Windows Media デジタル著作権管理 (DRM) 対応プレーヤー用の更新プログラムについて

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 891122 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Microsoft Windows Media デジタル著作権管理 (DRM) システム用の更新プログラムについて説明します。この更新プログラムを使用することにより、Windows Media DRM システムの堅牢性をより高めることができます。

はじめに

この更新プログラムを使用すると、Windows Media DRM システムの堅牢性をより高めることができます。また、エンド ユーザーのコンピューターにインストールされる 2 つのコンポーネントにより、整合性チェックが DRM システムに追加されます。ライセンスの発行者は、ライセンスの発行または更新の前に各エンド ユーザーのコンピューターが更新済みであるかどうかを検証できます。エンド ユーザー用の更新プログラムでは、以下の操作が必要です。
  1. Windows Media Format ランタイム コンポーネントの更新

    注: Windows Media Format SDK ベースのアプリケーションを変更する必要はありません。この更新プログラムの影響を受けるのは、再頒布可能なランタイム コンポーネントのみです。ただし、ISV は、新しいランタイム コンポーネントをアプリケーションに含めることを推奨します。
  2. アプリケーションでの DRM コンポーネントの再個別化

詳細

ソフトウェア更新プログラム情報

マイクロソフトでは、現在この問題を修正する更新プログラムを提供中ですが、更新プログラムはこの資料に記載された問題のみを修正することを目的としています。

この問題を解決するには、Microsoft Product Support Services にお問い合わせのうえ、更新プログラムを入手してください。Microsoft Product Support Services の電話番号一覧およびサポート料金については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=fh;[LN];CNTACTMS
注: マイクロソフトのテクニカル サポート担当者が、特定の更新プログラムを適用することにより問題が解決されると判断した場合、まれに通常サポート依頼にかかる料金が免除されることがあります。ただし、特定の更新プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。

Windows Media Format 9.5 Runtime

下記のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
WindowsMedia-KB891122-x86 パッケージ
ファイル情報
更新プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい更新プログラムがリリースされている可能性もあります。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
   日付            時刻    バージョン         サイズ       ファイル名
   --------------------------------------------------------------
28-Jan-2005  18:44  10.0.0.3802       294,912  Blackbox.dll
28-Jan-2005  18:44  10.0.3790.3802    164,864  Cewmdm.dll
28-Jan-2005  18:44  10.0.0.3802       258,296  Drmclien.dll
28-Jan-2005  18:44  10.0.0.3802        96,768  Drmstor.dll
28-Jan-2005  18:44  10.0.0.3802       173,304  Drmupgds.exe
28-Jan-2005  18:44  10.0.0.3802       502,272  Drmv2clt.dll
28-Jan-2005  18:44  10.0.0.3802         6,656  Laprxy.dll
28-Jan-2005  18:44  10.0.0.3802        96,768  Logagent.exe
28-Jan-2005  18:44  10.0.0.3802       142,336  Msnetobj.dll
28-Jan-2005  18:44  10.0.3790.3802     25,088  Mspmsnsv.dll
28-Jan-2005  18:44  10.0.3790.3802    173,568  Mspmsp.dll
28-Jan-2005  18:44  10.0.0.3802       364,784  Msscp.dll
28-Jan-2005  18:44  10.0.3790.3802    315,904  Mswmdm.dll
28-Jan-2005  18:44  10.0.0.3802       221,184  Qasf.dll
28-Jan-2005  18:44  5.2.3790.1230      47,104  Uwdf.exe
28-Jan-2005  18:44  5.2.3790.1230      15,872  Wdfapi.dll
28-Jan-2005  18:44  5.2.3790.1230      38,912  Wdfmgr.exe
28-Jan-2005  18:44  10.0.0.3802       396,528  Wmadmod.dll
28-Jan-2005  18:44  10.0.0.3802       716,288  Wmadmoe.dll
28-Jan-2005  18:44  10.0.0.3802       224,768  Wmasf.dll
28-Jan-2005  18:44  10.0.3790.3802     28,160  Wmdmlog.dll
28-Jan-2005  18:44  10.0.3790.3802     33,792  Wmdmps.dll
28-Jan-2005  18:44  10.0.0.3802       335,872  Wmdrmdev.dll
28-Jan-2005  18:44  10.0.0.3802       290,816  Wmdrmnet.dll
28-Jan-2005  18:44  10.0.0.3802       150,016  Wmidx.dll
28-Jan-2005  18:44  10.0.0.3802     1,027,072  Wmnetmgr.dll
28-Jan-2005  18:44  10.0.0.3802       774,904  Wmsdmod.dll
28-Jan-2005  18:44  10.0.0.3802     1,119,744  Wmsdmoe2.dll
28-Jan-2005  18:44  10.0.0.3802       819,200  Wmsetsdk.exe
28-Jan-2005  18:44  10.0.0.3802       413,944  Wmspdmod.dll
28-Jan-2005  18:44  10.0.0.3802       940,544  Wmspdmoe.dll
28-Jan-2005  18:44  10.0.0.3802     1,218,808  Wmvadvd.dll
28-Jan-2005  18:44  10.0.0.3802     1,512,448  Wmvadve.dll
28-Jan-2005  18:44  10.0.0.3802     2,370,296  Wmvcore.dll
28-Jan-2005  18:44  10.0.0.3802       895,736  Wmvdmod.dll
28-Jan-2005  18:44  10.0.0.3802     1,003,008  Wmvdmoe2.dll
28-Jan-2005  18:44  5.2.3802.3802      61,952  Wpdconns.dll
28-Jan-2005  18:44  5.2.3802.3802     114,176  Wpdmtp.dll
28-Jan-2005  18:44  5.2.3802.3802     331,776  Wpdmtpdr.dll
28-Jan-2005  18:44  5.2.3802.3802      66,560  Wpdmtpus.dll     
28-Jan-2005  18:44  5.2.3802.3802     331,264  Wpdsp.dll
28-Jan-2005  18:44  5.2.3802.3802      10,752  Wpdtrace.dll
28-Jan-2005  18:44  5.2.3802.3802      18,944  Wpdusb.sys
28-Jan-2005  18:44  5.2.3802.3802      38,912  Wpd_ci.dll

