64 ビット バージョンの Windows の適切なページ ファイル サイズを確認する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 889654
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

64 ビット バージョンの Microsoft Windows Server 2003 および Microsoft Windows XP が 32 ビット版の製品よりもより多くの RAM をサポートできます。コンピューターに大量のメモリを追加する場合は、ページング ファイルが必要な場合があります。使用すると、 ページ/秒 カウンターを測定するためのページング ファイルの使用、返される値が正確ではありません。ページング ファイルの使用、正確な測定を取得するには、その他のパフォーマンス カウンターを使用することもする必要があります。コンピューターに必要なページング ファイルのサイズを計算するのには、システム モニターの計測値を使用できます。

Windows ドメイン コント ローラーと DFS レプリケーション、証明書、および ADAM/LDS サーバーに構成されているページファイルはサポートされていません。LSASS データベース キャッシュを転用 2 番目のページ「に移行」perfmon カウンターを依存するアルゴリズムをページファイルを確認してくださいする必要がデータベース キャッシュ メモリが他のサービスまたはアプリケーションによって要求された場合は、メモリを解放することです。

はじめに

Microsoft Windows Server 2003 の 64 ビット バージョンを設定するとまたは、Microsoft Windows XP オペレーティング システム 1 と 1.5 倍、コンピューターにインストールされている RAM の量は、ページング ファイルを作成します。ただし、コンピューターの RAM の容量を大きくほど、ページング ファイルの必要性が減少します。次のガイドラインと方法、システムの適切なページ ファイル サイズを決定することができます。

メモリと CPU の制限は 32 ビットおよび 64 ビット バージョンの Windows での比較

32 ビット バージョンまたは 64 ビット バージョンの Windows Server 2003 を設定するとまたは Windows XP では、ページファイルが 1 と 1.5 倍、システムのハード ディスクに十分な空き領域があれば、コンピューターにインストールされている RAM の量が作成されます。ただしより多くの RAM をコンピューターに追加されるように、ページング ファイルの必要性が減少します。十分な RAM をコンピューターにインストールされている場合は、1 つは、特定のアプリケーションによって必要とされない限り、ページング ファイルは必要ありません。

次の表では、RAM の量と、コンピューターがインストールされているオペレーティング システムに応じてインストールできる Cpu の数を示します。RAM と CPU で 32 ビット オペレーティング システムで 64 ビット オペレーティング システムよりもはるかに大きいです。
元に戻す全体を表示する
一般的なメモリの制限32 ビット64 ビット
総仮想アドレス空間4 ギガバイト (GB)16 テラバイト
32 ビット プロセスごとの仮想アドレス空間2 GB、システムで/3 GB ブートと/3 GB スイッチします。2 GB、4 が/LARGEADDRESSAWARE にアプリケーションがコンパイルされる場合は、GB スイッチします。
64 ビット プロセスごとの仮想アドレス空間該当なし8 テラバイト
ページ プール470 mb128 GB
非ページ プール256 MB128 GB
システム キャッシュ1 GB1 テラバイト
元に戻す全体を表示する
物理メモリおよび CPU の制限32 ビット64 ビット
Windows XP Professional4 GB/1 〜 2 Cpu128 GB/1 〜 2 Cpu
Windows Server 2003 Standard Edition4 GB/1 〜 4 Cpu32 GB/1 〜 4 Cpu
Windows Server 2003、Enterprise Edition64 GB/1 〜 8 Cpu1 tb/1 〜 8 Cpu
Windows Server 2003 Datacenter Edition64 GB/1 〜 32 Cpu1 tb/1 〜 64 の Cpu
Windows Server 2003 SP1 Enterprise Edition64 GB/1 〜 8 Cpu1 tb/1 〜 8 Cpu
Windows Server 2003 SP1 Datacenter Edition64 GB/1 〜 32 Cpu1 tb/1 〜 64 の Cpu
ページファイルのサイズを特定の推奨事項はありません。ハードウェアおよびソフトウェアは、使用コンピューターの負荷の要件に基づきます。ページファイル使用状況および要件を監視するには、システム モニターを実行してをログ中の通常の使用状態を収集します。次のカウンターに重点を置きます。
元に戻す全体を表示する
カウンターしきい値推奨値
Memory\\Available バイト4 MB 以上
Memory\\Pages 入力/秒ページの 10 個
ページングの File\\% の使用法70% 以内
File\\% 使用率のピーク時のページング70% 以内
Process\\Page ファイルの最大バイト数該当なし
メモ ページ ファイルの使用を定期的に監視する必要があります。または、システム上の負荷を大きくと、通常の仮想アドレス空間、ページファイルの空き容量を増やします。

