更新のリモート インストール サービス機能は Windows Server 2003 Service Pack 1 および x x64 ベース バージョンの Windows Server 2003

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 891128
重要です レジストリの変更に関する情報を掲載しています。レジストリを変更する前に、必ずバックアップし、問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を理解しているかどうかを確認してください。バックアップ、復元、およびレジストリを編集する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明」
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、64 ビット版の Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) および 64 ビットのオペレーティング システム イメージは、エンタープライズ環境で展開する方法を実行しているコンピューターで利用できる、新しいリモート インストール サービス (RIS) の変更について説明します。さらに、新機能とは、Risetup.exe と Riprep.exe ツール、クライアント インストール ウィザードで、および、x8664.osc 画面の機能を説明します。

はじめに

RIS の機能は、組織全体のコンピューターのオペレーティング システムをインストールする作業を簡略化します。コンピューターが初期ブート プロセス中に、サーバーは、Windows のローカル インストールを制御するネットワーク サーバーに接続するためのメカニズムを提供します。これは、いずれかを新しいコンピューターにオペレーティング システムの正しい構成をインストールするのにはまたは、障害が発生したコンピューターを以前のオペレーティング システムの構成に復元するために使用できます。Windows Server 2003 SP1 を実行しているコンピューターでは、RIS は、Windows Server 2003 SP1 x 64 ベースのサーバー上で実行をサポートします。X64 の展開イメージをリモート インストール サービスのセットアップ ウィザード (Risetup.exe) と、リモート インストール準備ウィザード (Riprep.exe) を使用してさらに、RIS サポート) 任意のアーキテクチャの RIS の Windows Server 2003 SP1 サーバーから (x64、ia-64、および x86)。

詳細

警告 レジストリ エディターを誤って使用する場合は、os の再インストールが必要となる深刻な問題があります。マイクロソフトは、レジストリ エディターの誤用により発生した問題を解決できることを保証できません。お客様の責任においてレジストリ エディターを使用します。

RIS コンピューターにオペレーティング システム イメージを追加するのには、2 とおりの方法があります。RIS のセットアップ ウィザード (Risetup.exe) またはリモート インストール準備ウィザード (Riprep.exe) を使用できます。

リモート インストール サービスのセットアップ ウィザードを使用します。

Risetup.exe を使用して作成されたイメージは、Windows CD-ROM から組み込まれているイメージです。画像を追加すると、Windows セットアップ ファイルを CD-ROM またはネットワーク共有上のパスを指定してください。次の 3 つの方法のいずれかを使用して Risetup.exe イメージを追加できます。

方法 1

新しいオペレーティング システム イメージを RIS サーバーに追加します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. RIS コンピューターをクリックします。 開始、ポイント プログラム、し 管理ツール.
  2. 下にあります。 リモート インストール サービスのセットアップをクリックして 新しいオペレーティング システム イメージを追加します。 .

方法 2

RIS コンピューターで、コマンド プロンプトで入力します。 RISETUP/add、し、ENTER キーを押します。

方法 3

イメージを追加するのには、追加のインストール イメージの新規作成ウィザードを使用します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始、し 実行.
  2. で、 ファイルを開く ボックスの種類 「Dsa.msc」、し [OK]
  3. RIS コンピューターをクリックします。 プロパティ で、 アクション メニューです。
  4. クリックしてください。 リモート インストール クリックしてください。 高度なをクリックして イメージ、し 新しいインストール イメージを追加します。.
  5. 、画像の名前を入力し、をクリックしてください [OK].
X の x64 Risetup.exe イメージを追加または Windows Server 2003 Service Pack 1 より前 (x86 または ia-64 の x) を実行している RIS コンピューターがある場合は、次のエラー メッセージが表示されます。
サーバー上のインストール イメージを設定するために必要なファイルが見つかりませんでした。イメージ ソースが壊れている、またはソースが有効な Windows インストール ソースではありません可能性があります。入力されたパスは有効な Windows インストール ソースを指していることを確認してください。
このエラー メッセージは、以外の Windows Server 2003 SP1 バージョンの Risetup.exe ファイルは 64 ビット イメージの構造を理解していないために発生します。Risetup.exe CD-ROM イメージ ソースには、I386 フォルダーが検索されます。ただし、Risetup.exe のすべてのファイル フォルダーの場所を見つけることができず。したがって、Risetup.exe イメージ ソース ファイルがなく、次のエラー メッセージが生成されますを解釈します。

