicode 内の XML ベースのメタデータをエクスポートします。ブラウザーは、SQL Server 2000 SP1 の前に ANSI コードをエクスポートしました。ただし、ansi 文字コードでは、英語以外の文字はサポートされません。この機能の変更は、ユーザーに対して透過的です。この SQL Server 2000 SP1 のリリースにエクスポートされたデータは常に Unicode として表されます。

まだ ANSI コードの 0 に次のレジストリ サブキーの値を設定することによってエクスポートできます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Repository\Engine\XMLExport
このレジストリ サブキーに設定できる値を次に示します。
  • NOOBJID = 1
  • 無かった = 2
  • インデント = 4
  • UNICODE = 8
  • LOGUNMAPPEDTAGS = 16
  • EXPORTBASE = 32
各フラグの詳細については、SQL Server Books online の「IExport::Export 方法」を参照してください。

リモート パーティション

SQL Server 2000 SP1 がインストールされているローカル サーバー上のリモート パーティションを作成するときにリモート サーバーをローカル サーバー上、親キューブの完全なアクセス許可を持つドメイン ユーザー アカウントを使用する必要があります。ローカル サーバー上の OLAP Administrators グループのメンバーであるすべてのユーザー アカウントがフル アクセスのアクセス許可。

さらに、ローカル サーバーが SQL Server 2000 SP1 をインストールして、リモート サーバーも必要 SQL Server 2000 SP1 をインストールして作成またはリモート パーティションを管理します。

ハッシュ チームの削除

この service pack は、ハッシュ チームが削除されました。特定の拡張機能を SQL Server 2000年には、ためハッシュ チームなった SQL Server 7.0 で提供されるパフォーマンスの利点を生成します。また、ハッシュ チームを削除して、SQL Server 2000年より安定しました。したがって、クエリ オプティマイザーはされなくクエリ プランをハッシュ チームを使用して生成します。

場合によっては、ハッシュ チームを削除して、クエリは処理速度が低下する可能性があります。このようなクエリは、前のレベルに戻り値のクエリのパフォーマンスの適切なインデックスを作成するかどうかを分析します。

アフィニティ マスク スイッチの追加

このサービス パックには 2 つのアフィニティ マスク スイッチが追加されました。

Affinity mask I/O スイッチ

このサービス パックは、ディスクの I/O 操作のスレッドの実行に使用される Cpu を指定できます。このスイッチを使用すると、アフィニティ マスクオプションを使用する必要があります。 詳細については、以下の資料番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
298402 SQL Server の I/O アフィニティ オプションを設定する方法を理解します。
アフィニティ マスク接続スイッチ

このサービス ・ パックとの仮想インターフェイス アーキテクチャ (VIA) の SQL Server 接続を特定のネットワーク カード、プロセッサまたはプロセッサのセットにバインドが有効になっているシステムを構成できます。このスイッチは、アフィニティ マスクオプションを使用する必要があります。 詳細については、以下の資料番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
299641 SQL Server 接続のアフィニティ マスクを設定する方法を理解します。

分析サービスの強化

SQL Server 2000 SP1 には、次の Analysis Services の拡張機能があります。
  • Analysis Services の更新、再頒布可能 clientsetup
  • サード パーティ製のデータ マイニング algorithmproviders のサポートが有効にします。
  • 分析サービスがコンピューターにインストールすることができますクライアントのファイルを haveupdated こと

分析サービス クライアントの再頒布可能なセットアップの更新プログラム


分析サービス SP1 には、次のクライアント再頒布可能なセットアップ プログラムの更新版が含まれます。
  • PTSLite.exe
  • PTSFull.exe
回避または Analysis Services と Microsoft Office XP を使用する場合に発生するクライアントのセットアップの問題を解決する、アプリケーションでこれらの更新のクライアント設定を使用します。

サード パーティ製のデータ マイニング アルゴリズム プロバイダーのサポートが有効にします。


分析サービス SP1 サード ・ パーティ製のデータ マイニング アルゴリズムのプロバイダーを追加することになりました。データ マイニング アルゴリズム プロバイダーの開発方法の詳細については、OLE DB データ マイニングのリソース キットを参照してください。キットには、サンプルのデータ マイニング アルゴリズムのプロバイダーのコードが含まれます。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.Microsoft.com/data
ファイルの更新されたクライアント コンピューターで分析サービスのインストール


