Internet Explorer 6 SP1 用の更新プログラムのロールアップ

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 889669 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

更新プログラムのロールアップ 889669 をリリースしました。この更新プログラムのロールアップは、マイクロソフト セキュリティ情報 MS04-004 の公開後にリリースされた Microsoft Internet Explorer 用修正プログラムを必要とする IT 技術者向けのものです。この更新プログラムのロールアップには、以下の修正が含まれます。
  • セキュリティ更新プログラム 889293 に含まれる累積的なセキュリティの修正

    : セキュリティ更新プログラム 889293 は、マイクロソフト セキュリティ情報 MS04-040 に記載されています。
  • 更新プログラム 888092 および更新プログラム 871248
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS04-004 の公開後にリリースされたすべての Internet Explorer 6 Service Pack 1 (SP1) 用修正プログラム
更新プログラムのロールアップ 889669 は Microsoft ダウンロード センターから入手できます。マイクロソフト セキュリティ情報 MS04-004 の公開後にリリースされた Internet Explorer 6 SP1 用修正プログラムが必要な場合は、更新プログラムのロールアップ 889669 をインストールする必要があります。

: コンピュータで Internet Explorer 6 SP1 (Version 6.00.2800.1106) が実行されていない場合、更新プログラムのロールアップ 889669 ではなく、セキュリティ更新プログラム 889293 をインストールしてください。

はじめに

マイクロソフトは、Microsoft Internet Explorer 6 SP1 (Version 6.00.2800.1106) 用の更新プログラムのロールアップをリリースしました。更新プログラムのロールアップ 889669 には、セキュリティ更新プログラム 889293 (MS04-040) の内容に加え、マイクロソフト セキュリティ情報 MS04-004 以降に作成された Internet Explorer 6 SP1 用修正プログラムの内容が含まれています。 MS04-040 には、Microsoft Windows 2000 Service Pack 3、Windows 2000 Service Pack 4、Windows XP、Windows XP Service Pack 1、Windows NT Server 4.0 Service Pack 6a、Windows NT Server 4.0 Terminal Server Edition Service Pack 6、Windows 98、Windows 98 Second Edition、および Windows Millennium Edition 用の Internet Explorer 6 Service Pack 1 に対する Internet Explorer 用修正プログラムのほとんどが含まれていません。

Internet Explorer 6 SP1 用セキュリティ更新プログラム MS04-040 を 1 つ以上インストールするとき、マイクロソフト セキュリティ情報 MS04-040 の「セキュリティ更新プログラムに関する情報」に記載されているファイル一覧の 1 つ以上のファイルが MS04-004 以降にリリースされた Internet Explorer 用修正プログラムによって置き換えられていると、その修正プログラムの内容が削除されます。MS04-025 以降、Internet Explorer 用の累積的な修正プログラムは、累積的な修正プログラムの内容と、Internet Explorer 用の最新のセキュリティ更新プログラムに含まれるセキュリティの修正の両方を含む "更新プログラムのロールアップ" として別に入手できます。たとえば、更新プログラムのロールアップ 871260 は、MS04-025 の累積的なセキュリティの修正と、MS04-004 以降にリリースされた修正プログラムの内容を含みます。更新プログラムのロールアップ 889669 は、MS04-040 の累積的なセキュリティの修正と、MS04-004 以降にリリースされた修正プログラムの内容を含みます。更新プログラムのロールアップ 889669 に含まれている修正プログラムの関連情報については、この資料の「この更新プログラムのロールアップに含まれるソフトウェア更新内容の一覧」を参照してください。この更新プログラムのロールアップに含まれている "修正プログラム" 分のファイルは、このロールアップ以前の Internet Explorer 用修正プログラムをインストールしてセキュリティ情報 MS04-040 の「セキュリティ更新プログラムに関する情報」に記載されているファイル一覧の 1 つ以上のファイルを更新していたかどうかにかかわらずインストールされます。 セキュリティ更新プログラム 889293 (MS04-040) の関連情報については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms04-040.mspx

