コンピューター ハードウェアを変更した後、保護されたコンテンツを再生することができません可能性があります。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 891664 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

マイクロソフト Windows メディア デジタル著作権管理 (DRM) システムは、コンピューターのハードウェアを変更した場合動作しません。保護されたコンテンツを再生できない場合があります。保護されたコンテンツには、コンテンツ購入し、オンライン ストアからダウンロードした曲などにはが含まれます。

次のエラー メッセージが表示されます。
エラー メッセージ 1
メディア ファイルのライセンスが壊れています
エラー メッセージ 2
ライセンスが壊れているか、無効です。
エラー メッセージ 3
パッケージ化されたメディアを再生するライセンスが無効です。
エラー メッセージ 4
C00D277F - セキュリティの格納保護エラー。以前のバックアップからライセンスを復元してください。

原因

この問題は Windows Media DRM システム、コンピューターのハードウェア構成に基づいた情報を保持しているために発生します。特定のコンポーネントを変更すると、Windows Media DRM は、変更を表示ことがあります権限保護されたコンテンツを別のコンピューターに移動しようとするため動作しません。

場合 1 つまたは複数、以下の変更、コンピューターのハードウェアがこの問題が発生する可能性があります。
  • 最近、CPU やマザーボードなどのハードウェア コンポーネントを変更します。
  • CPU ハイパー スレッディングを無効にするなどのハードウェア コンポーネントに影響する、コンピューターの基本入出力システム (BIOS) の設定のいずれかを変更します。
  • ハード ディスク ドライブは 1 台のコンピューターから別のコンピューターに移動。

解決方法

この問題を解決するには、コンピューターは元の BIOS 設定を切り替えるには、元のハードウェア構成を復元します。コンピューターを復元する可能性がありますこれらの問題を修正します。ハードウェア構成、BIOS の設定を復元することによって、DRM の問題を解決できる場合と、将来のハードウェア コンポーネントを変更する場合は、1 〜 5 のこのセクションの手順を実行します。ハードウェアに変更を加えていない場合、またはハードウェアの構成を復元する問題が解決しない場合は、手順 3 〜 5 を実行します。

注意直接ステップ 3 に移動し、ライセンスの最新のバックアップがない場合は、以前にダウンロードした保護されたファイルを再生できない場合があります。この問題が発生する場合は、これらのファイルを新しいライセンスをダウンロードする方法については、コンテンツ プロバイダーに問い合わせてください。コンテンツ プロバイダーの例を保護されたファイルを購入した場所のストアです。
  1. ライセンスをバックアップします。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Microsoft Windows Media Player ので、 ツール メニューをクリックして ライセンスを管理します。 Windows Media Player 10 のまたはをクリック [ライセンスの管理 Windows Media Player 9 での Windows Media Player 7.x で。

      バックアップの場所を変更します 変更をクリックし、ライセンスのバックアップ コピーを保存する場所を選択します。
    2. クリックしてください。 今すぐバックアップします。.
    メモ特定のライセンスをバックアップできるかどうかなど、保護されたファイルを購入する場所、オンライン ストアがライセンスの発行元を決定します。そのため、すべてのライセンスをバックアップすることができません。ライセンスを特定のファイルのバックアップを作成できない場合は、ハードウェア コンポーネントを変更した後は、そのライセンスを復元できません。ライセンスを復元できない場合は、保護されたファイルを再生できません。

    詳細については、バックアップと復元機能の Windows Media DRM をサポートするかどうかを判断するのには、ライセンスの発行者の Web サイトを参照してください。
  2. コンピューターのハードウェアを確認する変更を行います。
  3. Windows Media DRM をリセットするには、Windows Media DRM フォルダー内のすべてのファイルを削除することによって。Windows Media DRM フォルダーが隠しシステム フォルダーであることに注意してください。隠しファイルとフォルダーを表示するには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 スタートプロパティ マイ コンピューター.
    2. で、 ツール メニューをクリックして フォルダー オプション、し、をクリックして、 ビュー タブ。
    3. クリックしてください。 隠しファイルとフォルダーを表示します。、し、オフにします、 [保護されたオペレーティング システム ファイルを表示しません。 チェック ボックス。
    一般的なオペレーティング システムのバージョンによって、Windows Media DRM フォルダーの場所を次に示します。
    • Windows Vista: C:\ProgramData\Microsoft\Windows\DRM
    • Microsoft Windows 2000 および Windows XP: C:\Documents とも Users\DRM
    • Windows 98: C:\Windows\All Users\DRM
    • Windows Me: C:\Windows\DRM
    Windows Media DRM フォルダーが見つからない場合、コンピューター上のフォルダーの正確な場所は次のレジストリ キーに格納されています。このキーは有効なパスを指していることを確認してください。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\DRM\DataPath
    メモ 既定では、パスがバイナリ形式で表示されます。プレーン テキストの形式でパスを表示するには、ダブルクリックします。 データパス.で、 バイナリ値を編集します。 パス] ダイアログ ボックスで、右側の列に表示されます。
  4. Windows Media DRM システムの個別化します。

    Windows Media DRM の最新のコンポーネントをインストールするには、次のマイクロソフト Web サイト上の指示を参照してください。
    http://go.microsoft.com/FWLink?LinkID=34506
  5. ライセンスを復元します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Windows Media Player のでの ツール メニューをクリックして ライセンスを管理します。 場合は、Windows Media Player 10 があるまたはをクリックして [ライセンスの管理 Windows Media Player 7.x から Windows Media Player 9 を持っている場合。
    2. ライセンスのバックアップ コピーの場所を選択します。必要がある場合は、ライセンスが保存されているフロッピー ディスクを挿入します。
    3. クリックしてください。 [今すぐ復元します。.
    メモ この手順は、インターネットへの接続が必要です。Windows Media Player のプライバシーに関する質問については、Windows Media Player のプライバシーに関する声明を参照してください。Windows Media Player のプライバシーに関する声明を表示するにはクリックします。 プライバシーに関する声明の表示 で、 ヘルプ メニューです。

状況

この動作は仕様です。

プロパティ

文書番号: 891664 - 最終更新日: 2013年1月22日 - リビジョン: 7.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Media Format 9.5 Software Development Kit
  • Microsoft Windows Media Player 10
  • Microsoft Windows Media Player 9 Series
キーワード:?
kbresolve kbtshoot kbprb kbinfo kbmt KB891664 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:891664
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com