リモート インストールの準備ウィザードを使用します。

Riprep.exe イメージは、ファイル システム ベースのイメージは、RIS コンピューター上にあるもです。ただし、Risetup.exe イメージとは異なり、Riprep.exe イメージと同様に、サード パーティ製ディスク イメージング ツールや Windows システム準備ツール (Sysprep.exe) を使用して作成されたハード ディスク ・ イメージ. します。Riprep.exe イメージは、オペレーティング システムの構成、プログラム、設定、およびデスクトップのカスタマイズをキャプチャして、組織内のクライアント コンピューターに展開しようとしていますが、マスター コンピューターで、Riprep.exe を実行することによって作成されます。

Riprep.exe ファイルの 64 ビット バージョンは、クライアントとサーバーのバージョンの Windows Server 2003 の 64 ビット版に含まれています。

Riprep.exe イメージごとに、バックアップ コピーのイメージが必要です。そのため、64 ビット版 Windows Server 2003 SP1 のイメージを Riprep.exe を作成するには、Risetup.exe イメージは Windows Server 2003 SP1 x 64 をまず、RIS コンピューターに読み込まなければなりません。X 64 イメージの最初の Risetup.exe ロード時、次の 64 ビット ファイル Riprep.exe を x 64 Risetup.exe イメージの場所からコピーされます。
  • Riprep.exe
  • Riprep.inf
  • Setupcl.exe
メモ イメージの場所はローカル ダウンロード フォルダーまたは CD-ROM です。

これらのファイルは、\RemoteInstall\Admin\Amd64 フォルダーに置かれます。また、ファイルのバージョンを確認、次のファイルの最新バージョンが RIS サーバー上で含まれてことを確認してになります。
  • Riprep.exe
  • Riprep.inf
  • Setupcl.exe
場合は、ファイルのバージョンにコピーされた x64 Risetup.exe イメージは、既存の x64 より新しいバージョン、RIS コンピューターに、RIS コンピューター バージョンが入手可能な最新バージョンのファイルが含まれている更新されます。Riprep.exe、Riprep.inf、および Setupcl.exe ファイルとの互換性です。X 64 バージョン x 64 の Risetup.exe イメージと同じであるコピーまたは、RIS コンピューター x 64 バージョンよりも古いのでは、RIS コンピューター上のファイルは変更されませんとします。

オペレーティング システムの選択] ダイアログ ボックスのファイル (.osc)

64 ビット版のクライアント インストール ウィザード (CIW) と RIS サーバー アーキテクチャは、Windows Server 2003 SP1 の実行 (x86、ia-64、および x64)、CIW 画面と 32 ビットの選択範囲に加えられた変更が発生しました、64 ビット windows オペレーティング システムが利用可能な。X8664.osc 画面は、新しい 64 ビットの画面が入手可能です。X8664.osc ファイル フィルターまたは x 64 の RIS クライアント用のアーキテクチャに基づいてオペレーティング システムの選択肢を制限、管理者ことができます。

最初の Windows Server 2003 SP1 の Risetup.exe イメージをコピーすると、選択プロセスを支援するには、x8664.osc ファイル次のフォルダーの場所に追加されます。
\RemInst\OSChooser\言語
Windows Server 2003 Server SP1 Risetup.exe イメージの最初のイメージは、RIS コンピューターにアップロードする場合、既定では、新しい x8664.osc ファイル作成されます。最初の Windows Server 2003 Server SP1 の Ripsetup.exe イメージを追加すると、RIS コンピューター上に既存のイメージがある場合、上書きまたはバックアップを作成し、新しい画面を取得するのには、インストール時に .osc 画面を上書きするオプションを選択してください。

メモ イメージの Risetup.exe 時に .osc 画面を上書きするオプションを選択した場合はカスタム動作や .osc 画面フローで自動化が失われる可能性があります.