詳細

ダウンロード情報

Microsoft Windows 2000 Service Pack 3、Microsoft Windows 2000 Service Pack 4、Microsoft Windows XP、および Windows XP Service Pack 1 用の Internet Explorer 6 Service Pack 1 (SP1)

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Windows 2000 Service Pack 3、Windows 2000 Service Pack 4、Windows XP、および Windows XP Service Pack 1 用パッケージ

リリース日 : 2004 年 12 月 1 日

マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。



Microsoft Windows 98 Second Edition、Microsoft Windows Millennium Edition、Microsoft Windows NT、および Windows 98 用の Internet Explorer 6 Service Pack 1 (SP1)

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Windows 98 Second Edition、Windows Millennium Edition、Windows NT、および Windows 98 用パッケージ

リリース日 : 2004 年 12 月 1 日

マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。



Microsoft Windows XP 64-bit Edition 用の Internet Explorer 6 Service Pack 1 (SP1)

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Windows XP 64-Bit Edition 用パッケージ

リリース日 : 2004 年 12 月 1 日

マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。



インストール情報

更新プログラムのロールアップ 889669 およびセキュリティ更新プログラム 889293 をインストールするには、管理者としてログオンする必要があります。ダウンロード版の更新プログラムのロールアップ 889669 をインストールするには、ダウンロードした更新プログラムのロールアップ 889669 パッケージを、適切なセットアップ スイッチを指定して実行します。 企業では、管理者が Microsoft Systems Management Server (SMS) Feature Pack または SMS 2003 を使用して更新プログラムのロールアップ 889669 およびセキュリティ更新プログラム 889293 を展開できます。Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) では、更新プログラムのロールアップ 889669 のインストール状況が認識され、このロールアップがインストールされている場合、MS04-040 がインストールされているという適切な結果が示されます。更新プログラムのロールアップまたはセキュリティ更新プログラムを展開できるのは、MBSA によって、ロールアップの新しいファイル バージョンとセキュリティ更新プログラム MS04-040 のファイル バージョンとがセキュリティ上の観点から同等であると認識されるためです。MBSA を使用して、この更新プログラムのロールアップが特定のコンピュータに必要かどうかを確認することはできません。たとえば、MBSA を使用して、MS04-004 以降の修正プログラムが適用されているかどうかを確認することはできません。MBSA で確認できるのは、MS04-040 によって実現される最小限のセキュリティ基準が満たされているかどうかということのみです。Microsoft Software Update Services (SUS) を使用して更新プログラムのロールアップ 889669 を展開することはできません。 SMS を使用して、MS04-004 以降の修正プログラムが適用されているコンピュータのみを対象として更新プログラムのロールアップ 889669 を展開する方法、またはクライアント コンピュータに更新プログラムのロールアップがインストールされているかどうかを確認する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
867832 Microsoft Baseline Security Analyzer で検出されないソフトウェア更新プログラムを Systems Management Server 2003 で配布する方法
更新プログラムのロールアップ 889669 またはセキュリティ更新プログラム 889293 がインストールされているかどうかは、以下のいずれかの方法で確認できます。

Windows 2000、Windows Server 2003、Windows XP 64-Bit Edition Version 2003、および Windows XP (すべてのバージョン)
  • 使用しているコンピュータ上の更新されたファイルのバージョンを、この資料の「ファイル情報」に記載されているファイル情報と比較します。
  • 以下のレジストリ キーの下に Installed という名前の DWORD 値があり、値のデータが 1 に設定されていることを確認します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Hotfix\KB<nnnnnn>


    : nnnnnn は更新プログラムの文書番号です。
上記以外の Windows
  • 使用しているコンピュータ上の更新されたファイルのバージョンを、この資料の「ファイル情報」に記載されているファイル情報と比較します。
  • 以下のレジストリ キーの下に IsInstalled という名前の DWORD 値があり、値のデータが 1 に設定されていることを確認します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Active Setup\Installed Components\{2de9c32a-bd2c-4d19-8ec1-8af319e1c762}


