更新をデタッチする、または SharePoint デザイナー 2007年で、または FrontPage 2003 で Expression Web では、ページにダイナミック Web テンプレートを添付するときに発生する可能性のある問題

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 891817 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

更新、デタッチ、または Microsoft Expression Web で、Microsoft Office のデザイナー 2007、または Microsoft Office FrontPage 2003 では、ページにダイナミック Web テンプレートを添付すると次のシナリオが発生します。 各シナリオは、個々 の原因および回避策を組み合わせて表示されます。

現象

メモ 次のシナリオに記載されている回避策を使用しようとする前に、Web サイトをバックアップします。

シナリオ 1

更新したり Expression Web で、SharePoint デザイナー 2007、または FrontPage 2003 で複数のページからダイナミック Web テンプレート (.dwt) ファイルをデタッチすると、メニュー オプションは使用できません。

原因

この問題は、以下の条件に該当する場合に発生する可能性があります:
  • FrontPage サーバー ベースの Web サイトは、マイクロソフトまたはインストールされている以前のバージョンから FrontPage 2002 サーバー拡張が Web サーバーで開かれます。
  • FrontPage サーバー ベースの Web サイトは、HTTP プロトコルを使用して開きます。
ダイナミック Web テンプレートの すべてのページを更新する オプションか、Microsoft Windows SharePoint Services は Web サーバー、またはを実行されていることを必要と、Web Web サーバー上で拡張クライアント (WEC) が実行されています。 マイクロソフトおよび以前のバージョンから FrontPage 2002 サーバー拡張には、サーバーベースの Web サイトでのダイナミック Web テンプレートを更新するためのクライアント コードがありません。

回避策

この問題を解決するには、次のいずれかの方法を実行します。
方法 1: 更新する前に、適用されたページを開く
ダイナミック Web テンプレートを更新する前に、添付のページは各を開きます。
方法 2: 発行、FrontPage サーバー ベースの Web サイト ローカル
ディスクベース Web サイトによく使われる FrontPage サーバー ベースの Web サイトの場所をローカルに発行し、必要なダイナミック Web テンプレートの更新プログラムを実行します。 FrontPage サーバー ベース Web サイトをローカル ディスク ベース Web サイトに発行、次の手順に従います。
  1. HTTP URL を使用して FrontPage サーバー ベース Web サイトは、開きます。
  2. [ ファイル ] メニューの [ サイトの発行 ] をクリックします。
  3. [ リモート Web サイト ] タブの [ ファイル システム ] をクリックします。
  4. [ リモート Web サイトの場所 ] ボックスでディスク ベースの Web サイトを配置したいのパスを入力を [OK] をクリックします。
  5. 新しい Web サイトを作成するされたら、 [はい] をクリックします。
  6. [ Web サイト ] タブで、FrontPage サーバー ベース Web サイトの内容が左側の [ローカル Web サイト] ペインで表示されます。 新しいディスク ベース Web サイトの現在の内容が右側の [リモート Web サイト] ペインで表示されます。
  7. 発行 Web サイト をクリックします。
  8. [ ファイル ] メニューの [ サイトを閉じる ] をクリックします。
  9. [ ファイル ] メニューの [ [サイトを開く ] をクリックして、新しいディスク ベース Web サイトを手順 3 で指定したパスを使用して開きます。

シナリオ 2

ページからダイナミック Web テンプレートをデタッチすると、テンプレートからのコンテンツは、ページに残ります。

原因

この機能は仕様です。 ダイナミック Web テンプレートをデタッチすると、テンプレートに記載されているコンテンツはテンプレートに適用されているページに残ります。

回避策

Expression Web で、SharePoint デザイナー 2007、または FrontPage 2003 では、テンプレートをデタッチすると、ページからダイナミック Web テンプレートの内容を削除するには 次の手順に従います。
  1. ダイナミック Web テンプレートを開きます。
  2. テンプレートのバックアップ コピーを作成します。 この手順は重要です。 内容を後で使用できるように、テンプレートの内容を保持できます。 テンプレートをバックアップするには、 ファイル メニューの [名前を付けて保存 ] をクリックして、ページ新しいファイル名、DWT.dwt のバックアップなどを使用して保存します。
  3. 閉じて、元のダイナミック Web テンプレート。
  4. テンプレートの内容を削除します。 たとえば、テキストと画像を削除します。 これにより、テンプレートの編集の領域だけです。
  5. [ ファイル ] の [ 保存 ] をクリックします。 編集済みテンプレートを保存すると、テンプレートの内容が、テンプレートに関連付けられた各ページに更新されます。
  6. ダイナミック Web テンプレート、ページからデタッチします。

シナリオ 3

ページにダイナミック Web テンプレートを適用すると、ページでの一部の META タグが削除されます。

原因

この機能は仕様です。 ページにダイナミック Web テンプレートを適用するときに [Expression Web、SharePoint デザイナー 2007、FrontPage 2003 比較、ページとテンプレートされます。 ような META タグが同じ領域にあるターゲット ページで存在する場合、META タグはページに追加されません。 代わりに、ページは、既存のメタ タグを保持します。 同じ領域にあるターゲット ページで、類似の META タグが存在しない場合は、META タグがページに追加されます。

回避策

META タグをする、Web サイトのすべてのページである必要はありませんが、ダイナミック Web テンプレートの一部であるがにある場合のコードを タイトル タグの近くに、ページの編集可能なセクションに追加します。 これはように次の使用例:
<!-- #BeginEditable "doctitle" -->
<title>This is my page title</title>
<meta name="TEST" content="TEST">
<!-- #EndEditable -->
、一意の META タグする必要があります、Web サイトのすべてのページに存在する場合は BeginEditable"doctitle" タグの下の タイトル タグの上のページの編集可能なセクションに、コードを追加します。 これはように次の使用例:
<!-- #BeginEditable "doctitle" -->
<meta name="TEST" content="TEST">
<title>This is my page title</title>
<!-- #EndEditable -->
値 ( コンテンツ ) レベルしないと、キー ( HTTP equiv ) レベルで メモ の一意性が必要です。 値 ( コンテンツ ) レベルのページにわたって変更できます。

詳細

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
840572アタッチを使用して FrontPage 2003 での操作をデタッチすると、ダイナミック Web テンプレートが正常に機能しません。
FrontPage 2003 をのみに影響する問題についてについては、記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリックしてします。
821957FrontPage 2003 でダイナミック Web テンプレートに変更を保存するときに、添付されているページは更新されません。
817130FrontPage 2003 のダイナミック Web テンプレート (.dwt) ページに CSS またはテーマを適用できません。

プロパティ

文書番号: 891817 - 最終更新日: 2007年6月13日 - リビジョン: 2.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office SharePoint Designer 2007
  • Microsoft Expression Web [1.0]
  • Microsoft Office FrontPage 2003
キーワード:?
kbtemplate kbprb kbmt KB891817 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:891817
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com