Office Access および Jet データベース エンジンのネットワーク パフォーマンスが Windows 2000 ベースおよび Windows XP ベースのクライアントを最適化する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 889588 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

プログラムは、Microsoft Jet データベース エンジン ベースのプログラム Microsoft Office アクセスなど、Microsoft Windows 2000 ベースまたは Microsoft Windows XP ベースのコンピューターで実行すると、遅いと予想よりも鈍い表示されます。Windows 2000 ベースおよび Windows XP ベースのコンピューターのネットワーク パフォーマンスを最適化する方法についての情報を掲載しています。これを行う Office Access および Jet データベース エンジン アプリケーション応答性の高いことができます。

はじめに

Windows NT 4.0 を Microsoft ベースのオペレーティング システムから Windows 2000 ベースのオペレーティング システムまたは Windows XP Professional ベースのオペレーティング システムにコンピューターをアップグレードした後、Office へのアクセスまたは Jet データベース エンジン ベースのアプリケーションのパフォーマンスが低下する可能性があります。たとえば、次の現象を発生するがあります。
  • .Mdb ファイルが予想よりも開くかかります。
  • Access クエリ予想よりもを実行するのに長い時間がかかります。
  • Access でリンク テーブルに基づくフォームを開いて、予想以上にかかります。
  • 挿入などの操作へのアクセスは、予想よりも長い時間がかかります。
  • ネットワーク リソースにアクセスするプロセスに、予想以上に時間がかかります。

詳細

Access および Jet データベース エンジン ベースのプログラム、ネットワークのパフォーマンスは、次の条件によって異なります。
  • Access バックエンド データベースが格納されているファイル サーバーのファイル システムの設定。
  • クライアントのキャッシュおよび最適化メソッド。
  • Access または Jet データベース エンジン ベースのプログラムのルーチンとメソッドを指定します。

ファイル サーバーの最適化

次のメソッドにアクセスまたは Jet データベース エンジンに基づくデータベースを格納するファイル サーバーのパフォーマンスを最適化する方法について説明します。

8.3 ファイル名前付け規則を使用します。

データベースのファイル名の 8 文字または 8 文字より長いフォルダー名に、データベースが配置されているよりも長い場合、ネットワーク上の各追加のクエリで、 GetShortPathNameW関数を呼び出しています。

この現象はファイル名の拡張子と、8.3 ファイルの名前付け規約制限より長いフォルダー名を指定します。ファイルとフォルダーの長い名前のクエリを完了するために必要な時間を増やすことができます。データベース ファイルまたはデータベースが格納されているフォルダーの名前が 8 文字を超えるである場合は、ファイル名またはフォルダー名を変更します。ファイルとフォルダー名が 8 文字以内でなければなりませんし、ファイル名の拡張子は 3 文字以内にする必要があります。次は短いが含まれているデータベースのパスの例です 8.3 形式の規則ファイルおよびフォルダーの名前します。
\Folder_1\Folder_2\AccessDb.mdb
長いファイルとフォルダーの名前を使用してデータベースのパスの例を次に示します。
\FolderForFirstDatabase\FolderForSecondDatabase\ThisIsA_BigDatabase.mdb
Windows では長いファイル名の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
226403短い (8.3) ファイル名をコピーすると変更できます。
分割データベースを使用している場合は、代わりに、同等の 8.3 形式の規則にフロント エンド データベース リンクのファイルとフォルダーの名前を置き換えることができます。たとえば、次長いファイルとフォルダー名データベース パスにあることを仮定します。
\FolderForFirstDatabase\FolderForSecondDatabase\ThisIsA_BigDatabase.mdb
フロント エンド データベースには、次の簡単なファイルおよびフォルダーの名前と同じである、リンクの名前を変更できます。
\Folder~1\Folder~2\Thisis~1.mdb
次の例では、短いファイル名の変換との長いデータベース パスを持つデータベースにリンクする方法を示しています。
Function mcrLink()

    DoCmd.TransferDatabase acLink, "Microsoft Access", "\\ServerName\sharename\Folder~1\Folder~2\Thisis~1.mdb", acTable, "tblName1", "tblName1", False