X8664.osc ファイルは 32 ビット オペレーティング システムの選択肢をユーザーに表示されるがするかどうか x86 または 64 ビットの x は、クライアント コンピューターを起動する場合は 64 x 64 プラットフォーム上で実行しているを決定する使用されます。この動作は x8664.osc ファイルに、適切なインストールの種類の手動選択で制御されます。X8664.osc ファイルの手動選択以外にも、x86 または x64 イメージを 1 つだけのアーキテクチャを参照してくださいすべての 64 ビット版クライアントを強制することができますは、新しいレジストリ エントリは。DefaultPlatformforX8664 次のレジストリ キーの値にこのレジストリ エントリがあります。
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\BINLSVC\Parameters
など"i386"するには、レジストリ値を設定すると、i386 オペレーティング システム イメージのみが oschoice.osc 画面に表示です。レジストリ値"amd64"に設定すると、x 64 オペレーティング システム イメージのみが oschoice.osc 画面に表示されます。レジストリ値が設定されていない場合は、ユーザーの入力を求める x8664.osc 画面が既定の動作になります。次の 2 つのオプションのいずれかを選択できます。
  • Microsoft Windows 32-bit Edition をインストールします。
  • 64 ビット版の Microsoft Windows をインストールします。
最初のオプションを選択すると、32 ビットのオペレーティング システム インストール イメージのみがインストールされます。だけ 1 つの 32 ビットのオペレーティング システム イメージが存在する場合は、CIW は直接 Warning.osc 画面に続行します。2 番目のオプションを選択すると、64 ビットのオペレーティング システム インストール イメージのみがインストールされます。のみ 1 つの 64 ビットのオペレーティング システム イメージが存在する場合は、CIW は直接 Warning.osc 画面を続行します。

X8664.osc ファイルには、次の機能も含まれています。
  • X8664.osc 画面は、x64 でのみ表示されますクライアント コンピューター。X86 と IA 64 ベースのコンピューターが新しい画面は表示されません。
  • Windows Server 2003 SP1 の Risetup.exe イメージまたは Microsoft Windows XP x64 イメージ上の RIS サーバーが存在しない場合は、この新しい動作は確立されません。これは、Windows XP x64 Risetup.exe イメージを最初は Windows サーバー 2003 SP1or のアップロードされるまで、新しい x8664.osc 画面がサーバーにコピーされないためにです。また、新しい動作管理者、下位レベルのオペレーティング システムには、Risetup.exe を実行すると管理者が .osc 画面を上書きする選択は確立されません。たとえば、Windows Server 2003 SP1 サーバーがある、Windows Server 2003 SP1 の Risetup.exe イメージをアップロードし、.osc 画面を上書きします。ここでは、新しい動作があります。ただし、Windows Server 2003 SP1 ではないバージョンの Risetup.exe イメージをサーバーにアップロードし、画面を上書きする場合は、この動作が失われます。この変更は、現在使用している画面以外で SP1 バージョン変更が含まれていないために発生します。
  • 最初の x64 のアップロード中に、新しい x8664.osc ファイルがコピーされなかった場合 Risetup.exe イメージは、新しい機能が確立されます。たとえば、管理者は既存の .osc 画面を保持して、x の x64 Risetup.exe イメージを作成すると、新しい .osc 画面をコピーしません。

    X64 を制限する新しい機能を取得するのには RIS クライアント コンピューター ビュー x86 32 ビットまたは x64 64 ビットのオペレーティング システム イメージ、新しい .osc 画面を存在する必要があり、RIS サーバーに Windows Server 2003 SP1 が実行されている必要があります。
  • X8664.osc ファイルのコードをメモ帳で表示すると、"既定の Windows のインストール"のオプションが表示されます。Windows の既定のインストール オプション、x8664.osc ファイルをユーザーが介入しなくても自動的に処理することができます。この現象は、クライアント コンピューターは、64 ビット版がありますので必要です。クライアント コンピューターが x86 または ia-64 あるかどうかは、カスタム インストール ウィザードが自動的に続行され、x8664.osc ファイル内の入力を求めるされません。

メンテナンスとトラブルシューティング メニュー (Tools.osc と Tlchoice.osc)