など、SQL Server 2000 SP1 または Office XP の更新されたクライアントのファイルが含まれているコンピューターに SQL Server 2000年の分析サービスをインストールする場合、クライアントが正常に動作して、キューブを参照できることを確認する分析サービスの SP1 を適用してください。

レプリケーションの拡張機能

SQL Server 2000 SP1 には、次のレプリケーションの拡張機能が含まれます。
  • 更新するカスタム ストアド プロシージャでトランザクション レプリケーション
  • Uniquecolumns 上のトランザクション レプリケーションの更新
  • 同時実行スナップショット処理から削除の制限
  • トランザクション レプリケーションのスクリプト作成 customprocedures
  • マージ レプリケーション保有ベース メタデータのクリーンアップ
  • SQL Server の異なるバージョンでのレプリケートされたデータベースの復元
  • 新しいログ リーダー エージェントは、 ・ MaxCmdsInTranパラメーター

カスタム ストアド プロシージャでのトランザクション レプリケーションの更新


トランザクション レプリケーションのセットアップ時に、挿入、削除、および更新操作のカスタム ストアド プロシージャは、サブスクリプション データベースに作成されます。列の数は、 UPDATEステートメントの影響を受けたとは無関係に、更新はプロシージャ更新のすべての列をサブスクリプション テーブルに格納されます。この更新プログラムが自体には変更されていない任意の列を設定します。通常、この動作が問題ありません。ただし、これらの列のいずれかのインデックスは、列をリセットするとなります高価。

次の条件に該当する場合は変更がサブスクライバーで適用されるときに、インデックスのメンテナンスのオーバーヘッドを制限要因になる可能性があります。
  • トランザクション レプリケーションを使用しています。
  • 複数のインデックスが、subscriptiontable にあります。
  • いくつかの列の値のみを変更する ofupdates。
たとえばを報告するために使用される、サブスクリプション データベースはパブリケーション データベース以外多くのインデックスがあります。実行時に、 UPDATEステートメントを動的に構築するとパフォーマンスが向上します。更新プログラムには変更された列だけが含まれます。そのため、最適な更新文字列を作成します。

この service pack には、新しいストアド プロシージャsp_scriptdynamicupdprocが含まれています。このストアド プロシージャは、実行時に、update ステートメントを動的に構築するサブスクライバーで使用するカスタム ストアド プロシージャを生成します。ただし、ビルドする、動的UPDATEステートメントの実行時に追加の処理が発生します。
sp_scriptdynamicupdproc

動的更新を行うストアド プロシージャを作成するプロシージャの作成ステートメントを生成します。カスタム ストアド プロシージャ内のUPDATEステートメントは、変更する列を示す MCALL 構文に基づいて、動的に作成されます。サブスクライブしているテーブル上のインデックスの数が増加していると、変更される列の数が少ない場合は、このストアド プロシージャを使用します。パブリッシャー、パブリケーション データベースでこのストアド プロシージャが実行されます。

構文

sp_scriptdynamicupdproc [ @artid =] artid

引数

[@artid =]artidアーティクルの ID です。artidintを既定値なしです。

結果セット

結果セットを返しますは、1 つのス列ので構成をされます。結果、カスタム ストアド プロシージャの作成に使用するプロシージャを作成する声明の完全なフォームを設定します。

「解説」

Sp_scriptdynamicupdprocストアド プロシージャは、トランザクション レプリケーションで使用されます。デフォルトの MCALL スクリプティング ロジックには、 UPDATEステートメント内のすべての列が含まれています。ロジックは、ビットマップの列が変更されたことを確認するのに使用します。列は変更されませんが、列は自体に再設定します。通常、この処理によって問題はありません。列にインデックスが作成されて、追加の処理が発生します。動的なアプローチには変更された列だけが含まれます。変更された列だけを含む、最適な更新文字列を提供します。ただし、動的UPDATEステートメントを構築するときに、実行時に追加の処理が発生します。動的および静的アプローチをテストして、最適なソリューションを選択することをお勧めします。