End Function
同等の 8.3 形式の規則にフロント エンド データベース リンクのファイルとフォルダーの名前を置換する方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
891176Windows NT 4.0 から Windows 2000 または Windows XP にアップグレードすると、Access ベースまたは Jet データベース ベースのプログラムのパフォーマンスが低下
Microsoft プログラミング例としては黙示の保証もないだけを提供します。含むが、商品性や特定目的への適合性の黙示の保証については制限されません。この資料は、例示されているプログラミング言語やを作成したりプロシージャをデバッグするために使用されるツールに精通するいると仮定します。マイクロソフト サポート エンジニアに、特定のプロシージャの機能について説明する役立ちますが追加機能を提供、またはお客様固有の要件を満たすようにプロシージャを作成するには、次の例は変更されません。

共有違反通知遅延オフを有効にします。

共有ファイルのサーバーのパフォーマンスを向上させるために違反通知遅延オフを有効にすることができます。これを行うには、Access、または Jet データベース エンジン ベースのプログラム データベースを格納するファイル サーバーでこれらの手順を実行します。

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
  1. クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] をクリックし、プロパティ ].
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけます。
    探して
  3. Usbehci.sys パラメーターを指す 新しい[ DWORD 値] SharingViolationDelay、し、キーを押します。 入力してください。.

    SharingViolationDelay サブキー ・ エントリーを作成すると、割り当てられている既定値は 0x0 です。これは我々 の望むです。

    SharingViolationDelay サブキー エントリが既に存在する場合は、右クリックし、 SharingViolationDelay エントリをクリックして 変更] 0プロパティ ].
  4. Usbehci.sys パラメーターを指す 新しい[ DWORD 値] SharingViolationRetries、および印刷機 入力してください。.

    SharingViolationRetries サブキー ・ エントリーを作成すると、割り当てられている既定値は 0x0 です。これは我々 の望むです。

    SharingViolationRetries サブキー エントリが既に存在する場合は、右クリックし、 SharingViolationRetries エントリをクリックして 変更] 0プロパティ ].
  5. レジストリ エディターを終了します。
共有違反通知待ち時間の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
150384ファイルを別のコンピューターで開いている場合は、共有ファイルへのアクセスの遅延します。

NTFS ファイル システム ボリュームにバックエンド データベース ファイルを移動します。

Access または Jet データベース エンジン ベースのプログラム データベースに、ファイル アロケーション テーブル (FAT) がある場合-ベースのボリュームは、NTFS ボリュームにバックエンド データベース ファイルを移動してパフォーマンスを向上させることができます。NTFS の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
100108FAT、HPFS、NTFS ファイル システムの概要
Access または Jet データベース エンジンのデータベース ファイルを移動する方法の詳細については、Access のヘルプで「コピーまたは移動する Access ファイルを」を検索します。

自動の短いファイル名の生成を無効にします。

自動の短いファイル名の生成、NTFS ファイル システムを無効にします。これを行うには、Access、または Jet データベース エンジン ベースのプログラム データベースを格納するファイル サーバーでこれらの手順を実行します。重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
  1. クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] をクリックし、プロパティ [OK]。.
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE \SYSTEM\CurrentControlSet\Control\FileSystem
  3. Usbehci.sys NtfsDisable8dot3NameCreation[ 変更] 1プロパティ ].
  4. レジストリ エディターを終了し、コンピューターを再起動します。
この変更を行った後は、短い名前形式を使用してファイルが 32 ビット プログラムを使用できます。ただし、この変更を行った後に作成された長いファイル名を持つファイルは 16 ビット プログラムが利用できる場合があります。

詳細情報自動の短いファイル名の生成を NTFS の「サポート技術情報」資料を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。
121007NTFS パーティション上の 8.3 形式の名前の作成を無効にする方法
詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
210638自動の短いファイル名の生成を無効にする方法
Access または Jet データベース エンジン データベース ファイルは、Windows Server 2003 ファイル サーバー上にある場合は、ファイル システム エイリアスはオフにできます。エイリアスは、Windows Server 2003 に含まれている機能です。この機能することができます複数の長いファイル名または同じファイルを複数の短いファイル名を参照してください。ファイル ・ システム ・ エイリアスを無効にすると、Windows Server 2003 ベースのコンピューターではサーバー サービス キャッシュを増やすことでパフォーマンスが向上できます。