2 つのメンテナンスとトラブルシューティング メニュー、Tools.osc ファイルでいた機能は x 64 を使用する場合は Tlchoice.osc ファイルは、新しい画面に移動します。

[クライアント インストール ウィザード] からオペレーティング システム イメージを展開するをクリックしたときにかかることがあります 2 つのパスがあります。最初のパスには 'Automatic Setup'、または ' Tu' Choice.osc ファイルからの選択が含まれます。これらのオプションのいずれかを選択すると、いずれかが存在しない場合は、コンピューター アカウント、Active Directory 内に作成されます。コンピューター アカウントが存在しない場合は、RIS のアカウントは Active Directory に格納されている、ポリシーに基づいて、ユーザーの代わりを作成します。コンピューター アカウントが既に存在する場合は、ユーザーがコンピューターの名前と場所の両方のコンピューター アカウントを作成する組織単位 (OU) を使用してできます。2 番目のパスのメンテナンスとトラブルシューティングの Choice.osc ファイルからオプションを選択します。コンピューター アカウントを作成していなかったため、インストール方法から 1 つとは異なります。メンテナンスからオペレーティング システムを起動し、トラブルシューティングのオプションの最もよく使用される Windows プレインストール環境 (WinPE) でオペレーティング システムの展開のために起動しています。WinPE は、通常、一時的に [オペレーティング システムのイメージを適用する前に開始されるため、WinPE ベース コンピューターを起動するとコンピューター アカウントは Active Directory に作成されません。

WinPE ベース イメージが表示されます 2 つの方法がありますメンテナンスとトラブルシューティングのオプション、Choice.osc ファイルからの下:
  • Imagetype 設定 [OSChooser] セクション、Ristndrd.sif ファイルを WinPE を = します。
  • \Images フォルダーと同じレベルに \Tools フォルダーを作成します。たとえば、\RemoteInstall\Setup\言語\ は、\Tools フォルダーに、WinPE イメージを含むフォルダー構造を配置すること。
X の x64 ベースのコンピューターは、32 ビットまたは 64 ビットのメンテナンスとトラブルシューティング ツールを実行できます。選択プロセスを支援するには、Tools.osc 画面、x8664.osc ファイルに表示される、同じ選択の動作をエミュレートします。Choice.osc ファイルのメンテナンスとトラブルシューティングを選択すると、新しい Tools.osc 画面がユーザーには、次の 2 つのオプションが表示されます。
  • 32 ビットのツールを表示
  • 64 ビット ツールを表示
最初のオプションを選択すると、Tlchoice.osc ファイルに 32 ビット ツールのみが表示されます。2 番目のオプションを選択すると、Tlchoice.osc ファイルで唯一の 64 ビット ツールが表示されます。

Tlchoice.osc と Choice.osc ファイルには、次の機能が含まれています。
  • Tools.osc 画面のみ表示が x64 ベースのクライアント コンピューター。x 86 ベースおよび IA 64 ベースのクライアント コンピューターは、画面は表示されません。
  • Windows Server 2003 SP1 の Risetup.exe イメージまたは Microsoft Windows XP x64 ベースのイメージを RIS サーバーに存在しない場合は、新しい機能はありません。これは、新しい Tlchoice.osc 画面と、Tools.osc ファイルをサーバーに Windows Server 2003 SP1 または Windows XP x64 Risetup.exe イメージの最初のアップロードまでコピーされないためにです。
  • 最初の x64 のアップロード時に、Tlchoice.osc、Tools.osc ファイルはコピーされません Risetup.exe イメージ。たとえば、既存の .osc 画面を保持し、x 64 Risetup.exe イメージ作成時に、新しい .osc 画面をコピーせずに、管理者を選択します。したがって、新しい機能はありません。制限する新しい機能を取得するのみ x86 32 ビットまたは x64 64 ビットのメンテナンスとトラブルシューティング ツールは、新しい .osc 画面である必要があります配置し、レジストリ値にする必要があります構成する適切なを表示するのには x64 ベースの RIS クライアント コンピューター。
  • X8664.osc 画面の動作の自動設定とカスタム設定の選択肢で DefaultPlatformForX8664 レジストリ値を制御します。DefaultPlatformForX8664 レジストリ値は、メンテナンスおよびトラブルシューティングの動作も制御します。DefaultPlatformForX8664 レジストリ キーの詳細については、「オペレーティング システムの選択] ダイアログ ボックス」を参照してください。
  • 3 番目のオプション、既定値は、Tools.osc 画面ソースを参照してください Windows のインストールです。このオプションは、Tools.osc ファイルをユーザーが操作しなくても自動的に処理できます。この現象は、次の 2 つの原因が必要です。
    • 起動するクライアント コンピューターが x64 プラットフォームを使用しないことがあります。クライアント コンピューターが x86 または ia-64 プラットフォーム使用されてかどうか、クライアント インストール ウィザードを使用してインストールを自動的に続行され、Tools.osc での入力を求めるされません。
    • Ia-64 の Risetup.exe イメージと Windows Server 2003 SP1 x 86、Windows Server 2003 RIS サーバー上に置かれます場合は、新しい Tools.osc ファイルは、Windows Server 2003 RIS サーバーに配置できます。Server 2003 SP1 イメージのイメージのアップロード時に .osc 画面を置換するオプションを選択した場合は、ただし、こののみ発生します。