アクセス許可

パブリックロールのメンバーは、 sp_scriptdynamicupdprocストアド プロシージャを実行できます。



次の使用例は、pubs データベースの authors テーブルに ( artid1に設定) で記事を作成します。例は、 UPDATEステートメントが、カスタムの手順を実行することを指定します。
'MCALL sp_mupd_authors'
パブリッシャーで次のストアド プロシージャを実行して、サブスクライバーのディストリビューション エージェントが実行するカスタム ストアド プロシージャを生成します。
EXEC sp_scriptdynamicupdproc @artid = '1'
The statement returns:

create procedure [sp_mupd_authors] 
  @c1 varchar(11),@c2 varchar(40),@c3 varchar(20),@c4 char(12),@c5 varchar(40),@c6 varchar(20),
  @c7 char(2),@c8 char(5),@c9 bit,@pkc1 varchar(11),@bitmap binary(2)
as

declare @stmt nvarchar(4000), @spacer nvarchar(1)
select @spacer =N''
select @stmt = N'update [authors] set '

if substring(@bitmap,1,1) & 2 = 2
begin
  select @stmt = @stmt + @spacer + N'[au_lname]' + N'=@2'
  select @spacer = N','
end
if substring(@bitmap,1,1) & 4 = 4
begin
  select @stmt = @stmt + @spacer + N'[au_fname]' + N'=@3'
  select @spacer = N','
end
if substring(@bitmap,1,1) & 8 = 8
begin
  select @stmt = @stmt + @spacer + N'[phone]' + N'=@4'
  select @spacer = N','
end
if substring(@bitmap,1,1) & 16 = 16
begin
  select @stmt = @stmt + @spacer + N'[address]' + N'=@5'
  select @spacer = N','
end
if substring(@bitmap,1,1) & 32 = 32
begin
  select @stmt = @stmt + @spacer + N'[city]' + N'=@6'
  select @spacer = N','
end
if substring(@bitmap,1,1) & 64 = 64
begin
  select @stmt = @stmt + @spacer + N'[state]' + N'=@7'
  select @spacer = N','
end
if substring(@bitmap,1,1) & 128 = 128
begin
  select @stmt = @stmt + @spacer + N'[zip]' + N'=@8'
  select @spacer = N','
end
if substring(@bitmap,2,1) & 1 = 1
begin
  select @stmt = @stmt + @spacer + N'[contract]' + N'=@9'
  select @spacer = N','
end
select @stmt = @stmt + N' where [au_id] = @1'
exec sp_executesql @stmt, N' @1 varchar(11),@2 varchar(40),@3 varchar(20),@4 char(12),@5 varchar(40),
                             @6 varchar(20),@7 char(2),@8 char(5),@9 bit',@pkc1,@c2,@c3,@c4,@c5,@c6,@c7,@c8,@c9

if @@rowcount = 0
   if @@microsoftversion>0x07320000
      exec sp_MSreplraiserror 20598

このストアド プロシージャを実行した後、サブスクライバーでストアド プロシージャを手動で作成するのにスクリプトを使用できます。
一意の列に対する UPDATE ステートメントのトランザクション レプリケーション


トランザクション レプリケーションでは、 UPDATEステートメント一般にはレプリケートとして更新されます。更新プログラムの任意の列を変更する場合は、一意のインデックス、クラスター化インデックスの一部である、または更新を行うサブスクライバーのINSERTステートメントの後に、削除のステートメントとして、unique 制約として使用されている式の。これは、この種類の更新プログラムが複数の行に影響を与える更新が 1 行ずつに配信された場合は、一意性違反が発生するためです。

ただし、更新プログラムは 1 つだけの行に影響、一意性違反は発生しません。したがって、トレース フラグ 8207 がUPDATEステートメントとしてレプリケートする 1 つだけの行に影響を与える固有の任意の列の更新を有効にするにはこの service pack に追加されました。この最適化は更新トリガーをサブスクライバーでユーザー定義をインストールして、これらのトリガーを起動を必要とする一意の列を 1 つだけの行に影響する更新プログラムは、アプリケーション用に特別に追加されました。

トレース フラグ 8207 を使用する場合にオンに、コマンド プロンプトで入力して sqlservr.exe-T8207、かをオンにして実行時に、ログ リーダー エージェントを開始する前に、DBCC TRACEON(8207,-1) を使用しています。

重要通常は、トレース フラグ 8207 は読み取り専用のトランザクション レプリケーションで使用されます。このトレース フラグ、主キーの更新がサブスクライバーで発生する場合は、更新可能なサブスクリプションを使わないでください。