ページ/秒カウンター

システム モニターでは、によって返される値を使用すると、 ページ/秒 カウンターは、 メモリ パフォーマンス オブジェクトは、期待を超えることがあります。これらの値ページング ファイルまたはキャッシュ活動に関連している可能性がありますされません。代わりに、これらの値の順番には、メモリ マップト ファイルを読み取っているアプリケーションによってためです。

は、 ページ/秒 カウンターは、ディスクからの読み取りまたはそのページへのメモリ参照を解決するのには、ディスクに書き込まれるページの数をカウントします。これらのページ内のメモリ参照の時点でありませんでした。は、 ページ/秒 値の合計になります、 入力ページ/秒 ページ出力/秒 カウンターの値。は、 ページ/秒 カウンターには、アプリケーションのファイル データにアクセスするには、システム キャッシュのためのページング トラフィックが含まれます。

ページ/秒 過度のメモリ不足 (スラッシング) に関する懸念があるし、過度のページングが発生する可能性がありますを見るには主要なカウンターです。

ただし、 ページ/秒 カウンターは、かどうかを使用してキャッシュされたメモリ マップ ファイルの順次読み取りなど他の活動も占めています。一般に、 ページ/秒 次を参照するくださいとカウンターなどの処理数を数えています。
  • 値が大きい、 メモリ ページ/秒 カウンターです。
  • 監視されているシステムに対して、平均値または高い値を 利用可能なバイトのメモリ。 カウンターです。
  • 平均値または小さな値が、 ページング ファイル: % Usage カウンターです。
  • キャッシュされていないメモリ マップ ファイルの平均以下のキャッシュ動作も確認します。(低いキャッシュ動作とも呼ばれるキャッシュ フォールトの動作です)。
したがって、高い値を メモリ ページ/秒 カウンターは、必ずしもメモリ不足またはエラー報告は、システム モニターはありません。システムを正確に解釈を得るには、他のカウンターを監視することもする必要があります。

ページファイルのサイズを計算する方法

ページファイルのサイズを計算するためには、次の方法の 1 つ以上を使用します。

方法 1: コンピューターのページング処理を把握するのには、パフォーマンス ログを使用

  1. クリックしてください。 開始、ポイント 管理ツール、し パフォーマンス.
  2. 展開 パフォーマンス ログと警告をクリックして カウンター ログ、右側のウィンドウで空白の領域を右クリックし、をクリックして 新しいログの設定.
  3. で、 名前 ボックス、ログの名前を入力し、クリックしてください [OK].
  4. で、 全般 タブで、クリックしてください カウンターを追加します。.
  5. クリックしてください。 ローカル コンピューターのカウンターを使用します。.
  6. で、 パフォーマンス オブジェクト ボックスの一覧でクリックしてください ページング ファイル.
  7. クリックしてください。 一覧からカウンターを選択します。をクリックして 使用率、し 追加.
  8. で、 パフォーマンス オブジェクト ボックスの一覧でクリックしてください メモリ.
  9. 一覧からカウンターを選択します。をクリックして Available Bytes、し 追加.
  10. 一覧からカウンターを選択します。をクリックして 入力ページ/秒をクリックして 追加、し 閉じる.
  11. クリックしてください。 [OK].
コンピューターのページング処理を把握するのには、通常のコンピューターの使用時に収集したログを使用します。ページファイルのサイズを適宜調整します。

方法 2: を使用して、 ページのファイルには最大のバイト数 ページファイルのサイズを計算するカウンター

  1. クリックしてください。 開始、ポイント 管理ツール、し パフォーマンス.
  2. クリックしてください。 システム モニター.
  3. 右側のウィンドウでをクリックします。 + (追加ボタン)。
  4. クリックしてください。 ローカル コンピューターのカウンターを使用します。.
  5. で、 パフォーマンス オブジェクト ボックスの一覧でクリックしてください プロセス.
  6. クリックしてください。 一覧からカウンターを選択します。をクリックして ページのファイルには最大のバイト数をクリックして 追加、し 閉じる.
  7. カウンターがコンピューターの通常の使用時に実行することができます。
  8. 最大値をメモします、 ページのファイルには最大のバイト数 カウンター、および、0.70 で値を乗算します。方程式の合計ページ ・ ファイルを設定するのには、サイズになります。

方法 3: 最大および最小ページング ファイル サイズを計算します。

システムで必要なおおよそ最小ページング ファイル サイズを確認するには、システム上の各プロセスで使用される private bytes のピークの合計を計算します。次に、システム メモリの量を減算します。

システムに必要なおおよその最大ページング ファイルのサイズを決定するには、システム上の各プロセスで使用される private bytes のピークの合計を計算します。次に、ゆとり分の容量を追加します。システムのメモリの量は減算しないようにします。必要なページング ファイルの見積もりに使用、スナップショット データの信頼度に基づく追加の余白のサイズを調整できます。