      メモ Windows Server 2003 SP1 よりも前、RIS サーバー バージョン ロジック プロセス新しい [表示 32 ビット ツール] と [ディスプレイ 64 ビット ツール] オプションは、Tools.osc ファイルにはありません。既定のオプションであるため、処理、あらかじめ値が、唯一のメニューの選択入力、画面は省略されます。
  • Pre-Windows Server 2003 SP1 の Tools.osc 画面の再利用には、メンテナンスおよびトラブルシューティングのオプションを画面メニューの順序を変更されています。Windows Server 2003 SP1 より前のバージョンの Windows Server 2003 でメニューの順序は、Choice.osc 画面] をクリックし、[Tools.osc 画面です。Windows Server 2003 SP1 では、Choice.osc 画面、Tools.osc 画面と Tlchoice.osc 画面メニュー順序になります。Tools.osc ファイルを画面に変更だけでなく、自動] および [ユーザー設定] メニュー オプションを画面に変更されても。Windows Server 2003 SP1 より前のバージョンの Windows Server 2003 で自動選択メニューの画面順序 Choice.osc ファイル、Osauto.osc ファイル、および oschoice.osc 画面ファイルをしました。Windows Server 2003 SP1 では、Choice.osc ファイル、Osauto.osc ファイル、X8664.osc ファイル、および、oschoice.osc 画面ファイルの画面順序です。Windows Server 2003 SP1 より前のバージョンの Windows Server 2003 でカスタム メニューの画面順序 Choice.osc ファイル、Custom.osc ファイル、Oscust.osc ファイル、および、oschoice.osc 画面ファイルをしました。Windows Server 2003 SP1 では、カスタム メニューの画面は、Choice.osc ファイル、Custom.osc ファイル、Oscust.osc ファイル、X8664.osc をし oschoice.osc 画面のファイルです。

X x64 ベース バージョンの Microsoft Windows のテクニカル サポートについて

テクニカル サポートおよび x x64 ベース バージョンの Windows については、ハードウェアの製造元を提供します。X x64 ベース バージョンの Windows がハードウェアに搭載されているため、ハードウェアの製造元のサポートを提供します。ハードウェアの製造元固有のコンポーネントのインストールを Windows をカスタマイズしている可能性があります。独自のコンポーネント固有のデバイス ドライバーがありますか、ハードウェアのパフォーマンスを最大化するオプションの設定を含めることができます。X x64 ベース バージョンの Windows とテクニカル ヘルプが必要な場合は、マイクロソフトの合理的なサポートを提供します。ただし、製造元に直接問い合わせる必要があります。製造元は、製造元のハードウェアがインストールされているソフトウェアをサポートする最適な修飾されます。

については、Microsoft Windows XP Professional x64 Edition の製品情報については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windowsxp/64bit/default.mspx
製品情報については x x64 ベース バージョンの Microsoft Windows Server 2003、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windowsserver2003/64bit/x64/editions.mspx

プロパティ

文書番号: 891128 - 最終更新日: 2011年8月3日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbsetup kbwinservsetup kbmt KB891128 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:891128
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com