インターネット情報サービス] MMC スナップインで、Web サイトを開始しようとすると「は別のプロセスによって使用されているため、プロセス ファイルにアクセスできません」のエラー メッセージが表示されます。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 890015 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

場合 Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインで、Web サイトを右クリックしをクリックして ボタンをクリックし、、Web サイトが起動しないし、次のエラー メッセージが表示されます。
別のプロセスによって使用されているため、プロセス ファイルにアクセスできません。
Microsoft IIS 6.0 を実行しているコンピューターでこの問題に発生します。この問題は、Microsoft IIS 7.0 および Windows Vista を実行しているコンピューターにも発生します。

さらに、IIS を実行している Microsoft Windows Server 2003 ベースのコンピューター上のシステム イベント ログに次の 2 つのイベントが記録される可能性があります。

イベント ソース: W3SVC
イベント ID: 1004年
説明: は、サイト '1' で 'http://*:80/' の URL プレフィックスを登録できません。サイトが非アクティブになりました。データ フィールドにエラー番号が含まれています。

イベント ソース: HTTP
イベント ID: 15005
説明: の基になるトランスポートにバインドできません。 Ip アドレス: 80 します。 [IP Listen-Only リストがこのコンピューターに存在しないインターフェイスへの参照が含まれている可能性があります。データ フィールドにエラー番号が含まれています。

Ip アドレス IIS を実行しているコンピューターの IP アドレスです。

原因

通常、1 つの場合にこの問題が発生またはの次の条件に当てはまります。
  • 別のプロセス ポート 80 またはポート 443 は IIS を実行しているコンピューターで使用されています。既定では、IIS とデフォルトの TCP ポートのポート 80 とポート 443 をセキュリティで保護されたソケット レイヤー (SSL) を使用します。
  • ListenOnlyList
    レジストリ サブキーは IIS を実行しているコンピューター上で正しく構成されていません。

解決方法

この問題を解決するには、Netstat.exe ユーティリティ コマンドラインで別のプロセスがポート 80 またはポート 443 を使用しているかどうかを使用する必要があります。

ポート 80 が使用されていない場合に、調査する必要があります、
ListenOnlyList
IIS を実行しているコンピューター上のレジストリ サブキー。これを行うには、次の手順を実行します。

重要: このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
  1. 管理者のアクセス許可を持つアカウントを使用して IIS を実行しているコンピューターにログオンします。
  2. クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] cmdプロパティ ].
  3. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力します。
    netstat ano
    Netstat.exe ユーティリティの詳細については、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。
    netstat/しますか?
  4. ポートが使用されていない場合は、かを確認する必要があります、
    ListenOnlyList
    IIS を実行しているコンピューター上のレジストリ サブキー。これを行うは次の手順をに従ってください。
    1. クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] をクリックし、プロパティ ].
    2. レジストリ エディターで、次のレジストリ サブキーを見つけます。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\HTTP\Parameters\ListenOnlyList
  5. 確認、
    ListenOnlyList
    サブキーには、有効な IP アドレスが含まれています。場合は、
    ListenOnlyList
    サブキーに無効な IP アドレスが、IP アドレスを削除するか変更する必要があります、
    ListenOnlyList
    有効な IP アドレスを反映するためにエントリをサブキーします。

    既定では場合は、
    ListenOnlyList
    サブキーが存在しない、IP アドレス 0.0.0.0 を使用します。ただし場合は、
    ListenOnlyList
    サブキーが存在し、0.0.0.0 の IP アドレスが表示される、別の IP アドレスと表示されません。その他の IP アドレスも指定された場合は、他の IP アドレスを削除してください。
  6. 変更する前に、
    ListenOnlyList
    サブキーは、IIS を実行しているコンピューター上で HTTP サービスを停止する必要があります。以下が手順例となります:
    1. クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] cmdプロパティ ].
    2. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
      net stop http
      次のメッセージが表示されます。
      次のサービス上の HTTP サービスに依存しています。
      HTTP サービスを停止する場合は、これらのサービスも停止します。

      World Wide Web のサービスを発行します。
      HTTP SSL

      この操作を続行しますか。(はい/いいえ)[N]:
      プレス Yをクリックし、ENTER キーを押します。

      Vista では、このメッセージでサービスの一覧では、次のサービスも含まれます。
      • UPnP デバイス ホスト
      • SSDP Discovery
      • スプーラーを印刷します。
      • 機能探索リソース公開
  7. レジストリ エディターで無効な IP アドレスを削除するには、IP アドレスを含む文字列値を右クリックし、クリックしてください 削除.IP アドレスの値を変更するには、[IP アドレスを含む文字列値を右クリックし、クリックしてください 変更.
  8. で、 [文字列を編集します。 ダイアログ ボックスで、適切な IP アドレスを入力、 [値のデータ [ ].
  9. レジストリ エディターを終了します。
  10. IIS を実行しているコンピューター上で HTTP サービスを再起動する必要があります。以下が手順例となります:
    1. クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] cmdプロパティ ].
    2. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力します。
      net start http
  11. HTTP SSL サービスと IIS を実行しているコンピューター上の World Wide Web 発行サービスを再起動することもする必要があります。以下が手順例となります:
    1. クリックしてください。 ボタンをクリックし、を指す 管理ツールプロパティ サービス.
    2. サービス MMC スナップインで、以下のサービスを右クリックし、クリックしてください ボタンをクリックし、:
      • World Wide Web のサービスを発行します。
      • HTTP SSL
    3. サービス MMC スナップインを閉じます。

プロパティ

文書番号: 890015 - 最終更新日: 2012年9月12日 - リビジョン: 7.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Internet Information Services 7.0
  • Microsoft Internet Information Services 6.0
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbmt KB890015 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:890015
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com