同時実行スナップショット処理から削除の制限


SQL Server 2000年では、同時実行スナップショット処理は、パブリッシュ テーブルは一意なインデックスが存在する場合ですが、主キーまたはクラスター化キーを推奨されました。同時実行スナップショットが生成されている間、クラスター化キーをデータの変更が行われた、レプリケーションが同時実行スナップショットがサブスクライバーに適用されたときに、重複キーのエラーで失敗します。この service pack では同時実行スナップショット処理を使用するのには制限はありません。

トランザクションのレプリケーション カスタム プロシージャのスクリプト


発生しない nosync サブスクリプションをセットアップするときに、カスタム プロシージャの挿入更新、および削除のステートメントを手動で作成する必要があります。Nosync サブスクリプションは、サブスクリプションの初期スナップショットは表示されません。通常、初期スナップショットが配信されると、サブスクライバー側でこれらのステートメントが作成されます。文書レベルでのカスタム ストアド プロシージャのスクリプトを生成する、新しいストアド プロシージャをsp_scriptpublicationcustomprocsが追加されました。この新しい機能は簡単 nosync サブスクリプションを設定します。

sp_scriptpublicationcustomprocs

テーブルがパブリケーション内のアーティクルのすべての挿入、更新、および削除のカスタム プロシージャのスクリプトの自動生成カスタム プロシージャ スキーマ オプションが有効になっています。Sp_scriptpublicationcustomprocsストアド プロシージャは、スナップショットを手動で適用されているサブスクリプションを設定する場合に特に便利です。

構文

sp_scriptpublicationcustomprocs[@publication] = publication_name

引数

[@publication] = publication_name
パブリケーションの名前です。publication_nameは、デフォルトがない一意です。

Return Code Values


0 (成功) または 1 (失敗)

結果セット

結果セットを返しますは、1 つのス列ので構成をされます。その結果、カスタム ストアド プロシージャを作成するために必要な完全なCREATE PROCEDUREステートメント フォームを設定します。

「解説」

しなくてもアーティクルに対してカスタム プロシージャ スクリプトされない、自動生成カスタム プロシージャ (0x2) スキーマ オプション。

アクセス許可

実行へのアクセス許可が付与されます。Sysadmin 固定サーバー ロールおよび db_owner 固定データベース ロールを現在のデータベース内のメンバーへのアクセスを制限するのにはこのストアド プロシージャの内部には手続き型セキュリティ チェックが実行されます。



次の使用例は、Northwind という名前の文書にカスタム ストアド プロシージャのスクリプトを生成します。
exec Northwind.dbo.sp_scriptpublicationcustomprocs 
@publication = N'Northwind'

マージ レプリケーション保有ベース メタデータのクリーンアップ

場合によっては、マージ レプリケーションの処理中にシステム テーブル内に作成されたメタデータのクリーンアップとマージ レプリケーションのパフォーマンスが向上します。レプリケーション トポロジが、SQL Server 2000年のシステム テーブル内のメタデータをクリーンアップして、データを停止する必要があります。

ただし、SQL Server 2000 SP1 には保有ベース メタデータのクリーンアップが含まれます。したがって、次のシステム テーブルからメタデータを簡単に削除できます。
  • MSmerge_contents
  • MSmerge_tombstone
  • MSmerge_genhistory
保有期間に基づきメタデータがクリーンアップからメタデータを削除@keep_partition_changes同期の最適化オプションをパブリケーションに対して有効にすると、イメージ テーブルの前に。

保有期間に基づきメタデータがクリーンアップは次のように発生します。
  • ?MetadataRetentionCleanupマージ エージェントのパラメーターが 1 に設定、いる場合、マージ エージェントは theSubscriber と、結合に関係するパブリッシャーをクリーンアップします。既定では、 ?MetadataRetentionCleanupマージ エージェント パラメーターは 1 に設定されます。
メモ MetadataRetentionCleanup 1 パラメーターは、この service pack に含まれているすべてのマージ エージェントのプロファイルの一部です。
  • MetadataRetentionCleanupパラメーターは、0 に設定されて、いる場合は、自動クリーンアップは発生しません。この場合、ストアド プロシージャをsp_mergemetadataretentioncleanupを実行して手動で開始するの保有期間に基づきメタデータ クリーンアップします。このプロシージャは、ストアドの procedurethat がこの service pack に含まれる新しいシステムです。サブスクライバーとパブリッシャーは、このストアド プロシージャのここを実行してください。
パブリケーションの既定保有期間は 14 日です。記事が複数の文書の一部を場合は、それぞれ異なる保存期間があります。その場合、最長の保存期間は、最も早い時間をクリーンアップが発生することができますを決定する使用されます。