重要マウントなどのシステム エイリアスまたは再解析ポイントを Windows Server 2003 ベースのコンピューターで使用する場合は、この手順を実行することお勧めできません。

ファイル サーバー エイリアスを無効にするのには、Access、または Jet データベース エンジンのデータベースに格納する、Windows Server 2003 ファイル サーバーにこれらの手順を実行します。

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
  1. クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] をクリックし、プロパティ ].
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけます。
    探して
  3. Usbehci.sys パラメーターを指す 新しい[ DWORD 値] NoAliasingOnFileSystemをクリックし、ENTER キーを押します。
  4. Usbehci.sys NoAliasingOnFileSystem[ 変更] 1プロパティ ].
  5. レジストリ エディターを終了し、コンピューターを再起動します。

クライアントの最適化

次のメソッドにアクセスまたは Jet データベース エンジンに基づくデータベースにアクセスするクライアントのパフォーマンスを最適化する方法について説明します。

高度なファイル名のキャッシュを有効にします。

既定では、Windows 2000 ベースおよび Windows XP ベースのオペレーティング システムのみの短いファイル名と短いフォルダー名をキャッシュします。ファイル名とフォルダー名を 8.3 形式の規則に準拠しているなど。また長いファイル名と長いフォルダー名をキャッシュするためには、Windows 2000 ベースまたは Windows XP ベースのコンピューターに高度なキャッシュを有効にすることができます。ファイル、ネットワーク経由でアクセスする場合はこのパフォーマンスを向上できます。

Windows XP Service Pack 1 およびそれ以前のバージョンで、高度なキャッシュを有効にする方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
834350ネットワーク リソースへのアクセスでは、Windows XP より以前のバージョンの Windows で遅い
Windows 2000 での高度なキャッシュを有効にする方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
843418ネットワーク リソースまたは Windows 2000 で Microsoft Access を使用するにアクセスすると、パフォーマンスが低下する可能性があります。
既に Windows XP Service Pack 2 および Windows Server 2003 の高度なキャッシュの種類が含まれます。しかし、16 進数の値では 0x10 に次のレジストリ サブキーで最適なパフォーマンス、InfoCacheLevel レジストリ エントリを設定する必要があります。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\MRxSmb\Parameters

最適化クエリでは、Windows XP ベースのコンピューターを追加します。

Windows XP ベースのコンピューターは、キャッシュと書き込みは、全体のデータベース、ファイル サーバーごとに追加が発生したトランザクションをフラッシュします。最適化することができます追加のクエリでは、修正プログラムを適用して、Windows XP ベースのコンピューターの Windows レジストリ エントリ DisableFlushOnCleanup の変更します。 最適化する方法の詳細については、追加クエリでは、Windows XP ベースのコンピューターは、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
825433Windows XP ベースのクライアントから共有のファイル ベースのデータベースにデータを追加するときのパフォーマンスが低下

Access または Jet データベース エンジンに基づくデータベースのルーチンの方法を最適化します。

以下の推奨事項のルーチンは、パフォーマンスが向上し、データベース エンジン ベースのプログラムの Access、または Jet の使用方法。
  • 分割データベース構成を使用します。分割データベース構成は、フロント エンド サーバーとバック エンド データベースの構成とも呼ばれます。データベースの分割を構成する方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
    162522Access のアプリケーションとしては、分割データベース アプリケーションを再配布するときの問題
  • クライアント コンピューターで、ファイル サーバー コンピューターの Windows オペレーティング システムの最新の service pack をインストールします。
  • クライアント コンピューターに Jet 4.0 Service Pack 8 以降をインストールします。 Jet データベース エンジン用の最新の service pack を入手する方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
    239114Microsoft Jet 4.0 データベース エンジン用の最新の service pack を入手する方法
  • バック エンド データベース ファイルへの接続を開くを維持するために、すべてのデータベース フロント エンド コンピューターを構成します。これを行うには、1 つのテキスト フィールドと 1 つのレコードを含むバックエンド データベース ファイルにテーブルを作成します。たとえば、次の構成が含まれるテーブルを作成します。
    テーブルの名前: tblConnect
    フィールド名: Field1
    データ型: テキスト
    最初の記録:「接続」