必要条件


マイクロソフトでは、この資料に記載されているバージョンの Windows および Internet Explorer について、これらの脆弱性の影響を受けるかどうか、およびこの資料に記載されている更新プログラムのロールアップ 889669 によって脆弱性が修正されるかどうかを調査するためのテストを行いました。

更新プログラムのロールアップ 889669 をインストールするには、Internet Explorer 6 SP1 (Version 6.00.2800.1106) を以下のいずれかのバージョンの Windows で実行している必要があります。
  • Windows XP 64-Bit Edition Version 2002
  • Windows XP Service Pack 1 (SP1)
  • Windows XP Windows 2000 Service Pack 4 (SP4)
  • Windows 2000 Service Pack 3 (SP3)
  • Windows NT Server 4.0 Service Pack 6a (SP6a)
  • Windows NT Server 4.0 Terminal Server Edition Service Pack 6 (SP6)
  • Windows Millennium Edition (Me)
  • Windows 98 Second Edition
  • Windows 98


再起動の必要性


インストールを完了するには、コンピュータを再起動する必要があります。



セットアップ スイッチ


Windows XP および Windows 2000 (すべてのバージョン)

更新プログラムのロールアップ 873377 およびセキュリティ更新プログラム 889293 (MS04-040) の Windows XP および Windows 2000 用のパッケージでは、以下のセットアップ スイッチがサポートされています。
  • /help : コマンド ライン オプションを表示します。
  • /quiet : Quiet モード (ユーザー入力を必要とせず、表示も行いません)。
  • /passive : 無人モード (進行状況バーのみ)。
  • /uninstall : パッケージをアンインストールします。
  • /norestart : インストールの完了時に再起動しません。
  • /forcerestart : インストールの完了後、再起動します。
  • /l : インストール済みの修正プログラムまたは更新プログラム パッケージの一覧を表示します。
  • /o : 確認メッセージを表示せずに OEM ファイルを上書きします。
  • /n : アンインストールのためのファイルのバックアップを行いません。
  • /f : コンピュータのシャットダウン時に他のプログラムを強制終了します。
  • /extract : セットアップを実行せずにファイルの展開のみを行います。
1 つのコマンド ラインで複数のスイッチを組み合わせて実行できます。たとえば、更新プログラムのロールアップをインストールするときにユーザーによる操作を省略するには、コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
IE6.0sp1-KB889669-Windows-2000-XP-x86-JPN.exe /passive /quiet
更新プログラムのロールアップをインストールし、インストール直後にシステムを再起動しない場合は、コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
IE6.0sp1-KB889669-Windows-2000-XP-x86-JPN.exe /norestart


上記以外の Windows

セキュリティ更新プログラム 889293 (MS04-040) および更新プログラムのロールアップ 889669 の上記以外の Windows 用のパッケージでは、以下のスイッチがサポートされています。
  • /q : Quiet モードで実行します (ファイルの展開中にメッセージを一部表示しません)。
  • /q:u : ユーザー Quiet モード (ユーザーにいくつかのダイアログ ボックスを表示します)。
  • /Q:A : 管理者 Quiet モード (ユーザーにダイアログ ボックスを一切表示しません)。
  • /T: <path> : ファイルの展開先フォルダを指定します。
  • /C : インストールせずにファイルの展開のみを行います。/T: のパス (path) を指定していない場合は、展開先フォルダの入力を求められます。
  • /C: <Cmd> : 作成者によって定義されたインストール コマンドを <Cmd> に置き換えます。セットアップの .inf ファイルまたは .exe ファイルのパスと名前を指定します。
  • /R:N : インストール完了後にコンピュータを再起動しません。
  • /R:I : 再起動が必要な場合に、ユーザーにコンピュータの再起動を求めるメッセージを表示します (/Q:A を使用している場合は除きます)。
  • /R:A : インストール完了後にコンピュータを必ず再起動します。
  • /R:S : インストール完了後、ユーザーにメッセージを表示せずにコンピュータを再起動します。
1 つのコマンド ラインで複数のスイッチを組み合わせて実行できます。たとえば、更新プログラムのロールアップをインストールするときにユーザーによる操作を省略し、システムの強制的な再起動を行わないようにするには、コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
IE6.0sp1-KB889669-Windows-NT4sp6a-98-ME-x86-JPN.exe /q:a /r:n