False の競合を防止します。

保有期間に基づきメタデータがクリーンアップ収束とサイレントを他のノードで変更が上書きされます。ただし、false の競合は、次に該当する場合に発生します。
  • 1 つのノードにあると、トポロジ内の anothernode ではなく、メタデータをクリーンアップします。
  • Rowwhose でクリーンアップ ノードで、以降の更新が発生したメタデータが削除されました。
たとえば、メタデータをクリーンアップしているパブリッシャーは、サブスクライバーではなく、更新がパブリッシャーで行われた、競合が発生場合でも、同期するデータが表示されます。このような競合を回避するのに関連するノードがほぼ同時にメタデータがクリーンアップされるになっていることを確認します。場合は、 MetadataRetentionCleanup 1 のパラメーターを使用すると、パブリッシャーとサブスクライバーの両方がクリーンアップ自動的に差し込み印刷を開始する前に。このプロセスにより、ノードが同時にクリーンアップされます。この競合を解決するには、マージ レプリケーションの競合の競合回避モジュールを使用します。マージ レプリケーションの競合を処理することと同様に、このような競合を処理します。

記事が複数のパブリケーションに属している場合、またはアーティクルがシナリオの再発行の場合、パブリッシャーとサブスクライバーでは、特定の行には、保存期間が異なる場合があります。片側が反対側ではなく、メタデータをクリーンアップする機会を削減するには、のような保存期間のこれらの異なる文書であることをお勧め。

メモ 多数のシステム テーブル内のメタデータをクリーンアップする必要があります、する場合、マージ プロセスを実行するには、かかることがあります。この問題を回避するには、定期的に、メタデータをクリーンアップします。

マージ レプリケーションのバックアップと復元の問題


パブリケーション データベースがバックアップから復元を最初収束の正しい動作を保証するためには、グローバル サブスクリプションがサブスクリプション データベースと同期する必要があります。グローバル サブスクリプションに割り当てられている優先度の値を持ちます。同期は、復元操作のため、パブリケーション データベースで失われた変更内容が正確に再適用することを保証します。

匿名サブスクリプションを持つサブスクリプション データベースとパブリケーション データベースは同期されません。匿名サブスクリプションをパブリケーション データベースに変更を適用するための十分なメタデータがあるありません。匿名サブスクリプションを持つデータベースとの同期、データの非収束するおそれがあります。

バックアップを計画すると、マージ レプリケーション処理の復元は、以下の問題を検討してください。
  • その保有期間のないバックアップからサブスクリプション データベースを復元します。
バックアップがサブスクライバーがサブスクライブするすべてのパブリケーションの最短の保有期間よりも古い場合にのみ、サブスクリプション データベースをバックアップから復元します。たとえば、サブスクライバーがそれぞれ、10、20、および 30 日の保存期間を 3 つのパブリケーションにサブスクライブする場合、バックアップ データベースを復元するために使用しないで 10 日以上経過。
  • バックアップを生成する前に同期します。
バックアップを実行する前に、パブリッシャーとサブスクライバーを同期することを強くお勧めします。それ以外の場合は、システム可能性があります、サブスクライバーがバックアップから復元する場合は正しく収束されません。バックアップ ファイル自体は非常に新しい可能性があります、保存期間と同じくらいの歴史、パブリッシャーで最後の同期ことがあります。たとえば、文書が保存期間を 10 日であります。前回の同期が 8 日の前のバックアップを実行すると。バックアップが 4 日後に適用される場合は、前回の同期は 12 日前が発生しました。保有期間の同期を行いました。バックアップにサブスクライバーが同期されている場合、サブスクリプション データベースは、保有期間内。
  • Publicationretention の値を変更する場合は、サブスクライバーを再初期化します。
文書の保存期間の値を変更する必要がある場合は、データの非収束を回避するのには、サブスクライバーを再初期化手動で。保有ベース メタデータのクリーンアップ機能は、パブリケーションの保有期間に達するとマージ システム テーブルから古いメタデータを削除します。