    次の表は、フロント エンド データベースをリンク テーブルに基づくフォームを作成する.スタートアップ ルーチンで、非表示のフォームを使用してデータベースを開きます。マクロまたはスタートアップ フォームを次の例に示すように、スタートアップ ルーチンを入力してください。
    DoCmd.OpenForm " tblConnect",acNormal ,,,,acHidden
    このテーブルに基づくレコード セットを開くこともできます。レコード セット変数はモジュールのグローバル宣言セクションで宣言する必要があります。また、フロント エンド データベースを終了するときに終了するがあります。
  • 複数のユーザーがデータベースにデータを入力に接続するときにフォームではなくテーブルを使用します。

データベースのパフォーマンスを最適化するためのベスト プラクティス

Access または Jet データベース エンジン ベースのプログラムのパフォーマンスを最適化するには、次のベスト プラクティスをお勧めします。
  • ループなどのリソース集中的な操作が含まれます。 Access のモジュールのデータベースのプログラム コードを最適化します。これを行うには、BeginTrans や CommitTrans ステートメントがループのコードよう次の例で囲みます。
    BeginTrans
    		  Loop code
    CommitTrans
    Jet データベース エンジンの複数の更新を蓄積し、それらを 1 つのバッチとして書き込むことができます。Access のモジュール内のコードを最適化する方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
    208858Acc 2000: クライアント/サーバーのパフォーマンスを最適化します。
  • 既定では、oplock は Windows クライアント上で有効になります。無効 oplock クライアント コンピューター上になっているいないことを確認してください。Windows のロックを構成する方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
    296264Windows のロックを構成します。
    便宜的ロック、パフォーマンスの詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
    303528Jet 4.0 データベースを正常な状態に保つ方法
  • UNC パスではなく、マップされたドライブを使用して Access または Jet データベース エンジンに基づくデータベースを格納するファイル サーバーに接続します。
データベースのパフォーマンスを最適化するには、Access、または Jet データベース エンジン ベースのプログラムを Microsoft SQL Server に移行を検討してください。クライアント/サーバ ・ モデルは、多くの接続サービスを提供するアクティブなデータベースの場合、ファイル サーバー モデルよりも適しています。SQL Server を使用することができます大幅にパフォーマンスの向上し、堅牢性を向上します。

関連情報

アクセスの詳細については、「データベース エンジン」と「ネットワーク パフォーマンスのジェット、「サポート技術情報」の資料を表示するには、次の資料番号をクリックして。
275085BUG: リンク テーブルでは、Access 2002 および Access 2003 の Office でのパフォーマンスが低下
261000 BUG: Access 2000 のリンク テーブルのパフォーマンスが低下
209126 Access データベースでのクエリのパフォーマンスに関する情報
288631 最適化してパフォーマンスを向上させるためにデータベースを最適化します。
209126 Access データベースでのクエリのパフォーマンスに関する情報
290181 ユーザー名前の Microsoft Access で有効になっているオート コレクトでオブジェクトを開くときのパフォーマンスが低下
240434 Jet 4.0 を使用してアプリケーションのパフォーマンスを向上させる方法
289533 Microsoft Access でのデータベース設計に関する情報の入手先
870753 Jet 4.0 データベース エンジンの 837001 修正プログラム パッケージの説明: 2004 年 7 月 21 日
303528 Jet 4.0 データベースを正常な状態に保つ方法
208858 クライアント/サーバーのパフォーマンスを最適化します。
239114 Microsoft Jet 4.0 データベース エンジン用の最新の service pack を入手する方法
891176 Windows NT 4.0 から Windows 2000 または Windows XP にアップグレードすると、Access ベースまたは Jet データベース ベースのプログラムのパフォーマンスが低下

プロパティ

文書番号: 889588 - 最終更新日: 2012年9月12日 - リビジョン: 7.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Media Center Edition 2005 Update Rollup 2
  • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Office Access 2003
  • Microsoft Access 2002 Standard Edition
  • Microsoft Access 2000 Standard Edition
  • Microsoft Access 97 Standard Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
キーワード:?
kbnetwork kbdatabase kbperformance kbopenfile kbhowto kbmt KB889588 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:889588
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com