SharePoint Team Services セキュリティ更新プログラム (2005 年 2 月 8 日) について

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 890829 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

マイクロソフトは、Windows SharePoint Team Services セキュリティ更新プログラム (KB890829) をリリースしました。セキュリティ情報 MS05-006 には、ファイルの一覧情報、展開オプションを始め、SharePoint Team Services セキュリティ更新プログラムの関連情報がすべて記載されています。セキュリティ情報を参照するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。

詳細

FrontPage 2002 とトルコ語版のユーザー向け情報

SharePoint Team Services により Microsoft Office FrontPage 2002 がインストールされている場合、Microsoft Office ダウンロード Web サイトにアクセスすると、この更新プログラムをインストールするように促すメッセージが表示されることがあります。これは、このセキュリティ更新プログラムに、Microsoft Office FrontPage 2002 英語版とトルコ語版の両方を対象にした更新が含まれているためです。Microsoft Office ダウンロード サイトにアクセスするには、次のリンクをクリックしてください。
http://office.microsoft.com/ja-jp/officeupdate/default.aspx
この更新により、トルコ リラの値が TL 形式でのみ表示されるという、SharePoint Team Services および FrontPage 2002 の問題が解決されます。

: FrontPage 2002 は「詳細」セクションに記載されているセキュリティの問題の影響は受けません。それらのセキュリティの問題は SharePoint Team Services にのみ影響を与えます。

SharePoint Team Services または FrontPage 2002 で "Currency" (通貨) 列を追加したときに、トルコ リラの値を以前の TL 形式および新しい YTL 形式の両方で表示するように列を構成するためのオプションが表示されません。

この問題、およびこの更新プログラムをインストールしてトルコ リラの問題を解決する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
890850 SharePoint Team Services および FrontPage 2002 で、トルコ リラの値を以前の TL 形式と新しい YTL 形式の両方で表示することができない
トルコ リラの新しい通貨単位をサポートする新機能の使用方法の関連情報については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://office.microsoft.com/ja-jp/assistance/HA011597031033.aspx

SharePoint Team Services セキュリティ更新プログラム (KB890829) で修正される問題

SharePoint Team Services のセキュリティ更新プログラム (KB890829) を適用することにより、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) にこれまで記載されていなかった以下の問題が修正されます。
  • 日本語版の SharePoint Team Services を使用して SharePoint Team Services Web サイトに接続すると "ここを参照するリストのリストまたはビューはありません" というエラー メッセージが表示される


    管理者がサーバー チェック機能を使用してルート Web サイトのデータベースの同期を行っている場合、ルート Web サイトのサブ Web をベースにしている SharePoint Team Services Web サイトに管理者の資格情報を持っていないユーザーが接続すると、そのユーザーに以下のエラー メッセージが表示されます。
    ここを参照するリストのリストまたはビューはありません。
  • SharePoint Team Services Web サイトへの匿名アクセスを無効にしても、共有ドキュメント フォルダで Everyone グループに割り当てられたアクセス許可が削除されない


    SharePoint Team Services Web サイトへの匿名アクセスを無効にしても、共有ドキュメント フォルダに設定されているアクセス許可を表示すると、Everyone グループに依然として "フォルダの内容の一覧表示" のアクセス許可が割り当てられています。共有ドキュメント フォルダ内のファイルに設定されているアクセス許可を表示すると、Everyone グループに依然として "読み取り" のアクセス許可が割り当てられています。このため、SharePoint Team Services Web サイトへのアクセス許可がないユーザーでも、共有ドキュメント ライブラリのドキュメントにアクセスできます。

    : 共有ドキュメント フォルダは、以下の場所にあります。
    Drive:\Inetpub\Wwwroot
  • Microsoft FrontPage 2002 Web サイトで Filelist.xml にリンクされている Web ページを開くときに FrontPage 2002 が応答を停止することがある


    この現象は、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の以下の資料に記載されている修正プログラムをインストールした後に発生することがあります。
    822821 FrontPage 2002 Service Pack 2 以降の修正プログラム パッケージ (2003 年 6 月 13 日) について
  • SharePoint Team Services Web サイトのハイパーリンクをクリックすると、以下のエラー メッセージが表示されることがある
    ここを参照するリストのリストまたはビューはありません。
    この問題は、SharePoint Team Services Web サイトのルート Web に対して他のユーザーがデータベースの同期コマンドを実行した場合に発生することがあります。他のユーザーがこのコマンドを実行すると、Web ページに含まれているリストが破損することがあります。


SharePoint Team Services セキュリティ更新プログラム (KB890829) に含まれている更新


仮想サーバーを拡張するときに統合 Windows 認証を有効にするためのパラメータをコマンド ライン ツール Owsadm.exe に追加


この更新により、コマンド ライン ツール Owsadm.exe に新しいパラメータが追加されます。この新しいパラメータ enablentlm を使用して、Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) 6.0 の仮想サーバーで統合 Windows 認証を有効にすることができます。コマンド ライン ツール Owsadm.exe で新しいパラメータ enablentlm を使用する方法の例を以下に示します。
  • コマンド ライン ツール Owsadm.exe を使用して仮想サーバーを拡張するとき、統合 Windows 認証を有効にするには、以下のコマンドを使用します。
    owsadm -o install -p 80 -u administrator -enablentlm
  • コマンド ライン ツール Owsadm.exe を使用して管理仮想サーバーを作成するとき、統合 Windows 認証を有効にするには、以下のコマンドを使用します。
    owsadm -o setadminport -p 8080 -enablentlm

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 890829 (最終更新日 2005-02-25) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 890829 - 最終更新日: 2007年12月4日 - リビジョン: 4.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SharePoint Team Services
  • Microsoft Office XP Professional
  • Microsoft FrontPage 2002 Standard Edition
  • Microsoft Office XP Small Business Edition
  • Microsoft Office XP Standard
  • Microsoft Office XP Standard Edition for Students and Teachers
  • Microsoft Office XP Developer Edition
キーワード:?
kbbug kbfix kbsecvulnerability kbqfe kbsecurity kbsecbulletin kbupdate atdownload KB890829
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com