メモ この推定値は、計算を実行するために使用するデータのスナップショットが正確な場合にのみ正確です。

ページ ファイル入力/出力レート

システムまたは他のディスクにページの入出力 (I/O) 動作をオーバー ロードを回避するには、コンピューターでページング ファイルに設定すると、次のガイドラインを使用します。
  • ページ I/O (実ディスク I/O) レートが 10 ページ/秒が場合は、システム ディスクの I/O アクティビティが、ファイルを含めないことをお勧めします。ページ I/O レートが 10 ページ/秒以上ある場合は、別のハード_ディスクをページング専用することをお勧めします。
  • ページング用に使用される特定のディスクのページ I/O レートが 60 を超えるディスク I/O 操作/秒の場合は、1 つ以上の専用ハード ディスクを使用して、良いパフォーマンスを得るため。これを行うには、ページングでは、複数の非ストライプ ディスクを使用またはページング用の raid 0 のストライプ ディスクを使用します。約 I/O ハード ディスク ページング間隔 60 ページ/秒の I/O 処理に専念します。

    たとえば、システムが 150 ページ/秒の I/O 処理の平均が場合は、次の 3 つの個々 のハード ディスク、またはページング ファイルを設定、3 台のディスクの raid 0 ストライプを使用します。

    メモ これらの推定値ハード ディスク 7200 回転/分 (rpm) で実行されます。I/O レートを実行が速くなる、ハード ディスクを使用する場合は、ディスク I/O が増加するページを処理できます。

    メモ 最高のパフォーマンスが重要な場合は、ピーク時の I/O レート平均の I/O レートではなくこれらの計算を使用します。
重要です サポート情報: この資料では、カーネル モードやフル メモリ ダンプ解析の必要はありませんコンピューターに限定です。業務サーバーに物理メモリのダンプ分析を従来モデルのページング ファイルを少なくともする必要がありますを取得に必要なビジネスの基幹サーバーの物理 ram と 1 MB、または 1.5 倍のサイズ、デフォルトの物理 RAM します。これは、オペレーティング システム パーティションのディスクの空き領域が OS、修正プログラム、インストール済みのアプリケーション、インストール済みサービス、ダンプ ファイル、およびページング ファイルを保持するのに十分な大きさであることを確認できます。32 GB のメモリを持つサーバーに、ドライブ C に少なくとも 86 〜 90 GB が必要があります。アプリケーション、インストール済みサービス、一時ファイルというのメモリ ダンプ用に 32 GB、48 GB (物理メモリの 1.5 倍) のページファイルを 4 GB は、オペレーティング システムと 2 〜 4 GB です。ドライバーやカーネル モード サービスのリークすべての空き物理メモリ消費可能性があることを覚えておいてください。したがって、Windows Server 2003 x 64 SP1 ベースのサーバーで 64 ビット モードで 32 GB の RAM、1 〜 2 GB のダンプ ファイルを 32 ビット モードでのみを予想する 32 GB カーネル メモリ ダンプ ファイルがあります。この動作は大幅に増加のメモリ プールのために発生します。

詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
29441864 ビット版の Windows XP および Windows Server 2003 の 32 ビットおよび 64 ビットのメモリ アーキテクチャの比較

詳細

X x64 ベース バージョンの Microsoft Windows のテクニカル サポートについて

ハードウェアが既にインストールされて、Windows x64 エディションに付属の説明書には、テクニカル ・ サポートやサポートについては、Windows x64 エディション、ハードウェアの製造元を提供します。ここでは、Windows x64 エディションがハードウェアに搭載されているため、ハードウェアの製造元は、サポートを提供します。ハードウェアの製造元固有のコンポーネントを使用して Windows x64 エディションのインストールをカスタマイズしている可能性があります。独自のコンポーネント固有のデバイス ドライバーがありますか、ハードウェアのパフォーマンスを最大化するオプションの設定を含めることができます。Windows x64 エディションのテクニカル ヘルプがある必要な場合マイクロソフトの合理的なサポートを提供します。ただし、製造元に直接問い合わせる必要があります。製造元は、製造元のハードウェアがインストールされているソフトウェアをサポートする最適な修飾されます。Windows x64 エディションの Windows Server 2003 x 64 edition などを個別に購入する場合は、Microsoft テクニカル サポートに問い合わせてください。

については、Windows XP Professional x64 Edition の製品情報については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windowsxp/64bit/default.mspx
製品情報については x x64 ベース バージョンの Windows Server 2003、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windowsserver2003/64bit/x64/default.mspx

プロパティ

文書番号: 889654 - 最終更新日: 2011年8月3日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbhowtomaster kbinfo kbtshoot kbvirtualmem kbdiskmemory kbmt KB889654 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:889654
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com