この更新プログラムのロールアップに含まれるソフトウェア更新内容の一覧


更新プログラムのロールアップ 889669 に含まれるソフトウェア更新内容は以下のとおりです。
  • 888092 Internet Explorer 6 でカスタム Web プログラムを実行すると Mshtml.dll モジュールでエラー メッセージが発生し、Internet Explorer が終了することがある
  • 特定のファイルの種類に関連付けられているプログラムを Internet Explorer によって見つけられない問題の修正。この問題は、サーバーから返される content-type ヘッダーの後ろに文字セットなどの属性が追加されている場合に発生します。たとえば、サーバーから返されるコンテンツの種類が "text/xml; charset=utf-8" の場合、このファイルを開くためのプログラムを Internet Explorer によって見つけられないことがあります。この問題に関する「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料 871248 が公開されしだい、この資料は更新されます。
  • 873377 Internet Explorer 6 SP1 用の更新プログラムのロールアップ
  • 889293 [MS04-040] Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム

ファイル情報

更新プログラム (日本語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい更新プログラムがリリースされている可能性もあります。

Windows 2000 および Windows XP (32-Bit Edition) 用の Internet Explorer 6 Service Pack 1
元に戻す全体を表示する
ファイル名バージョン日付時刻サイズ
browseui.dll6.0.2800.16072004/11/1120:401,017,856
inseng.dll6.0.2800.14752004/11/1120:4069,632
mshtml.dll6.0.2800.14802004/11/1120:402,697,216
shdocvw.dll6.0.2800.16112004/11/2317:511,387,520
shlwapi.dll6.0.2800.16052004/11/1120:40402,432
urlmon.dll6.0.2800.14802004/11/1120:40451,584
wininet.dll6.0.2800.14802004/11/1120:40577,024

Windows XP (64-Bit Edition) 用の Internet Explorer 6 Service Pack 1
元に戻す全体を表示する
ファイル名バージョン日付時刻サイズフォルダ
wbrowseui.dll6.0.2800.16072004/11/1120:401,017,856wow
winseng.dll6.0.2800.14752004/11/1120:4069,632wow
wmshtml.dll6.0.2800.14802004/11/1120:402,697,216wow
wshdocvw.dll6.0.2800.16112004/11/2317:511,387,520wow
wshlwapi.dll6.0.2800.16052004/11/1120:40402,432wow
wurlmon.dll6.0.2800.14802004/11/1120:40451,584wow
wwininet.dll6.0.2800.14802004/11/1120:40577,024wow
browseui.dll6.0.2800.16072004/11/1120:422,869,760なし
inseng.dll6.0.2800.14752004/11/1120:42230,912なし
mshtml.dll6.0.2800.14802004/11/1120:429,116,160なし
shdocvw.dll6.0.2800.16112004/11/2317:523,669,504なし
shlwapi.dll6.0.2800.16052004/11/1120:421,117,696なし
urlmon.dll6.0.2800.14802004/11/1120:421,430,528なし
wininet.dll6.0.2800.14802004/11/1120:421,815,552なし

Windows 98、Windows 98 SE、Windows Me、および Windows NT 4.0 用の Internet Explorer 6 Service Pack 1
元に戻す全体を表示する
ファイル名バージョン日付時刻サイズ
browseui.dll6.0.2800.16072004/11/1120:401,017,856
inseng.dll6.0.2800.14752004/11/1120:4069,632
mshtml.dll6.0.2800.14802004/11/1120:402,697,216
shdocvw.dll6.0.2800.16112004/11/2317:511,387,520
shlwapi.dll6.0.2800.16052004/11/1120:40402,432
urlmon.dll6.0.2800.14802004/11/1120:40451,584
wininet.dll6.0.2800.14802004/11/1120:40577,024