保有期間内に同期されていないサブスクリプションの有効期限が切れるを確認するのには、文書の保存期間の値が使用されます。次の条件に該当する場合、サブスクリプションは増加保有値切れません。
  • パブリケーションの保有期間は、acleanup の後に増加します。
  • サブスクリプションがパブリッシャーとマージしようとして、thePublisher が、既にメタデータを削除します。
さらに、パブリッシャーには、サブスクライバーに変更をダウンロードするための十分なメタデータがありません。このような状況は収束につながります。
  • AllPublishers とその代替同期パートナーに同じパブリケーション保有値を使用します。長さを使用して、非収束する可能性があります。

SQL Server の別のバージョンからレプリケートされたデータベースを復元します。


同じサーバーおよびデータベースにバックアップを復元するには、レプリケーションの設定が保持されます。レプリケートされたデータベースは、データベースのバックアップに使用したバージョンとは異なる SQL Server のバージョンを復元する場合は、次の問題を検討してください。
  • SQL Server 2000年の SP1from が、SQL Server 2000年で作成されたバックアップ データベースを復元する preservereplication を設定する場合は、アップグレードストアド プロシージャを実行する必要があります。アップグレードを実行するストアド プロシージャが保証、レプリケーション メタデータの isupgraded。アップグレードを実行しない場合は、レプリケーション メタデータ、unpredictablestate に残る可能性があります。
  • SQL Server 2000年へデータベースを復元する場合は、バージョン、Service Pack 1、Service Pack 2 または Service Pack 3 のリリース SQL Server 7.0 で作成された abackup からと replicationsettings を保持する、サービス パックをインストールする前に再度バックアップを作成する必要があります。できます復元、バックアップからデータベースを SQL Server 2000 SP1 のレプリケートされたデータベースを直接 SQL Server 7.0 で作成されました。ただし、replicationsettings は保持されません。
ログ リーダー エージェントの新しい、・ MaxCmdsInTran パラメーター

SQL Server 2000 SP1 では、ログ リーダー エージェントのコマンド プロンプト パラメーターは、 ・ MaxCmdsInTranという新しいが追加されました。このパラメーターは、ログ リーダー エージェントとディストリビューション エージェントの並列処理が向上します。したがって、パラメーターは、レプリケーションの全体的なスループットが向上します。ただし、これらのチャンクは個別のトランザクションとしてサブスクライバーにコミットされます。したがって、原子性の ACID プロパティが失われます。この結果は問題ありませんほとんどの時間です。ただし、問題がないことを確認するには、結果をテストすることをお勧めします。

一括更新などのコマンドの多くに影響を与える、またはトランザクションを削除するトランザクションの場合は、ディストリビューション エージェントはサブスクライバーにトランザクションを伝達できます前に、ディストリビューション データベースにトランザクション全体を記述するには、ログ リーダー エージェントを待つ必要があります。この遅延は、ディストリビューション エージェントをブロックします。また、2 つのエージェントの間での並列処理も少なくなります。

・ MaxCmdsInTranパラメーターを使用して、ログ リーダー エージェントはより小さいチャンクに大きなトランザクションを分割します。各チャンクと同じまたは、 ・ MaxCmdsInTran入力よりも少ないコマンドを格納します。そのため、ディストリビューション エージェント、ログ リーダー エージェントは、同じトランザクションの後のチャンク中にトランザクションの以前のチャンクを処理できます。

?MaxCmdsInTran パラメーターを定義します。

・ MaxCmdsInTranパラメーターの値を正の整数 (1 以上) を指定します。値 0 は、パラメーターをまったく使用しないのと同じです。このパラメーターは、トランザクションが非常に大きい場合にのみパフォーマンスが向上ので、5000 以上のこのパラメーターの値は標準です。例を示します。
logread.exe -MaxCmdsInTran 10000.
このパラメーターを使用するには、パブリッシャーの SQL Server 2000年の Service Pack 1 を実行している必要があります。この service pack には、ログ リーダー エージェントとディストリビューション データベースをアップグレードする必要があります。それ以外の場合は、 ・ MaxCmdsInTranパラメーターは無視されます。

英語のクエリの機能強化

English Query アプリケーションのセキュリティの強化をリリースしました。この拡張機能は、SQL Server 2000 SP1 の一部としてはインストールされません。ただし、英語のクエリを使用する場合は、それを適用することをお勧めします。 英語のクエリ拡張機能に関する詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
297105 修正: 潜在的な英語のクエリのセキュリティ問題

プロパティ

文書番号: 889553 - 最終更新日: 2013年9月21日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbdatabase kbservicepack kbhowto kbinfo kbmt KB889553 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:889553
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com