ソフトウェア更新プログラムのアンインストール情報

この更新プログラムを削除するには、プログラムの追加と削除を使用して Windows Media Format Runtime をアンインストールする必要があります。
ライセンス取得処理の間に、コンテンツ サービスは、コンポーネントのバージョンを確認することで、サービスのエンド ユーザーがコンピューターを更新済みかどうかを検出できます。コンテンツ サービスは、ライセンス サーバー上で Windows Media Rights Manager SDK を使用して、クライアントからバージョン情報を取得し、継続方法を判断できます。以下のいずれかの方法で、ライセンス サーバーでクライアントに更新プログラムがあるかどうかを判断できます。
  • ユーザーのオペレーティング システムのバージョンを特定する
    第一に、Windows Media DRM システムの更新プログラムは、Microsoft Windows XP のユーザーのみが使用できます。クライアント側のコードを使用して、ユーザーのオペレーティング システムのバージョンを特定します。

    コンテンツ サービスは、適用可能な更新プログラムがまだ存在しないコンピューターに対してライセンスを発行できます。発行しない場合は、DRM ランタイム コンポーネントが使用しているオペレーティング システムで利用できるようになるまでライセンスが無効になることをユーザーに通知する必要があります。
  • クライアントの Windows Media Format ランタイム コンポーネントのバージョンを特定する
    ユーザーのプレーヤーのベースになっている Windows Media Format ランタイム コンポーネントのバージョンを特定します。WMRMChallenge.ClientVersion プロパティを使用してこの値を取得します。更新されたクライアントのバージョンは 10.00.00.3802 です。更新されたランタイム コンポーネントをインストールするには、「詳細」に記載されている URL にユーザーをリダイレクトします。
  • 個別化用の DRM コンポーネントのセキュリティ バージョンを特定する
    DRM コンポーネントのセキュリティ バージョンを特定します。バージョン番号は、クライアントでプレーヤーの個別化が必要かどうかを示します。Windows Media Rights Manager SDK にはセキュリティ バージョンを特定する複数の方法がありますが、WMRMLicGen.GetClientVersion メソッドの結果の値はデジタル署名されているため、このメソッドの使用をお勧めします。このデジタル署名された値は改ざんされることはありません。このメソッドの pvarVersion パラメーターの値は、a.b 形式のセキュリティ バージョンを示します。
    a*256 + b (For example, a security version of 2.4 returns a value of 516.)
    更新済みのクライアントのセキュリティ バージョンは、2.5 またはそれ以降です。516 以下の値の場合は、クライアントで個別化が必要です。ユーザーを次のマイクロソフト Web サイトにリダイレクトすることで、個別化を開始できます。
    http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=41436
注: ライセンス サーバーでクライアント コンポーネントのバージョンを特定するには、先にライセンス サーバーの構成情報を更新する必要があります。これを行うには、次のマイクロソフト Web サイトで、[Download the latest License Server information] をクリックします。
http://licenseserver.windowsmedia.com
Windows Media License Service を実行している各コンピューターでこの更新を実行する必要があります。

ソフトウェア更新プログラムに関する用語の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 891122 - 最終更新日: 2012年11月30日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Media Format 9.5 Software Development Kit
  • Microsoft Windows Media Player 10
  • Microsoft Windows Media Player 9 Series
キーワード:?
kbresolve atdownload kbfix kbqfe KB891122
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com