アンインストール情報


Windows 2000 および Windows XP 用の Internet Explorer 6 Service Pack 1


この更新プログラムのロールアップを削除するには、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] (または [アプリケーションの追加と削除]) を使用します。この更新プログラムを示す項目は、Internet Explorer の更新プログラムではなく、Windows の更新プログラムとして表示されます。これは、従来の Internet Explorer の更新プログラムのロールアップからの変更点です。

システム管理者は、Spuninst.exe ユーティリティを使用してこの更新プログラムのロールアップを削除できます。Spuninst.exe ユーティリティは %Windir%\$NTUninstallKB889669$\Spuninst フォルダにあります。このユーティリティでは、以下のセットアップ スイッチを使用できます。
  • /? : インストール スイッチの一覧を表示します。
  • /u : 無人モードで実行します。
  • /f : コンピュータのシャットダウン時に他のプログラムを終了します。
  • /z : インストールの完了時に再起動しません。
  • /q : Quiet モードで実行します (ユーザー入力を必要としません)。

上記以外の Windows


この更新プログラムのロールアップを削除するには、コントロール パネルの [アプリケーションの追加と削除] で [Internet Explorer 889669] をクリックし、[変更と削除] または [追加と削除] をクリックします。

システム管理者は Ieuninst.exe ユーティリティを使用してこの更新プログラムのロールアップを削除できます。Ieuninst.exe は、このセキュリティ更新プログラムのロールアップにより %Windir% フォルダにインストールされます。このユーティリティでは、以下のセットアップ スイッチがサポートされています。
  • /? : サポートされているスイッチの一覧を表示します。
  • /z : インストールの完了時に再起動しません。
  • /q : Quiet モードで実行します (ユーザー入力を必要としません)。
たとえば、更新プログラムの内容を削除するときにユーザー入力を不要にするには、次のコマンドを使用します。
c:\windows\ieuninst /q c:\windows\inf\q889669.inf

: このコマンドでは、Windows が C:\Windows フォルダにインストールされていることを前提としています。

既知の問題


Windows XP 64-Bit Edition Version 2003

Windows XP 64-Bit Edition Version 2003 を実行するコンピュータで Internet Explorer 用の複数の累積的な更新プログラムの内容を正常に削除するには、最後にインストールした更新プログラムから順に削除する必要があります。たとえば、818529、828750 の順でインストールした場合は、828750、818529 の順に削除する必要があります。 この更新プログラムの適用後に発生する可能性のある既知の問題の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
325192 Internet Explorer または Windows に対する更新をインストールした場合の問題


Windows XP、Windows 2000、Windows NT 4.0、Windows Millennium Edition および Windows 98 Second Edition

  • Windows XP、Windows 2000、Windows NT Server 4.0、Windows Millennium Edition、または Windows 98 Second Edition を実行するコンピュータでは、更新プログラムのロールアップ 889669 を削除した後、Internet Explorer 用の以前の累積的な更新プログラム (重要な更新プログラム 818529 など) の内容を削除することはできません。この動作は仕様です。最後にインストールした累積的な更新プログラムについてのみ、削除がサポートされます。
  • この更新プログラムの適用後に発生する可能性のある既知の問題の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    325192 Internet Explorer または Windows に対する更新をインストールした場合の問題

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 889669 (最終更新日 2005-01-06) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 889669 - 最終更新日: 2005年3月18日 - リビジョン: 9.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Internet Explorer 6.0 Service Pack 1?を以下の環境でお使いの場合
    • Windows XP Embedded
    • the operating system: Microsoft Windows XP 64-Bit Edition Version 2002 SP1
    • Microsoft Windows 2000 Service Pack 4
    • Microsoft Windows 2000 Service Pack 3
    • Microsoft Windows NT 4.0 Service Pack 6a
    • Microsoft Windows Millennium Edition
    • Microsoft Windows 98 Second Edition
    • Microsoft Windows 98 Standard Edition
キーワード:?
kbbug kbfix kbsecvulnerability kbqfe kbsecurity kbsecbulletin KB889669
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com